2010年12月11日

プノンペンの悲しみ 11

これから、共産主義黒書から、抜き出して、カンボジア革命で、行われたことを、紹介する。

まず、都市住民に対する村民の復讐がはじまった。
たとえば、ブラックマーケットの取引を通じてであれ、あるいは単に荷物から盗むことを通じてであれ、旧人民はすばやく新人民から財産を巻き上げたのだった。
村の内部では、地元の「資本家」(ここでいう資本家とは、商品化すべき物をもっていたり、わずかでも労働力を雇い入れている者のことと理解してほしい)にたいする最貧農民の復讐があった。

しかし、復讐はまた、おそらくとくに個人相互のあいだにも存在したし、職業上、家族上などの古い階層序列を転覆させることでもあった。たとえば、村のはみ出し者やアルコール中毒者を、地元の責任ある地位に昇進させるというような、驚くべき実例を強調する証言は多い。
黒書 改行は、私。

以下は、引用を省略して、箇条書きのようにして、書くことにする。

「オンカーによって権利を回復されたこれらの連中は、指揮する任務を与えられて、良心の呵責もためらいもなしに殺すことができた」

オンカーとは、オンカー・パディワット、革命組織の、略であり、常にほとんど非公然の存在だった、カンプチア共産党の衝立組織だった。

ハイン・ニュルは、この現象のなかに、彼がクメール人の魂のなかで最も卑しい部分とみなすものの、政治的な聖化を見ている。
この部分は、クムという名の、人を殺さずにはやまない、怨恨であり、その恨みはどれだけ時間が経とうと、消え去る事がないものである。

階層秩序を、根底から転覆させた、人々。
あらゆる価値の転倒。

かつては、軽蔑されていた、職業、たとえば、料理人や、漁師が、以後は、最も求められる職業になった。
それは、彼らが、簡単に横流しを許可できたからである。

逆に、あらゆる、免状は、もはや役に立たない無用な書類以外の、何物でもなく、相変わらず、それを、自慢しようとする人々は、警戒の対象になった。

国に、戻ってきた、幹部のあいだで、「最も求められた仕事は、便所掃除だった。・・・嫌悪感を乗り越えることが、イデオロギー的変革をとげた証しだったからである」

オンカーは、家族的な愛情の、絆を我が物とし、独占しようとした。
公の席で、オンカーに対する呼びかけは、「父・母たち」という、集合名詞を使った。

党イコール国家と、成人住民総体との間の混同は、さらに、強く維持されることになった。

1975年後の、革命期は、サマイ・ポック・マエ「父、母たちの時代」という言葉で、呼ばれた。軍隊のリーダーは、「おじいさん」と呼ばれた。

都市に対する、恐怖と憎悪は極端になり、とりわけ、国際色豊かで、消費と歓楽の中心地である、プノンペンは、クメール・ルージュにとっては、「メコンの偉大な娼婦」に、他ならなかった。

首都からの、全面撤退の、正当化する根拠の一つは、「解放後」、アメリカ・CIAと、ロン・ノル政権の、政治・軍事的秘密計画が、「女と酒と金で、わが戦士たちを堕落させ、その戦闘精神を鈍らせ」ようとしているからというものだった。

私が、一月のプノンペンの旅日記に、様々な、虐殺の有様を書いたが、そちらを参考にして、これから書くことを、俯瞰してみて欲しい。

カンボジアの革命家は、「白いページにこそ最も美しい詩が書ける」という毛沢東の金言を、中国人よりもまともに、受け取っていた。

およそ貧農の家にあるはず以上の、物は、すべて捨てるべきだと、されていたのだ。

外国から帰国した人たちは、ほとんど、全部を放棄せざるを得なかった。

ハイン・ニュルは、十歳ばかりの、クメール・ルージュの兵士が、「資本家の本は、もういらない。外国の本は、この国を裏切った旧体制の道具だ。なんでお前は、本を持っているのだ。お前は、CIAか。オンカーの下では、外国の本は、もういらないはずだ」というのを、聞いた。

革命とは、ゼロからの再出発にほかならない。ここから、十分に、論理的に出てくることだが、過去のない者こそが、優遇される立場にいる。
事実「汚れていないのは、ただ新生児だけ」と、スローガンは、断定していた。

教育は、その最も単純な表現にまで、切り捨てられた。
学校は、全く無かったか、あっても、多くの場合、五歳から、九歳までの間、せいぜい日に、一時間程度の、読み書きと、革命歌の授業があるだけだった。

「農村地域に住むわれわれの子どもたちは、常に、有用な知識を身につけている。彼らは、おしなしい牛と、神経質な牛を見分けることができる。彼らは水牛の背で、前向きにも後ろ向きにも身体を保っていける。彼らは群れを導くあるじだ。彼らは、事実上自然の主人になったと言ってもよかろう。彼らは、米の種類も、熟知している。・・・こういうタイプの知識そこ、わが国の現実に、ぴったり適合したものだ」

当時、権力の座にあったのは、ポルポトなのか、子どもだったのか・・・
という、疑問が、出るほど、兵士の大部部分が、極端に若かったことを、確認している。

彼らは、十二歳になると、時には、それ以下でも、軍に関わっていた。

リー・ヘンは、ベトナム軍が到来する直前の、対象を新人民にまで拡大した最後の、徴募キャンペーンのことを語り、彼らは、十歳から、十八歳までの、少年だけではなく、少女にも、対象を広げていたという。

しかし、この呼びかけが成功しなかったので、青年移動隊は、労働現場で働く子どもをまるごと、軍隊に移したという。

兵士になった若者は、家族、一般に、自分の村との接触を、一切失った。
そして、権力から、ちやほやされたので、自らが全能の存在であると、知っていた。

事実、幹部より、粛清に遭う恐れは、少なかったのである。

脱走兵の告白自体を借りて、多数の少年兵の本音の動機を言えば「働かなくても、いいことと、人を殺せること」に、帰する。

とりわけ、十五歳未満の兵士が、最も恐ろしかったという。
それは、教えられたのは、規律だけだった。ひたすら、革命に従うべきであり、いかなる正当化も必要なかった。
彼らは、宗教も、伝統も、信ぜず、ただ、クメール・ルージュの命令だけを、信じた。だからこそ、彼らは、赤ん坊まで含めて、わが同胞を、蚊でも潰すように、殺したのである。

戦慄するしかない状況である。




posted by 天山 at 00:00| プノンペン二度目の悲しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。