2013年06月12日

ミンダナオ島へ7

ホテルの部屋は、中級程度で、実に満足だった。

この活動を通して、ゲストハウスから、格安ホテル、中級ホテル、そして、ラブホテルなどを利用した。
安ければ、いいというものではない。
矢張り、疲れ過ぎると、部屋は、或る程度の質が問題である。

私の場合は、あまりホテルに拘らないが・・・

安全に泊まれることが、第一である。
何せ、外国である。

七年の間に、部屋で、物が無くなるということは、無かった。
一度だけ、ラバウルで、コータのナイフが無くなった程度である。

現金と、パスポートは、いつも身に付けて持って歩く。
ホテルに置くことは無い。
ただ、カード類などの入ったものは、置いておく。

更に、延泊しても、二日に一度、ルームクリーンをして貰う。
毎日の、クリーンは必要ない。

今回は、何が一番、印象的だったかというと、タバコである。
フィリピンは、全面禁煙になった。
勿論、ホテルの部屋も、である。

ペナルティーが、一万ペソという、大掛かりなものになっていた。
ただ、それが問題で、どこもかしこも禁煙で、更に、喫煙場所が無い。だから、それが問題だった。

タバコを吸う人は、道端で吸う、そして、歩きながら吸う。
面白いのは、タバコを吸う人が、店の外にいて、店の中の人と話をするという、滑稽な風景も見た。

そして、ダバオは、それが特に強く、市を挙げて取り組んでいる。
青少年にタバコを売らない・・・
だから、タバコを売る店も限られた。

道端で、一本売りのタバコの屋台が流行る。

そういう意味では、ダバオは私には、最悪だった。
だが、一時的に滞在する私は、そこから離れれば問題ない。

部屋に入り、コータが水を買うために、外に出た。
もう九時半を過ぎていて、深夜になる手前である。

ホテル近くに、水を買う店があるか・・・
とても、大切なことである。

ジェイソンさんは、ダバオの水道は、飲めますと言ったが・・・
それほど、ダバオの水が綺麗だということだ。
だが、水は、大量に売られている。
つまり、現地の人も、水を買って飲むのである。

お腹も一杯で、シャワーを浴びて、コータを待つ。
戻ると、ホテル近くは、色々な店があり、不自由しないようである。
明日の朝は、早速、食堂で食べることにする。

私は、早々に寝た。

朝は、早く目覚める。
五時である。つまり、日本時間では、六時。
日本でも、五時に目覚めるので、四時に目が覚めることもある。

早過ぎて、何も出来ないので、部屋で、タバコを吸う。
禁止・・・
確かに。だが、ホテルフロントにて、厳重に言われなかった。ということは、それなりに、である。

ホテルフロントで言われると、危ない。

支援物資が無くなり、荷物が一気に減って、私は、バッグに物を詰めなおした。
着替えのみである。
だから、他のバッグは、畳んで、一つのバッグにまとめる。
今回は、一つのバッグが壊れたので、カガヤンデオロで捨てて来た。

七時になり、私は、一人で食事をするために、ホテルを出た。
右に行っても、左に行っても、店がある。

地元の人たちが、食べる食堂であるから、兎に角、安い。
おかずを、二品選び、ライスで、100円程度。

ダバオは、海に面しているから、魚が豊富だ。
それが、嬉しい。
焼き物、煮物、揚げ物・・・魚料理が、何でもある。

日本で言うところの、アジに似たもの、鯖に似たもの・・・
味は塩味が普通で、それにレモンを掛けて食べる。

スープは、ビーフ、ポーク、チキン、魚・・・
それで、実はいらないというと、スープだけで、ただ、である。

時には、ベジタブルオンリーというと、野菜だけ入れてくれる。
それも、料金が安くなる。

ご飯は、少しパサパサしているが、腹にもたれない。

フィリピンは、共通語が英語であるが、ビサヤ諸島の言葉がある。だいたい、英語が通じるが、時には、ビサヤ語のみの人もいる。

英語が出来ないと、職に就けない。
だが、英語を共通語にしていても、実に貧しいのである。
日本で、小学生から英語教育をという人たち・・・
フィリピンが何故、英語が共通語なのに、貧しいのか、考えて欲しい。

そのフィリピンから、名文学、哲学、思想が生まれないのである。
もし、タガログ語を基本言語にしていたら・・・
もっと、深い言葉の世界を有して、更に、英語を覚えて、精神の世界が、豊かになっただろうと、思う。

言葉か英語だからか、英語の国、アメリカ、イギリスに適わないし、それらを追うだけになる。
その食生活を見れば、一目瞭然である。

何せ、コーラと共に、食事をしている。
更には、アメリカンナイズされた、餌のような食事を好む。

貧しい人たちの方が、真っ当な食事をしているように見えるのである。




posted by 天山 at 05:54| ミンダナオ島へ平成25 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。