2013年09月10日

神仏は妄想である。435

ナザレのイエスが、何故、キリストになったのか・・・
実に、不思議であり、不可解である。

歴史家の眼からすると、イエスはまったくのところユダヤ教の預言者、あるいはしばしば奇跡や病気なおしをおこなうユダヤのラビとして、人々の前に姿をあらわし、十字架の上に死んでいったにすぎないからである。
山形孝夫

イエスは、当時の、ユダヤ預言者の枠を超えるものではなかったのである。

神の国、天の父なる神について、語ったに過ぎない。

とすると、新約聖書の作者たちは、何を必死で、神の子、キリストという、証言をするのか。

イエスの使命は何か・・・
それは、来るべき、神の国について、人々に告知するという、ことだけである。
だが、その、神の国も、到来しなかった。

イエスの使命は、告知する使命である。
ところが、イエスは、告知する者から、告知される者へと、変容した。

ヨハネ、パウロは、イエスの語った言葉を無視する。
イエスの告知のみに、始終するのである。

福音書の作家たちは、イエスの個人的魅力、そして、ありのままの生涯については、関知しないのである。
兎に角、イエスは、キリストであると、語るのみ。

聖書外典、異端とされた物語には、イエスの子供時代からの、話もあるが・・・
あまりの奇想天外な話に、それは、聖典とされなかった。
しかし、そのような書き物が存在したということ。

福音書のうつしだされたイエスの生涯は、けっして完結的な物語でもなければ、ナザレのイエスの復原を意図する、福音書記者の歴史的関心によって、描きだされたものでもない。福音書の原型は、イエスの言葉に、決断をもってこたえた最初の信仰共同体の、キリスト告白を中心に結集された。
山形

要するに、結論が先にある。

イエスは、キリストである。

そこで、ユダヤ教である。
イエスは、ユダヤ教の信徒である。
そして、原初キリスト教は、ユダヤ教の一派だった。

だから、福音書は、ユダヤ教の朗誦と同じく、祭りにおいて、朗誦されるべきものだったのである。

仏教経典を読経するのに、似る。

マルコでは、イエスが言わなかったと思える、
人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、司祭長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日の後に復活する。
と、書く。

使徒行伝のペトロの説教には、
イスラエルの人たち、これから話すことを聞いてください。ナザレのイエスこそ、神から遣わされた方です。神は、イエスを通してあなたがたの間で行われた奇跡と、不思議な業と、しるしとによって、そのことをあなたがたに証明なさいました。あなたがた自身が既に知っているとおりです。そのイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存知のうえで、あなたがたに引き渡されたのですが、あなたがたは律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまったのです。しかし、神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。
と、ある。

形骸化した、ユダヤ教、すでに、滅びたユダヤ教、そして、ただ、既得権益に生きる、ユダヤ教の指導者たちには、イエスの存在は、我慢できないものだった。
現在も、ユダヤ教は、イエスを、キリストとは、認めない。

だが、作為が多過ぎるのである。
新たなる宗教が、作られる過程を、ここで、よく見られることになる。

証言が、伝言ゲームとなり、語り継がれるうちに、どんどんと、語り継ぐ人たちの、妄想が加味されてゆく。
それが、福音書である。

人々の記憶するイエスの言葉の断片が、一定の手法によって挿入添加され、マタイはマタイ、ルカはルカと、それぞれ独自の内容をそなえた福音書へ拡大されていった。
山形

それは、それぞれの教団の、取捨選択がある。

だが、その中でも、イエスの受難物語、復活物語は、共通している。

後に、福音書の中のイエスの言葉とされるものを、分析するが・・・

すべて、作られた、作為あるもの、それが、福音書である。
そして、信じる者は、そこから、騙され続けるのである。

ユダヤ人たちの、初期キリスト教団は、まだ、人道的だったが・・・
それが、ローマ皇帝と結びつき、権力を得ると、実に歪なものと変わり果ててゆく。

その世俗的な、変転を見ると、ナザレのイエスは、アジア人であるが、いつの間にか、白人となっている。

ここに、明確に言えることは、白人主義のキリスト教に変容したことである。
ユダヤ人キリスト教徒を、皆殺しにして、白人主義キリスト教の出来上がり。

これを、イエスの教えと、信じている者は、白人主義のキリスト教に騙されているのである。

そこには、イエスの教え、言葉などは、何の意味も無い。
愛の教え・・・
とんでもない。
彼らに、愛の教えなど無い。
同胞愛のみである。世界的宗教と言われるが・・・
違う。

世界的に、騙しの宗教である。
キリスト教により、どれほどの民族が根絶やしになったか・・・

勿論、日本のアホのキリスト教信者は、そのまま・・・
何も知らない。
知らないから、信じて騙されている。




posted by 天山 at 05:55| 神仏は妄想第九弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。