2014年03月02日

霊学142

次に、第三の試練である。

最後のこの試練にはどんな目標も感じられない。すべては彼自身の手に委ねられている。何ものも彼を行為に駆り立てようとはしない。そのような状況の中で、彼はまったく独りになって、自分で道を見出さなければならない。どこへ向っていったらいいのか。自分自身の他には、自分の行くべき方向を示し、自分の必要とする力を与えてくれるような何ものも、何びとも存在しない。
シュタイナー

この試練に必要なことは、速やかに、自分自身を取り戻すことである。

言葉のもっとも真実の意味で自分の「高次の自我」をこの試練の間に見出さねばならない。すべての事柄において霊の呼びかけに応じる決意を速やかに固める。
シュタイナー

霊の声に従おうとする気持ちを、邪魔するものは、直ちに、克服されなければならない。

自分自身の中にこそ、自分を支えてくれる唯一の確実な、支点が見出せる。

読み続けていると、具体的なのだが・・・
矢張り、抽象的なのである。

この試練は、無条件な、霊の顕現を実現することを、目的にしている。

この試練は神秘修行上「風の試練」と呼ばれる。なぜならそこでは外的誘因という確かな地盤や、準備と開悟の段階で認識した色、形などから生じる事柄を拠り所にすることができず、もっぱら自分自身以外に頼るものを持たないからである。
シュタイナー

この時点で、更に、何をなすべきかということは、
神秘修行者は神秘教義の秘密を決して他人に漏らさぬという誓いを立てねばならない。
と、表現される。

シュタイナーは、それを漏らしている・・・のでは・・・

ここでいう、誓いとは、通常の意味の誓いとは、違う。
進歩の段階に応じたひとつの経験をもつことを意味している。

人はどうしたら神秘教義を人類のために役立たせうるかを学ぶ。
シュタイナー

気功から、霊界を解いていた人が、矢張り同じようなことを言っていた。
そして、弟子を集めて・・・
カルトに似ていた。

延々と語り続けるのであるから、その中から、一部を取り出して、色々と、屁理屈を付けられる。
シュタイナーも、それに似る。

すなわち沈黙すべきなのは人がこれまでに語ってきた多くの事柄についてであり、特に大切なのは、これまでの語り方で語ることをやめて沈黙するという素晴らしい特性を見につけることである。
シュタイナー

これまで、進歩してきた人間にとって、言うことを「禁じられている」ような事柄は差存在しない。
シュタイナー

どんな人間も、どんな存在も彼にそのような方向での「誓い」を命じることはできない。すべては彼自身の責任に任せられている。彼が何を学び、何を行なうべきかは、どんな状態の下でも、自分自身によって決定されなければならない。だから「誓い」とはこのような責任を負うことができるまでに成熟した、ということ以外の何ものをも意味していない。
シュタイナー

要するに、第三の、風の試練を通過した人である。

そして、そこまで、成熟した志願者は、「忘却の飲み物」といわれるているものを、受けるという。

低次の記憶に邪魔されることなく、いつでも、霊的な働きに集中できる方法を伝授される。

どんな時にも人間を取り巻いている思い出というヴェールを取り除くことができなければならない。
シュタイナー

人生経験は可能な限り、常に利用しなければならない。しかし導師であるためには、すべての新しい体験をその体験から評価できる能力を身に付けなければならない。そして一切の過去の経験によって曇らされることなく、自分をその体験の作用に委ねなければならない。
シュタイナー

新しい事柄を、古い事柄によって、評価することは、誤謬を持ち込むことになる。

もし私が特定の経験をしなかったなら、今私の前に現れている事柄や存在の特徴をおそらく全然洞察することができなかったであろう。
シュタイナー

しかし新しいものを古いものによって評価することではなく、まさに新しいものを洞察するためにこそ、経験が利用されねばならない。
シュタイナー

導師には、次に、「記憶の飲み物」がある。

これを飲むと、高次の秘密を常に精神の中に生かし続けることができる。
シュタイナー

シュタイナーの勝手な見解を聞くようである。
こけおどしにならなければ、いいが・・・

人は完全に高次の真理内容と一つにならねばならない。
シュタイナー

真理内容そのものが行となり、習慣となり、性向とならねばならない。・・・
かくして彼は自分を、自然が肉体に対して為したように、霊的意味でますます進化させていくのである。
シュタイナー

これが、霊界参入である。
シュタイナーの、行というものを行い、その気にならなければ、いいがと、思う。

妄想の中に、分け入って行くこともある。




posted by 天山 at 05:45| 霊学3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。