2012年05月26日

性について203

日本語の、性別という、言葉は、正しいと書いた。

そして、この場合は、生物学的、社会的な、性別である。

さて、話は、少し横道に入るが、2012年5月9日、アメリカ大統領オバマが、同性婚を支持した。
更に、カトリックのイタリアでも、最高裁判所が、同性婚も、異性婚と同じ、権利を持つことであり、それは、政府が決めるべきだとの、判定を下した。

西欧の多くの国では、同性婚、更には、パートナーシップ制として、同性婚を容認している。
法律により、その権利が認められたのである。

これは、歴史上の、驚嘆である。

私がこれから書く、ジェンダー問題は、セックス、恋愛の対象ということである。
性的指向・・・

日本では、性同一性障害は、病気として、認知された。
精神疾患である。
だから、法律でも、性転換者の戸籍を変更できるようになった。

ちなみに、性同一性障害が最も目立つタイでは、法律上の変更はできない。

それは、病気ではなく、指向の問題たちという考え方が強いと、考える。

私の立場は、精神疾患でも、障害者としての、認識はない。

性的指向の問題である。
ただし、社会的に公然とそれが認められるのであれば、病気としたり、障害としたりしても、良しとする。

つまり、生きやすくなるのであれば、いい。

生物学的に、完全な、男や、女はいない。
更に、脳学からも、完全な、男、女は、いない。
そして、心理学的にも、完全な、男、女は、いない。

幾人かの、青年に出会い、話を聞くと、同性が好きであるが、異性とのセックスも可能であり、それで、悩んでいるという。

精神的に愛せるのは、同性である。
肉体的には、異性も愛せる。
それで、心が揺れている。

バイセクシャルでもいい、とは、思わないのである。
若者だからか・・・

友情と、愛情のぎりぎりの線にある、関係。
そして、彼らは、好きな同性とも、セックスの経験がある。

異性との、セックスは、決して嫌な行為ではないのである。
しかし、本当に好きな相手はと、問われると、同性なのである。

普通の社会にいても、そのような悩みを抱える。
異性のいない、男子のみの世界の話しではない。

再度、性同一性障害とは、体の性と、心の性が、分離している状態である。

もっと、踏み込むのは、後にする。

同性婚・・・
何故、今、世界がそれに向かっているのか。
それは、体の性と、心の性が分離している人たちが、存在することを、教える。

同性だが、心の性が、異性の場合、同性愛になる・・・
それを容認する、寛容な社会を目指すと、理解する。

更には、体の性も、心の性も、男であるが、同性を愛するという場合。
女の場合も、同じく。

タイで出会った、レディーボーイが、面白いことを言った。
多くのレディーボーイたちは、手術をするが、どうして、手術しないの・・・
すると、彼は、ペニスのあるレディーボーイが好きな人もいる・・・
更に、ペニスがあることも、レディーボーイの特徴の一つだ、と。

こうなると、こんがらかるが、それは、性の多様性という問題になる。

これはを、心理学でやると、限りなく、男に近い、女に近い・・・
だが、完全な男、女は、存在しないから・・・
直線では、表せないということになる。

と、すると、直線ではなく、円の方が解りやすいのか・・・

この、ジェンダーの問題は、実は、年を追うごとに、複雑化しているのである。

体の性とは別に、性別を持たないという、無性という存在も、現れてきたのである。

これは、あの馬鹿者たち・・・
性差を差別するな・・・という、人たちによって、もたらされた。

男女平等であるという、実に、偏狭な考え方の持ち主たちである。

性差が、区別であることを、無視しているのである。

そんな議論に入らないという、人たちが、現れたのが、無性である。

性別を男女という、世界観から、脱却する。
とてつもない、試みが始まっている。
これは、夫婦、家族というものを、考える上でも、画期的な思想になる。

じつは両端に「女」「男」を配して軸を設定する発想自体が、すでに二元的な性別認識にとらわれている。性が多様なら、その多様なものが「女」「男」というコードを参照する必要は、もはやないはずなのだ。
佐倉 智美 性同一性障害の社会学

性のありよう、つまり、広い意味での、セクシャリティであれば、それは、その人の個性となる。

個々人の資質の一分野としての概念である。
佐倉

セクシャリティが多様化した時代になったのであるということ。

それは、最早、避けては通れない、道になった時代なのである。




posted by 天山 at 06:06| 性について5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。