2012年06月03日

国を愛して何が悪い13

戦前は、中国、インド、東南アジアなどのアジアの農民は、極度に貧しく、飢餓状態にあった。
旱魃のたびに、死者が大量に出るのである。

中でも、朝鮮半島は、李朝時代の両班からの搾取、地理、天候などの条件から、最も貧しかった。

可耕地の広さと比べて、農業人口があまりに多く、地質、土壌、堆肥不足、治山治水の荒廃、気候寒冷などの、自然条件も悪い。
更に、山林荒廃による、燃料不足、堆肥不足、旧来農法の面からも、農業などは、難しいものだった。

その、朝鮮に近代化をもたらしたのが、文明開化、殖産興業に燃える、日本であった。
朝鮮だけではない。台湾、満州も、そうである。

今日に至っても、西欧列強と交流のなかった東アジア内陸は、相変わらず、旧態依然としている。

黄文雄氏の、上げる、朝鮮旅行記からの、抜粋である。
どこまでいっても禿山と赤土ばかりで、草も燃料のため刈り取られる。
山地が痩せていて、昨年もたくさんの餓死者がでた。
ここは退屈極まりない土地で、山は禿げ山、植生はほとんど見られない。
朝鮮人たちは土地が痩せていると不満を訴えている。樹木は皆無で、燃料には藁と草が使われている。

つまり、日本がしたことは、彼らのいう、全く逆のことである。
日本が、駄目にした以前に、駄目になっていた。更に、それに、手をつけようもなかったのである。

だから、朝鮮総督府当時の、半島の林野状況は、酷いものだったのだ。

韓国人が言う、日帝36年の、森林資源濫、掠奪だということが、真っ赤な嘘であること、明々白日である。

自分たちの、無能力さを、晒しているのである。
これが、将来、韓国の若者に知れたら、それを教えた者たちは、殺されるだろう。
無意味に、日本と、日本人に対して、憎悪を植えつけたのであり、それを取り戻すには、100年かかるのである。
勿論、韓国が、真っ当な国になったら、である。

朝鮮半島は、地質的には脊梁山脈が縦走している状態であり、日本海側では、豆満江以外は河川の流路が短い。そのため黄海側にそそぐ河川には大河が多くなるのだ。その上、有史以来大規模な治山・治水工事がほとんど行われておらず、自然の姿そのままで放置されている。
そんなことだから、自然災害も自ずと多くなり、七、八月ごろの雨期に台風が集中すれば、洪水と旱魃が交互に半島を襲う。半島の自然生態史は、こうして作られてきたのである。
黄 文雄

自然的要因だけではない。
盗伐と乱伐などの、人為的要因の、双方である。

それに対して、日本が、登場するまで、何も出来なかったのである。

両班は世界中でもっとも強力にして傲慢な階級である。彼らが強奪に近い形で農民から田畑や家を買うときは、ほとんどの場合、支払いなしですませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止できる守令(知事)は一人もいない。
ダレ神父 朝鮮事情

戦後、日本が、朝鮮半島で行ったといわれる行為は、大半が、両班をモデルにした、捏造の、作り話である。

だが、不思議である。
何故、それほど、韓国人は、日本と、日本人を捏造してまで、嫌うのか。
民族主義の、なせる業であろうか。
それにしても、実に、お粗末である。

被害妄想という、病気があるが、それに近い。
被害妄想症状から、合併症を発して、今は、自傷行為にまで至るのである。

韓国社会の、混乱と、荒廃は、それである。

民族主義が、徹底して、強迫観念になると、昂じて、狂う。
韓国人が、韓国人を差別すると、相手が、死ぬまで、続ける。
強迫性としか、言いようが無い。

だが、それに気付いた、韓国人は、日本に、不法入国しているのである。
勿論、中国人も、である。

一度でも、日本に入国した、韓国人、中国人は、再入国して来る。
それが、不法入国でも、本国にいるより、いいのである。

実は、日本に憧れ、希望を持ち、期待してくるのである。

私が時々行く、中国人夫婦の、中華料理店がある。
もう、旧商店街で、シャッターを降ろした店が多々あるのだが、二人は、そこで商売を続けている。

そして、子供をもうけて、その子も、別な場所で、中華料理店を始めた。
更に、孫まで、出来た。

夫婦の実家は、上海から、車で、三時間の場所だという。
もう、中国には、帰らないのである。

韓国人の、教組を知っている。
日本で、韓国人相手に、商売宗教をしている。
兎に角、ガバガハと、金を得ている。
韓国人の、孤独感に付け込んだ、汚いやり方である。

その、弟子から、日本の税務署が一番怖いと、言っていると、聞いた。
これ以上は、遠慮して書かない。

在日韓国人が、世界で、一番成功しているのが、日本である。
どうして、こんな矛盾することがあるのだろうか・・・

決して、彼らに選挙権を上げてはならない。
捏造と、妄想まみれの歴史観を持って、対処するに決まっている。

この姿勢が、世界に通用することは、無い。



posted by 天山 at 00:07| 国を愛して何が悪い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。