2010年09月19日

神仏は妄想である 神仏は妄想である 309

だからここで問題の中心となるのは、社会体制の秩序維持、ということである。従ってまた、「一切誓うな」という宣言は、誓いなどというのは空虚な形式なのだから、虚礼は廃止しましょう、などという程度の消極的な意味ではなく、むしろ、誓いの背後にかくれている社会体制の秩序維持に固執する頑強な力に対するはっきりした抵抗の宣言なのだ。またそうでないとすれば、「一切誓うな」というせりふ自体、空虚なおしゃべりとなる。このことは現代においてもなおあてはまる。まして古代においてそういうことを宣言するのは、ものすごいことなのだ。
田川建三

こうして見ると、イエスという、人間は、とても、反骨精神の強い人物である。
ユダヤ教支配の中にあって、明確に、ユダヤ教の、形式を批判している。

今、様々な、教会において、イエスのような、強烈な批判、反骨精神を持って、物を言う者がいるのか。

社会体制ではない。
教会体制に、物申す者である。

どこかで、教会が、方向転換を迫られる。
つまり、聖書の嘘が、ばれて、誰も信用しなくなる。

信仰深い人々は、騙され続けるが、時代は、どんどんと、事実を明確にしている。

兎に角、何でもいいから、信じたい・・・
人間には、何かを、拝むという、本能的なものがあるようである。

だから、宗教が廃れないのか・・・
とすると、結局、宗教という、蒙昧が、いつまでも、まかり通るのか。

安心立命。
人は、何かによって、それを、得たいと思う。

それで、知恵深いキリスト教会は、イエスのこの言葉を(ほかの言葉もそうだが)平気で無視し続けてきた。しかもその無視の仕方は巧みであって、イエスのこの言葉を、いやそれだけではなくイエスについての思い出を全体として、歴史の記録から抹殺してしまうというような露骨なまねはしない。それはそれで保存しておいて、自分たちはこういう「良心的」なせりふも知っているのだぞ、ということを示そうとする。
田川

マタイ福音書の、眼目は、ユダヤ教徒より、より良い、ユダヤ教の確立である。
それを、イエスの言葉を通して、行った。

田川氏の、批判的聖書研究を尊敬するが、マタイの意図を、読み取ることからすると、少々のズレが生ずる。

聖書の、ギリシャ語の解説は、必要であるが、その前に、マタイの意図したものは何か、である。

だが、語彙に関しての、分析は、十分に説得力がある。

ギリシャ語の、誓いという言葉、それを、翻訳した、言葉にも、誓いには、二つの概念があるという。

一つは、宣誓である。
法廷などで、宣誓する。宗教的な意味で、神に対する信仰の誓い。
そして、もう一つは、神かけて誓うという、約束するという意味での、誓いである。

日本語の場合の、誓いという意味も、曖昧である。

要するに、イエスは、いずれの意味でも、誓うな、というのである。

イエス以前のユダヤ教においても、安直に誓うということをいましめる言葉は多く見られる。神かけて誓う、といった類のせりふを濫発するのはいかにも安っぽくなるから、「教育的」な意識をもった教養人はそれをいましめようとするのである。
田川

そこで、
古代のマタイ学派はそのように単純に底が割れるような下手な細工はしない。福音記者マタイの背後に存在している、ないしマタイ自身もその一員であるマタイ学派は、この場合でもはっきりそうとわかるように、ユダヤ教律法学者的な意味でまことに優秀な知識人である。
田川

イエスの「一切誓うな」を何とかして彼らのユダヤ教的心性の中で理由づけようとして、次のような理屈を付け足したのである。
田川

天にかけて誓うな・・・神の玉座である・・・

また、それは、ユダヤ教にある、神の名を、みだりに口にするなという、教えからのものである。

そして、神の代わりに、天や、地という言葉も、駄目だというのである。
議論の根拠を、旧約聖書からの、引用によって、なすという、段取りは、マタイ学派が、いかに、ユダヤ教の知識人たちであったかということだ。

とすれば、イエスの、真意は、何だったのか。
とても、反骨精神の強い人物だと、私は、先に書いたが、イエスの言葉か、マタイ学派の言葉か、解らない。

イエスをダシにして、自分たちの言い分を主張したのか。

宗教の経典というものが、ある人や、ある人々によって、改竄されてゆく過程には、それを書くものたちの、思惑があるということが、明確に解る。

権威を、イエスや、仏陀に置いて、書き付けるものだから、後世の人たちは、迷う。

初期、仏典などより、後世に書かれた、大乗仏典を持って、仏教、仏法などという、輩がいるが、自分の思惑通りに、出来るものを、掲げるのみである。

そして、それが、正しいとなる。

嘘なのだが、それが、正しいと、言い張る。
その心には、何があるのか。

それは、支配欲である。
信じさせて、支配するという、人間の欲望の、高度なもの。

それと、為政者が結託すれば、上々である。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇陛下について45

敗戦後、悪の巣を作った、東大法学部教授、横田喜三郎の、世界国家論という、論文がある。

それには、戦前では、国際連盟、戦後は、国際連合を高く評価している。
世界が、一つの政府になることが、重要だという。
国家の否定。
世界は、国益で動いているという、当たり前のことを、知らない。

この横田の世界観は、日本人の国際政治を見る視座を狂わせただけではなく、国益無視の官僚を生んでしまいました。
前野 徹

国益無視の官僚を、生んだ・・・
そして、今でも、そのようである。

横田は、世界各国仲良くし、軍備は必要ない。日本の、アメリカ製憲法を、高く評価し、理想的な憲法であと、子どもの理想のようなことを、言う。
あの、イカレタ、ジュン・レノンの、薬物中毒の歌のような・・・

東大退官後、外務省の参与となり、対米従属路線を定着させる。

横田の教えを信奉した、教え子たちが、東大法学部を卒業して、官僚となり、国を動かす。
贖罪意識で、謝罪外交を繰り返し、金をばら撒く。
現実主義で、その場限りの、対応に、始終する。
自己保身と、既得権益最優先で、改革には、手をつけない。

アメリカにとっては、またとない、利用価値のある、人間だった。

アメリカは、占領後も、日本を支配下に置くため、用意周到に、システムを作り変える目的があり、日本が、未来永劫、白人、戦勝国、中国、韓国などに、刃向かうことのないような、永続的支配体制を、確立するという、役割である。

憲法も、然り、教育制度も、然り。
そして、最大に、活用しようとしたのが、官僚制度である。

アメリカの、占領政策の、基本は、天皇制の存続。
官僚機構の温存。
マスコミの飼い慣らし。
である。

官僚機構は、自分たちが、コントロールしやすいが、ため。
そして、官僚は、アメリカの意志通りに、動いた。

面白いのは、終戦の日という言葉である。
私は、一貫して、敗戦の日と、呼んでいる。

終戦の日という言葉も、アメリカの意図を汲んだ、官僚のもの。

終戦といえば、誰にも、責任は無い。
二度の、原爆投下、日本の百五十一の都市に行った、無差別空襲という、人類史上初の極悪非道な行為に対する、アメリカの責任も、問われない。

一般市民の攻撃は、国際法にも、違反している。

アメリカの、手先とも、なった、横田喜三郎という、名前は、官僚の腐敗、そして、アメリカ追従の徒として、覚えておくべきである。

更に、アメリカが、恐れたのが、原爆投下による、大量虐殺の罪。
一瞬にして、13万人も、焼き殺した。
後遺症によって、亡くなった方を、含めると、死者は、40万人。
ヒットラーの、ホロコーストに匹敵する、大虐殺である。

いずれ、それが、人道問題として、追求されることを、非常に恐れたアメリカは、綿密に、日本統治計画を練るのである。

更に、恐るべきは、日本という国家、日本人の精神の、徹底破壊。
唯一、白人に、刃向かった、有色人種である、日本人が、二度と、立ち向かえなくするべくの、作戦である。

日本が敗戦したことを、ニューヨークタイムズが、書いた。
この怪物は倒れはしたが、決して命を失っておらず、未だ非常に危険な存在だ。よってこの怪物の牙と骨を徹底的に抜き去り、解体しなければならない。この作業は戦争に勝つよりむずかしいかもしれないが、われわれアメリカのために、世界のためにも永久にでも、この作業を続けなければならない。

それは、アメリカを代表する、白人世界の、思いでもある。

何せ、日本敗戦後の、植民地の、独立運動、戦争で、白人世界は、叩きのめされたのである。すべて、日本が、きっかけだった。

人種差別・・・
それは、今も、そうである。
あわよくば、今も、白人は、色付き人間の国々を、植民地にしたいのである。

この、白人は、世界で、最も、好戦的で、いつの世も、戦いを続けていた。更に、色付き人間の、大量虐殺には、平然としているのである。

甚だしい、差別意識は、今も、存在する。

以前に書いたが、日本の解体は、35年ほど前、セオドア・ルーズベルトの、オレンジ計画からはじまり、フランクリン・ルーズベルトに引き継がれた。

フランクリン・ルーズベルトは、ハイドバーグの大統領私邸で、イギリスのロナルド・キャンベル駐アメリカ大使と会談し、その時、ルーズベルトから、「劣等アジア人種の品種改良」という、提案を受けたと、本国に宛てた、書簡を書き残している。

インド系、あるいはユーラシア系とアジア人種を、さらにヨーロッパ人とアジア人種を交配させ、それによって立派な文明をこの地に生み出していく、という計画で、ただし、日本人は除外する。もとの島に隔離して衰えさせると、続けたのである。

歴史の事実が、明らかにされている。
それは、質と、次元が違う、レベルである。

天皇の戦争責任、云々と言っている、場合ではないのである。
戦争責任を、言うなら、アメリカであろう。
上記の、激しい、人種差別・・・・

日本が、国際連合で、人種差別撤回を、提案した時、絶対反対だったのが、議長国のアメリカだった。

日本を、戦争にまで、追い詰めたのは、アメリカである。
戦犯は、アメリカである。

原爆投下も、都市への、空襲にも、一度たりとも、謝罪していないのである。
つまり、謝罪する必要はないと、思っている。
その底には、白人主義がある。

その裏返しには、色付き人間が、とても、怖いのである。


posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。