2012年07月04日

神仏は妄想である。375

得体の知れない、修験道である。

様々な、研究家が、修験道に関して書いているが、それが的を得ているというものは、無い。
それぞれ、修験道の一部をのみ、取り出して、解説している。

今は、道教に関して書いている。
そこで、その道教の、民衆道教に、非常に似たものであるという、見解を私は持つ。

学者の中には、修験道とは道教の日本版である、という人もいる。

また、しいて言えば、日本の民族信仰である、神祇信仰に仏教をはじめとする大陸伝来の諸信仰が結びついて、長い間に日本の風土にとけこんで生まれてきた日本独自の宗教である、と言う。

それでは、何が一体、中心的要素なのであるのか・・・

今までの、研究から、三つの、意見がある。
一つは、仏教的なもの。特に、密教とする説である。

それは、神仏習合の一つのタイプであり、中心は、神祇信仰の中の、山岳信仰と、仏教の中でもっとも教義作法が、分化発展している、密教であるということだ。

宗教的に見れば、原始的なものと、高度なものとの、結合ということになる。

修験道が、陰陽道的要素が多いのも、密教が基調になったことの、必然的結果であるとする。

もう一つは、密教の持つ仏教的要素と、陰陽道的要素が目立つが、それらは、表面を服飾しているのにすぎない。
その本質は、原始宗教の、呪術、巫術であり、その信仰に他ならないという。

日本の民俗信仰を、本質にするということから、密教を基調とする考え方から、対立するものである。

そして、もう一つは、山岳に登山修行することから、異常な験力を獲得することであり、その力を得たものに帰依する、信仰するというもの。

結論を言えば、神祇信仰と並び、日本人の持つ、現実肯定の論理の具体化された、宗教とみるべきなのではないか、ということだ。

さて、陰陽道、五行説などは、中国で生成発展したが、それらは、大陸では、陰陽道にならなかった。日本のみが、陰陽道として、成立している。

そこで、その陰陽道と修験道に共通するのが、呪法である。
陰陽道が密教に結びつき、その密教を取り入れて、形を整えたのが、修験道となったと、考えられる。

実は、呪法は、奈良時代に、禁断された呪禁が、公認されている陰陽寮の、他の方術に寄生して、平安時代以降の、陰陽道を確立していった。

そこで、修験道は、陰陽師の方術に寄生するのではなく、禁止されたものを、受け継いで、平安時代を通して、地方の民間信仰の中に、溶け込んだということである。

ある、研究家は、
修験道にみる陰陽道的呪術は、密教を通し間接的摂取ではないか、との意見である。

しかし、陰陽道も、修験道も、確実に、民衆道教に、影響を受けているというか、それによって、教義、あるいは、行為を形作ったものであると、言える。

これは、他の文化的行為にも、言えるが、仏教的、儒教的という、表面に対し、裏面では、道教の影響が、脈々と伝わっていると、思われる。
更に、儒学もあるが、老荘思想は、日本の知識人たちに、大きな影響を与えた。
しかし、それが、即座に道教として、認識されたのではない。

あくまでも、老荘思想として、である。

だが、道教は、大陸では、老荘思想が、中心の経典になっているのである。

そこで、私は、修験道に関して、研究という意味では、抵抗が無いが、その実態に関しては、否定する。
何故か。
山岳にての、修行という荒行には、性格の偏向、偏狭が付きまとうものである。

更に、甚だしい、妄想と、蒙昧である。
肉体の業により、つまり、肉体を痛めることによって、何か特殊な力を得るという、考え方には、賛同できないのである。

学問として、色々と、分析するのは、問題がないが、それを行為することに、問題がある。

要するに、社会と隔絶された場所にての、信仰とは、そのまま、社会と隔絶されているのである。

そして、更なる迷信を生み出し、人々を、惑わせるのが、関の山である。
本人は、自己満足で、いいが、それを対人として、行為することは、迷惑千万である。

私としての、結論は、矢張り、得体の知れないものなのである。
そして、得体の知れないものは、危険である。

社会と、隔絶されたところで、精神疾患に陥り、手のつけようの無い者を、特別扱いして、とんでもない目に遭うのが、関の山である。

彼らを、日本の民間信仰を云々という、分析は、正しくない。
日本の民間信仰は、太陽信仰であり、明るいものである。
山岳という場所は、また、その修行は、決して、明るくないのである。

得体の知れない、魑魅魍魎を相手に、自己満足に陥り、更には、性格を破壊させる者も、多数いるのである。

そして、彼らが、相手にしている、神仏というものが、あるならば、それは、神仏とは、言い難いものであり、明るい昼間には、決して出てこないものである。

陰陽師の真似をし、密教という、偽の仏教の加持祈祷の真似をして、民衆をたぶらかすのが、関の山である。

正に、彼らの神仏、その他の、霊威というのは、妄想に他ならないのである。

そして、道教的なものからの、教義を取り入れているものもあり、矢張り、得体が入れないものである。




posted by 天山 at 23:59| 神仏は妄想である。第8弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国を愛して何が悪い20

列強時代、朝鮮が清国の属国であったことは各国ともに承知していたことで、朝鮮外交をめぐる交渉は李朝朝鮮ではなく清国を通して行われていた。朝鮮の国事や人事までも、清国政府が決めていたからだ。
黄 文雄

1885年、イギリスが朝鮮半島南端の巨文島を占領したときも、李朝には通告せず、イギリス駐在清国大使に連絡がいったのである。

更に、李朝政府には、連絡することなく、占領を了承したのである。

翌年、李朝国王の高宗が、有事の際にロシアに保護を求めようとして、ウエーバーに送った新書が、清国に発覚した。
その時、宗主国の代表として、朝鮮に駐在していた、袁世凱は、高宗を問い詰め、遂に、国王退位の厳しい措置を建言したという。

当時、日本は、国益を考えて、朝鮮を「自主の国」と主張していたが、清国の圧倒的存在感に押され、清国を宗主国と認めざるを得なかったのである。

1885年、井上馨外務卿が、清国に提出した、「朝鮮弁法八か条」でも、しかたなく、清国と妥協して、朝鮮の政務を清国と日本で、共同管理すると、第一条で提案している。

日本は、朝鮮が、自主独立の近代国家として、変わることを期待していたのである。

しかし、1875年、日本軍の戦艦が、演習中に、朝鮮軍に砲撃された、江華島事件の結果、朝鮮開国が行われると、日米英露などの列強が、朝鮮を中国の属国と認めなくなったのである。

そして、朝鮮と単独に、密約、条約などを結び、外交関係を持つ国が出てきたため、清国は、朝鮮管理を更に、強化した。

それは、朝鮮の第三国への公使派遣は、認めるが、全権の二文字は、使用禁止にした。

更に、レイヤク三論なるものの、順守を強要した。
一、 朝鮮公使は駐在国に赴任したら、必ず清国公使館に先報し、清国公使を経て相手国と折衝すること。
二、 公私外交の席上、韓国公使は必ず清国公私の次席に座すること。
三、 重要交渉がある時には事前報告し、相手国に関係なく属邦体制を守ること。

何とも、悲しい限りである。

だが、裏では、約束を黙殺し、日米英露の力を利用しつつ、清国を牽制していたのである。

19世紀に入り、李朝は、清国から保護を強化されたり、高宗をロシア公使館に移して、クーデターで親露派政権を立てたり、日露戦争後は、日本に保護されたりと、巧みに相手を変えていた。

これだけ、保護国を乗り換えてきたのである。
今頃、日帝時代の、云々を言うのは、実におかしいのである。

ゆらゆら揺れて、自主独立を保てないという、朝鮮の、その民族の心意気など、無いといえる。

そして、更に、面白いのは、清国の朝鮮省という、中華帝国の編入を喜ぶという、アホ振りである。

今なら、どうだろうか・・・
韓国人が、中国になるのを、喜ぶ人たちがいるだろうか。

しかし、先祖たちは、そうだったのである。

いくら、捏造しても、事実は、残っている。
韓国人の先祖は、中国になることを、事の他、喜んだ・・・

さて、清国では、アヘン戦争が起こり、その後に、太平天国の乱が起こる。
更に、もう一つ、イスラム教徒の乱、回乱が起こる。

1851年から、64年に渡る、反清農民革命である、太平天国の乱は、人類史上最大の、叛乱といわれる。
その死者は、五千万人、あるいは、人口の五分の一といわれる。

そして、1862年から77年の、回乱は、死者二千万人と、推定される。

この、内乱の中で、ベトナムは、清仏戦争により、完全に、フランスの手に落ちた。

朝鮮半島では、日本、ロシアが介入して、それに危機感を抱いた清国は、朝鮮の管理監督権を握る、李鴻章を中心に、今後の処分について、議論が絶えなかったのである。

回乱が起こった後で、清国は、大幅な行政改革を行った。
回部、つまり、新疆ウイグルを、福建省の台湾を、1887年に、正式に組み入れたのである。

そして、朝鮮である。
それを組み入れるために、介入している、日本とロシアの勢力と対抗するために、指導と管理を強化した。

朝鮮省を設立し、列強諸国に対して、朝鮮は、清国の固有領土であると、アピールしたのである。

地政学的に言えば、朝鮮は、日本にとって、ロシア南下の脅威を阻止する場所であり、清国にとっては、外敵を防ぐ自然の防壁となる。

ゆえに、清国は、朝鮮農民の反乱の鎮圧にかこつけて、軍隊を派遣し、そのまま、朝鮮半島の守りを固めようとしたのである。

日本、ロシア、清国などによる、朝鮮獲得競争が静かに、進行していた。

そして、日本と清国では、朝鮮の指導と管理について、多くの経営策が議論されていた。

それを、おおよそまとめたものがある。
一、 漢の四郡建置の例に従い、朝鮮国王を廃止、その地を清国の一省とする。
二、 朝鮮国王を存置するとしても、周の例に従い、監国を置く。
三、 有力なる軍隊を派遣して、その海港を清国の下に置く。
四、 朝鮮の内政革新を断行する。

その他にも、日本に取られた、琉球を取り戻そうという個所もある。
朝鮮前後六策、といわれる。

それにしても、朝鮮の問題なのに、一切、朝鮮側の発言が無いのである。というより、発言さえも、無視され、相手にされなかったというのが、事実である。

うすのろ・・・というしかない。
要するに、中国により、朝鮮は支配されていたのが、事実なのであり、あのままでいれば、確実に、現在は、中国領になっていたということである。

日清戦争により、日本が勝ったことにより、現在の韓国という国が、存在するのである。


posted by 天山 at 00:00| 国を愛して何が悪い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。