2012年03月07日

ビルマの希望に会う10

チェンライから、バンコクに移動した。
暑い。
矢張り、気温30度である。

そのまま、バスに乗り、パタヤに向かう。
いつもの、ゲストハウスを目指す。

本当は、定宿のバンコクの下町の、マンションアパートでも、良かったが、予約しなかったので、満室だと、また大変と、そのままパタヤに向かう。

丁度、繁忙期である。
だから、ホテルはいつもより、高い。
しかし、私たちは、現在の料金より、安く泊まれる。
特別扱いなのである。

私たちの、活動を知る、従業員のお陰である。
ボスには、内証で、いいですよ・・・

私は、早速、あのカンボジア流民の、母子に逢いに行った。
いたいた・・・
男の子が、すぐに、私を指差した。

目は、すっかり良くなっていた。
母親が戻り、目のお礼を言う。
良かったね・・・

そこで、また、男の子を連れて、コンビ二に向かった。
今度は、好きな物を、選ばせた。
おもちゃ付きの、キャンディーを選ぶ。

コータに、言われた。
子供は、食べ物より、まず、遊ぶものが欲しいと。
そこで、今回は、それを許した。

そして、食べ物である。
ソーセージや、パンを買う。
男の子は、チョコのコーンフレークが、欲しいというので、それも、買った。
レジに行く。

従業員が、その子に何か言う。
そして、私に対して、お礼をいいなさいと、言っている。

手を合わせて、コープクンカップ。
他の従業員も、その子に、話しかけた。
良かったなーーー
とで、言っているようである。

その親子だけは、同じ場所に、同じようにしている。
確実に、流民であり、組織に属してはいない。

その他の、流民の様子を観察していると、時間制で、交代している。
怪しいのである。

物乞い商売・・・

それでも、哀れである。
ただ、お金を上げても、彼らの懐には入らないと、知っている。

パタヤでも、屋台と、市場から買ってきた物を、食べる。
その方が、楽しいし、安い。

顔馴染みになった人たちも、多い。
特に、同じ場所に屋台を出す人は、私が行くと、微笑む。
今日は、買わないの・・・
そんな風に、聞える。

ボランティアらしさ・・・
それを、人は求める。
善人という、イメージである。

だが、実際、ボランティアで、善人は、少ない。
公的ボランティア、有名団体のボランティアは、ビジネスクラスに乗り、高級ホテルにも泊まる。
ボランティアをしているのだから、当然であると、思う。

その資金は、多くの人たちから、支援して貰った物。

身の安全をと言うが、本当か・・・

私の活動は、個人活動である。
私が自己責任において、行う。
らしさ・・・
そんなことを、考えたこともない。

そして、そんなことを、言う者は、ボランティアなどしない。
論ずる者は、論ずる場所にだけいる。

何十年か前の情報を振りかざして、私にアドバイスするという、馬鹿、アホもいる。
屋台の物も、切り売りの果物は、食べないように・・・
一体、いつの話しだ。

確かに、衛生観念が違う。
しかし、同じ人間である。最低限の衛生観念はある。
特に、タイでは、何も問題ない。実に、衛生的である。

屋台の、焼肉を買うと、一度必ず、焼きなおす。
焼いた後で、菌のついたものを、もう一度、焼き直す。
更に、炭火であるから、美味しい。

ミャンマーだけは、果物の屋台は、水と包丁の殺菌が必要である。

私のように、現地に何度も出掛けている者の、情報には、叶わない。
ただし、特別な情報は知らない。
政治的地位の高い人などの、情報は、知らない。

私が知るのは、庶民の生活である。
そして、中でも、スラムに住む人たちや、貧しい人たちのことである。

何せ、私は、その人たちと、友達である。
一緒に食事が出来る相手である。

ボランティアガイドを書いても、私の行くところには、行けないだろう。
皆が、見ていない、現状を見るのである。

ボランティアツアーなるものの、正体は、愕然とする。
あれは、商売である。

それが、子供たちと、過ごした半日の思い出・・・
困難な中で生きる子ども達の笑顔に、元気をもらいました・・・

どこの話だ。

それで、支払った金が、どのように使われているのか、知っているのか・・・

アホは、死んでも、アホなのである。
馬鹿も、同じ。

そして、観光をして、帰国する。
いい気なものである。

その感覚が信じられないのである。

そろそろ、終わりにする。

私は、これから孤児施設に、食糧支援も、行う。
黙って寄付をする人・・・
それが、本当の善人である。

私は、善人ではない。
海外に出て、大声で、怒鳴り散らす私が、善人であるはずがない。

最後は、振り返って、馬鹿者・・・・と、怒鳴る。
意味が解らないだろうから、まだ、殺されない。
いずれは、殺されるかもしれない。



posted by 天山 at 00:07| ビルマの希望に会う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。