2012年11月13日

神仏は妄想である。392

土御門家、本来は、安倍である。

安倍神道、天社神道とも呼ばれる。
安倍清明で有名である。

勿論、稀代の詐欺師より、一段劣るが、手品師のような存在である。

土御門神道が、陰陽五行に基づくものというから、まさに、神道の邪道である。
それは、道教からのものである。

中世以降、土御門家によって、陰陽道が管轄されたことにより、その名を持つようになる。

道教の際に、説明した通り、平安期、朝廷をはじめ、貴族、庶民の間にも、広く普及した道教の亜流である。

陰陽寮という、役所が置かれて、方角や日の吉凶、祓いや、祈祷を行う。
また、天文、暦などの研究である。

それを専門にする家を、加茂家と呼び、加茂保憲が、その道の達人と言われた。

この保憲は、陰陽道の暦を、その子の光栄に伝え、天文道を弟子の安倍清明に伝えた。
それ以来、加茂と安倍の両家が、陰陽寮に仕える。

清明は、陰陽道の術を自在に駆使して、様々な不思議を行ったという。
道教に他ならない。

のちに、清明から19代の孫の時に、従三位に叙せられ、土御門の称号を拝した。
本家であった加茂家は、逆転して、土御門に仕えるようになる。

ここにおいて、神道に、道教の考え方が取り入れられることになる。
例えば、鬼門という考え方。丑寅の信仰、干支にちなんだ色々な信仰である。

中世以後の神道哲学に、陰陽道が入り込んだのである。
つまり、堕落である。

悪鬼、妖物を祓い、それを防ぐ、鬼はらいの祭り、みちあえの祭り・・・
神道と、陰陽道が一緒になったものである。

占卜など、神社で行われる祭りであると共に、陰陽師が、それを行ったという。

江戸時代になっても、その勢力が衰えなかったのである。

何事も、うまく取り入れて、新しいものを創るというものではなく、神道の場合は、単なる堕落である。

更に、マジシャンの安倍清明などが、安倍神社などを作るというのは、実にゆゆしきことである。

それに、影響を受けた、吉川神道、垂加神道も、批判の対象にならない。

その第一に上げられる、神道の言葉である、大和言葉に対する、理解がまったく無い。神の名も、道教に準じて付けられている。

そこで、江戸時代の、国学というものが、現れる。
それを復古神道という。

荷田春満、かだのあずままろ、加茂真淵、かものまぶち、本居宣長、平田篤胤の、国学四大人の説が、その本流になるのである。

真淵と、宣長の出会いがいい。
真淵は、万葉集を明らかにすることが最終の目的ではなく、万葉集により、古語を知り、それによって、古典を研究し、古義を明らかにする。そして、古道を鮮明にするという研究を宣長に伝える。

宣長は、古事記伝を完成させた。

更に、宣長没後、それを受け継ぎ、古道思想を発展させたのが、平田篤胤である。

篤胤は、特殊能力があった。

出羽の国秋田から、冬一月に江戸に向かう途中で、遭難しかかった際に、謎の異人に助けられて、その際に、霊法を伝えられたといわれる。
自ら天下を知る神である、久得延毘神、くえびこかみ、のことを伝えられたといわれる。

江戸では、人が変わったかのように古今東西のあらゆる本を読み解き、それを記憶し、著述を続けたという。

更に、宣長の著作に接して、感激し、その門に入った。
宣長の古道を盛んに唱導したという。

更に、神祇伯白川家、吉田家からも、その配下の神職に古道を伝えることを頼まれるようになる。
当時の神社は、白川家か、吉田家に属していたゆえ、全国の神社は、篤胤の復古神道をもって、統一されたという。

更に、彼は、霊能真柱、という死後の世界についての著述をする。
心霊学である。

ところが、そこからが悪い。
中国の医術は、日本の、大己貴神、おおなむちのかみ、少彦名神、すくなひこのかみ、が創始して、それが日本に逆輸入された。
易を創った、フッキも、日本の大国主神である。
インドの帝釈天は、日本の皇産霊神である。
すべての起源が日本にあるとして、日本が世界で一番尊い国である。

上記、これでは、行き過ぎである。

これでは、現代の韓国人と同じである。

それにインドの神は、魔界のものであり、帝釈天が、皇産霊神とは、蒙昧も甚だしい。

だから、遭難した時に、出会った、謎の異人というのが、問題である。
その異人の良し悪しを判断できなかったのである。

幽冥界についても研究し、神界と現界の関連、霊魂、神仙に存在に関しても、多くを書いた。だが、確実に妄想である。
あるいは、一部の霊界からの、一つの情報である。

ここで、一つだけ、真っ当なことは、大和言葉によって、古事記を解釈するという、宣長の研究である。

更に、復古神道とは・・・
言葉がおかしい。過ちである。

古神道の復活という意味か・・・
それでは、道教、儒教、仏教の手垢にまみれている。




posted by 天山 at 23:59| 神仏は妄想である。第8弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である。391

空海が、日本仏教の稀代の詐欺師であれば、吉田兼倶は、神道、神社神道の、稀代の詐欺師である。

吉田神道、唯一宗源神道・・・
仏教と、道教の影響を甚だしく受けている。
特に、道教の、嘘話をその神道原理に使うという、呆れた行状である。

兼倶は、それまでの仏を主とする本地垂迹説に対して、神道を仏教、儒教などの諸宗の根元、大元だとする。

神道大意、唯一神道名法要集、などの著作がある。

その中で、日本の神道、各神社の由緒に基づく社伝神道、密教の入り混じった両部神道などを、批判する。
そして、太古より、天児屋根命、あめのこやねのみこと、の神宣として、綿々と吉田家に伝えられた、元本宗源神道を、宇宙の根本原理にかなった、正統宗教であるとした。

誰もが、自分の信仰する宗教が一番だと思うと、同じである。
正統宗教などというものは、無い。

正統だと信じて、人殺しを延々と続けている、キリスト教などは、その良い見本である。

元本源神道には、顕露教と、隠幽教、おんゆうきょう、の、二つがある。

顕露教は、外部に現れた教えであり、先代旧事本記、古事記、日本書紀により、天地開闢、神代の由来などを知り、各種の祭祀を、延喜式の祝詞などで、行うとする。

隠幽教は、その奥にある教えであるという。
吉田神道の真髄になるものである。

天元神変神妙経、地元神通妙教、人元神力妙教、からなる、三部の神経に基づき、天地人の三才を霊応させ、三元三妙の加持という、秘儀を行うという。

それが、天児屋根命が、語ったもので、北斗七元星宿真君という、北極星にかかわる神が、漢文に写して、経典としたものだという。
勿論、そんなものは、無い。経典も無い。

全く、道教の嘘話に乗せられているようである。
というより、その程度の、頭だった。
それを信じた人も、人である。

大元尊神という、神を最も、重要視する。
この漢字を見ても、道教であることが、解るというものだ。
呆れる。

その、大元尊神を、国常立神イコール天御中主神、あめのみなかぬしのかみ、と同じであるとする。

そして、吉田神社の南東に斎場所を設け、中央に大元宮を建てた。
天照大神をはじめ、八百万の神が、大元尊神に帰一するという。
その、大元尊神を祀る吉田神社こそが、神道の総本山であるとしたのである。

時に、伊勢神宮が戦災に遭い、外宮が焼けて、神体紛失の噂が流れたこともあり、それを利用して、大元宮を権威付けるための策略を巡らしたという、詐欺師である。

天から光が大元宮に降臨して、そこに神器が出現したと、朝廷に報告する。
伊勢の、内宮、外宮が、戦乱を嫌い、吉田の地に移られたということを匂わせて、調査に当らせるという・・・

朝廷では、その対処に苦慮したが、兼倶の裏工作により、その件は事実であるとしたのである。

更に、面白いのは、伊勢神宮の神々が、二見ガ浦の潮に乗って、大元宮に移られたので、加茂川の水が、塩気を帯びてきたと、朝廷に報告する。
そこで、調べると実際に、水に塩気がある。

だが、バレるものである。
加茂川上流に、密かに塩俵を埋めさせていたことが、発覚した。
兼倶の謀略である。

宗教家の前に、詐欺師であるから、どうしようもない。

だが、詐欺師というのは、懲りないもの。

教えを権威づけるために、太古神典を勝手に作り、神祇伯を世襲してきた、白川家を圧倒して、神祇官を支配するため、家系図を作り変えて、吉田の先祖が古代の神祇伯中臣氏であると、偽証する。

更に、神祇伯に対抗して、神祇官領長を名乗るという・・・
そして、朝廷ではなく、室町幕府に承認させて、神道の家元の地位を確立させるという、仰天である。

それ以来、全国の神職は、吉田家の免許により、任命されることになるのである。

驚くべきは、この、嘘八百の、教義のようなものが、後世に影響を与えたということである。

例えば、林羅山の神道、吉川神道、垂加神道・・・
だから、それらの神道には触れないでおく。

室町期の吉田家から、免許を受けた、神職は皆々、ニセモノである。
ということは、当時、全国の神社であるから、皆、ニセモノである。

ここに、神社神道の極めつけが、確定した。
つまり、神社神道は、神道とは言えないのである。

勿論、その後の吉田家は、衰退するが・・・

兎に角、残念なことに、神社神道というものは、手垢にまみれ過ぎた。

現在、神主になるための、大学もある。
そこで、古事記をはじめとして、色々と、学ぶが・・・

最澄、空海と共に、志があっても、真っ当なものを、学ばなければ、如何ともし難いのである。
そして、それは、時代性と、時代精神によって、変化する。
それは、それでいいが・・・
きっと、サラリーマンのようになっているだろう。
神主も・・・


posted by 天山 at 06:47| 神仏は妄想である。第8弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。