2010年08月27日

天皇陛下について 27

敗戦後の、混乱は、甚だしい。
筆舌に尽くし難いものがある。

貧しさの中で、まず、一番に必要なものは、食料であり、次に、衣類であり、そして、住まいである。

今でも、東南アジアの、スラムや、山岳地帯に、向かうと、日本の敗戦を思わせるような、様子を、見る。

勿論、私は、当時を知らない。

父から、敗戦後の、話で聞いた言葉は、たった、一言。
それは、私の祖母、父の母親の、話である。

食うものがなくて、農家に行った。
手に入れたのは、芋だった。
だが、少しである。
それを、自分は、食べずに、父に、食わせたという。

ただ、それだけである。

食うものがなくて・・・・

そこに込められた、当時の、様子。
私は、その言葉で、察するしかない。

父も、母も、敗戦後の様子を、一切話さないのである。
つまり、いかに、辛かったかということ・・・

思い出すのも、嫌なのである。

母は、着の身着のままで、樺太から、引き上げた。
その話も、一切しない。
出来ないのである。
私は、少しばかり、母の、妹から、無理に、聞きだしたことがある。

昼間、捨ててある、ゴミを、見て、必要なものは、夜になってから、取りに出たという。昼間は、恥ずかしくてね・・・

下駄さえもなかった・・・
おばさんから、それ以上を聞けなかった。

昨日まで、政府要人だった、者たちが、入獄する中で、逆に、胸を張って、出所したのは、共産党員を、主とする、三千人近い、政治犯である。

12月8日、徳田球一ら、共産党幹部は、早速、戦争犯罪人の追及人民大会を開き、気勢を上げた。

乱立する、赤旗の中で、天皇、皇族以下、1600名の、リストを発表する。

天皇を、戦犯として、起訴せよ、天皇制を、廃止し、民主人民政府を、樹立せよ。
その、絶叫が、異常だった。

国民の多くは、その、有様には、共感できなかった。

昭和21年1月、中国にて、反戦運動を、展開していた、野坂参三が、帰国すると、国を挙げて、沸きかえったという。
売国奴が、一転して、救国の英雄と評価された。

本当は、どこから、どう見ても、売国奴なのであるが・・・

更に、共産党主義者たちによって、暴露雑誌、真相、が、発刊された。

暴露といっても、これ以上は、醜悪な書き方は、できなにいと、思われるほど、エゲツない、あること、ないことを、書きたてた。

皇室を、こき下ろすことには、命がけだった。

不敬罪、名誉毀損にもならぬ、言論の自由に、国民は、驚き、最初は、興味で、近づいたが、あまりの、行き過ぎに、次第に、引いてゆく。

共産主義というものは、人をして、品格を人格を、堕落せしめるようである。
過去の、すべてを、否定し、抹殺する。
雑草を、抜くのではない。
稲穂も抜くという、自体である。

彼らの、歩いた跡には、草も、生えない。

GHQは、政治犯の即時釈放と、山崎内大臣の罷免、思想警察、特高の廃止と、警察首脳の罷免、市民の自由を弾圧する、一切の法規の廃止、停止を、指令した。

ただ、未曾有の混乱にありながら、政府自体に、混乱が少なかったのは、皇族内閣、東久邇内閣によるものだった。
50日という、短命内閣であったが。

後継首班は、幣原喜重郎で、マッカーサーは、内政干渉はしない、経歴から、幣原が良いとの言葉があった。

幣原は、自由主義で、新英米であり、占領下の首相としては、打ってつけの人物だった。

治安維持法や、天皇の、政治上の、輔弼機関である、内大臣府が、廃止された。

陸海軍の、葬送も、この内閣の下で、行われた。
復員、軍の解体作業も、ひと段落し、11月30日には、陸海両省が、廃止された。

明治、七十余年、栄光を誇った、帝国陸海軍は、消滅した。

天皇陛下も、この日から、軍服を、脱ぎ、海軍士官型の、天皇服が、制定された。

だが、11月12日、伊勢神宮へ、敗戦奉告のために、その服で、西下したところ、評判が、悪く、軍服のイメージに、つながるとの、批判だった。

宮内省は、しぶしぶと、天皇の服装を、背広と、モーニングに改めた。
相手が、国民ならば、聞き流すところ、GHQに、騒ぎを与えるとの思いである。

そして、天皇のお写真である、御真影にも、影響が、及び、軍服から、天皇服に交換するとの、旨を、発表すると、世論が、今更、御真影とは、何か・・・ということになり、中止になったのである。

更に、驚くべきことは、天皇の人間宣言と、いわれる、行為である。

天皇陛下は、人間であらせられる。
ご本人も、そのように考えていた。
ところが、現人神との、軍部の喧伝により、それを、国民の前で、否定することを、暗に、GHQから、要求された。

漏れ聞く話は、陛下が、人間宣言をされた、その日に、皇后に、私は、どこか、変わりましたか・・・と、お尋ねになったという。
神であるなどとは、陛下自身、考えたことはなかったのである。




posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。