2011年01月05日

明るい悲惨、ビサヤ諸島 5

バコロドでの、ホテルは、誰もが知らない人がいないという、古くて、安いホテル。
一泊、750ペソ。1500円。

古いホテルは、部屋が、広いから、いい。
しかし、古いホテルは、矢張り、古いのである。

シャワーを浴びるときは、その都度、フロントに電話する。
でなければ、お湯が出ない。

更に、ねずみの住処。
二日目の、夜に、コータが、気づいた。

大きなゴキブリが出たと、コータが言う。そして、私に、ゴキブリ、潰せるよね、である。そう、私は、ゴキブリを、手で叩く。
今、出てきたから、殺して・・・お前は、女か・・・

しょうがないと、ベッドから、起きて、ゴキブリ退治に、立ち上がる。
だが、見えない。
あっ・・・走った。
そして、隙間を縫って、隣の部屋へ。

そして、寝た。
翌朝、食べ物が、少しずつ食べられていた。
私の、買った、干しイカまで・・・

ねずみ、だ・・・・・・
コータが、叫ぶ。

そうして、隣の部屋の、隙間に、なんと、ソファーを横にして、置いた。
夜中、そのソファーに、どんどんと、体当たりする、ねずみ。

さて、夕方、エィデアさんから、電話が、入る。
そして、お母さんと、代わった。
私が、電話を取る。

日本語である。

話して、これから、一緒に、ご飯を食べましょうということになった。
ロザンナさんは、日本食のレストランに、私たちを、連れてゆくという。
そのようにした。

コータに、日本食だよ、と言うと、高いね、と、答える。
確かに、海外の和食の店は、高い。

母と娘が、ホテルのロビーに、来てくれる。

予定の時間より、10分早く、来た。
曰く、日本の人は、時間を守る。だから、エィデアに、早くしなさいと、いったと、お母さんが言う。

ロザンナさんの出会った日本人は、よほど、良い人たちだったようだ。

タクシーに乗り、和食の店に向かう。
現地の人と、一緒だと、安心する。

タクシーで、42ペソで、到着した。
私は、50ペソを渡して、お釣りは、貰わない。

とても、大きな日本食レストランである。
オーナーが、日本人で、コックは、日本で修行した人たちである。

寿司から、うどん、そば、様々な、一品料理がある。
私は、大枚を覚悟した。

飲み物は、水を注文。そして、それぞれが、食べたい物を、注文する。
私は、旅の間、一切、酒は、飲まなかった。

私は、揚げ豆腐と、値段が高い、地元で有名なラブラブという魚の、煮付けを、頼んだ。
後は、皆に、任せる。

私は、日本語ができる、ロザンナさんと話をして、コータは、英語で、エィデアさんと、話しをする。
初対面とは思えないほど、うち解けた、雰囲気である。
それは、ロザンナさんが、日本人との付き合いを、知っているからだろう。

兎に角、打ち解けて、緊張感がないのが、良かった。
旅の間は、ただでさえ、緊張している。

そこで、二時間ほどを、過ごした。
料金は、1000ペソ程度。2000円である。
そんな高い食事は、しないが、それほど高い料金ではなかった。
ホッとした。

私たちの食事は、現地の人たちと、同じような、食堂で、食べる。
その値段は、150円から、200円程度である。

それに比べて、2000円の食事は、とても、高い。
だが、ロザンナさんは、日本にいた経験から、その程度の、金額は、高くないと感じでいる。

兎も角、打ち解けて、更に、明日、朝の十時に、ホテル出発ということで、約束した。

ホテルに帰る時は、ジプニーに乗る。
一人、7ペソである。14円。

何となく、私たちの、感覚が伝わったのだろうか。
帰りは、タクシーを拾わなかった。

こんな出会いは、実に稀なことである。
明日の、慰霊と、支援は、ロザンナさんが、手伝ってくれるので、余計な心配は、無い。

私は、ホテルに戻り、明日の、慰霊の場所を戦記から、確認する。

ネグロス島から、生還された、元日本兵による、戦記を持参してきた。

バコロドから、タリサイ村を通り、シライ市に出て、シライ川、そして、激戦地となった、山裾まで、行く。

実は、朝、ホテルに着いてから、昼にかけて、バコロドの海岸、更に、バコロドの、カテドラルの前の、無名戦死の碑の前で、慰霊を行っていた。

バコロドは、日本軍の司令部があった、場所である。
しかし、司令部がどこにあったのかを、知らない。ゆえに、海岸に出て、慰霊を行った。

日本軍が辿った、道を、明日、私も、辿り、所々で、慰霊を行うことにした。




posted by 天山 at 00:00| 明るい悲惨、ビサヤ諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 315

「神の死」の解釈として始めにあげられる点は、既存のものにはリアリティがない、生命にふれた生き方が感じられない、ということである。形式はあるが内容がない、安定していても喜びがないということである。・・・
「われわれ(アメリカ人)は、神を礼拝しているのではなく、われわれの礼拝を礼拝しているのである」と、かつて「リポーター」誌の記者は書いたことがある。
「神の死」とラディカリズム 小原 信

これは、マンネリである。
マンネリに耐えられるのは、大概が、老人である。しかし、若者たちは、耐えられない。
教会に、魅力がなくなったのである。
更に、神学者が、神の死を、唱え始めたのである。

衝撃である。

小原氏は、現代の世俗化現象のなかで、既存の宗教的な生き方が根底から批判され反省されはじめたということでもある、と言う。

これは、違う。
世俗化の中にこそ、求めるべきものがあると、言うべきだ。

現実遊離が、宗教の持ち味である。
更に、その妄想とである。

「神の死」を一言で言えば、彼らのもっていた神学的確信が終わりをつげたということである。もしキリスト教がマンネリズムということで問題視されるなら、他宗教の場合にも言える。問題は、人々が神に自信がもてなくなり、神以上に興味をもつものがふえてきたということなのである。だが、じつは事柄はそれだけではない。彼らの関心が、かつての「神学」にではなく、いわば「倫理」とも言うべきものに移行して来たこと、倫理的なものがかつての神学的な関心に匹敵する位置を与えられるようになって来たといった方がよいかもしれない。
小原

倫理進化学というものを、以前、私は、紹介している。
それが、宗教に変わるものであることは、明白である。

リアリティは、教会の中ではなく、テクノポリス、つまり、都市にあると、考え始めたと、小原氏は、指摘する。

それは、キリスト教だけではない。
すべての、教団としての、宗教に言える。

かろうじて、耐えられているのは、現実生活に、密着した、活動を主体とする、新興宗教、新宗教などが、それを、抑えている。あるいは、正体不明な、霊感宗教である。

更には、悪徳霊感商法まがいの、悪徳宗教である。

いかに、宗教が、怠慢であるかは、
知的・学問的信仰は抽象的であり、庶民に訴える力に乏しい。教義学や組織神学の体系、また神の存在論的証明は庶民には暗号にもひとしく、神学者という知的ゲットーに住まうものの自慰行為だとみられるのである。アカデミズムを絶対視して社会を無視することも、聖壇での説教を第一として隣人の問いをあとまわしにすることも、ひとつの偏見だとみるのである。現代では、神は人々に対するマスター・キーではなくなったのである。また現代人は、興味がなくなれば受け入れようとしない断片的・瞬間的な態度を強くしてきている。
小原

日本の場合は、どうか。
既存の仏教教団は、瀕死の状態に、陥っている。
そこからの、脱却なども、考えられないのである。

鎌倉仏教などは、何の魅力も無いものになっている。
興味を持たれるとしたら、開祖の太鼓持ちをする、作家たちの書くものが、読まれるだけである。それも、実に怪しい、解釈である。

開祖の、教えを、我なりに、解釈し直して、紹介するという、自己顕示が、目立つばかり。

ご苦労なことに、開祖の言わないことまで、推測して、言うという・・・

単なる、開祖の迷いの教えを、更に、迷って、人々に伝えていると、勘違いする。

どこにも、開祖たちの言葉からは、生きる威力が、湧くことは無い。
同じところを、ぐるぐると、回っているだけである。

山で、遭難するのに、似る。
夜を徹して、歩いて、辿り着いたところが、最初の場所だったという、ように、である。

他の学問と、違い、宗教の教義は、単なる、思いつきのような、考えを、教義としている。
閃いた、発見を、教義とするような、宗教が、現代に、何の力も与えない。そればかりか、逆に、生きる、を、逆行させる。

甚だしいのは、経典の、切り売りである。
切り貼りとも、言う。

時代に合わせて、簡略化したのであろうか。
巨大組織などは、簡単に、経典を、省略して、お勤めなどと称している。

何の、考えも、そこにはない。
単に、信徒の数を増やすという、安っぽい、考えがあるだけである。

十字架も、本尊も、曼荼羅も、何もかも、お飾りなものばかりである。

念仏や、題目を唱えて、救われる、浄土に行くなどとは、最早、誰も、信じていないのである。勿論、それを、教える僧侶も、である。

かつての占星学が天文学に、錬金術が化学に席を譲ったごとく、神学についても、何らかの変化が起こってしかるべきであり、超越的かつ超自然な神が、世俗的・内在的な神に変えられるべきだという考え方がここにはある。
小原

それは、原点回帰である。

ところが、キリスト教の立ち帰るべき肝心の「原点」がはっきりしない。ある人は聖書に帰ろうと言い、またある人は教会へ帰ろうとも言う。いや結局は、神が「原点」なのだという人もいる。しかし、問題は、その「神」がよくわからないということなのである。「根」に帰れとか、「原点」に帰れと言われてみても、それが、イエスなのか、キリストなのか、神なのか、教皇なのか。神学書も、聖書の注解書も、牧師も、司祭も、さいごのところでは、納得のゆくようには語ってくれない。
小原

小原氏は、それに対しての、答えを、すぐに書いているが、これは、問題がある。

後で、それを紹介するとして、問題提起である。

神の死の神学者たちは、われわれの立ち帰るべき原点を「無」にしてしまった。神は死んでしまったのだ、と言う。われわれは、もし根本を徹底して考えようとするのなら、キリスト教の改革のために、われわれが、ばくぜんともっていると思っていた原点が、客観的かつ確実に存在するしろものではない、ということをこのさい確認して、そのことから出発するのでなければ、われわれはあやふやな土台の上にマイホームを建てることになる。キリスト教の原点とは何か。それを自らで模索せよ。神の死の神学は、われわれにこのことを教えてくれる。自明にして普遍的なる神などどこにもいない、のである。
小原

それは、また、自明にして普遍的なる仏など、どこにもいない、のである、という、言い方も、出来る。

勿論、騙されたままに、信仰生活を、送ると言う、お目出度い人には、言う言葉も、無いし、つける、薬も無いのである。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。