2010年10月23日

天皇陛下について 79

昭和20年、1945年、日本は敗戦した。

広島、長崎と、原子爆弾が投下され、その後、ソ連が日ソ中立条約を破棄して、宣戦布告した。
主要都市は、廃墟となり、陸海軍の戦力も、崩壊した。

敗戦を決めたのは、8月9日と、14日に行われた、御前会議での、天皇陛下の、御聖断であらせられる。

ポツダム宣言受諾と、無条件降伏を決していた。

8月15日、玉音放送により、終戦の詔勅が流れる。
戦争が終わった。

ポツダム宣言には、天皇、憲法に対する、根本的な問題には、言及していない。
それが、日本側に、恐怖を与えた。

昭和天皇の処遇・・・
全く、皆目検討が着かない、状態である。

だが、じつは英米政府は、太平洋戦争中から日本研究を重ね、天皇の政治利用を狙っていたのだった。
英国機密ファイルの昭和天皇 徳本栄一郎

それを、裏付ける、複数の文書があるという。

一つは、1944年1月2日、駐米英国大使館が、本国に送った「ウィークリー・ポリティカル・サマリー」政治報告、である。

日本の将来像について新たな議論が出てきた。国務省内部では、ミカドと協力し、神道を連合国寄りに修正する可能性も話し合われている。ホーンベック(元極東部長)のみが、ミカドの有用性を妄想と考えているようだ。・・・
グルー(元駐日大使)は、新たな太平洋戦争の火種を防ぐため、敗戦後の日本は十分な経済市場を与えられるべきとしている。

かねて英米政府は、明治以来の国家神道が日本の軍国主義の温床になったと見ていた。天皇と協力して、その軌道修正を図ろうという考えだった。
徳本栄一郎

もう一つは、同じ年の、1月13日の、グルーが行った、スピーチを基に、英国外務省が作成した、日本の天皇制存続の展望、という、レポートである。

その中では、日本が無条件降伏をした場合、軍の強硬派が、穏健派を抹殺し、クーデターを起こすのではないか、というものである。

いかなる場合も、無条件降伏と連合軍の占領後、日本の皇室の威信を考える必要がある。天皇は世俗的王位ではなく、個人的人気があるかどうかは分からない。だが、彼は国家の崇拝物で、護符でもある。
レポート

上記を、見ても、よく解る通り、欧米の国々は、日本、そして、天皇の存在を、本当に知らないし、理解も出来ないのである。

人は、自らの、思考以外のことは、考えられないのである。

だから、天皇を理解できるのは、日本人しかいないのである。

更に、神道に関しても、全く、不案内である。
彼らの、宗教的概念でしか、理解し得ない。
それが、また、彼らの傲慢であるところのもの。

その以前も、それ以後も、彼らが、いかに、人種差別行為を、繰り返したかを見れば、一目瞭然である。
更に、である。
今も、その野蛮な思考方法は、変わっていない。

人間に、野獣性というものが、あるならば、それは、彼らの中にある。

さて、敗戦から、三ヶ月後の、1945年11月29日の、東京に進駐した、英国政府代表団が、本国に、長文のレポートを送った。

タイトルは、日本占領の問題点と方針、である。

それは、
いかに英国の利益を確保するか分析した内容だった。
徳本栄一郎

天皇制が、トップ上げられている。

連合の道具として天皇を残したのは、疑問の余地なく正しかった。日本国民は8月15日の詔勅を、全員玉砕するまで戦えとの命令と考え、それに従うつもりでいた。・・・
天皇の権威そこが、平和裏の占領を可能にした。

精神的シンボルとしての天皇の力は、物質的不幸で却って高められた。天皇は残された唯一の財産であり、他国にないシンボルである。

現在の天皇の退位は、戦争犯罪と関連して議論されてきた。彼は協力的な真面目な人物で、自分に出来る範囲で軍部に抵抗しようと試みた。天皇の退位は決して有益ではない。

興味深いのは、すでにこの時点で英国政府が、天皇を「シンボル」(象徴)に利用すべきたと提言している事だ。
徳本栄一郎

上記の、分析は、正しい。
しかし、問題なのは、英国の利益なのである。
根本は、英国の利益によって、理解されたものなのである。

皇室の、英国王室に、対する、対応と、考え方は、全く違う。
それは、利益ではなく、王室に対する、敬意なのである。
しかし、王室も、彼らも、全く、日本の皇室と、天皇の、存在意義を知らない。

ここで、天皇と、イギリス王というものに、天と地の差があることが、解るだろう。

言えば、イギリス王は、大地主であり、天皇は、日本全土を、何一つ持たなくても、天皇という権威のうちに、国民から、崇敬される、存在なのである。

日本全土を、覆う、その大御心なのである。
そのように、捉える。

その、天皇陛下が、わが身、いかになろうとも、日本と、その民のために・・・
と、仰せられる。
それは、天皇だから、出来ることなのである。

イギリス王ならば、わが身を、大切にするゆえ、亡命する。

日本の天皇の存在を、ある程度、理解出来る国がある。
タイ国である。

タイ国王は、国民から、世界の王として、認識されている。
それ以外の、王は、いないのである。

王様とは、タイ王のことである。
彼らに言わせれば、王様は、タイに、いる。
天皇は、日本にいる、ということになる。

それ程、権威というものが大事なのである。

タイの軍隊は、国軍ではない。
王様の軍隊であると、胸を張る。

ちなみに、タイ国王陛下在位60周年記念行事に、参加された、今上天皇、皇后陛下は、どの場面でも、国王のお傍に、置かれた。
当日は、全日テレビ中継で、その様子が、流れた。
私は、バンコクで、その映像を見ていた。

国民が、見られない場面でも、タイ国王は、つねに、天皇陛下をご案内していたというから、驚く。




posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。