2010年09月18日

神仏は妄想である 308

また、「偽りの誓いをしてはならない。誓ったことは主に対して果たさなければならない」と昔の人々に命じられたのを、あなたがたは聞いている。しかし、わたしはあなたがたに言う、決して誓ってはならない。天にかけて誓ってもいけない。天は神の玉座だからである。地に誓ってもいけない。地は神の足台だからである。・・・
マタイ福音書

聖書研究では、
イエスは、誓いを一切、禁じたのではない。ただ、当時の人々が、やたらに、誓いを立てて、神を汚していたので、これを、厳しく禁じたのである。誓いは、すべて神の権威に関係がある。神の御前に、虚偽は、成り立たない。
と、ある。

何の説明にもなっていない。

これははっきりしていて、疑問をさしはさむ余地はない。一切誓うな、というのだから、一切誓うな、という意味であって、それ以上に説明する必要は全然ない。
田川建三

だが、田川氏は、続ける。
それにもかかわらず、キリスト教社会はいろいろな場面で「誓う」ことを強制してきた。どちらが正しいか、と問う前に、まず確かなこととして確認すべきは、この点でも、イエスとキリスト教は逆の方向を向いている、という事実である。

キリスト教社会、体制社会が、イエス・キリストの御名によって、誓い続けてきた。
矛盾。

その種の神学的な根拠づけは、誓うことを正しい行為としてまず前提し、その上でいろいろ詭弁を並べたてているにすぎないからである。我々が知るべきことは、何故彼らが、相変わらず「誓う」ことに固執してしまうのか、という根拠なのである。
田川

体制社会を、維持するために、その秩序を守ることを、被支配者に誓わせる必要がある。
誓いが、重要なのではない。
誓うことによって、人を秩序に縛り付けておくことが、必要なのである。

誓いという、形式が持つ、宗教的な権威だけで、人を縛り付けることに、十分だったからだ。

宗教的権威の影が薄れた現代社会においては、誓うことはまったく空虚な建前となっているのに、相変わらず人が誓いの形式を保存したがる理由はそこにある。
田川

アメリカ大統領は、聖書に手を置いて、誓う。
何をか。
神の意思を尊重し、国民のために、働く事を。

しかし、大統領が、神の意思で、国民のために、本当に働いたのか・・・
多くは、逆であろう。
実に、滑稽である。

キリスト教が洗礼式、結婚式などにおいて「誓い」をやらせるのは、今となっては、とりたててものを申し上げるほどの必要もない滑稽な矛盾、ということで話がすむかもしれない。それにしても、イエスの言葉にもかかわらず、二千年間こうした「誓い」の形式を護ってきた神経はたいしたものだ、と言わねばなるまい。キリスト教徒ならば誰でも、これはよく知っている矛盾なのである。それをこうして放置していられる、というのは、結局、イエスの「教え」などというものはキリスト教徒にとってそれほどむきになって取り組むつもりもないものであるからにすぎない。さびしい事実だが、事実にちがいない。
田川

イエスと、キリスト教は、別物である。
私も、そのように思う。
イエスの、教えなど、どうでもいいのである。
要するに、教会、あるいは、団体が、信者を騙して、いいように、支配するという目的のためである。

カトリック教会は、今でも、結婚の誓いをした者たちが、離婚した場合は、教会に入ることを、許さないが、そうすると、日本でも、アメリカでも、特に、キリスト教国では、カトリック教会の、信者は、大幅に減るだろう。

結婚も、七つの秘蹟と、呼ばれるうちの、大切な、儀式なのである。

誰の、策略か。
信者の寝室までに、入り込む、宗教家たちの、支配欲というしかない。

現在の、ローマ法王は、コンドームを否定して、フランスでは、大規模な、デモが起きた。

人間の欲望を支配するというのは、宗教の大罪であるが、それに気づかない、蒙昧な歴史を繰り返している。

その点では、イスラムは、男に対して、実に寛容さを示して、一夫多妻を、認めている。その代わり、女は、モノである。
男の所有物。
それは、旧約聖書からの、教えである。

女を、男の支配するモノとした、旧約聖書が、堂々と、この、平等社会を、目指す時代に、聖典とされていることに、疑問を差し挟まない、キリスト教徒である。

矛盾も、何もかも、信仰という、美名の元に、収めてしまう、宗教指導者たちである。
彼らは、確実に、地獄に落ちるだろう。本当に、地獄があれば・・・

それとも、化け物の、ヤハゥエの神の元に、集い、喜び合うのか。
いずれにせよ、真っ当な場所ではない。

イスラムは、ムハンマドが、多数の妻を得ていたから、それが、当たり前になったのか。
当時、人々は、ムハンマドを、女好きの、気の狂ったものとして、認識していた。
ところが、武力でムハンマドが勝つと、従わざるを得なかった。

今でも、イスラムは、基本的に、武力を好む。
教祖の、意識が、そのまま残る。

諸々の、キリスト教新興宗教は、どうか。
これらも、嘘八百の聖書解釈を、掲げて、信者を騙す。
それに加担するのが、頭脳明晰な人たちである。
勿論、大枚な金を得る。

とてもじゃないが、読むに耐えない、教義である。
信じなければ、成り立たないのである。
信じるから、成り立つという、愚昧。

メシア到来を、信じるユダヤ教から、イエスをメシアとする、キリスト教から、メシア、イエスの再臨を信じる教徒たち。
いずれも、救われない人々である。

どんなに、待てど暮らせど、イエスが、雲に乗って、やってくることは、無い。
まして、エホバの、千年王国などは、確実に無い。

あり得るのは、人間の進化による、神無き時代の、希望である。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇陛下について44

東大法学部教授、横田喜三郎
民主主義の徹底という点から見れば、日本の新憲法などは、まだまだ不十分であり、微温的というべきものである。ひとつの例をあげてみれば、天皇制を維持したこと、つまり君主制を保存したことがそうである。天皇が君主であることは、いうまでもない。しかし、君主の存在は、徹底した民主主義とは、あいいれないものである。君主は人民に対立するもので、人民に対して特別な地位に立ち、特別な身分を有し、また特別な権限を有する。しかも、君主は一般に世襲である。かように、特定の人が世襲によって特別な地位、身分、権利を有することは、民主主義の根本理念に反する・けだし、民主主義の根本理念は平等ということにある。いっさいの人が平等なものと認められ、平等な機会を与えられ、平等な権利と義務を有することにある。

という、当時の、アホの発言である。

東大法学部教授という、特権により、その権威により、国民を迷わせ、更に、今に至る、官僚の、売国的、働きを、推し進めた、人物である。

面白いのは、天皇を君主と、認めていることである。
象徴天皇を、君主と、認める。
正しい。

根本理念が、平等だとは、社会主義も、共産主義も、言うが、平等などないのは、歴史を見ての通り。
彼らの、作る、組織なるもの、不平等の巣である。
幹部になれば、組合員を、顎で使う。更に、組合貴族といわれる、一部の者たちの、行状は、更に激しい。

さて、この横田のいう、民主主義が、生まれた国は、イギリスである。
イギリスは、君主制の国。

君主制と、民主主義が、相反すると、主張するのだが、どこかに対する、迎合主義が、丸見えである。

この、横田という者が、いかに、悪人かということは、その後の、日本の世論を、その方向に、従わせたということ。
東大教授という、権威を持って、である。

つまり、戦前の日本の全否定。
その更生のために、武力を放棄し、天皇制を廃止する。
日本の過去、とくに、大東亜戦争では、日本だけが、全面的に、悪かった。
開国以来の、日本の近代史を、全面的に、否定した。

今でも、東大には、ロクな先生はいない。
特に、悪の巣は、法学部。

官僚の多くが、この横田の、思想を受け継いでいる。

自虐史観を、定着させた、功績は、大きい。

当時、GHQが、占領をはじめると、立身出世、自己保身のために、占領政策に、迎合する、学者が、多く出た。

おおよそ、先祖の因縁が悪く、下賎の出である。

彼は、日本人でないかのように、東京裁判の正当性を、訴えて、日本有罪論を展開する。

法学部国際法主任教授の肩書きで、
゛平和に対する罪 ゛は形式的な法の技術的な立場からすると、いくらの不備や弱点はあるが、実質的な法の精神的な立場からすると、やはり、゛戦争犯罪゛としての性質を有することがあきらかにされた。これを処罰することは、十分な理由がある。

上記は、ハーバード大学、グリュック教授の、受け売りである。

兎に角、時代の流れに乗り、我が世の春を、作りたかった。

この時期、東京裁判に対して、世界から、疑問の声が、多数上がる。
アメリカのメディアも、それを取り上げていた。

更に、横田は、あの、パール判事の、意見書の翻訳を担当したといわれる。
東京裁判の無効を訴えた、パール判事である。

だが、横田は、
いずれにしても、第二次世界大戦では、これを戦争犯罪とし、その責任者を実際に処罰した。これによって、重要な先例が作られ、平和に対する罪が戦争犯罪として成立したと考えられる。

と、まあ、知らない者の、代表の面目である。

先例が作られた、だから、平和に対する罪が・・・
これが、法学者とは、思えない、蒙昧。

軍国主義に、出世を、阻まれた、腹いせと、ある方が、断定する。
さも、ありなん。

今も、全共闘世代が、民主党の政権を担っているが、見ての通り。
未成熟なまま、年を重ねた、万年青年の、面影である。

世渡りのうまさから、何と、最高裁長官、そして、大勲章、文化勲章まで、頂く。
否定していたが、そんなことは、忘れての、受賞である。

兎に角、偉くなれば、いい。
兎に角、金を握れば、いいのであり、後のことは、知らない、のである。

東大法学部からは、このような、人間が、わんさと、生まれた。
今も、そうして生きている。

国にことなど、その後のことなど、一切、関係ないのである。
自分の、今さえ、良ければ、いいのである。

そして、死ぬ。
誰も、彼の死後の世界を、見ていないので、私が見る。

行き先が無く、浮遊している。
勲章をつけて、色々な場所に、浮遊する。
卑しい野心を、持つ者に、時に、憑依して、同じことを繰り返して、死の自覚無く、浮遊する。

実に、あはれに、卑しい、のである。

日本の言論を担うべきジャーナリズムを含めて知識人が混乱、狼狽の極みにある時に、このような人物が指導層を輩出する日本最高学府の教授であり、法曹界の権威であったところに日本の深刻な悲劇がありました。日本の伝統を否定する歴史観で日本人を戦後、マインドコントロールし、贖罪意識を植え付け、現世利益、その場限りの現実主義を定着させた横田の罪は誠に大きい。現在に至るまでその呪縛は解けていません。
歴史の真実 前野 徹


posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。