2013年03月15日

神仏は妄想である。404

いまから、一万二千年前、太古日本では、メソポタミア文明に先行して、無紋式土器を作っていた人々がいた。
考古学では、世界最古である。

先土器時代である。
その直後から、縄文時代がはじまった。

それからが、古道、古神道の目覚めの時期である。

天地自然、森羅万象に霊が宿る。
これ以上でも、以下でもない。

勿論、カミという言葉は無い。

太陽の光、山や森、大地・・・
自然を万霊と崇める信仰である。

原始的であろうか。
実に、真っ当な神経である。

後に、八百万などという、言葉が出てくるが、まさに、千代万、ちよよろずのカミを認める。つまり、自然のすべてに宿るものである。

ここで、今まで、色々な神道の区分けをしてきたが、二つに区分け出来る。
一つは、縄文神道であり、一つは、弥生神道である。

そして、弥生神道からは、皇室神道をはじめ、復古神道、偽の古神道、国家神道、神社神道となる。

一応、皇室の歴史が、2700年ということで、弥生神道は、その歴史がある。

弥生中期から、古墳時代、大和時代にかけて、先住縄文人の古道は、完全に埋没したと、考える。

ここで、最も大切なことは、縄文時代は、争いの無い時代であったということである。
つまり、後に和、と呼ばれる心を有していた。

戦いによる、殺し合いは、弥生時代からはじまっている。

縄文の古道は、和の信仰といってもいい。
それは、自然がそうだからだ。
どんなに、厳しい条件があろうと、自然は和に満たされている。

古事記、日本書記は、弥生神道のまとめである。
その中には、人格神が登場する。
勿論、すべて、人間の創作である。
つまり、妄想である。

神武天皇からは、実在の人物であるが、それ以前の神は、創造神である。

だから、神話である。

欧米の宗教学者は、それをアニミズムと呼ぶ。
そして、以前は、低次元の信仰とみなしていたが、現在では、考えを変えている。それそこ、宗教の根源的なものとの意識である。

その宗教学者たちが、何を言おうと、全く関係ないことだが・・・

自然から離れて、人間が、生きられないものであることを、身をもって知っていた、縄文人の信仰であるとの、理解でいい。

弥生時代から、自然収奪による発展を遂げてきた。
そして、現在では、自然に対する、格別な感情も、薄れている。

更に、万物一切は、聖なるものとの意識である。

そこに、穢れなどの考え方は無い。
穢れは、弥生神道以来のものである。

もう一つ、驚異的なことは、神殿を必要としないのである。
何故か。
自然が、神殿であるという、考え方である。

文化人類学からも、縄文期には、清い、穢れという、対立概念は、存在していなかったのである。

弥生神道によって、清め祓いという意識が出てきた。
縄文神道は、すべてが、清いものである。

自然界と人に対する、穢れ、不浄の意識は無い。

私が、慰霊の際に行う、清め祓いというのは、それらの、霊位に対し奉りの所作である。
霊位の迷いを、解消するために、清め祓いという言葉を使う。

世界的宗教を見る。
そこには、聖者、教祖が存在し、教義があり、争いと殺し合いがあり、憎しみと、蔑視がある。
そのために、何一つとして、和の成果を上げることが出来ない。

延々として、争いと、憎悪が増すばかりである。

更に、日本に乱立する多数の、新興宗教・・・
妄想の産物である。
その妄想に、従い、信者や会員は、迷う。
信じているつもりであるが、その宗教に迷っているのである。

神社神道も、社、やしろ、という、場を設けて、神をその場に、縛り付けるという、考えられない行為をしている。
神は、天地自然に充満している存在であるから、一切の建物は、必要ではない。

建物を持つ宗教は、その点から堕落しているのである。
更に、そこに、神主、神職などという、専門的宗教家を置くという。

彼らは、専門家でもなんでもない。単なる、建物の管理者である。
余計な知識を得ているばかりに、迷う存在である。

古道の信仰は、ある特定の物を拝む行為ではない。
その時その時、太陽を山を海を、更には、樹木を、河を、その他自然のありとあらゆる様を拝するのである。

古道の神々は、特定建造物に祀られる存在ではない。
また、拘束させる存在でもない。

縄文人は、自然崇敬をしたが、束縛することは、一切しなかった。
祭りの際に、神の座を作り、神呼びをして、終われば、御戻りいただくのである。

更に、自然は、彼らと共に共存していたのであるから、改めて、社を必要としなかった。

つまり、神仏は妄想ではなかったのである。
目の前に、神々が存在していた。




posted by 天山 at 00:02| 神仏は妄想である。第8弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。