2012年01月23日

性について。191

売春の行われる背景の90パーセントは、ホテルである。残りの10パーセントには、あるいはカフェの裏部屋とか、その他ブーローニュやヴァンセンヌの森といったすべての場所が含まれる。
マンシニ

ヨーロッパでも、あるいは、アジア各国でも、事情は、よく似ている。
ただ、それが、今も行われているか、否かである。
売春行為も、高度なテクニックになってきたと、いえる。

何処でも、売春行為は、成立する。

その手の、ホテルは、売春行為専門であるから、普通客を拒む場合もあるが、今は、公然と、普通客にも、部屋を提供する。

森のみならず、街角の至る所も、利用される。
特に、深夜であれば、ビーチ沿い、更に、電灯の無い、小路・・・・

更に、売春行為といっても、ありとあらゆる、形がある。

横浜市には、古くから、売春道なるものがあった。
数年前に、その場所から、売春行為をなくす運動を、住民がはじめ、それに、警察、横浜市が協力して、排除し、新しい通りとして、利用されるようになった。

だが、売春行為が、消えた訳ではない。

そこは、外国人の、売春婦の坩堝だった。
ロシア、韓国、中国、ブラジル、タイ・・・

更に、日本人が、混じるのである。

客の要求によって、ホテルの場合もあるが、自分の部屋で行う売春婦も、多かった。
更には、レディーボーイたちの、売春は、見事なもので、場所を決めない。
道の端で、単に、客のペニスをしゃぶり、射精に導き、数千円を得るものから、自分の部屋に客を入れて、一万円ほどの、報酬を得る。

それらは、みな、ショートタイムと、呼ばれる。
そして、レディーボーイたちは、ショートタイムしか、行わないという。

女の売春婦は、ショートタイムでも、ホテルを利用するか、自分の部屋で、行うか、である。

本番無しの行為では、五千円程度からで、本番は、一万円から、二万円の間である。

どれほど、排除されても、彼女たちが、収入を得るのは、売春であるから、場所を移して、行われる。

マンシニが書く、フランスの状況と、同じである。

風俗営業の届出を出さずに、影響していると、時に、摘発されて、逮捕されるが、保釈金を支払い、出てくると、また、新しい方法を考えるという。

日本でも、マッサージと称して、性的サービスを行う、女の子マッサージが、出現したが、まったく、タイの、エロマッサージの真似である。

本番無しの、性的サービスである。

タイ、バンコクの道端の立つ、売春婦の利用するのは、ホテルではなく、格安のゲストハウスである。
時間制で、借りる。
ハウス側も、回転率がいいと、儲けるので、暗黙の了解で、利用させている。

田舎に行くと、ホテル自体が、売春斡旋を行う。
それらは、紹介する者に、コミッションが入る。

ホテル従業員から、暗に、売春を持ちかけられることは、多々ある。
それは、バリ島でも、タイの田舎でも、カンボジア、ベトナムでも、同じである。

だれであろうと、パリの中央市場の周辺や、その他駅に近い街路を歩いてみれば、あきらかに売春婦と思われる女と客とが、素早く取引の話しをつけてそのまま手を組んでホテルに入ってゆき、十五分後にそこから出てくるのを、自分の眼で見る事ができる。
マンシニ

売春行為は、法律で、裁かれるが、売春婦として、存在するのは、裁かれないのである。

売春婦として生活することは禁じられていないからである。
マンシニ

タイ、チェンマイの、ある通りでは、レディーボーイが、性的サービスを売る場所として、有名である。
そこに、警察が、手入れをする。それは、警察官の、臨時収入、こずかいに、なるからである。

時には、事件のように、報じられる場合があるが、そんなことは、皆、知ってのことである。

チェンマイ以北、更に、タイの、東北部から出て来た、貧しい女たちが、体を売る。飲み屋の、ホステスをやっていても、生活が出来ないのである。
ゴーゴーバーとは、売春婦を捜す場所なのである。

私が、問題意識を持つのは、売春街、あるいは、置屋といわれる、売春婦を用意してある、店である。
その周辺は、実に危険な場所として、紹介される。
カンボジア、プノンペンでは、売春街は、スラムと、一緒にある。

昼間でも、危険な場所と言われる。
売春婦街には、薬物、その他・・・
薬物中毒者、アル中、精神病・・・

国境近くの町には、そういう場所が多々ある。

怪しい場所には、怪しい連中が、屯するのである。

だから、そういう環境の中でも、育つ子どもがいるというのが、問題である。
母が売春婦で、自分も、売春の世界に身を入れたという、若い女性もいる。選択肢がないのである。

貧しさと、学習の環境にない、子どもたちを、その環境から、救い出すには、政治力が必要である。



posted by 天山 at 00:13| 性について5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。