2012年12月18日

最後の沈黙を破る69

サイト詐欺というものは、実に面白いもので・・・
出会い系サイトのことである。

男女の出会い系も、ゲイ出会い系も・・・

男女の出会い系は、あきらかに嘘話なのであるが、信じる人がいるのが、不思議。

ゲイ出会い系は、その嘘話が、真に迫るのである。
そこまで、嘘話が作れるなら、小説でも書けと言いたくなるほどである。

出会い系の、トラブルが多く、全国的に相談室が開設されたので、私は、木村天山の名前で、情報を提供し、更に、証人が必要な場合は、証人になると、伝えてある。

出会い系は、出会うことが目的。
しかし、いつまでも、出会えないのである。

そこが、味噌、いや、糞である。

ギリギリまで、粘るのである。
その嘘話で・・・

そして、俗に言う、ドタキャン、土壇場のキャンセルである。
ところが、ドタキャンでも、ゲイサイトは、また嘘を重ねるのである。
それが、実に面白い。

例えば、明日会う予定である。
深夜、メールが入る。

妹が交通事故を起こし、意識不明の重体になったので・・・
明日は、会えなくなった。
そこまでは、いい。

その後、そのことについては、一切触れないのである。
そして、次の会う日の約束である。

見え見えなのである。

そこで、また、そぞろ、やり取りをしていると、本当に、真剣に会いたいんです・・・
そして、作家の才能がある如くに、作り話がはじまる。

その作り話の作り方が、実に見事なのである。

勿論、サイトは、すべて嘘であるとは、言わない。
中には、真剣に相手を探す人もいる。
更に、ゲイの場合は、秘密を主にする人もいる。

社会的に立場のある人は、特にそうである。
しかし、それも、不確か・・・

本当に、その職業なのかを、確かめる術が無い。

そこで、医者なら、勤めている病院の名前を尋ねるが、それには答えず、逆に質問するという、手である。

それが、上手に質問に切り替えるのであるから、見事である。

質問、質問、また質問である。

必ず、?が最後につく。

誰が指導しているのか・・・

サイトのバックは、暴力団の可能性が高い。
つまり、暴力団の資金源になる。

彼らは、反社会的行動を、何とも思わないから、何とでも、指導できる。

これは、撲滅しなければならない。
更に、一網打尽である。

やり取りを多くして、ポイントを買わせるというのが、鉄則である。

男女の出会い系では、無料から始まるものが多くなったが、中に入ると、詐欺に溢れている。

セックスが即出来るというのは、今は、あまり効果が無い。
それより、有名人とやり取りが出来るなど・・・

どんどんと、その手が混んでくるのである。

そして、そのやり取りのためには、ポイントが必要である。
しかし、謝礼をするので、お金は、戻ります・・・

孤立化する現代社会の、人間関係希薄に付け込んだ、詐欺である。
詐欺商法である。

出会い系サイトで、少しでも、何かしらの、人間的な付き合いを求めて、多くの人が騙される。

宗教に入り、献金、寄付を求められるのと、同じかも・・・

まあ、楽しんでいるうちが、花かな・・・

私は、いずれ、一網打尽を目指している。




posted by 天山 at 06:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。