2010年06月27日

タイ・パタヤの闇 4

昼間見つけた、カンボジア流民の親子に、夕方、支援物資を持ってゆこうと、思った。

そして、部屋で、休んだ。
コータも寝た。

私が、目覚めたが、コータが、まだ、寝ている。
コータは、夜起きているものだから、昼間よく寝る。

そこで、私は、一人で、すべての支援物資を持って、出掛けた。
最後の、支援物資である。

その親子のいた場所に行くと、すでに、いない。
矢張り、その時、上げなければ、チャンスを逃す。

暑くて、いられなかったのだろう。

夕方といっても、まだ、暑いのである。

私は、そのまま、ビーチに出た。

すると、目に入ったのは、物乞いのおばあさん、である。
更に、その隣に、親子連れもいる。

だが、カンボジア流民ではない。

皆、タイ人である。

親子連れに、早速、衣服を出した。
子供用である。
男の子が、とても、喜んだ。
すると、次から次と、人が現れた。
支援物資が、欲しい人たちである。

その辺りは、観光客が多く、更に、夜のバーが始まる前の、お姉さんたちも多い。

子供がいるという、女が、来た。
指で、子供の年齢を示すので、その年齢に合った、衣服、ズボンを取り出す。
それが、また、次から次と、現れる。

今までは、そんなことが、なかった。
そこは、ストリートチルドレンがいる、場所である。

女物の、衣服を出てきた。
すると、最初に見たおばあさんが、欲しいと、言う。
子供に渡して貰った。

更に、それを、見ていた、タイの青年に、写真を撮ってもらう。
ストリーチチルドレンも、現れたので、ティーシャツ、ズボンを出す。

あっという間に、支援物資がなくなるのである。

丁度良い、時間帯だったのだ。

写真を撮ってくれた青年に、コープクンカップといって、別れた。
その後で、子供たちも、写真を撮りたいと、言う。
そこで、カメラを渡して、皆で、写真を撮った。

ただし、どのように写っているのは、解らない。
コータが用意していた、カメラで、簡易カメラではない。

お金を欲しがる人もいたが、お金は、上げない。
それをはじめると、終わらなくなるからだ。

すべてを、上げて、ゲストハウスに戻る。

ウォーキングストリートに、入った時、コータが、やって来た。

もう終わったよと、私がいうと、コータは、実に、残念な顔をした。
写真を撮るために、準備していたのだ。

あの親子は、いなかった。
その時じゃあなければ、駄目だ。

起こしてくれれば、いいのにと、コータが言う。
私は、優しいから、そんなこと出来ないんだよと、言う。

本当は、とんでもなく、激しい感情家である。

コータとも、よく、激論する。
周囲の人が、驚くことも、多々あるほど、激論する。

しかし、激論できる相手だから、こそ、一緒に行動できる。
激論が終われば、それまで。

私も、よく、謝るようになった。
つまり、成長した。

ただし、追悼慰霊や、支援物資を、差し上げている時は、決して、そんなことはない。
激論している暇は、無い。

夜である。
パタヤの最後の夜。
それでは、飲みに出掛けるかと、思うものの、体力と、気力が尽きた。

私は、もう、ご飯も、食べないよ・・・

コータは、一人の、レディボーイを見つけて、色々と、話を聞いているようだった。
明日、コータがバンコクへ戻り、私は、もう一日を、パタヤで過ごす予定である。

ということで、コータが出掛けた。
私は、寝る。

翌日、コータが、戻らない。
だが、明日から、授業がはじまるから、今日は、バンコクへ戻らなければならない。

そして、私も、一緒に、バンコクに戻ることにした。

支援物資もなく、きっと、夜になると、体力、気力が尽きて、どこへも、出掛けないだろう。
それでは、パタヤにいる、必要は無い。

コータに、電話した。
私も、バンコクに戻るから、12時までに、帰って、おいで。

30分おきに、バンコク行きの、乗り合いバスが出る。
それで、戻ることにする。
一人、250バーツである。

段々と、賢くなって、タクシーなどは、使わなくなる。

タクシーだと、千バーツ前後の、料金になるのだ。

そして、バンコク騒乱も、終わりを告げていた。
タクシン派の幹部が、投降したという、ニュースである。

60数名の、死者を出した騒乱も、終わった。
タイは、これから、まだ、混乱が続くだろう。

東南アジア、アセアンでは、最も、優秀な国である。
とても、残念だ。
更に、国王は、入院している。

民主化を目指す国王だが、矢張り、タイ国民には、国王からの、メッセージが一番である。

タクシン派と、反タクシン派との、利権を巡る、対立から、更に複雑化した、状況になってしまった。

民主主義というより、日本のように、立憲君主制が、最も、タイには、相応しい。
国に、唯一、無私の人がいるという、誇りは、変え難い。

タクシン派は、その背後に、中華系がいる。
中華系は、その背後に、中国がいるということだ。

中華系の、ゴキブリを、許して置けは、母屋を取られる。
日本も、注意、注意である。

バンコクに、戻り、帰国まで、コータの部屋で過ごすことにした。

コータが、学校に行っている間は、私の勝手な時間である。
スーパーに買い物に行く。
そして、驚く。
日本の食材が多くなった。

刺身セット、寿司セットもある。
更に、日本の、キノコ類である。
どんどんと、日本製品が入ってる。
価格は、少し高いが、日本製は、信頼がある。

通りで、一本、12バーツの、茹でとうきびを買い、一つ10バーツの、果物類を、買う。
スーパーより、安いからだ。

売り子さんたちとも、顔見知りである。
もう、三度目くらいであろうか。
マンションアパートの、従業員とも、顔馴染み。

そこにも、居場所があるような、気持ちになる。

食堂の、不機嫌なおばさんも、私には、微笑む。

そして、帰国の日。
夜、空港に向かう。
朝、3:30から、搭乗手続きがはじまる。

乗ったタクシー運転手が、暴走族上がりのようで、カーチェイスのような、運転に、わくわくする。
そして、メーター料金通り。
私は、50バーツの、チップを渡した。
いかつい、お兄さんは、それで、笑顔になった。

どこにも、人というものがいる。民族対立なんてーーーと、思う。



神仏は妄想である 286

イエスの逆説的な言葉は、それが語られた瞬間から、弟子たちによって骨抜きにされていった。この言葉がマタイによって編集された過程もそうである。マタイという個人がはじめてイエスの言葉をひんまげた、というのではない。イエスの生前からすでに、改竄、修正、聖典的権威づけの試みははじまっていただろう。半世紀にわたる集団的改竄の努力がマタイ福音書に山上の説教という形をとって定着する。その伝統をさらに近代的な宗教的観念性の中にひきこんで料理したのだから、近代の神学的解釈者の解釈が愚劣になるのも無理はない。
田川

そこで、田川氏は、神学者の解説を、載せて、斬るのである。

ある神学者の言葉。
だからこれらの幸いの言葉は、神の行為の秘密を表現している。神が貧しい者に向き給う、ということの中に憐れみとして示される神の行為の秘密を。

生活苦を知らない、司祭、牧師、神学者の、戯言であり、意味不明な、解釈である。

要するに、正しい信仰を持つ者が幸いであるというのである、結局は。
それで、信者を騙す。

神が与え給うのだから、貧しくてもいいじゃないか。だから、神が要求なさることにはおとなしく従うべきである・・・
田川

・ ・・・神学者諸氏の発想が行き着くところは、貧しい者の憤りのとげをぬいて、宗教的謙虚さへとかかえこむことにある。
・ 田川

ある神学者の言葉。
貧しい人や不幸に人たちとは、此の世からは何も期待しえないで、神にすべてを期待し、神に信頼している人たちである。

全く、現実生活を知らない、神学者の解釈である。
つまり、信者から、搾取しておいて、言い分がいい。
彼らは、それで、心を痛めることがない、ほど、鈍化しているのである。

司祭、この場合は、カトリックの神父であり、牧師とは、プロテスタントの指導者である。

彼らは、現実生活を知らない。更に、現実生活にいても、その指導者になると、突然のように、現実を無視する。

神への、信仰により、と、すべてを、神に転ずるのであるから、世話が無い。

国連をはじめ、様々な、団体が、世界の貧困対策というものに、向かっている。
宗教だけは、空想、妄想の、教えで、それらを、煙に巻き、堂々としている。
勿論、国連、様々な、団体の中には、宗教的、動機のある者もいるだろう。更には、宗教団体、特に、キリスト教関係などは、積極的に、ボランティア活動を行う。

だが、それで、解決するものではない。

そこには、必ず、卑しい布教という、隠れた策略がある。

タイ、チェンマイにて、様々な、ボランティア団体を集めて、討論会を行った。
その中で、最も、タイ側から、疑問を持たれたのが、日本の団体だったという。

つまり、日本の団体の、ボランティア行為の、動機が、解らないというものだった。
日本も、今は、大変なのに、何故、タイにて、ボランティア活動をするのか・・・

それは、他の団体は、すべて、ミッション系であるから、その目的が、明確だった。布教である。タイ側の人たちは、それらの、団体には、質問しなかったという。聞かなくても、その理由が解るからである。

日本の、団体には、何か魂胆があるのではないかと、疑ったという。
例えば、タイの支配の、複線なのか・・・等々。

しかし、日本側の団体は、ただ、単に、助けたいというものであった。
出来ることをしたいという、素直な思い。

誰も、日本の神道を布教するなんて、考えもしないし、日本の天皇を、タイの人たちに、理解してもらおうなどとは、考えないのである。

最も、ボランティアらしい、日本の団体であった。
だが、それでも、疑われたという。

何かの魂胆があるから、そんな、無益なことが、出来ると、通常の人は、考える。

宗教団体が、行う、奉仕には、必ず、それは無いと、言っても、そこに、微かながらも、布教という、目的が発生するのである。

東京カテドラルにて、コンサート使用を申し込む時に、担当の、方から、言われた。
わたくしたちは、福音宣教の立場から、利用者様に、ご理解を頂いて、お貸しします、である。

勿論、そこを、利用するのは、大半が、教会関係者との、つながりがあれば、楽々である。

私は、使用しなかった。
その、尊大な謙遜の言い方に、実に、いやな気分を感じた。

信仰に、熱心になればなるほど、偏狭になるのは、どこの、宗教も、同じである。
決して、自由な発想は、生まれない。
更に、完全に、他を差別する。

さて、イエスの説教における、貧しい者、貧困というものが、全く、理解されずに、勝手に、解釈されて、歪められ、信者は、いいように、騙されるのである。

この、飛躍は、宗教に、つきものである。

聖書研究を見る。
直訳では、霊によって貧しい人。
人を幸福にするものは、自分の力で手に入れられる、この世の富ではなく、祈りによって、神から、与えられる、恵みだけである。

このような、詭弁を平気で、言ってのける、宗教家というのは、まさに、悪魔的である。
神から、与えられる、恵みという、その、恵みを、愚かな人たち、信者は、勝手に想像する。

ああ、これが、神様の、恵みのお陰だ・・・と、思い込む。
何か、些細な、喜びも、そのように、思い込む。
人間の、努力などは、完全に無視する。

霊において、というのは、マタイによる、解釈的附加である。
というより、マタイ的学派の、と言うと、田川氏は、いう。

山上の説教は、編集者、マタイや、ルカが、修正しながら、採用したものである。
それまでに、実に複雑な経過を、辿っている。

田川氏は、マタイ的教団の、教師たちは、彼らの律法学者的知識を、総動員して、これを、詩的様式からも、宗教的内容からも、より完成した一つの詩文にみがきあげている。と、いう。

最初は、原始キリスト教団によって、一つの基礎伝承として、まとめられた。

貧しい者が、霊において、と、変えられた。
更に、飢える者が、義のために飢え渇く者と、変えられた。

義とは、ユダヤ教の基礎にある、法的発想の中心概念である。

イエス自身は、常に、法的発想とは、いわば正反対の位置から、ものを言っていた。それゆえ、マタイ、マルコ、ルカという、三つの、共観福音書では、イエス自身の発言には、義という言葉は、マタイ以外、一度も、使用されていないのである。

マタイ教団により、義という、概念を取り入れて、統合したのである。

よって、伝承にある、逆説的な、イエスの、説教とは、質を異にするのである。

イエスの言葉を、勝手に解釈して、勝手に、信者を騙す手口にしたという、仰天である。

あたかも・・・である如くに、淡々と、教団化を図り、のうのうとして、人々を、支配するという、手口。

甘い、生ぬるい言葉を掲げて、つまるところ、偽善であるが、そのようにして、更に、カトリックという、教団にまで発展することになる。

人を、夢見させるのが、宗教の本質であり、現実と、事実から、目を逸らせる。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。