2012年11月02日

平成24年ネグロス島へ3

日本から飛び立ち、その日のうちに、ネグロス島のバコロドに着く予定である。
凄いことだ。

朝、部屋を六時に出て、バコロドには、現地時間の夜、七時前に着いたのである。
時差は、一時間。日本の方が、一時間早い。

一時間の時差は、体に与える影響が少ないのが、助かる。

台北で、乗り換えするが、一時間飛行機が遅れた。
それを考慮して、マニラの国内線では、三時間の余裕を取った。
であるから、ギリギリの国内線の搭乗手続きである。

マニラの国内線は、国際線乗り場から、バスで移動する。
それが、端から端まで、30分程度かかるほど。

兎に角、横浜から、夜にはバコロドである。
そのバコロドは、10月がお祭りである。
次第に盛り上がる頃に、何と、お祭り広場に近いホテルを予約した。

つまり、カテドラルの前の公園が、メイン会場であるから、カテドラルに近く、公園に近いという、便利さ。
何故、便利か。
そこに、ストリートチルドレンが集うからである。

カテドラルとは、カトリック教会のことで、司教がいる場合に、カテドラルと呼び、司祭、神父の場合は、チャーチになる。

大司教なら、枢機卿に当る。
だが、アジアから、大司教が消えた。
この、ローマ法王になってから、アジア人の大司教を解任したのである。

つまり、白人のみが、大司教になれるのである。
まあ、そんなことは、どうでもいいが。

いつも、泊まっていたホテルは、このお祭りの稼ぎ時なのに、改装工事をしていたので、止む無く、新しいホテルにした。

私は、古いホテルが好きである。
つまり、部屋が広くて、料金が安い。
ただ、幽霊ホテルのような感じはあるにはあるが・・・

見慣れたバコロドの町である。
土曜日の夜である。
いきなり、お祭りの大音響が聞えてきた。

ホテルに着いて、すぐに、バコロドのお世話役の、エジアさんに電話する。
ところが、知らない人が出て、話しが通じないと、コータが言う。

エジアさんの家は、部屋貸しをしているので、その人が出ることがあり、話しが通じないこともあると、知る。

シャワーを浴びて、夜の食事を取るために出ようと思うが・・・
勿論、現地の人たちが行く、食堂である。
ところが、疲れで、食欲がない。

日本から出たら、アルコールを飲まない私だが、仕方なく、ホテルでビールを飲んだ。
食欲を出すためである。

そして、結局、コータのみが、食事に出掛けた。
私は、食べたくないのである。
ただ、酔いが回って、暫くすると、何か食べたくなり、日本から持参した、おにぎりを、一つ食べた。

日本からは、何と七つ、おにぎりを持参してきていた。
途中で食べたので、三つ残っていた。
二つ残ることになるが、私は、それを忘れて、翌日から現地の食堂に出て、食べた。気づいた時、おにぎりが、腐っていた。

海外に出かける時は、必ず、おにぎりを作る。
朝の四時頃に起きて、おにぎりを作り、もう一度、体を横にして、五時になったら、準備をする。
慌てるのが嫌なので、時間は鷹揚に取るのである。

今回は、半年も休んでいたので、再び、旅に慣れるために、頑張った。
頑張るというのは、あの旅の感覚を取り戻すということである。

明日は、日曜日である。
本当は、支援の日なのだが・・・
着いた翌日は、一日休むことにしている。
更に、活動した翌日も、休む。

休んでばかりいるのである。
つまり、極力、疲れないようにする。
日本は、秋の風が吹き始めていたが、ここは真夏である。
知らずに、熱中症になるのであるから、兎に角、休む。

外からの、大音響を聞きつつ、寝ることにした。
何せ、ホテルの前にも、屋台が出て、とても賑わっているのである。
人の声も、響いて聞えるほどだ。

マスカラフェスティバル・・・
一年に一度の、大変なお祭りである。

私たちが、隣の島のパナイ島、イロイロに渡る日が、最高潮の日で、何でも、仮面をつけて、体に色を塗り、それが見物で、現地の人も近くのホテルに泊まるほどだという。

更に、フィリピン各地からも、人が集まるのである。

予定は、四泊であるが、私は、お祭りのために来たのではないと、三泊にして、早々に、イロイロに渡った。

だから、三泊の予定のイロイロで、四泊することになる。
後で、じっくり書くが、イロイロは、バコロドと比べて、本当に田舎町である。更に、観光客などを当てにする業者など無く、淡々として、物価も安く、過ごしやすかった。

町に埋没することが出来たのである。

翌日は、休む日のはずだが・・・
私は、何と、翌日の朝から、カテドラルの公園に出て、ストリートチルドレンと会うことになる。




posted by 天山 at 06:43| 平成25年ネグロス島へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。