2013年06月27日

国を愛して何が悪い70

東南アジアへ出掛ける知り合いが言う。
韓国人が嫌われている。これから、中国人が世界的に嫌われる。
私は、何も言わず、黙って聞いていた。

その通りだと、思うが・・・
私は、もう一つ、嫌われる箇所があると、思っている。
それが、ヨーロッパ人である。
そして、アメリカ人となる。

アメリカ人は、イギリスから出た。

清教徒と言うが、清教徒とは、間違いである。
暴力集団である。

野蛮、残虐・・・
ヨーロッパ人の根性である。
何故か・・・

ヨーロッパ人は、バイキングの出である。

世界的に、ヨーロッパ文明に覆い尽くされている状況である現在。
日本の世界史の教科書は、西洋史が主体で、学ぶ。
そうすると、西洋が文明の主たる場所と、勘違いする。

とんでもないと、知るが、それでは遅い。
ヨーロッパより、イスラム帝国の方が、断然、文明として優れていた。

その頃、ヨーロッパ人は、イスラム圏からは、野蛮人として、嫌われていたのである。
更に、戦争・・・
これを始めたのは、キリスト教である。

少しばかり、ヨーロッパの出来方を見る。

西洋文明とは、アングロ・サクソンの文明である。
しかし、最近になり、とみに、この文明の限界と、そこに潜む矛盾、人類絶滅の危機に、世界の識者が気付くようになった。

地球陸地のわずか三パーセントにも満たない狭域のヨーロッパ人が、僅々200年から300年の間に全世界の軍事的、経済的、文明的世界制覇を達成できたのはなぜか。そのエネルギーはどこからきたのか。飽くことのない世界への侵略、闘争、奴隷化、殺戮の悪行の根源は何か。ヨーロッパ人の素行、正体を形成した過去の歴史的事実は何か。彼らの遺伝子、DNAに組み込まれた悪の歴史体験を明らかにしなければならない。
清水馨八郎

その通りだと、思う。

その先祖である、ゲルマン人、ノース人の、いわゆるバイキングの故地は、北緯60度以北の寒帯圏に属する。
現在、北欧諸国の中心都市、フィンランドのヘルシンキ、スウェーデンのストックホルム、ノルウェーのオスロなどの都市は、北緯60度の線上にある。

太陽が乏しい土地は、農業の生産性が低い。
北欧は、氷河期の名残を留めた大小の湖、沼が多く、地味は痩せて、農耕不適地である。
収穫量も、中世では、蒔いた種の三倍、近世になって、農業革命を経ても、10倍程度である。

ヨーロッパでは、農業は、愚か者のすることといわれる。
利口者は、略奪が一番有利な職業と言われる。

略奪が職業である。
つまり、バイキング、海賊行為である。

バイキングは、8世紀から、11世紀の四世紀に渡り、ヨーロッパ全土を荒らし回ったのである。
つまり、元の人々を追い出して、国を創ったのである。

先住民を追い出す、あるいは、皆殺しにして、国土を乗っ取り、新王国を創ったのである。

フランス、イギリス、ドイツなど、皆そうである。
つまり、ヨーロッパの主要国は、皆々、彼らの子孫なのだ。

アメリカのインデアンの皆殺しも、それに準ずる。
同じ血だからである。

であるから、北米大陸に及び、コロンブスの米大陸到着の数世紀も前に、アイスランドから、グリーンランドを経て、カナダの北岸に達していた。

日本の世界史教育は、このバイキングの西洋中心史観から、理解させられたことが、悲劇である。

この、明らかに、非人間的で、凶暴、野蛮な略奪行為を、賞賛していたのであるから、救われない。

敗戦後は、またまた、その子孫である、アメリカに憧れるという、不思議な現象を起こした。
アメリカ建国・・・
どれほどの、犠牲が伴ったのか・・・知らずに・・・

先住民を皆殺しにするという、蛮行を知らずに・・・
いや、それを賞賛した。
あの、西部劇などを、楽しく見た。

インデアンが悪者・・・
そんなイメージを持って見ていたのである。

とんでもない、勘違いをしていた。
悪者は、イギリスから来た、清教徒と名乗る、野蛮人たちだった。

その建国は、200年程度である。
200年程度で、世界の警察を名乗るほどに、巨大な国になったのは・・・
何故か・・・

皆々、侵略行為、ドロボー行為からである。

日本も、植民地として、狙われていたのである。
その傲慢で、野蛮な精神に、である。

先の大戦で、平然として、日本の一般市民を攻撃した。
更に、原爆投下である。

彼らは、その植民地政策を一度足りとも、謝罪しないのである。
当然だと、思っている。
弱肉強食が、当然であると、思っているのである。
今も、なお。

シャーシャーとして、他国の人権問題に口を出すが・・・
それ以前の、彼らの人権問題は、どうなったのか・・・

その、最大の人権問題は、奴隷制である。
その報いを、必ず、受けなければならない時が来る。




posted by 天山 at 06:08| 国を愛して何が悪い2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。