2010年10月05日

チェンマイの風 5

職業訓練施設から出た、私たちは、初めて訪れる、メーリム寺の境内にある、戦没者慰霊の、お地蔵さんを訪ねた。

しばし、車に揺られる。
この、揺れが、とても、疲れることになるのだが、まだ、緊張感があり、あまり感じないのである。

昨日の、車も、おおよそ、五時間であった。
そして、本日である。

少しばかり、場所を探すのに、時間がかかった。

ようやく、お寺に到着して、お地蔵さんの場所に向かう。
お寺の境内であるから、静かに行為しなければならない。

数名の、タイ人もいた。

皆、笑顔で、迎えてくれた。

その辺りにも、日本兵の遺骨が、多く発見されたという。
お地蔵さんを建てられた方は、生き残りの方の奥様である。
ご主人、亡き後、平和を願って、建立されたと、聞いた。

まず、そのお地蔵さんと、横にある、祈念の言葉を読む。

可愛らしい、お地蔵さんである。
だが、残念なことに、魂入れが、されていないようである。

タイのお坊さんが、立ち会ったというが、特別なことは、しなかったようだと、見た。

インパール作戦の、日本兵が、いかに、北部タイで、亡くなったかを、また、知ることになる。

インド、インパールから、ビルマを越えて、皆、チェンマイを目指した。しかし、チェンマイまで、辿り着けずに、力尽きて、亡くなったのである。
北部タイ全域に、広がっている。

慰霊碑は、そこで、祈るためのもの。
そして、慰霊碑は、管理されなければならない。

でなければ、不浄な霊的存在が、そこに、留まることがある。

何もしない前の、写真を撮った。
それを、見ると、矢張り、不浄霊の存在が、確認される。

タイでいうところの、ピーという、霊的存在である。

タイでは、至る所に、ピーの祠がある。
家々に、それが、ある。
そこに、供物を捧げて、鎮まるように、願うのである。

町全体の、ピーの祠から、村全体もの、更に、家々のものと、実に多い。

私は、まず、お地蔵さんの前で、清め祓いを、音霊で行った。
お寺の境内であるから、失礼のないように、である。

静かに、祝詞を上げて、日本兵の亡き人々を、思った。

祓いの、御幣は、使用しない。
最後は、拍手である。

終わった後で、写真を撮った。
最初の写真より、明るい光がある。

誰とも、知らない、亡き日本兵の、慰霊を思い、建立された、慰霊碑は、誰かが、訪れて、慰霊の思い深く祈るべきである。

昨日の、野戦病院跡の、お寺の住職が、タイ・ビルマ戦線の、慰霊のきっかけを、与えたという。

しらべかんがさん、率いる、一団が、慰霊のために、そのお寺を、訪れた時に、住職に言われた。
あなたがた、日本人は、人間であろうか・・・
ここには、多くの日本兵の遺骨が、ある。
それを、そのままにしている、あなたがた、日本人は、それでも、人間なのか・・・

一団の中には、生き残りの方もいたという。
そして、その人の口から、チェンマイに向かう途中で、多くの兵士が亡くなったと、聞く。

最初は、少し穴を掘り、埋葬した。
その後は、土をかけて、埋葬した。
そして、最後は、遺体を踏み付けて、歩いたという。

それほど、大変な道のりだったのだ。

その後、一団は、慰霊の団体を立ち上げて、遺骨収集に専念することになる。

バンカート学校の敷地内にある、タイ・ビルマ戦線戦病歿者追悼乃碑が、その成果である。
私と、コータは、四度そこを、訪れて、追悼慰霊の儀を行っている。

辻さんと、千葉君は、二度目である。

すべての、遺骨が、収集されたのではない。
まだ、どこかに、遺骨は、ある。
しかし、何処にそれがあるのかを知る、タイ人の方々も、亡くなり、解らない。

山川に、野原に・・・
今は、自然と同化して、自然に帰っているだろうと、思う。

その霊位に対して、敬意と、哀悼の意をもって、望む。

忘れては、いないという、気持ちを示す。
それだけでも、十分な慰霊である。

名残惜しく、お地蔵さんと、分かれた。

また、再び、ここに来ることが、出来るように、と、私は、思った。
その辺り一帯が、慰霊の場所である。



posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇陛下について 61

戦後も事情は変わりません。日本が世界に向けて「私が世界標準を設定するので、諸国民もまたこれに従っていただきたい」という文型で教化的メッセージを発信した例を私は知りません。
内田

この方は、実に鋭い分析をするが、唯一、欠けているのは、宗教に関して、である。
宗教的要素を、すべて除外して、分析する。
諸国民とは、ユダヤ、キリスト、イスラム教に対してを、言うのか・・・
世界は、民族と、宗教が、実に密接に関わっている。

そんな中で、諸国民に、メッセージをという、辺りは、いかがなものか。

それで、
「教化」というのは、「諸君は私のメッセージを理解せねばならない。なぜなら、諸君が私のメッセージを理解せねばならない理由を諸君はまだ知らないが、私はすでに知っているからである」というアドバンテージを主張できるものだけがなしうることです。人々がまだ知らないことを、すでに知っている人間にだけできることです。そして、私たちはこういう言葉を口にすることができない。どれほどつよく望んでも口にすることができない。
内田

それを、出来るのは、金をふんだんに使い、世界にメッセージを発信する、宗教団体、S会であろう。
会員の、金をふんだに使えば、どんなメッセージでも、出せるのである。

私たちにできるのは「私は正しい。というのは、すでに定められた世界標準に照らせばこれが正しいからである」という言い方だけです。それ以外の文型では「私の正しさ」について語ることができない。
内田

そして、次ぎの分析は、学者らしい。
「日本は世界に冠絶するすばらしい国だ」と揚言する人がたまにいます。けれども、彼らはつい日本がいかにすばらしい国であるかを挙証してしまいます。誰にも納得できそうな実例を挙げて、「ほら、日本はこんなにすばらしい国でしょう」と胸を張る。その人たちが忘れているのは、「世界に冠絶する国」は世界に冠絶する所以を挙証しないということです。「「私が世界に冠絶している」ということについて、ぜひみなさんの同意を賜りたい」という態度そのものが「世界に冠絶している」という前件と背馳するからです。
内田

実に、論理的であり、論理破綻をする、私には、さすがと、思わせる。

「世界標準に準拠してふるまうことはできるが、世界標準を設定することはできない」、それが辺境の限界です。
内田

この方は、運命論者のようである。
辺境の、限界です。
私は、時代性と、時代精神だと、言う。

日本が、一時期、辺境と、言われる所以は、理解する。しかし、それは、その時代性の問題である。更に、今も、それが、続いている。
この方は、おおよそ、1500年前から、であると、言う。

推古天皇辺りからの、ことである。

ですから、知識人のマジョリティは「日本の悪口」しか言わないようになる。政治がダメで、官僚がダメで、財界がダメで、メディアがダメで、教育がダメで・・・要するに日本の制度文物はすべて、世界標準と比べものにならないと彼らは力説する。そして、「だから、世界標準にキャッチアップ」というおなじみの結論に帰着してしまう。
内田

その通りである。

学ぶべき見本が外部にあり、それと比べて相対的に劣位にあるわが国の諸制度を改善せねばならない。そういう語法でしか、右翼も左翼も中道も知識人も非知識人も語ることができない。そして、そういう語法でしか語ることができないということに気づいていない。
内田

全く、その通りである。

指南力のあるメッセージを発信するというのは、「そんなことを言う人は今のところ私の他には誰もいないけれど、私はそう思う」という態度のことです。自分の発信するメッセージの正しさや有用性を保証する「外部」や「上位審級」は存在しない。そのようなものに「正しさ」を保証してもらわなくても、私はこれが正しいと思うと言いうる、ということです。どうして言いうるかと言えば、その「正しさ」は今ある現実のうちにではなく、これから構築される未来のうちに保証人を求めるからです。私の正しさは未来において、それが現実になることによって実証されるであろう。それが世界標準を作り出す人間の考える「正しさ」です。
内田

実に、教育的発言である。
私も、賛成する。

そろそろ、この方の、一部をもって、終わりたいと思う。

私たちに世界標準の制定力がないのは、私たちが発信するメッセージに意味や有用性が不足しているからではありません。「保証人」を外部の上位者につい求めてしまうからです。外部に、「正しさ」を包括的に保証する誰かがいるというのは「弟子」の発想であり、「辺境人」の発想です。
そして、それはもう私たちの血肉となっている。どうすることもできない。私はそう思っています、千五百年前からそうなんですから。ですから、私の書いていることは「日本人の悪口」ではありません。この欠点を何とかしろと言っているわけではありません。私が「他国との比較」をしているのは、「よそはこうだが、日本は違う。だから日本をよそに合わせて標準化しよう」という話をするためではありません。私は、こうなったらとことん辺境で行こうではないかというご提案をしたいのです。
内田 改行は、私

そこには何か固有の召命があると考えることは可能です。
とも、言う。

私は、戦争に関しての、記述のみを、取り出してと、思ったが、この方の、結論までをと思い、引用してきた。

大東亜戦争は、ぶっちゃけて言うと、欧米が日本の台頭を、極度に恐れたのである。
ずるずると、戦争に突入したのは、日本ではなく、あちらなのである。
今のうちに、潰しておかなければ、えらいことになる、との、あちらが、日本を、ずるずると、戦争に引き込んだのである。

昭和天皇は、最後まで、戦争回避で、外交努力でとの、御心だった。

それから、空気で、決まる・・・
冗談ではない。
空気で、決まって、320万人も、死んだ。

更に、兵士たちは、空気で、決まって、いのちを、国のために、捧げた。
冗談ではない。

一人の人間を、殺したり、殺されたりしても、大騒ぎである。

あれだけの、人間の死が、空気で、決まる。
いい加減にせーーーーと、私は言う。

生きている者は、本当に、いい気なものである。
死人に口無しである。

内田氏の、分析は、論理的かつ、敗戦後の、思想家たち・・・の、考え方を、踏襲して、書いている。
だが、私から、言わせれば、単なる、金になる、暇つぶしである。


posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。