2010年09月28日

天皇陛下について54

白人主義、そして、独善的な、キリスト教の野蛮極まりない、侵略、強奪の歴史を、俯瞰した。

それは、すべて、差別観念から、発している。
その差別観念の、思想云々を、論じる暇は無い。

これは、天皇陛下につい、であり、その歴史と、伝統、更に、古代史までも、網羅したいと、考えている。

だが、そのためにも、歴史を俯瞰しておかなければ、ならない。

天皇による、天皇ための、天皇の歴史は、日本には、無い。
天皇の、まつりごと、は、そのまま、奉りであり、政である。
そして、政に関しては、国民に委託しているのである。

平安期までの、貴族政治から、鎌倉に始まる、武家政治。それは、江戸時代までに至る。

そして、明治。
それは、最小限の、血によって、成し遂げようとした、坂本竜馬などの、活躍があってのこと。

その、眼目が、大政奉還である。
一度、政を、天皇に返上しよう。
そこで、新たに、新しい政治を、行う、刷新する、創り上げよう。

尊皇攘夷の、薩長同盟が、勝ちを収める。
しかし、薩長同盟の、延長によって、政治は、成ったのではない。
敵、味方を超えた、政治への、登用を見れば、解る。

勿論、人情の通じる、派閥などは、あったであろう。
それは、当然のこと。

それより、何より、日本のことである。

日本を、欧米の侵略から守り、独立国として、国際社会に立つという、気概である。

明治の、富国強兵は、何より、それが、目的だった。
自衛の、道である。

それを、侵略の第一歩と、考えるのは、左翼思想の持ち主である。
左翼だけでは、飛べない。
勿論、右翼だけでも、飛べない。
全体主義に、陥らないように、左翼も、右翼も、必要である。

更に、日本には、左右の関係は、伝統として、は、無いものである。

日本には、上下の思想があるのみ。

上、かみ、天皇であり、下、しもは、国民である。

どこかの国の議会で、右に座った者、左に座った者、から、その語源が出来たが、日本には、上下の関係のみである。

ただし、天皇、上の席は、決して、国民と、対立して、座するものではない。
天皇は、国民に対して、横向きに、座す。
なんとなれば、国民が、対座するのは、祖霊であり、その祖霊に対して、言葉を述べるのは、天皇の、お仕事であるから、天皇は、横向きに、座すのである。

ただし、天皇から、直接、お言葉を、いただく際は、向かい合うのである。

なんとならば、天皇は、祖霊を代表して、お言葉を、述べられるからである。
天皇の、お言葉は、祖霊の意思として、受け取られる。

それは、皇祖皇宗の、お言葉でもある。

更に、神の代理人の、ローマ法王のようではない。

天皇は、国民の側に立つお立場である。

国民の、願いを、受けて、皇祖皇宗に、対するのである。

更に、そのお言葉は、言霊に、なりあそばし、国民の、安泰と、幸せをもたらす、お言葉の、数々になる。

弥栄を、祈られるお言葉が、言霊になられる。

万葉集、舒明天皇の、国誉めの歌が、その例である。
そのように、あれかし・・・

昭和天皇の、希望します、も、その例である。

今上天皇は、願います、と、仰せられる。

そのように、なれかし・・・
国の、上、かみに、在る者、には、それ以外の言葉は、出ないのである。

大き久しき広き厚き大愛を蒙りて
おほき ひさしき ひろき あつき おほむうつくしみを かかふりて

祖霊の心である。
天皇、すめらみこと、の、心である。

統めら御言
統べる、とは、統治するという意味ではなく、大和言葉では、平らけく安らかに、あれという意味であり、それを、祈る、上の人が、天皇なのである。

更に、言わせて貰えば、君主というのは、世界的認識であるから、天皇は、君主であらせられるが、単なる、君主ではないことは、確かである。
その、歴史と、伝統を有する、天皇は、世界に二人と、いない。

何故、共産国などの人々からも、慕われるのかを、考えれば解る。
その歴史と伝統なのである。

作れといっても、作れないものなのである。
建国から、2671年という、歴史は、はい、それではと、作られないのである。

賢そうなアホたちは、天皇を論ずるが、アホは、矢張りアホ。
大和言葉も知らず、更には、大和朝廷以前の、歴史を、認められないアホが、何を言えるのか。

縄文期の文化が、優れていたということ。
それぞれの時代に、それぞれの、文化というものが、あった。
原始時代・・・
それは、何百万年前のこと。

この辺で、止めておく。



posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。