2011年01月02日

明るい悲惨、ビサヤ諸島

ビサヤ諸島は、フィリピン群島の中央に位置する。
ルソン島と、ミンダナオ島に、はさまれるようにしてある。

幾つかの大きな島と、多数の小さな島で構成されている。
主要な島は、セブ島、ボラカイ島、ボホール島、ネグロス島、パナイ島、サマール島、レイテ島、シキホール島など。

セブシティは、メトロ・マニラ、ミンダナオのダバオに次ぐ、フィリピン第三の都市。

その中で、第二次大戦の、激戦地となったのは、ルソン島北部、レイテ島と、ネグロス島であり、さらに、ビサヤの海も、大戦の場になった。

一時期、日本は、フィリピンを侵略していたのである。
そして、大戦の舞台とも、なった。

日本兵だけではなく、連合軍、フィリピン軍の犠牲者も、多数に上る。
勿論、市民も、犠牲になった。

周囲が、海であること。
それは、人の心を、明るくする。
開放的である。

だが、反面、反省無く、無軌道に生きられる。
フィリピンは、生死が、隣り合わせにある。
殺人が多いのは、開放的な性格が、悪く生かされたときである。

僅かな、お金のためにも、人を殺す。

怒らせると、最後に銃を持ち出す。
遺産相続などでは、簡単に人を殺すのである。

いつ、そのような目に遭うかもしれない。だから、生きている間は、明るく楽しく、である。

開放的なのが、良くも、悪くも、生かされる。

更に、権力も、金も無い者が、殺されても、あまり、気にされないのである。

命が、とても、軽い国である。

ネグロス島から、セブ島に、戻る日が、セブシティの、最大のお祭り、セントニーニョ祭であり、セブシティのホテル、ゲストハウスは、満杯だった。
それも、通常利用金の倍の金額。
予約も、取れない状態だった。

私たちは、それで、マクタン島の、ダイビング専門の人たちが、泊まる、安いホテルにした。ただ、泊まるだけの部屋。

30ドルの、一割引で、泊まった。
目の前が、海である。
ロケーションは、いい。

そこで、海岸に出たときに、見た一つの光景は、男の子が、子猫を、海に投げ込んで、殺すところである。

どうして
私が、付近の、おばさんに、尋ねた。
あの猫は、耳が無いの。それで、殺すのよ
えっーーー

もし、これが、タイならば、逆の対応になっただろうと、思う。
耳の無い、不自由な猫だから、大切にするという。

ということは・・・
障害児が、生まれたら・・・

そこまで、考えて、考えるのを、止めた。

話しが前後するが、セブシティで、二泊して、私たちは、マクタン島の、以前泊まった、古いリゾートホテルに、引越しした。
1200ペソである。

その辺りの、リゾートホテルとは、格段に安い。
だが、私は、部屋の前に、大きな、ベランダがあるのが、気に入っていた。
海は、見えない。
更に、海に出るためには、別の道を行かなければならない。

一泊、一万、二万の、ホテルが、ざらにある。
ツアー客が、利用するのである。

今回は、マクタン島のスラムに、支援することにした。
というのは、最初は、海洋少数民族の人たちに、衣服支援をしようと、予定していた。
ところが、最終的に、彼らの多くは、セブシティの海岸に移動していると、知ったのである。
それも、マクタン島に、向かうタクシーの中で、である。

私たちは、マクタン島から、ボートで、マクタン島から見える、オランゴ島に渡り、バチャオ族の人たちに、支援をすることにしていたのだ。

慌てた。
戻るにも、ユーターンする道が無い。
結果、次回にすることにした。

オランゴ島には、船外機を取り付けたボートであるから、どんな状況になるのかは、想像できたが・・・

そのホテルに、三泊する。
その間に、色々と、見て廻った。

リゾートホテルに続く道ではない、地元の道。
そこは、スラムに続く道である。

コータが、探した、スラムへ、二日目に出掛ける。

特に衣服が必要な、スラムを、見つけたのだ。
そして、おおよその、時間も、指定して、出掛けた。
朝の、十時頃に、行くと伝えていた。

ホテルから、ジプニーに乗る。
一人、7ペソである。14円。

バイクタクシーでも、50ペソかかる。100円。

十字路で、降りて、バッグを持って、スラムに向かう。
その間に、色々と、勧誘される。
タクシーは、勿論、色々な勧誘である。

私は、コータに言った。
帰りは、彼らを、ピタッと、黙らせてみるよ。

その通りになった。
私たちが、支援をして終わり、元の道を戻ると、勧誘の男たちが、やってくる。

私は、彼らの言葉を、手で抑えて
アイム プレイ
イノミネ パトリ エット フェリ エット スピリット アーメン
ゴット ビー ウイズ ユー

すると、男たちは、じっと、その言葉を聞いて、立ち去るのである。

それは、カトリックの司祭が、行う、祝福の言葉、祈りである。

右手の、所作が特別なものなのである。
それは、秘密にして・・・

ところが、最後になり、ある男に、それを行って、ホテルに戻ろうとして、歩いたときに、私は、着物の後ろが、破けて、尻が出ていたのである。

それを見た、勧誘の男たち、十名ほどが、大爆笑である。

子どもと、写真を撮るために、しゃがんだ時に、着物の尻が、汗で、くっ付いて、破れたのである。

私は、ノーパンである。
美しい、尻の肉が、見えたのである。



posted by 天山 at 00:00| 明るい悲惨、ビサヤ諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 312

イエスをキリストとしたのはイエス自身ではないことは、近年の聖書の歴史的・批判的研究によって明らかになっている。イエスは自らをキリストと思い、また称したことはなく、教団がイエスをキリストに仕立てたというのが、その研究の成果である。一例をあげよう。すでに1926年に聖書学者ルドルフ・ブルマンが著した「イエス」にはつぎのように記されている。・・・なおブルマンははじめは合理主義的な近代神学を批判し、のちには聖書の非神話化、すなわち実存論的解釈を唱導したが、この書ではイエスの歴史的研究を行っている。
笠原

イエスは自分をメシアと考えたか否か、もしそう考えたとしたら、どんな意味でメシアと考えたか、何時からそう考えたのか、等々に関する判断がどんなにまちまちであるかを思うなら、更に自分をメシアと考えるということは実際小さなことではなくて、そう考える者の全存在を決定的に規定したに違いないことを思うなら、私達はこう告白せざるを得ない。すなわちこの点が不明瞭だと言うなら、私達はまさにイエスの人格に就いて殆んど何も知らぬに等しいのだ、と。私個人としては、イエスは自分をメシアと考えなかったと言う意見である。
ブルマン

イエスは、メシアというのは、歴史的事実ではない、ということである。

さらにいうならイエスはキリストではなく、むしろブッダであるといったほうが正確ではないか。ブッダが自覚した人間という意味であるのなら、イエスもまたブッダであるといってよいはずである。
笠原

実に、面白い考え方である。

イエス・キリストは、嘘であるが、ゴータマ・ブッダは、正確な名称だという。

心霊学研究から、言えば、イエスも、ブッダも、人類の教え親になる。
二人とも、大師と呼ばれるという。

勿論、人類の教え親は、多数いる。
だが、誰一人として、宗教を開かない。
実践のみに、焦点を当てる。

更に、面白いのは、
このことに関して、日本基督教団の牧師であった赤岩栄はつぎのように言っている。赤岩栄は第二次大戦後ただちに戦争中のキリスト教を反省して、キリスト教とマルクス主義は有神論と無神論の対立ではなく、人間における実存の問題と社会変革の問題として両立すると説いた。そしてキリスト教の教義、儀礼、教団を批判し、やがて「キリスト教脱出記」を著して歴史的にイエスを探求するようになる。晩年、1966年に書いた「仏教の光を通してみたキリスト教」の末尾にこう述べている。
笠原
と、言う。

このイエスは、神と律法という世界中で、もっとも捉われた考えをもつユダヤ教の中に生まれ、何ものにも捉われないで人間性に生ききった人であったのだ。もし、仏教圏に生きる人たちがイエスに違和感を感ずるとするなら、それは血なまぐさい西洋人のイエスに対するひいきのひき倒しに原因いるのである。福音書の編集史研究とともに、いまや、イエスを東洋の光の中で、これまでとは別のものとして、見出す時が始まろうとしている。そこで見出されるイエスは、西洋の植民地政策のお先棒としてかつがれた栄光のキリストではなく、衆生の悩み苦しみとの連帯性に生き、それをともに克服していく「ほとけ」にほかならないのである。
赤岩栄

南米、フィリピンなど・・・
西洋の植民地政策に、おいて、キリスト教、カトリックの果たした役割は、巨大である。
ねこぞき、彼らの、伝統文化を破壊し、更には、虐殺して、キリスト教に改宗させた。

虐殺の数、南米では、おおよそ、一億人である。
どこに、栄光の神の・・・があるのか。
このような、暴力を、カトリックの名において、行ったという反省、謝罪を聞いた事が無い。

更に、現在でも、ヒステリーのプロテスタントたちが、多くの国に、入り、ヒステリーな布教を繰り返している。
そして、争いを起こしている。

更には、その中に、キリスト教新興宗教も加わり、争いに、拍車をかけている。
信じられないのである。

どこに、栄光の・・・が、あるのだ。

西洋の植民地政策のお先棒としてかつがれた栄光のキリストではない。
まさに、その通りである。

つまり、
ともあれイエスは自分をキリストであると思わず、称さなかった。キリストといって権力的な称号はイエスにはまったくふさわしくないといわねばならない。それでもイエスをキリストと信じ、キリストと呼びたい人は少なくない。もとより信仰は自由であるから、それを防げることはできない。しかし、それはイエスの意に反した行為といわねばならないだろう。にもかかわらずキリスト教はイエスをキリストと信じる宗教である。ということはキリスト教は根底から矛盾した宗教であることを端的にあらわしている。
笠原

初期キリスト教団という、グループは、まだ、ユダヤ人のキリスト教だった。しかし、ローマが、国教しとした、カトリックは、権力と結び、その権威を持って、権力と、共同して、教線を拡大した。

その前に、ローマにより、ユダヤ人キリスト教徒は、皆殺しにされたのである。

初めから、血なまぐさい集団だったということである。
それからの、ことは、歴史を見れば、一目瞭然である。
宗教戦争、イスラムとの、戦い。戦いに明け暮れた宗教である。

西洋は、ほとほと、戦いが嫌になって、もう、戦いは、この地域では、止めようと、EUが、出来た。

その原因は、すべて、キリスト教である。

そうなるべく、イエスをキリストとして、祭り上げたのであるから、どうしようもない。
加えて、白人主義である。
西洋の、白人たちは、色付き人間だった、アジアのイエスを、自分たちのグループに取り込んだ。

イエスは、白人なのである。

であるから、歴史的存在の、イエスとは、別人である。
つまり、魔神のヤハゥエの子孫として、これまでやってきたのである。

イエスと、ヤハゥエは、何の関係も無い。
その、楔から、解かれよと、イエスは、訴えたのであるから。

と、すると、何もかも、一から、やり直さなくてはならない。
イエスの、存在である。

旧約聖書と、新約聖書の間には、何のつながりも無いのである。

繋げたのは、ユダヤ教徒の革新派である。
イエスは、キリストだと、嘘偽りを、平然とついた・・・彼ら、である。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。