2013年11月04日

霊学130

それでは、先に進むことにする。
それは、シュタイナーの、歴史学である。

歴史は、時間という問題がある。
時間の経過が歴史である。

シュタイナーは、その時間に関して、独自の見解を持つ。

シュタイナーが時間というときには、いつでも内面世界のことなのです。
高橋

空間について語るときには、外的な世界を問題にするのですけれど、内面世界を問題にするときには、ほとんど常に、それは時間の問題として考えられるのです。
高橋

存在は、時間形式の中でも存在し、空間形式の中でも、存在している。
そして、時間の流れの中で、人と出会うたびに、その流れを、そのつど他の人の時間の流れと同一空間の中で、交差させる。

それぞれが、違った時間の流れを持つという、考え方である。

だが、その流れは、シュタイナーにとっては、時間形式ではなく、空間形式に結び付く。
その時間の流れは、人間の外部に存在する機械が、空間の中で刻む、数量的な単位に従っているからだと、言う。

その時々の、質が、多様に変化するのが、本来の時間の在り方であるとする。

外で刻まれる時間の、尺度に自分を従わせるということになると、それは本来の時間体験にはならない。

これは、心理学的に時間を考えるときの、常識でもある。

文学にも「意識の流れ」という方向があり、そこでもやはり、意識と時間とをほとんど同じものと考えています。
高橋

文学作品の中で、人物の意識の流れを辿ろうとすると、それは時間の本質にも、通じることになる。
シュタイナーの時間論は、そのような文学的体験を、人生全体に広げるものだ。

人生というものは、すべてそういう意識の流れの中でしか把握できない、という立場を徹底させようとするのです。
高橋

その人生の中には、歴史も含まれるという、考え方だ。

ですから、時間を体験するということは、感情を体験するということと同じ事であると同時に、歴史を体験するということも、過去の感情の世界を体験するということと同じことなのです。
高橋

感情が具体的なかたちをとって現れてくるときには、いつも夢のようなヴィジョンとなって現れてきますので、感情を具体的に把握しようとするとーーー感情というのは目に見えないものですけれど、それを目に見えるものにしようとするとーーー光や色や音を伴った夢の形象のような形式をとるしかないのです。ですから歴史の世界というのは、いわば人類の夢の世界と同じものなのです。
高橋

時間即感情の世界・・・
それを実現するイマジネーションの世界と同じように考える。それが、神秘学そのものの、考え方である。

シュタイナーは、時間即感情の世界を、アストラル界という。

アストラル界、アストラル体とは、時間と感情の世界のことである。

更に、イマジネーションの世界である。

そういう意味では、歴史の問題は、霊学の本質の問題にもなるらしい・・・
らしいとは、私は確認できないのである。

勿論、霊学としての、歴史の、見方というものがあるが・・・

それは、シュタイナーの論述を信じるしかない。
そういう見方もあるという、教養とする。

そのような、考え方で、様々なことを、考えるという、一つの方法である。
ここで、霊学と、書いているが・・・

神秘学、人智学、そして、霊学と、合い成り立つのか・・・
更に、心霊主義・・・

同じく、霊学と言っても、人やそれぞれの国によっても、違うだろう。

更に、宗教の世界でも、それは、違う。

高橋氏は、
シュタイナーの人智学も、本質的に歴史学であり、感情を基本にした時間の再体験もしくは追体験を問題の中心に据えているのです。
と、書く。

千年前、二千年前というと、果たして、現在の意識と、その頃の人たちの意識との間に、どれくらいの根本的な変化が生じているのか・・・

そういう、問題に関して、シュタイナーの思想では、明確に答えられているというが・・・

それが、果たして、本当の答えか。
分らない。
シュタイナーを信じるしかない。

さて、同じように、意識の変化の問題を考えるとき、一方に、進歩史観という、考え方がある。

人類は、進歩しているという、考え方である。
それが明確に意識されるようになったのは、ヘーゲル以降だというが、高橋氏は、中世、13,14世紀の頃に、そういう意識があったと、言う。

歴史の変化に関しては、様々な見方がある。
例えば、末世に向って下降する。進歩し、上昇する。
下降するとは、宗教が多いが、上昇するとは、近代科学的な考え方である。

その根拠は、ダーウィンの進化論、ヘーゲルの、精神の進化論である。

神秘学、人智学のテーマである、融合は、それを、どのように融合させるのか。
それが、問題であり、楽しみである。




posted by 天山 at 06:04| 霊学3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。