2010年10月06日

チェンマイの風 6

お地蔵さんの、お寺から戻り、小西さんと、遅い昼食を、ホテルで取る。

それで、今日は、タイマッサージを受けようと、皆、話し合う。
少し休んで、マッサージの店に行くという。
コータが、それでは、通りに面している店より、少し小路に入ったほうが良い店があると、辻さんと、千葉君を誘う。

私は、いつもの、安い店に行くことにする。

皆が出てから、私も、出た。

安い店は、料金が、すべて、50バーツ、150円値上がりしていた。
更に、知るマッサージ嬢が、一人もいない。
皆、年老いた人、そして、一人の、レディボーイである。

私は、どう言う訳か、レディボーイと、気が合わないらしく、その彼女に、睨まれた。

店に入った以上は、マッサージをするべきだと、フットマッサージを頼んだ。

一人の、おばさんが、私の足を、洗う。
そして、待つ。しかし、中々、治療が始まらない。
随分と待った。もう、限界だと思い、また次にしようと、思ったときに、一人のおばさんが、店に入ってきた。
その、おばさんが、フットマッサージの担当だった。
電話で、呼び出されたのだろう。

ようやく、マッサージが始まった。
しかし、生ぬるいのである。
オイルを塗り、ただ、撫でるようである。
力が、出ていない。

これは、私には、拷問に近い。
ただ、撫でられるのは、相手の気を吸う。
つまり、おばさんの、気を取ることになる。

片足だけで、止めようと思うが、何となく、躊躇する。
これでは、客は、付かない。

以前いた人たちは、こんなことは、なかった。
残念。
ここには、二度と来ない。

拷問のような、フットマッサージを終えて、諦めた。
今回は、マッサージは、これで、やらないと、思った。

周辺の店も、皆、値上がりしていた。
以前が、安すぎたのだ。

一時間、100バーツである。300円。
マッサージ嬢の、取り分は、30バーツ、90円である。

だが、コターと、後の二人は、とても、満足したマッサージを受けたという。
矢張り、小路に入ると、良いという、結論である。

辻さんは、そのマッサージ店に、再度行くほどだった。
兎に角、力が強い。テクニックがあるという。

料金は、高めである。
一時間、250バーツである。750円。
日本のマッサージと、比べると、天地の差であるが。

しばらく、皆、お休み状態になった。
今夜は、絶対行くと、決めた、チェンマイカレーの店で、夕食をする予定である。

辻さんの、奢りである。
だが、どう頑張っても、四人で、300バーツ以上は、食べられない。
実に、安い。

四種類のカレーを注文し、それに、カオニャオという、もち米で、食べる。
実に、美味しい。

七時に出て、八時にホテルに戻った。
私は、それで、十分である。
ついでに、果物を買う。

一つ、10バーツ、30円で、パイナップルと、スイカと、メロンを買う。
皆、食べやすく、切ってある。

こんなところが、タイの良いところでもある。
夜店の屋台で、食事をすれば、更に安く食べられる。
25バーツから、30バーツで、食べられるのだ。

ホテルで、食べる、十分の一の料金である。
麺類などは、そこで、食べると、美味しい。

ただ、食器を洗う場面を見ると、戸惑う。
二つの水の桶で、繰り返し洗うのだから、不衛生である。

食べる場合は、それを、見ないことにする。

だが、食堂で出される水や、氷は、安全になった。
以前のように、戸惑いなく、口に出来る。

三年前は、口に出来なかった。
氷も、危なかったのだ。

タイの、衛生も、進化したのである。

私は、早々に寝ることにした。
コータも、疲れたらしく、夜の街には、出掛けない。

そのまま、朝、五時まで、寝た。

目覚めた日は、コンサートの開催日である。
私は、五時過ぎに、ホテルを、出て、歌う歌詞を覚えるために、ターペー門広場に出て、歌の練習をした。

今回は、軍歌も、歌う。



posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇陛下について 62

人類はじまって以来の、大戦・・・
それは、太平洋戦争ではない。

第二次世界大戦であり、大東亜戦争である。

今年、開戦から、70年、敗戦から、66年。いよいよ、戦争に関する、様々な、資料や、考え方が、出てきた。
再度、何故、戦争に突入したのかを、考えてみることにする。

筆の向くまま、気の向くまま、である。
ただ今、色々なものを、読んでいるので、後に、それらを、評価、批判する。

さて、昭和24年4月11日、マッカーサー元帥、罷免の臨時ニュースである。

権威に従順な日本人は、この旧敵国の総司令官に、いつしか尊敬と畏怖とを感じていた。
河原敏明

昭和天皇は、しばし、呆然とする。
そして、三谷侍従長により、詳細を報告される。
改めて、驚きを露にしたという。

六年前の、昭和20年、天皇の命運は、元帥の胸先三寸に、委ねられていた。
その元帥が、大統領電報で、罷免させられたのである。

25年6月に、勃発した、朝鮮動乱で、北朝鮮を後押しする、中国に対して、満州の爆撃と国府軍、台湾軍の、投入を強く主張して、ことごとく、トールマン大統領に反対した。
結果は、罷免である。

トールマンは、ソ連の介入により、第三次大戦に、発展することを、危惧したというが・・・

だが、それにより、マッカーサーは、日本の戦争の意義を、理解し、更に、納得したのである。

日本が、行った行為は、防衛上、必要不可欠だったということだ。

プライドの高い、マッカーサーは、皇居には、一度も、天皇を訪ねなかった。そして、その帰国に際しても、天皇がご訪問されて、その労を労ったのである。

老兵は死なず、ただ消えてゆくのみ
マッカーサーの、最後の言葉である。

日本国民への、メッセージは、なかった。
だが、マッカーサーが、米国議会での、帰国報告で、
日本人の精神年齢は12歳である、と、放言したのである。

熱烈だった、日本人の元帥敬慕も、一瞬にして、醒めたのである。

傲慢不遜・・・
という、イメージが、広がった。

実は、この言葉は、それ以後、欧米人によって、繰り返し語られたのである。

私も、ドイツ人司祭たちから、何度も、それを、聞かされた。
日本人の精神年齢は、少年だ・・・

それが、一体、どんな意味なのかを、理解することが、出来なかった。

つまり、欧米人とは、違うということが、第一なのであろう。
野蛮で、傲慢ではなく、曖昧、たゆたふ心を、持ち、意見を明確にしない。
何となく、場の空気に従う。
自己主張が無い・・・

上げれば、キリが無い。
そこで、精神的に、成長した、欧米化した、日本人は、精神的に、成長したのか・・・

国民意識希薄で、兎に角、日本は、遅れている。日本は、悪い。日本は、駄目だ。日本に希望は、無い・・・
まだまだ、ある。
そして、精神的に成長したのである。
つまり、日本人であることを、否定して、成長した・・・

反吐が、出る。

私は、マッカーサーが、日本に対してしたことの、貢献を挙げることにする。

日本の食糧難を救い、共産革命を抑え、経済を再建し、天皇の存在を認めた。
北海道の占領統治を、強引に要求した、ソ連に対して、それを、抑えた。
特記すべき、功績である。

それが、12歳の精神である、と言う言葉で、かき消されたことは、残念である。

私は、人が何を言うか、より、何を、行ったかを、重視する。
よって、マッカーサーには、感謝する。

マッカーサーの、後任は、リッジウェイ中将である。すぐに、大将となる。

彼は、実に、ヤンキー気質で、開けっぴろげだった。
自ら、天皇を表敬訪問し、気軽に、国民と、付き合った。

彼は、日本を、朝鮮動乱による、目覚しい経済発展と、アジアの安定勢力となる、日本の存在に対する、再認識があったといえる。

そして、九月に、講和条約が、サンフランシスコにて調印され、昭和27年、4月28
日、日本は、七年ぶりに、独立を回復する。

その以後の、日本の復興は、目を見張るばかりである。

ただし、戦争の傷跡は、深く、未だに、残っている。
敗戦から、66年を迎える、今年、平成23年、2011年の、今も、それは、存在する。

すべての、戦争犠牲者の数は、320万人である。
更に、兵士の遺骨は、114万人が、異国の地に眠る。

いや、眠ればいい。
もし、行くべき先を知らず、浮遊しているとしたら・・・
そんな、悲しいことは、無い。

今こそ、戦争犠牲者の追悼慰霊を持って、日本を新たに、創造しなければ、ならない。
日本の伝統は、祖霊、亡き人に対する、鎮魂の法である。
それは、天皇陛下によって、為される。

その、陛下の、御心を、国民が、祈りと共に、支えることである。

あらゆる、考え方を、認めた上で、国民が、心を、一つにし、慰霊の行為を、行うべきである。

国民は、鎮魂の法は、行えないのである。
みたましづめ、という。

皇祖皇宗の、威徳を持って、なされる、行為である。

国民は、追悼慰霊を実行する。
追悼とは、思い起こし、それを追体験する。
そして、慰霊とは、霊位に対して、真摯に対処することである。



posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。