2013年10月02日

霊学122

基本的な姿勢と十二の世界に対する見方とが結びつくと全部で八十四種類となりますが、そのさまざまの結び付きの中で、われわれひとりひとりの判断力が形成されているわけです。ですから神秘学を研究する場合の基本は、まず十二の世界観、それから七つの姿勢のそれぞれを具体的に自分の中に生かすことです。
高橋

つまり、オカルト的な生き方である。

ところがロゴス的な立場は、このひとつひとつをできるだけ具体的に、かつ確実に理論化していって、それによって自分の立場が他の立場よりもすぐれているということをなんとか論証しようとします。しかしロゴス的な態度に始終するかぎりは、そのロゴスを生み出した源泉、つまりロゴスの母である自分なりのソフィアが今どの座に位置しているかということを問題にはしないのです。ですからロゴス的な個々の立場を真に生かすためにも、ここで問題なのは、それぞれのロゴスがどの座に位置しているかです。
高橋

確かに、そういう人は、多い。
特に、高学歴の人たち・・・

この思想は、シュタイナーが、1916年頃に、長い時間をかけて作り上げた。
ただ、外見上理解できるものと、全く違った意味も、その中に含まれているということだ。

それが、神秘学的、占星術である。
ロゴスの黄道十二宮である。
そして、グノーシスから順次、土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月、の惑星を、それぞれ対応させる。

これは、少し占星術の知識が必要である。
生まれたときの場所と、時間による、出生天宮図というものがある。
天空にどのような星座がかかり、その上昇点に、どの惑星があるか。その時に、七つの惑星が、どこに位置するかを、問題とする。

それを対人関係、思想、哲学、などを見る時、どういう星座に位置し、どこにどの惑星が影響するのかと、シュタイナーは、考えるようにと言う。

つまり、精神の天空全体の位相が、どのようになっているのか、それを考えるということである。

そこには、肯定も否定も無い。
十二感覚と、七つの生命活動のように、いつも自由に、心の中に、浮かび上がらせること。

すでにその人にオカルト的な生き方を始めていると言えるわけです。
高橋

それは、融和の、つまり、ソフィア的な精神を、生き始めるということになる。

そこで、判定したり、鑑定したり、否定、肯定などの行為は、ロゴス的になるのである。

ということで、神秘学の、イニシェーションや、行という行為がある。
であるから、突然、目覚めて、メディテーションや、ヨガの呼吸法などをすると、よく病気になったり、する。

それは、エネルギーの一部が、肉体や魂の機能を健全に維持する方向へ流れず、別な方向に流れてゆくからである。

高橋氏も、指摘するが、十分に強靭な認識の力を作る前に、ある誰か、そういう能力の持つ人に、外側から能力を付けて貰うなどというのは、実に危険であるということ。

更に、ドラッグ、薬物系を使い、そういう体験をするというのは、論外である。

多くの、新興宗教系にいえることだ。
勿論、多くは、騙しのテクニックではあるが・・・

それを防ぐためには徹頭徹尾意識的でなければなりません。
高橋

その通りだ。
その、意識を、相手に、与える、または、その意識を、奪う行為は、邪道であり、実に罪深いものである。

自分自身が自分自身の心の動きを明確に認識できるような道具を身に付けることができなければならないのです。
高橋

この部分は、私の霊学も、全く同じである。

教祖になる人たち・・・
特に、精神衛生の発展が無かった時代の人たち・・・

皆々、憑依する霊に導かれて、宗教を起こした。
そして、妄想全開である。

現在も、存在する多くの新興宗教は、見ての通りである。

我が意識を、明け渡してしまった、成果である。
そして、信者からの、搾取を欲しい侭にする。
巨大な神殿を建てて・・・

更に、搾取を繰り返し、組織が大きくなる。
信じる者は、騙されるから、建物を見て、また、騙される。

神秘学・・・
それは、自分が自分で、制御して、行なう霊的方法である。
その行がある。

秘儀と行法ということになる。
だが、それについては、省略するつもりである。

人間学として、評価するが、シュタイナー見た霊界というものに、疑問を覚えるのである。その霊界が、何処の世界に属するのか・・・
不明である。

死者の霊に対する、所作というものがあり、実に、有益な情報なので、それは、紹介するが・・・
それ以上の世界になると、判断が出来ない。

勿論、否定も、肯定もしない。
ただ、批判する。
それも、ロゴス的だろうか・・・
ロゴスの精神は、批判的である。

だが、融合のソフィアを説明するにも、ロゴス、言葉が必要である。

このように書くと、私が神秘学の何も、理解していないように、感じると思うが・・・




posted by 天山 at 06:17| 霊学3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。