2010年09月04日

あらっネグロス島へ 4

セブシティの、港の傍に、サンペドロ要塞がある。
スペイン統治時代、1738年から、イスラムの海賊などから、防御のために、造られた、要塞である。

マニラの、イントラムロスと並び、最古の要塞である。
その後、アメリカ統治時代は、兵舎として、更に、日本軍による、捕虜収容所として、利用された。

私は、そこで、慰霊の儀を、執り行った。

観光客で、賑わう要塞に入り、人がいなくなったのを、見て、祈りを上げた。
朝の十時過ぎだが、日差しが強く、暑い。
長い、祝詞の間に、汗だくになった。

慰霊の儀を終えて、すぐに、そこを出た。
そして、御幣にした、薔薇の花を、海に流すべく、海岸に歩いた。

その際も、支援物資を、持参していた。

まず、港に出て、花の御幣を、流し、それから、港に近くいる、人たちの元に行き、支援物資を、渡す人を、探した。

目に付いたのが、生まれたての、赤ん坊だった。

私は、その赤ん坊の傍に行き、プレゼントと、言い、幼児の衣類を、差し出した。

すると、人が集まりだした。
私にも、子供がいるという、男たちが、殺到した。

ボーイか、ガールかと、問い、それに、答えて、手渡ししたが、次から次と、人がやってくるので、私は、場所を移動した。

だが、人の波は、更に、大きくなる。

限界を感じて、場所を移すが、それでも、人が増え続ける。
駄目だと、感じた。
とりあえず、一度、支援を止めることにした。

ネクスト、タイム
そう言いつつ、私は、その場を、離れた。

一度、ゲストハウスに、戻るつもりだ。

誰も彼も、やって来て、収集がつかないのである。

彼らは、その場で、何がしかの、仕事を探して、生活する人たちだった。
特定の、仕事は無い。

その、海岸に、後で、船で、到着するとは、考えられなかった。

通りに出て、ジプニーを乗り、一度、ゲストハウスに戻ることにした。

ところが、若い母親とみられる、女性が、追いかけて来た。
私には、娘が一人いるの・・・
御願い・・・服をください・・・

私は、再度、そこで、バッグを開けた。
すると、また、人が集う。
その女性だけに、渡して、また、急ぎ足で、その場を、去った。

すべてを、渡しても、いいが、そうすると、ストリートチルドレンに、渡すものが、なくなる。

通りに出て、ジプニーを待つ。
沢山の、ジプニーが走る。

ジプニーとは、トラックの荷台を、改造して、客を乗せて、街中を走る、ミニバスのようなものである。
7ペソで、乗る事ができる。

だから、行き先ではない、場合は、降りて、また、行き先に向かう、ジプニーに乗る。

私は、出来るだけ、そういう、公共の、乗り物に乗ることにしている。
何故か。
それは、地元の人々の、顔が見えるからだ。

勿論、外国人は、注意が必要だ。
スリに遭いやすい。

財布を入れた、バッグは、肩掛けバッグに、入れて、それを、胸の前に、置く。

海外では、日本にいる時とは、違い、とても、そういうことに、緊張する。

その、緊張が、疲れになる。
そのために、私は、一日おきの、予定を立てる。

暑い国での、緊張は、とても、体に負担である。
一日、何事かをすると、一日は、休む。
観光旅行だと、そんなことは、考えない。

地元の人と接するというのは、そういう、ストレスも、受けるということだ。

悲しいことだが、ストリートチルドレンにも、注意が、必要である。
支援をしている間に、私の、胸の前の、バッグの、チャックを、開けようとする、子供もいる。

そういう、子は、それが、当たり前の、行為になっているのだ。
スリ、盗みという、行為が、身についている。

本当に、悲しいことだ。
しかし、それが、現実である。

だが、そんな子は、本当に少数である。
味方であると、私を、認識する子は、絶対に、そんなことは、しない。





posted by 天山 at 00:00| あらっネグロス島へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 293

旧約聖書、創世記には、天地創造の由来が、書かれる。
由来というから、それは、神話である。

夕べがあり、朝があった。第五の日である。
神はいわれた。
「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ」
そのようになった。神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。神は言われた。
「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」
神はご自分にかたどって人を創造された。
男と女に創造された。
神は彼らを祝福して言われた。
「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ」

ここでは、地球のすべての、生き物が、人によって支配される、という、定義が、持ち出される。

そして、神は、我々に、似せて、人を造るという。
この、我々とは、何か。

似せてというのは、何を、似せるのか。

それでは、神が、人を造った経緯を見る。

主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

そして、神は、その人を、東の方のエデンに園を設け、自ら形づくった人をそこに置かれた。・・・アダムのことである。

また園の中央には、命の木と善悪の知識の木を生えいでさせられた。

「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」
主なる神は言われた。
「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう」
・ ・・・
主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。主なる神が彼女を人のところへ連れて来られると、人は言った。
「ついに、これこそ
私の骨の骨
私の肉の肉
これをこそ女と呼ぼう
まさに、男から取られたものだから」
こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。
人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。

ここには、恐ろしいほどの、差別がある。
人とは、男のことをいう。
女は、人とは、呼ばない。

男は、イシュであり、女は、イシャーと呼ばれた。
女は、男の、付属物なのである。
一夫多妻の原型である。

そして、蛇の誘惑を、女が受けることになる。

その前に、人を、神、我々に、似せてという、部分である。
ここには、どのような意味があるのか。
人、つまり、男は、神に似せて、造られたのである。

普通、似せるとは、その形である。
しかし、聖書解釈には、神と、同じ霊として、となる。
鼻から、息吹を掛けられて、人が、造られた。
その、息吹とは、霊のことである。

肉体は、塵である。
肉体が、朽ちると、塵に還る。

蛇は女に言った。
「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存知なのだ」
女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引きつけ、賢くなるように唆していた。女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた。二人の目は開け、自分たちが裸であることを知り、二人はいちじくの葉をつづり合わせ、腰を覆うものとした。

そして、神の登場である。

主なる神はアダムを呼ばれた。
「どこにいるのか」
彼は答えた。
「あなたの足音が園の中に聞こえたので、恐ろしくなり、隠れております。わたしは裸ですから」
神は言われた。
「お前が裸であることを誰が告げたのか。取って食べるなと命じた木から食べたのか」
アダムは答えた。
「あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が、木から取って与えたので、食べました」
主なる神は女に向かって言われた。
「なんということをしたのか」
女は答えた。
「蛇がだましたので、食べてしまいました」

キリスト教の原罪説は、ここから、はじまる。

主なる神は言われた。
「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある」
主なる神は、彼をエデンの園から追い出し、彼に、自分がそこから取られた土を耕させることにされた。
こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、エデンの東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。

善悪を知る者となり、永遠に生きる者となる、恐れがある。
一体、この神の言葉は、何を意味するのか。

天地創造などとは、実に、いやらしいほど、の、傲慢の思想がある。

創世記は、モーゼによって、書かれたと、言われる。
その、モーゼは、神と契約をした。
その契約の内容は、神を、モーゼの意のままに、使うというものである。

神が、モーゼを、使うのではない。モーゼが、神を使うのである。

その後、創世記には、神が、
わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけではなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する。
と、言うのである。

全知全能、天地創造の神が、後悔するのである。

その前段で、
主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのをご覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。

神という、我々に似せた人とは、そのようなものであった。
つまり、神と、同じである。

神は、それを、願っていたのである。
そして、ノアの箱舟。
それでも、人は、生きて、増え続けた。

神話であると、言えば、いいが、それを、そのままに、信じる姿勢を、キリスト教は、求める。

女は、男から、出た者である。
全くの、見当違いである。

人は、受精した瞬間は、皆、女から、はじまる。
神話であるから、許せるが、これが、真っ当な話であると、するならば、明らかに、間違っている。
つまり、原罪という、生まれながらに、罪を持つという、思想は、妄想としか、いえない。

その原罪を持つ人間を、愛するに相応しくないと、考える神学なるもの・・・
その、愛する価値のない人間を愛する、イエスの存在・・・

そこから、教義がはじまること、自体が、誤りである。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇陛下について 35

政財界
敗戦後、いち早く、建て直しを行ったのが、経済界である。
焦土となった、日本を復興させようとの、経済活動が、日本を、未曾有の経済成長へと、突き進んでゆく。

その、多くの経済人たちは、経済的建て直しを図り、その後で、日本人の精神を、取り戻そうと、考えた。

兎に角、貧しさから、脱すること。
国民が、食べるに、困らないようにする。

敗戦後の、功労者は、経済人たちである。

そして、天皇陛下の、全国行幸である。

敗戦の、道義的責任に、心を痛めた天皇が、罪滅ぼしにと、思い立ったのが、全国行脚の旅であった。
天皇裕仁の昭和史 河原敏明

だが、実際は、そんなものではない。
道義的責任・・・

天皇陛下の、痛みは、そんなものではない。
あえて言えば、宗教的痛み・・・
皇祖皇宗に対し奉る御心、そして、それに連なる祖先たちへの、痛みである。
彼らが、築き上げた、この美しい日本という、国を、戦争によって、焦土にしたという、痛みである。

更に、物資の不足により、国民が、しのんだであろう、苦労を思えば、この身を、引き裂いても、解決しないという、痛みである。

陛下の御心を、考える時、下、しもの目線では、理解できない。
陛下は、上の人であらせられるから、上の目線で、理解しようとしなければ、理解できない。
それは、多分に、想像になる。

私は、陛下ではない。

同じ、下々の人を、理解するのさえ、ままならないのである。
どうして、上の人の御心を、理解できようか。

出来るというのは、傲慢である。

元来、内向的な天皇が、まして雲の上に隔絶されてきた身で、俄かに国民大衆の中に分け入るのは、大変な勇気と決心が必要だった。さらに、天皇に恨みをもつであろう数多くの人々、あるいは左翼テロリストの兇刀や暴行も予想せねばならなかった。
河原敏明

だが、天皇は、出掛けた。
そして、ありのままの、国民の生活を目にする。
更に、戦争犠牲者の、遺族たち、孤児たち・・・

それは、天皇にとって、針の筵に座すものであった。

一、 下々の私は、それを、思うと、狂うと、考える。
狂い死ぬ。

天皇陛下は、国体であらせられる。
そして、それを、教えられた。
我が身の、痛みが、至る所に、見えるのである。

昭和21年2月、神奈川県川崎市から、スタートした。
猛攻撃と、焼夷弾を受けて、破壊された跡の、昭和電工工場で、陛下は、対話に慣れずに、
あつ、そう
を、連発する。

雲の上の人、天皇陛下が、来られる。
人々は、好奇心もあり、至る所で、大変な人だかりであった。

巡行は、地方ブロックごとに行われた。

天皇の、温和な容姿と、飾らない人柄は、かつての軍服姿とは、結びつかないのである。
人々は、信じられなかったという。

大阪、名古屋では、何千人という、大群衆がなだれ、天皇めがけて殺到した。
立ち往生の天皇は、靴を踏まれ、ボタンを剥ぎ取られ、警備当局が、その有様に、懸念したほどである。

そんな日は、宿舎に着くと、侍従たちに、
今日も、人が、なだれたね
と、嬉しそうに語ったという。

どこも、戦災で、やられていたため、宿舎も、県庁の貴賓室、公会堂、時には、小学校の教室、駅の、引き込み線で、車中泊であった。

侍従が、風呂を心配するが、
十日間ぐらいは、入らなくていい
と、意に介さない。

四国、宇和島で、天皇のご宿泊の光栄に浴した、「つたや」の主人は、大金を投じて、浴室を改めて、到着を、心待ちした。
当日、主人の期待も空しく、陛下は、風呂に入らなかった。

折角なのに、勿体無いと、二人の侍医が、拝借していたところ、湯が、どんどんと、抜けてしまう。
風呂番が、失望のあまり、呆然としているところ、侍医が、入ってきたので、頭にきて、栓を抜いたのである。

風呂番の怒りは、もう一つ。
陛下に入浴の後に、市長、議長、議員らが、ご相伴に与ることになっていた。
彼らは、モーニングに威儀を正して、順番を待っていたのである。
それが、潰れて、面目を失った、悔しさである。

天皇は、
宿屋というものは、人を泊めるのに、なんと具合がよくできているのか
と、機能的な作りに、感心していた。

この、天皇行幸が、マッカーサーを、落胆させるとは、誰も、思わない。
天皇は、国民から、非難の的にされるはずだと、信じていたのである。
そして、人心は、天皇から、離れると。


posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。