2010年08月03日

あらっネグロス島へ 3

憲法には、政教分離という、言葉はない。

それでは、どこから、その言葉が出るのか。

国の宗教的活動などを禁止した、憲法20条と、宗教団体への公金支出を禁止した、憲法82条の、前段を総称して、政教分離と、呼んでいる。

それが、強固になったのは、日本のアホな、憲法学者たちの、説である。
何も、知らない彼らは、厳格分離説を、掲げた。

国民大多数の常識、世界的常識と、かけ離れた、厳格分離説である。

完全に、国家と、宗教を、切り離して考えると、その混乱は、甚だしい。

一つの例は、国宝、重要文化財に指定される、神社、仏閣、その宗教的文化財に対する、補助金の支出は、一切出来ないのである。

刑務所に、収監されている、受刑者に対する、教戒師の活動も出来ないのである。

お分かりか。
憲法学者の、不勉強振り・・・

更に、学者たちは、日本の伝統的、心情である、たゆたふ心、あはれ、なる心というものも、知らない。

地鎮祭で、町から、市から、お礼のお金を渡すことは、政教分離に反するという、偏狭な、考え方・・・呆れる。
それが、伝統であるという、お勉強をしていないのである。

何よりも、日本は、伝統の国である。

それは、宗教などを、飛び越えている。
世界に、その伝統を、有する国は、日本のみである。

さらに、言う。

ミッションスクール、仏教、神道系の、私立学校への、公費助成は、どうする。
それも、政教分離に反することになるのである。

憲法89条には、公の支配に属さない私立学校への、助成を禁止し、宗教団体に対する、公金の支出も、禁止されている。

さあ・・・どうする。

宗教系私立学校は、学校法人であるが、その母体は、各種の宗教団体である。

そこでは、宗教家が、養成されたり、宗教教育も、されている。

さあ、どうする・・・

さながら、イスラム圏の国のような、考え方が、厳格分離論者である。

その癖、上記に上げたようなことは、合憲だとする。

イカレている。
それに、追従する、アホなマスコミ、政治家、官僚・・・・
全く、知らない。事の真相を知らない。

いつも、真実というものが、犠牲になるのである。

教育を受ける権利の保障、私学振興の必要性・・・などを、理由に、合憲とするというから、笑う。

政教分離についての、古典的著作がある。
ジョン・ロックの、寛容についての書簡、である。

第一に、政治と、宗教は、その任務、役割において、明確に区別されなければならない。何故なら、政治は、世俗的事項にのみ関わるのに対して、宗教は、魂の救済を目的とする。

第二に、政治の担い手である、国家と、宗教の担い手である、教会は、区別され、組織的にも、分離されなければならない。

第三に、政治と、宗教は、互いに、その役割を尊重しなければならず、互いの領域に介入したり、干渉したりしては、ならない。

これは、広義の意味の、政教分離である。

公明党などは、これに、全く違反していることになる。

更に、時代は、新しい世紀は、宗教を必要としない、時代になるから、自然、問題は、解決に向かう。
とは、言え、宗教という、商売は、止められないから、宗教団体は、続く。

特に、日本の場合は、政治と、宗教とは、一緒に活動しているようなもの、である。
宗教団体の、政治活動を見てみるとよい。

吐き気がする。

商売であり、政治的であり、どこに、魂の問題の、更に、魂の救済などあるか・・・

誰も、宗教家は、一人として、宗教的ではない。

政治が、宗教の役割を尊重し、宗教も、政治の役割を、尊重する。
誰が・・・それが、出来るのか。

そんな、上等な人間は、いないだろう・・・

政治の宗教への介入が禁止される。更に、宗教の政治的権力の行使を禁止する。
それが理想である。

創価学会、幸福の科学等々は、憲法違反となる。

とまあーーー

もう少し、よく考えてみることだ・・・・

ちなみに、専門家は、狭義説、限定説、広義説色々上げている。

私は言う。
伝統行為の前に、宗教は、飛ぶ、散る。

戦争犠牲者への、追悼慰霊は、靖国神社という、伝統が、存在するという、ことである。

神社に、拘りがあるなら、靖国のお宮でいい。
それでも、駄目になら、靖国さん、でいい。

それでも、駄目なら、兵隊さんの、お家でもいい。

靖国神社が、宗教法人なのは、アメリカ占領軍の、指示である。
本来は、宗教法人ではない。

森の鎮守の神様と、同じ。
誰のものかも、解らないが、昔から、やっていたから、ねーーーである。




posted by 天山 at 00:00| 千鳥ヶ淵、靖国神社へ 平成22年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇陛下について 3

昭和天皇である、裕仁親王が、初等科五年生のときである。

七月十九日、昼、明治天皇は、皇后と食事をしている時に、突然、テーブルの上に、倒れた。

六十になる、明治天皇は、糖尿病を患い、節制された生活を送っていた。
急に、訪れた、変調に、検査を繰りかえと、腎臓病に、尿毒症を併発していた。

病勢は、悪化し、二十九日、夜、崩御された。

即座に、皇太子、嘉仁親王が、大正天皇となる、践その儀が、行われた。
同時に、裕仁親王は、皇太子になられた。

明治45年は、大正元年と、改められた。

御大葬の儀は、九月十三日である。
その前日、裕仁親王の、教育係りであり、学習院長の乃木大将は、
殿下のご勉学に、もう私は必要ではございません。しかし、私はいつも殿下と、日本の幸福を祈り、見守っております。
と、述べた。

乃木大将は、十一歳の、裕仁親王が、陸海軍の少尉に就任された、お祝いに、東宮御所を訪れ、山鹿素行の、中朝史実と、中興鑑言の、二冊の、書籍を献上している。

乃木大将の、態度に、いつもにない、暗い影を、裕仁親王も気づかれたようである。

御大葬の日、乃木大将は、自宅二階の居間で、静子婦人と共に、自決したのである。

うつし世を 神さりましし 大君の みあとしたひて 我はゆくなり 希典

出でまして 還ります日の なしときく きようの御幸に あふぞ悲しき 静子

明治天皇と、乃木大将の、死は、明治という時代の終焉であり、新たな時代の、幕開けとなる。

GHQによる、大日本帝国解体作業の中で、最も、大きな変革を迫られたのは、軍隊と、天皇家であった。

旧体制は、壊滅的な打撃を受けて、華族廃止、財産税、農地解放、公職追放令などなど、矢継ぎ早に、打ち出された法令により、国民はもとより、国の支配層の人たちも、動揺が大きかった。

その中にあり、天皇制というものは、存続した。

天皇制というのは、何か・・・
この、言い方も、西欧の言い方である。

天皇制という、制度と、捉えている。

私は、天皇制という、制度は、日本には、無いと、考えている。
これは、私の、長い、古代史研究と、天皇陛下に関する、検証による。

戦後の、デモクラシーの時代、身分制度が消滅し、自由と平等が、謳歌された。
それは、とても、良いことだった。
国民に、自由と、平等の精神が、養われることは、理想である。

しかし、歴史家たちは、怠慢であり、そのように、分析するが、身分制度がなくなったのであり、身分は、厳然として、存在した。
今も、である。

更に、戦前の、軍人、政治家が、天皇の名の元に、自己の正当化を図り、とうてい、考えられない、分不相応な態度を、取っていたことは、事実である。

とても、信じられない、時代が、戦前である。
彼らは、天皇の存在の、意味を知らない。
それが、悲劇を生んだ。

簡単に言えば、彼らは、天皇も、人間だという、単細胞的、思考能力である。
天皇も、人間であるが、天皇という、立場が、歴史上に、どのような、意味を持つものかを、忘れた。

それほど、軍人や、政治家が、アホになっていた時代が、戦前である。
更に、戦中も、である。

民主化という、耳障りの良い言葉によって、天皇家の、防壁を、すべて取り払った罪は、重い。

どのような、政治形態でも、日本の天皇は、存在するのである。

それは、これを、読み続ければ、解る。

さて、敗戦時、宮家は、14家存在した。
それが、昭和21年5月に、総司令部が、宮家の特権を剥奪する、指令を出した。

残ったのは、秩父、高松、三笠の、三宮家である。

11の、宮家は、臣籍降下である。

更に、華族は、皇室の藩屏と、呼ばれていた。
皇室の守護に当たるという意味である。

華族といっても、色々な、立場がある。しかし、説明は、省略する。

更に、宮内省は、宮内庁に、格下げされた。
宮内大臣も、内大臣も、廃止された。
戦前、戦中、天皇を、輔弼した、枢密顧問官などの、重臣制も、消滅した。

明治政府は、旧幕藩勢力の残滓を一掃するために、天皇を維新以前より、遥かに、神格化する必要を感じて、それが、意図的に行われた。

これは、天皇の意思ではなく、明治政府、政治家の、意思である。

マッカーサーの、作業は、この、神格化した、天皇の、否定である。
人間であるという、もの。
単なる、人間の一人。

彼らは、日本の歴史を知らない。天皇の存在の意味を知らない。知るはずがない。
アメリカは、原住民である、インディアンを、皆殺しにして、建国した国である。
歴史など、理解できるはずが無い。

当時、皇室民主化という、言葉が、生まれたというが、全く、意味不明である。

今では、開かれた皇室などと、マスコミが、表現するが、彼らは、その意味さえ、知らないで、国民に迎合するようである。

つまり、あまりに、歴史を知らない。そして、それを、教える者がいないのである。

もう一つ、おまけにいう。
象徴という言葉である。

これを、正しく、明確に、説明出来る人がいるのか。

日本国の、象徴であると、私も、便宜上使用するが、それは、とても、意味を考えると、困難なことである。

国旗も、国の、象徴である。
天皇は、国旗と、同じように、象徴ではない。

天皇は、国の頭、かしら、である。
それは、富士王朝の、高天原府の時から、大政頭、おおまつりごとかしら、である。

その下に、政頭、まつりごとかしら、が、いたのである。

それから、何も、変わっていないのが、日本の歴史である。

つまり、西欧の言葉を使えば、元首である。

いや、私は、矢張り、国体と、いう方が、合っている。

posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。