2012年01月30日

カンボジアの悲劇6

シェムリアップは、単なる町である。
ただ、アンコールワットという、世界遺産のお陰で、有名になり、更に観光客が多い。

救いは、バリ島のように、ゴミに覆われていないということである。

観光業を経営している人だけが、富裕層に入る。
そして、公務員である。それは、どこの、貧しい国も、同じ。

町の一角が、歓楽街の形相になっている。
当然、売春、麻薬がある。
一時間ほどのタイ国境の町、ポイペトでは、危険が一杯である。

人々は、実に貧しい。

さて、トゥクトゥクがゲストハウスに着いて、運転手と、少し会話した。
皆、英語である。

一番、驚いたとこは、孤児院の話しである。
支援してはいけない。彼らは、商売で孤児院を経営していると言う。

特に、お金などは、孤児たちのために、使われないのであり、衣類の支援も、横流しされる可能性大である。

これは、海外からの、支援による孤児院ではなく、カンボジア人によるものである。

だから、と、運転手は、言う。
あなたの、やり方が、一番いいのです、と。

直接、手渡しすること。

それでは、次に来た時、また、案内してください・・・出来る限り、多くの衣類を持ってきます・・・
私が言うと、オッケーオッケー・・・と、繰り返した。
そして、ありがとう・・・である。

実は、到着した夜、私は、食堂で物乞いに来た、少年に、その食堂で作ってもらった、麺類を上げて、更に、ゲストハウスまで連れて行き、衣服と、靴を上げた。

私は、食堂で食べさせたいと思ったが、少年は、入らないのである。
当然か・・・
そこで、作って貰い、それを上げて、服も上げると、連れて帰った。

そして、ゲストハウスの玄関の前の椅子に、座らせようとしたが、首を振る。
すると、ゲストハウスから、おばさんたちが何か少年に言うと、少年は、漸く座ったのである。

服と、ズボンを上げて、靴を履かせてみるが、合うものが無い。
すると、ハウスのお上さんが、出て来て、私のこれを履いてごらんと、差し出すのである。

その時、皆々、子供たちのことを、気に掛けていると、感じた。
しかし、普段は、それが当たり前で、ただ、見ているだけだった。しかし、きっかけがあれば、出来ることをして上げたいのだ。

トゥクトゥクの運転手も、私たちの、活動に感謝する。
自分が直接、受け取る訳ではないが、感謝する。

勿論、運転手にも、小さな子供がいて、靴が欲しいと言うので、一足差し上げた。

全体の中に、私がいると、感じる。
これが、要するに、国家意識、地域意識、村意識なのである。

カンボジアは、王国であるが、タイの王様と違い、それほどの、尊敬は無い。
何せ、シアヌークは、ポルポトと一度組んだのである。

現代のカンボジアの悲劇の、幕開けをした人物が、王室にいるのである。
現在の、国王は、シアヌークの息子であるが、シアヌークの写真が掲げられる。矢張り、国の象徴なのである。

だが、シアヌークによる、国家意識は、低い。
政府が、権威付けを行うが、儀式の際だけの、権威である。

日々の生活に裏付けられたものではない。

カンボジア国民としての、アイデンティティは、実に難しい。

一度、自国民が、滅茶苦茶にした、国である。
更に、その人間性の、悪を、嫌と言うほど、見せ付けられたのである。

子が親を裏切り、友人が裏切り、親類が裏切り・・・
誰も、信じられなくなった・・・

まだ、30年前のことである。
生々しく、思い出す人が大勢いる。
だから、その話しは、タブーなのである。

どのようにして、無辜の人々が、虐殺されたか・・・
真っ当な神経ではなくなったはず。

ただ、殺すのではない。
何の罪も無い人たちが、拷問され、虐殺されてゆくのである。

慰霊など・・・
とても、無理だろう。

それに、向き合うには、30年以上かかるだろう。

そこで、私は、飛躍する。
その物乞いの少年と、私とは、何の関係もない。
だが、私が、何故日本に生まれて、このような事態に合わなかったのか、ということと、何故、私が、この少年ではなかったのか・・・
という、問題には、答えが出ない。
偶然・・・

私が、この少年だったかもしれない。
これが、私の哲学になった。
何故、私でなかったのか・・・
誰も、答えられない。
饒舌な宗教家や、霊能者は、妄想を、言うだろうが、そんな問題ではない。

存在の問題である。
妄想では、解決しない。

少年が私で、私が少年・・・

それは、至る所で、感じることになる。




posted by 天山 at 00:05| カンボジアの悲劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。