2010年09月01日

あらっネグロス島へ

今回の、旅の主たる、目的は、フィリピン、ネグロス島における、戦争犠牲者追悼慰霊である。

セブ島直行便にて、セブ島から、その隣の島の、ネグロス島へ出掛ける予定だった。

勿論、衣服支援も、行う。
それは、セブ島、ネグロス島の、両方である。

ところが、とんでもない、間違いを犯した。
ネグロス島の、バコロドという町の近郊、シライ市という場所に、2008年に、日本の円借款によって、空港が建てられた。
私は、その空港から、シライ市にある、シライ川にて、激戦地だった、その山中の皆様の、追悼慰霊を行う予定だった。

飛行機のチケットを買う時に、私は、当然、バコロドに行くものと、納得していた。
ところが、その翌日、コータが、チケットを見ていて、行き先が、ネグロス島の、南の町、トゥマゲッティであることが、分かったのである。

えっ

バコロド行きではないの・・・
じゃあ、バコロドの空港は、閉鎖されているの・・・
船で、行くしかないのか・・・

それも、思い込みであった。
その、チケットを扱う、旅行代理店は、バコロド行きのチケットを、扱っていないだけだったのだ。
それも、知らなかった。

ネグロス、イコール、バコロドと、思い込んでいた。

しようがない、トゥマゲッティに行くことにした。
これも、何かの意味があるのだうろうと、良いほうに、考える。

そして、ネグロス島に行く朝、四時に起きて、空港に行くと、唖然・・・
バコロド行きがあるではないか。
それも、朝の、八時半の便である。

コータ、変更できないか、聞いてきて・・・
だが、24時間前まででなければ、変更は、効かないと、言われた。

ため息 ため息 ため息である。

飛行機に乗り込んで、私は、寝た。
30分ほどで、トゥマゲッティに到着する。
低空飛行になったとき、私は、窓の外を見た。

美しい。島々が、実に、美しいのである。

トゥマゲッティで、三泊することになる。

フィリピン、ビサヤ諸島は、日本軍の、戦の場であった。
セブ島には、最初に上陸している。
ネグロス島では、激戦である。
そして、その、隣のパナイ島にも、基地があった。

フィリピンの島々を舞台に、日本軍は、連合軍と、戦ったのである。

後半、ネグロス島の、戦禍を少しばかり、紹介する。
次回の旅の日記には、じっくりと、深く、その戦いの様を、紹介することにする。

兎に角、とんでもない、間違いを犯して、この旅が、はじまった。
とはいえ、めげている、暇は、無い。

セブ島にても、衣服支援をし、更に、色々な情報を耳にした。
目に入るものは、すべて情報である。
だから、とても、疲れた。

単なる、観光旅行であれば、目にするものを、無私する。しかし、私の旅は、いつものように、様々なことを、見聞して、考える旅である。

テーマー別にして、この旅日記を、書くことにする。

セブ島までは、五時間である。
いつもの、飛行時間より、短い。

薬を飲んで、飛び立つ前に、眠ってしまう。
食事の時間になると、目覚める。
そして、また、眠る。
それが、一番である。

セブ島は、観光地であるが、その場所は、セブシティではない。
セブシティと、橋で結ばれた、マクタン島が、名目上、セブ島といわれる。
観光客は、セブシティに入ることは、あまりない。

その、マクタン島には、最後の一泊だけ、過ごした。
確かに、観光地である。
ある一部だけは。

ところが、驚いた。
別の場所には、スラムが、広がる。
それも、海の上まで、張り出した、長屋のような、家々である。

漁業を営んでいた、少数民族の人たちだと、知る。
更に、彼らが、海上で、物乞いするのを、見た。

セブシティの港に入る、船に、小船で、近づき、乗船する客に、物乞いするのである。
コインを、投げると、全裸の男の子たちが、海に潜り、そのコインを拾う。

そして、それを、海に投げ入れた、客に見せる。
一つの、ショーのようだった。

その貧困の様は、表現できない。
次に、出掛けたときは、その、海に突き出た、長屋のスラムに、支援に行くことにする。

観光地と、隣り合わせのような、全く別な世界を、見た。

何故、魚を捕ることで、生活が出来ないのか。その疑問も、解明したいと、思った。



posted by 天山 at 00:00| あらっネグロス島へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 290

ここで、少し、当時の時代背景を、描くことにする。
更に、話が、横道にそれても、それは、必要なことである。

当時の、ユダヤ教の姿は、想像以上の、ものだった。
それは、支配者階級である。

戒律主義、差別的偏見、物欲のとりこ、傲慢の極み、傲慢の塊である。
イエスは、彼らに対して、徹底的に、攻撃し、鋭い批判を展開した。

勿論、だからこそ、最高刑の、磔刑を受けたのである。

イエスは、民衆の人気者、大変な支持を受けた。
何故か。
それは、虐げられた人々の中に入って、行ったからである。

ユダヤ教の、支配者層は、政治的支配者でもあった。
その、支配者層によって、搾取され、差別された、人々の、この世での、救いは無い。

当時は、更に、ローマの支配の中に、組み込まれて、民衆は、二重支配に、苦しめられていた。

救いようの無い、民衆に、イエスは、心から、同情した。
と、共に、本来は、民衆のために、現世の救いも、与えなければならない、役割をするべき、ユダヤ教の支配者層は、皆無だった。

現在の、キリスト教の、支配者層に、実によく似ている。

現世の生活にも、救いが無い、状態を生きる人々の、救いは、矢張り、神だった。
だが、その神の側につくのが、律法学者であり、パイサイ人である。

イエスは、色々な、差別から、人々を、解放した。
当時のユダヤ人ほど、差別感情の激しいものはない。

隣国サマリア人、異邦人、婦人、子供、貧しい人々、心身障害者、らい病、取税人とは、ローマの委託を受けて、税金を取り立てる者である、更に、遊女たちである。

選民意識から、出た、これらの差別は、まことに、根の深いものである。

マルコ福音には、
私が来たのは、健康な人たちのためではなく、病気の人たちのためである。義人を招くためではなく、罪人を招くために来た。

差別されていた人々は、罪人として、扱われていたのである。

恐ろしい、排他的主義である。

歴史は、それが、逆転して、ユダヤ人迫害に至ることを、教える。

自分たちは、神に選ばれた者である、という、意識過剰は、甚だしく、イエスの、怒りは、それに向けられた。

実際、イエスは、宗教教団を作る意思は無い。
ユダヤ人の、意識改革であった。

当時の、イエスの世界というものは、実に、狭いのである。
地の果てとは、どこまでのことを、言ったのかは、誰にも、解らない。
しかし、イエスは、ユダヤ教の地域の、地の果てを、指していたのである。

現在の、全世界のことではない。

傲慢とは「自分を義人だと自任して他人を見下げる」ことであるが、それは神との垂直な交わりを阻害するだけではなく、他人との平等な交わりをも破壊する。ゆえにイエスは傲慢という非人間化からの開放を行ったのである。
キリスト教新講 由木 康

そして、偽善からの、開放である。

イエスは、罪人と、言われた人々、貧しい人々、病人に対しては、実に、哀れみ深く、対応したが、律法学者、パリサイ人には、容赦なく、大変厳しい態度で、臨んだ。

その、彼らに対して、
外側は美しいが、内側は、死人や骨、あらゆる不潔なもので一杯である。
外側は、人に正しく見えるが、内側は、偽善と不正とで、一杯である。
と、攻撃した。

その激しさは、生半可なものではなかった。
イエスを、亡き者にしようと、彼らが、策を練るほどであった。

一体、このような、人間が現れた時に、既成の権力を持つ人たちは、どのように、対処するだろうか。
暗殺を考える。

更に、イエスは、ユダヤ教の、神にも、その、攻撃を向けるのである。
というと、おかしい、イエスは、神の子であろう・・・
いや、神の子は、ユダヤ人、すべての人のことである。

私の父と、イエスがいうところの、父が、ユダヤ教の神のことだろうか。

ユダヤ教の、神とは、アブラハム、イザク、ヤコブ、ヨハネの、神である。
更に、モーゼの神である。

磔刑の、イエスは、最後に、神よ、神よ、私の神よ、何故、お見捨てになるのですか、と、旧約にある、言葉を、投げ掛ける。

実際、イエスの神と、旧約の神、ヤハゥエ、エホバは、違う。

イエスの、時代になると、神は、沈黙したままである。
あの、嫉妬と、怒りの神が沈黙したのである。

イエスは、多く神という、言葉を、用いない。
天の父、私の父、である。

当時は、神の名を呼ぶことも、注意に、注意した。
それなのに、私の父と、言って、憚らないのである。

聖書研究の、限界が、見える。
旧約の神と、イエスの神は、別物である。
そして、もし、同じならば、イエスも、魔神の仲間であるということだ。
ヤハゥエとは、霊である。
ユダヤ民族の、神と、名乗る霊なのである。

私以外を、拝んではならない、という、魔神であり、化け物の霊である。

イエス以後、その神が、ユダヤ民族に、対して、何事か、指し示したか。
否である。

ユダヤ教は、旧約の、契約から、未だに、一歩も、出ていない。
だから、今でも、メシアの、出現を待つ。
そして、それは、永遠に訪れないのである。
それは、すべてが、終わったからである。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇陛下について 32

東京裁判という、欺瞞溢れる、復讐裁判に、判事として、唯一の、国際法学者である、インドの、ラダ・ビノード・パール判事が、真っ向から、異を唱えた。

この裁判は文明国の法律に含まれる貴い諸原則を完全に無視した不法行為
であると、告発し、日本が、無罪であることを、明確した。
英文にして、1275ページにわたる、意見書を、提出したのである。

勿論、多数派に、阻止されて、通らなかった。
しかし、パール判事は、冤罪を着せられた、日本の将来を、思い、三度も、来日する。

そのたびに、日本の教科書が、東京裁判史観に沿って、日本は、侵略の暴挙を犯した、先の大戦は、侵略戦争だったという、教育のあり方に、自虐的になっていく日本人を見て、憂いだ。

東京裁判で、何もかも悪かったとする、戦時宣伝デマゴギーが、これほど、日本の人の魂を、奪ってしまったとは、思わなかった。
この影響は、原爆の被害より、甚大であると、述べている。

日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流れるさまを、私は、平然と見過ごすわけにはいかない。誤った彼らの、戦時宣伝の欺瞞を、払拭せよ。誤られた、歴史は、書き換えられなければならない。
パール判事の、警告であり、メッセージである。

しかし、日本人は、自虐史観に、囚われ、犯された。
誰が、そうしたのか。
左翼系の人々、更に、マスコミ、進歩的といわれた知識人たち、日教組・・・
売国奴たちの、戦略である。
では、何故、そのようになったのか。
何が、目的で、そのようにしたのか。

答えは、簡単である。
彼らも、妄想の恨みを抱いたからである。
妄想の、恨みとは・・・

名利の大海に、溺れるのである。
つまり、支配欲である。
強烈な、支配力に、恨みを抱き、今度は、強烈な、支配力を得たいと、思ったのである。

そして、遂に、マスコミは、強大な、支配力を得て、更に、自虐史観を、加速させた。
テレビ、新聞・・・

自虐史観でなければ、取り上げないのである。

そして、左翼系政治家・・・
彼らは、その自虐を楽しみ、謝罪外交を繰り返して、悦にいった。
ぶってぶてと、自虐を楽しむ、マゾヒズムである。
それが、国民に受け入れられると、信じた。

歴史を、真っ当に学ばない、政治家が、それから、多く出た。
今でも、歴史を知らない政治家が多い。
実に、アホ、馬鹿、間抜け、糞っ垂れ、自害して果てた方が、身のために、良い者たちである。

しまいに、学者である。
何を持って、伝統と言うのか・・・
呆れた
素人の私でさえ、伝統の何かを知る。

要するに、大戦以降は、伝統も何も無いということなのだろう。

先祖の因縁が悪いとしか、言いようが無い。

更に、作家・・・
それほど、日本が嫌なら、日本に居る必要はない。
中国でも、韓国にでも、移住すべきである。

考えても、日本人であることを、嘆く・・・
という、自虐も、ここまで、くれば、病気である。
それらが、堂々と、小説も書かずに、自虐を、書き続ける。
ホント、病気としか、言いようが無い。

東京裁判は、その後、国際法学者の間では、完全に否定された。
違法な裁判である。
それが、定説である。

それを、忘れることなかれ。

更に、である。裁判に関わった、多くの判事たちが、帰国して、裁判の不当性、違法性を、証言したのである。

信じる者は、騙される。
東京裁判の、判決を信じたのは、日本人である。
つまり、騙されたのは、なんと、日本人である。

そして、驚くべき事実。
裁判を、開廷させた、マッカーサーが、後に、日本を、侵略国として、裁いたのは、間違いだったというのである。

1950年10月、ウエーク島で、トルーマン大統領と、会談した、マッカーサーは、
東京裁判は、誤りだった
と、述べたのである。

そして、翌年の、5月3日、アメリカ上院の軍事外交合同委員会の、聴聞会にて、聖書に誓い、
日本は八千万人に近い膨大な人口を抱え、それが四つの島にひしめいているのだということを理解していただかなければなりません。その半数近くが農業人口で、後の半分が工業生産に従事していました。
潜在的に、日本の擁する、労働力は、量的にも質的にも、私がこれまで接した、いずれにも劣らぬ優秀なものです。歴史上の、どの時点においてか、日本の労働者は、人間は、怠けているときよりも、働き、生産しているときの方が、幸福なのだということ、つまり、労働の尊厳と呼んでもよいようなものを、発見していたのです。
更に、続けて
これほど巨大な労働能力を、持っているということは、彼らには、何か働くための材料が必要であったということを、意味します。彼らは、工場を建設し、労働力を有していました。しかし、彼らは、手を加えるべき、原料を得ることができませんでした。

とても、よい分析をしている。
真っ当に日本人を、見たということだ。

日本は、絹産業以外には、固有の産物が、ほとんど何もないのです。彼らは、綿がない、羊毛がない、石油の産出がない、錫がない、ゴムがない。その他、実に多くの原料が欠如している。そしてそれら一切のものが、アジアの海域には存在していたのです。
もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、一千万から、一千二百万の失業者が発生するであろうことを、彼らは、恐れていました。したがって、彼らが戦争に、飛び込んでいった動機は、大部分が、安全保障の必要に迫られてのことです。
と、語ったのである。

安全保障の必要性により、戦争を始めた。つまり、自存自衛の戦争だと、認めたのである。

更に、歴史は、隠されていたから、マッカーサーも、アメリカの日本潰しなどの計画は、知らない。

アメリカこそ、アジアを、侵略したい、などとは、マッカーサーも、知らない世界のことだった。

日本が、いう、大東亜権を、最も、欲したのは、アメリカである。
更に、西欧列強である。

大東亜戦争を、しなければ、今でも、アジア諸国は、欧米の植民地として、搾取、搾取の歴史を、重ねていった。

白人の、人種差別というものは、今でも、生きている。
それを、忘れることなかれ。

東南アジアを多く旅する、私は、その、白人たちの姿を、目の当たりにしている。
昔は、ここは、俺たちの、国が支配していたのだという、強烈な意識を、今の、今でも、持っている。
そして、現地の人たちに、サーと尊称して呼ばれることを、当たり前に思っているのである。

サーである。殿様・・・
ご主人様である。

色付き人間は、劣っていると、書いた、イギリスのアホの、あの時代から、何も、変わっていない。つまり、成長していないのである。


posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。