2010年09月15日

神仏は妄想である 304

例えば、「マルコ福音書」では、イエスが「神殿を清めた」、つまり両替商の台をひっくり返し、「私の家は・・・祈りの家とよばれるべきである。・・・ところが、あなたたちはそれを強盗の巣にしてしまった」と言ったのは、死ぬ最後の週だったと書かれている。ところが「ヨハネによる福音書」によれば、この出来事はイエスの宣教活動の最初期に起こったことになっている。
イエスが宣教の初期と最後の週の二回、神殿を清めたのだと考える読者もいる。しかしそうなると、「マルコ」も「ヨハネ」も「真実」を語っていないことになる。さらに、歴史的に見て、この二つの記述をすりあわせることは可能だろうか?もしイエスが初期の宣教活動の最中に神殿で騒ぎを起こしたなら、なぜ彼は当局によって逮捕されなかったのだろうか?聖書が矛盾を抱えていることに気づけば、「マルコ」と「ヨハネ」が神殿を清めるというイエスの行為を通して、異なる教えを説いているがために、この出来事をそれぞれイエスの宣教活動の違う時期に設定したのだと考えることもできる。
しかし歴史的観点から見れば、この二つの記述に整合性を持たせることはできない。
アーマン
上記、読みやすく、改行した。

新約聖書には、こうした、多くの矛盾した、記述が、あるということ。

通常の、キリスト教徒や、読者は、それに気づかないのである。
言われて、はじめて、解る。
それほど、意識しないで、読むのである。

単なる、読書ならば、いいが、それを、信仰の根幹にするというならば、その矛盾を解かなければならないはず。

しかし、そんなことは、どうでもいいことだ、要するに、イエスの教えの、象徴なのであると、キリスト教の保守的な人は、言うであろう。
聖書作家の、意図するものを、無視して、どうして、聖書が理解できるのかとは、考えない。

それらは、信じれば、いいということになる。

日本の、キリスト教徒作家の、誰ひとりも、そのような、テーマを掲げなかった。
とても、残念である。
単なる、キリスト教の、片棒担ぎである。

しまいには、日本には、神不在の云々という、実に、蒙昧な、作家もいた。
神という、観念の違いさえも、知らずに、言うのである。
いずれ、名前を挙げて、批判することにする。

上記のような単純な事例よりも、つじつまを合わせることがずっと難しい(事実上不可能であるとあえて断言してしまってもいい)。聖書を構成する書の間に齟齬が見られるだけではなく、一つの書の記述自体が首尾一貫していないこともある。歴史的・批判的な学者は、福音書の記者が様々な出典を繋ぎ合わせたことによって、矛盾が生じたためだろうと長らく考えてきた。
アーマン

実は、私も、長い間、気づかずに、そうして、聖書を読んでいた。
まず、イエスキリストを、信じた。それから、カトリック教会の、教えを信じた。そして、聖書を読む。
聖書批判から、信者になったのではない。
最初に、信じたから、信者になったのである。

だが、私は、批判的に、聖書を読む前に、キリスト教というもの、その、教団の、教義に、疑問を持ち、さらに神学というものの、不明さにも、気づいた。
これは、神の学である。一体、人間が、神の学なるものを、論ずることが、出来るのかという、疑問だった。

そして、それらが、ギリシャ哲学の派生によって、なったものであるという。
更に、妄想逞しい、教父といわれる、人たちの、考えによって、何故、神学というものが、出来上がるのか、である。

仏教の、教義が、滅茶苦茶であるように、キリスト教の、教義も、滅茶苦茶であると、考えるようになった。

例えば、「ヨハネ」では、イエスは二章で初めて奇跡を行い、水をワインに変える。そして「イエスは、この最初のしるしを・・・」行ったと続く。この章の後半部分では、イエスがエルサレムで「沢山のしるし」を行ったと書かれている。さらに四章には、イエスが役人の息子の病を癒す場面があり、「イエスが・・・なされた、二回目のしるしである」となっている。あれ?最初のしるし、沢山のしるし、それから二回目のしるし?
アーマン

とても、単純な、誤りである。

だが、信じている人には、何も影響を与えない。
それは、信じているからである。
信じて、見えなくなっている。

信仰とは、目が開くことだったのではないか・・・
そして、信仰とは、心の自由を得ることだったのではないか・・・

ところが、逆である。
信仰とは、馬鹿になることである。
真っ当な、理性を、生かさないことである。
更には、知性さえも、投げ捨てることである。

そうして、立派な、キリスト教徒になってゆくのである。

まさに、自己洗脳である。

それに、牧師や、司祭が、拍車を掛ける。

そうした、妄想に浸りきった信者の中には、とても、正常だとは、思えない、霊感者が、現れたりする。
祈りのうちに、予知が出来るだの、予言が出来るだのと、妄想に、振り回されて、更には、人を巻き込み、混乱させる。

自己陶酔の、極みである。それも、嘘だらけの聖書を、見抜けずに、自己暗示のような、信仰を、純粋な信仰と、大きな勘違いをするという。

そして、悪いのは、更に、人をその世界に、引きずり込もうとする、熱心な信者である。

自分も、分からない、勿論、人も、解らないという、キリスト教、主イエスの元に、集うものたちを、集めるのである。

牧師、司祭に引き合わされて、感動の、信仰体験などという、妄想を、感じて、入信するという、段取りである。
何故、人は、拝むのか・・・
今の、私のテーマである。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇陛下について41

占領以来、GHQは日本の既成体制打破のため、次々と大ナタを揮ったが、肝心の天皇制については、沈黙を守っていた。
内外の動向を見極めながら、秘蔵のカードとして使おうという意図だった。外電の伝えるところは、おおむね厳しかった。
河原敏明 天皇裕仁の昭和史

日本は天皇制を廃して再組織すべきだ。天皇の起源についての不合理な神話も廃すべきである。米国上院議員

日本に少なくとも二十年くらい空位(天皇をおかない)時代をつくり、民主主義による国民の再教育を行い、天皇への神話をこわしてから共和制、立憲君主制いずれをとるか投票によるべきだ。米紙

天皇制は即時廃止し、天皇と皇族は戦犯として裁判にかけよ。ソ連放送

中国は天皇を戦争犯罪者として宣告すべし。中国参政会の決議

国別では、ソ連、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、それにはじめのうちは、中国が、廃止に強硬だった。

その中で、
元駐在日米大使、当時の国務次官の、グルーは、
天皇はローマ法王のように、日本には不可欠の存在だから、天皇制は存続しつつ民主化すべきだと、擁護する。

同じく、元駐日大使だった、英国の、クレーギーも、
古い歴史のある天皇制が突然、廃止されたら、日本は混乱におちいり、侵略的、軍事的な共産主義が生まれる危険が大きい。
と、英国民を啓蒙した。

もっとも、彼らに、天皇の存在を、理解せよという方が、無理である。
ローマ法王のように・・・全く違う。ローマ法王より、権威がある存在である。

それに対して、昭和天皇は、深く悩む。

沈黙するのも、一つの方法だが、新聞記者に、開戦の経緯を明らかにするか、あるいは、マッカーサー元帥に話すことは、どうだろうか。
と、木戸に告白している。

木戸は、賛成しなかった。
弁明は、かえって、情勢を紛糾させる、というものだった。

ここで、素朴な疑問が、多くの人にあった。
敗戦を受け入れた、天皇が、何故、開戦を阻止できなかったのか・・・

それは、情報が無いゆえの、疑問だった。
以前、私は、少し開戦の経緯について、書いた。
また、詳しく書くが、戦争に追い詰められたのである。

天皇は、最後まで、外交での交渉をと、何度も、繰り返していた。
しかし、戦争を企画したのは、アメリカである。

その情報が、あれば、そんな疑問は、起こらない。

ところが、敗戦後、そういう、情報を知らない、進歩的知識人といわれる人々が、天皇の戦争責任や、退位について、平然と語る。

更に、共産主義者が、拍車を、かける。
彼らは、破壊と、全体主義しか、知らない。
天皇を理解できる、能力が無い者たちである。

では、マッカーサーは、どうか。
最初は、共和制を考えていた。しかし、時と共に、天皇存続に傾いた。
天皇との、会見で感動を受けたこともあるが、何よりも、占領政策、行政をスムーズに遂行し、偉業を成し遂げて、アメリカ大統領出馬を、目論んでいたのであるから。そのためには、天皇の存在が、最も、良いのである。

帰国後、立候補し、予選で敗れるが・・・

敗戦にも、左右されない、日本人の天皇崇敬を見て、天皇廃止などは、考えられなくなったのである。

最終的に、マッカーサーは、
天皇の地位の変更を、考えていない、という、結論に達した。

その頃、新憲法の草案作りも、天皇制存続の前提で、進められた。

関係者が、最も、苦心したのは、GHQの意向の範囲で、天皇をどのように表現し、位置づけるかということだった。

侃々諤々の議論を通し、西欧の憲法にもある、シンボル、象徴という、表現を採用した。

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく
第一条

ここで、天皇は、元首ではなく、権限も大幅に縮小されて、首相と最高裁判官の任命、法律、条約の公布、衆議院の解散・・・
儀礼的に、行うものにすぎなくなった。

新憲法は、昭和21年11月3日に公布され、施行される、翌年5月3日には、両陛下の出席の元、十数万人が、集まり、皇居前で、記念式典が行われた。

なにより、天皇制が、確立されたことを、国民が、喜んだ。

そこで、少し、込み入った、天皇論を、鑑みる。

天皇を含めての国民だの、国民を含めての天皇だのというものはありえない。天皇は国民ではなく、天皇と呼ばれるべきであるから天皇というのであり、国民は天皇ではなく国民というべきだから国民と名付けられているのである。
天皇とは何か 里見岸雄

更に、続けて、
さて、わが国では古来、国人中に特定の一人を認めている。もっともこのような特定の一人を認めるのは、およそ君主国にはみな共通であるが、この特定の一人を、支那、日本ではともに単に「一人」という。
書経には有名な「一人慶あれば万民之に頼る」という句がある。「人」は漢音でジン、呉音でニンであるが、日本では昔から天子の場合だけイチジンと発音して他の一人と区別する。

日本の国人中の特定の一人は、古くは「おほきみ」「すめらみこと」などと称したが、漢字を用いるようになってから「天皇」と書きあらわすことになり、明治以後には一般に天皇の称に定まり、憲法もまた新旧ともに天皇といっている。すなわち、我が国人中の特定の一人は「天皇」である。
里見岸雄

これから、少し、天皇を論じることにする。

posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。