2012年01月04日

霊学49

男根期自己愛型の自己愛パーソナリティを唱えた、ライヒ自身、実はそのまま、男根期自己愛パーソナリティ障害の持ち主だったという。

ライヒは、男女間の、オルガスムスを、心身の健康の指標とした、有名なオルガスム理論を展開した。しかし、彼自身は、性の理論である、オーゴン・セラピーに迷い込み、晩年は、誇大妄想に捕り付かれた。

それに対して、小此木氏は、
実は彼が求めていたのは、生理的なオルガスム体験ではなく、セックスを通して得られる誇大自己の満足だったのです。
と、言う。

さて、現代の自己愛人間にも、男根期自己愛型の、自己愛人間が、多数いる。
しかし、真の父親像に同一化した、男らしい男ではない。
だが、適応しているのである。

男根の威力は地に堕ち、そのため心理構造としては男根期自己愛的な性格をもちながら、しかもフロイト、ライヒ時代のような男根的な衝動を失い、自己愛的な面がより肥大したパーソナリティの持ち主が、自己愛人間です。
小此木

それは、現代では、自己顕示欲が強く、幾人もの女に愛されたり、賞賛を受けることで、自己愛を満たすため、男らしく、演じているのである。

その男の中には、母なるものが、重く存在しているということである。
つまり、ペニスのある母親と、同一視した、男・・・

しかし、時代に、適応しているということは、治療の対象にはならない。
だが、一旦、問題が生ずると、手がつけられないのである。
治療の方法が、見出せないとでも、言う。

さて、では、女性は、どうか。

フロイト、ライヒの時代では、
男根期にペニスがないことに気がついて、男の子に比べて自分が劣等であると体験する。このときに、自分にペニスがないことを否認して、自分も男の子同様にペニスを持っているという幻想を維持していくように自己愛を発達させる。
小此木

だが、このような、女性は、反動的に男性に対する、競争心が強く、男と同じなのだと、自己愛を保つのである。

これを、ペニス羨望の強い女性、男性抗議の強い、マスキュリン・プロテスト、と呼んだ。

ここでも、固着が問題になる。
女性が、男根期自己愛性格が、固着すると、ペニス羨望が、異常に強い、マスキュリン・プロテストになってしまう。

健康な成長を続けた、女性は、ペニスだけが、大事なのではないと、自然移行で、女性になってゆく。

だが、ペニス羨望の強い女性は、男関係では、常に競争的になるか、自分が同一化できるような、巨大なペニスを持つ人が、現れるとき、自己愛型の愛情を、向けることで、かろうじて、男に愛情を持つ。

フロイトは、男根的な自己愛を失い、そこから、女性心理がはじまると、考えていた。

更に、この自己愛の発達の違いによって、男性性と、女性性が、分れると、考えた。

女性は男性のペニスをもらいたいという願望をもっているので、そこで男性のペニスを取り込む。その結果妊娠して赤ん坊が胎内に宿ると、これまでは男性からペニスをもらうという依存的だったものが、自己愛型に変わる。
小此木

妊娠すると自己愛が肥大する。そして、自己愛の延長として子どもが生まれる。ですからフロイトの女性論では、女は妊娠して子どもをもたない限りは、去勢コンプレックスによる自己愛の傷つきを本当にいやすことはできないということになります。つまり母性になることではじめて、女性は一人前になるというわけです。
小此木

そして、子どもに対して、自己愛を満たした状態で、子どもとの、共生関係が生まれ、この母親の自己愛が満たされた状態で、育てられて、子どもの、健康な自己愛が、育つ。

だが、先ほど、ペニス羨望の強い女性は、子どもとの間に、健康な一体感を持つ事無く、別のコースを辿る。
それが、現代の自己愛人間女性であると、小此木氏が言う。

確かに、ウーマンリブ運動などでは、そのような、女性たちを、多く見た。
それが、男女平等という名の元に、とんでもない、発想と、発案をして、世の中を、驚かせる。

簡単に言うと、男社会に対する、挑戦と、競争心である。
それには、色々な理由が挙げられるだろう。

家、家系の喪失、父親の喪失・・・
更に、男の側の変化。

心理学が、解き明かせないのは、時代性と、時代精神である。

フロイトは、自分を理解するために、考えたことを、それなりの理論にした。
それだけである。

その後も、心理学者たちは、わが身のことを理解するために、発展させた。

このように自己愛人間化するにつれて、男性、女性いずれも男根期以上の対象愛の成熟をやめ、自己愛的なイリュージョンの中で、男女のかかわりをもつ時代になったということができる。
小此木

この、発言は、重大である。
つまり、自己愛的な、錯覚の中で、男女の関わりを、持つというのである。

固着と、錯覚の時代。

性行為も、夢の一瞬で、終わる。
それが、自己愛を満たす行為である。
ホント
相互関係など無し。錯覚の中で、セックスし、オーガズムを得て、満足、満足している、人間ということか・・・

本当に、人間とは、孤独なものである。

だが、しかし、これは、序の口。
人間の孤独、それを、身も凍るような、無意識の世界を見つめてみると、更に、深まるのである。

潜在意識を強化してとか、潜在意識を有効に使い・・・
などと、成功哲学が言うが、それが、無意識を開放することになったら・・・
気が狂うのである。




posted by 天山 at 00:03| 霊学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。