2013年10月30日

沈黙を破る78

日本には、天恵があると、思う。

悪夢のような、民主党政権が終わり、新自民党が、政権を執った。

旧自民党ではない。
安倍自民党総裁による、新自民党である。

左翼系マスコミ・・・日本の多くは、そうだが・・・
民主党は、マスコミによって、政権を執った。

ところが・・・
最初の首相は、売国奴であり、二人目の首相は、単なる、目立ちたがり屋の、無責任な者。三人目は、少しは、まともな者だが・・・
全く、公約にない、消費増税を決めた。

勿論、公約の一つも、実現していない。

それを後押しした、マスコミは、知らん振りである。

安倍首相は、左翼マスコミから、妬まれ、叩かれる。
当然である。
左翼は、国家転覆を望む。

国家転覆の後は、知らない者どもである。

中国のように、一党独裁国家を望むのだろうか・・・
真実、訊いてみたいものである。

安倍首相の改革・・・
アベノミックスと言われた。

だが・・・
それでも、批判は、続く。

そして、2020年の、五輪開催が決まった。
これだ・・・
天恵である。

国家的危機にある時、日本には、必ず、天恵がある。
それは、日本の祖霊の思いである。

株価は、見る見る上昇した。
景気が良くなる。

国民には、何よりのこと。

そして、被災地復興の弾みもつく。

勿論、それでも、左翼系勢力は、安倍自民党を批判し、中傷するだろう。
だが・・・勝てば、官軍である。

そして、その勝つのは、国民のために、成る。
上等である。

最早、民主党政権時代の、無策無能を語ることもない。
忘れた。

次が始まる。

平和ボケの憲法を改正する。
時代の状況は、切迫している。

軍備を膨張させた、中国が、我が物顔で、領土を侵す。

日本は、核兵器に囲まれている国であることを、知らないのか・・・

中国は、沖縄まで、わが領土だと、言い始めた。

更に、反日から成熟しない、国、韓国の反日である。
明確にしないと、駄目な国である。

中国に、擦り寄って、破滅の道を進む、韓国。
それに、構っていられない。

朝鮮半島の歴史は、その繰り返しだった。
歴史から、学ばないというのも、朝鮮の特徴。

アメリカと、中国の、橋渡しをすると、思い込んでいるとすれば、アホも、極まる。
アメリカが、日本と韓国を選びとしたら、日本に決まっている。

韓国には、世界を納得させる、何物も無い。

中国は、その共産党の特徴である、汚職が花盛りで、終わらない。
更に、幹部級は、皆々、国外に脱出する用意をしている。

そんな国に、未来は無い。

未来があるのは、日本である。

中国排斥は、数多くあるが、日本排斥など、聞いたことがない。

東南アジア、南アジアなどは、日本が希望と、期待の国である。
今では、更に、アフリカの国々も、である。

更に、太平洋の島国に国々・・・
皆々、日本に希望し、期待している。

もっと、言えば、民族、宗教を超えて、日本は、仲介役になる国である。
何故か。
日本は、伝統の国である。

民族でも、宗教でも、イデオロギーの国でもない。

世界で、唯一、天皇の存在する国である。
その天皇の歴史は、世界に冠たる、2700年の歴史を有する。

新自民党、安倍総理に期待する。




posted by 天山 at 06:03| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。