2011年11月25日

性について。189

自発的な意欲も知能も、感受性も、この日課を満たすうえでは不要なものである。それどころか、こうしたいろいろな力は、それを働かせれば望ましい成果をあげるうえで邪魔になる。つまりスペインはカスティーリャのアンリー四世の言に従うならば「愚鈍のゆえに」売春に従事しているのであって、生理的な条件さえそなわっていればそれだけでよいのである。
マンシニ

これは、随分と、短絡的、狭義的である。
欧州の売春婦がそうでも、アジアでは、違うと、言う。

愚鈍であれば、遠い家族と、子どもを育てるための、仕送りなど、出来ないのである。

フィリピン
恒常的な貧しさを抱えている国。
首都のマニラには、家の無い家族が、どれほどいるか・・・

更に、就くべき仕事がなく、体を売ることしか、方法の無い女性たち。

子持ちの女性たちが、一度の売春で、僅かな金を得るという。

私が、マニラの貧困地区に一人で支援に出掛けた旅で、一人の、売春婦を案内に頼んだ。
その店には、一度、カレー屋だということで、客引きに連れられて、入ったことがある。しかし、食べ終わらないうちに、状況を理解した。

その際に、あなたたちなら、二人でいたので、一人1500ペソでいいと、言われた。
本当の料金は、2000ペソである。

日本円では、4000円。
これは、ショートなのか、一晩なのか、解らない。

兎に角、一人の売春婦を選んで、手伝って貰うことにした。
2000ペソを払い、二日の予定である。

支援には、あまり役に立たなかったが、色々な話が聞けた。

2000ペソのうち、彼女が得られるのは、600ペソである。1200円。
彼女は、姉と、我が子との、三人暮らしである。
当然、私の支援物資から、子ども用の衣類を、上げた。

彼女曰く、早くこの仕事を辞めたい。
しかし、辞めても、仕事がないのである。
それは、私に、保護者を求めていると、いうことだ。

生活するために、売春をする女性は、アジア全域にいる。

知的レベルが、劣り、騙されて、売春をするというのも、中には、いるだろうが、決して、愚鈍なタイプではない。

タイでも、同じく。

ただし、マンシニの、この記述は、当てはまる。
売春の世界では、批判的な心構えなどというものは通用しないし、求められもしないということは想像できよう。なぜなら、そうした心構えは、反抗・逃走を促す原因になるし、この社会の掟にまったく反抗する態度、つまり客を考えてあぶないえり好みをすることになるからである。もちろん、例外はある。更正した場合を省けば、バーやカフェ、ホテル、家具つきの貸し部屋、それに「もぐりの連れ込み宿」などの経営をまかせられることもある。こうして出世した連中は、女将の地位とか経営補佐役の地位とかを与えられる。はじめは平の従業員から、やがて協同経営者、さらには雇用主になることも可能であり、売春婦が最後には慈善事業をやって貫禄を示すようになることもある。
マンシニ

売春宿の、からくりは、単純なものから、複雑なものまで、ある。

国境地帯の町には、様々な、売春宿が存在する。
それを、一々、調べて行くこと、困難である。

普通のホテルでも、ボーイに尋ねて、紹介して貰うことも、出来る場合もある。また、ホテルの従業員から、売春の斡旋を受ける。
私は、時に、それに関して、驚くのである。

マッサージとして、部屋に呼んだ、マッサージ嬢が、売春を誘うということもある。
一体、どこから、どこまでが、本当か、嘘か、解らない。

フィリピン、レイテ島での、マッサージが、即売春を意味するとは、知らず、私は、マッサージを訪ねた。
最初は、本当のマッサージだが、後半になり、突然、コンドームを取り出された時は、驚いた。と、共に、すべてを理解した。

彼女たちは、マッサージ料金を全く、経営者から、貰わないのだ。
彼女らの、収入は、売春行為によって、得られるものだったということ。

フィリピンは、島々の国であり、それぞれの、島でも、売春の形が違う。
マッサージルームが、すべて、売春の場合かと言うと、それも、違う。

ネグロス島では、一切、それらしきものはない。
更に、セブ島の、セブシティのマッサージは、エロマッサージもあるが、それは、客が要望してのものである。

男のマッサージを選んだ私が、最後に、エロを勧められて、驚いたこともある。

レディーの方が、いいのか・・・
唖然、呆然である。

マンシニの、売春の社会学の、舞台は、欧州によるもので、アジア、世界に、当てはまるものではないということが、解った。

売春にも、色々な顔があり、それは、百面相であるということだ。

更に、売春の無い国は、無いのである。
カンボジア、ラオス・・・ベトナム・・・
そして、ミャンマーをはじめ、東南アジア、いや、アジア全域に存在する。

更に、アラブである。
イスラムの厳しい掟がある。しかし、売春は、別物として、扱われる。
そして、同性愛売春も、厳禁されているが、驚くほど、多いという事実である。

それが、少年、ストリートチルドレン、あるいは、貧しい子どもたちが、犠牲になるという・・・
次ぎは、男子売春を見る。




posted by 天山 at 07:22| 性について5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。