2010年06月22日

ラオス・ビエンチャンの醒めない眠り 8

翌日の、一日は、まったく予定は無い。
午前中に一度、近くの市場に見学に出た。

魚、野菜、その他諸々が、売ってある。
その一つ一つを、見て回る。
その、活気がいい。
ただし、暑い。

昼の食事をする店を、探した。
市場の食堂は、とても、安いのである。
その、一軒を見つけて、ホテルに戻った。

それだけでも、汗が噴出していた。

明日は、夕方の国内線で、バンコクに戻る。
そこで、チェックアウトの時間を、遅くしてもらうために、フロントに行く。
タイムオーバーだから、追加料金がかかるはず。だが、二時までいても、追加料金は、いらないという。
それではと、二時まで、部屋にいることにした。

そして、ホテル前の、女性が所有する、トゥクトゥクに、明日の、二時に、エアポートまで行くといい、料金を尋ねると、100バーツである。
それで、決めた。

昼になったので、市場の食堂に行く。
客は、いなかった。
店主と、奥さんは、大歓迎してくれた。

タイ語が、話せるかと、聞かれた。
出来ないと、言うと、奥さんが残念そうである。

タイ風ラーメンを頼む。
麺は、指差して、決めた。
さらに、魚介類を選び、主人が、示した、野菜も、入れることにした。

いつもより、量が多い。
暑い中、暑い麺を食べる。

30バーツ、100円である。
美味しかった。タイ語で、アローイという。
何度も、アローイといって、私は、店を出た。

果物が、食べたいと、市場で、小売している、おばあさんのところに、行く。
そこで、マンゴーを指差す。
5個で、15バーツである。
私は、皮を剥けないので、皮を剥いて欲しいと、身振りで、言った。
おばさんは、頷いて、一つ一つの、皮を剥いて、さらに、食べやすく、切ってくれた。

一人では、食べきれない量である。
ホテルに着いて、ベッドメークの、おばさんに、二個分を差し上げる。

マンゴーは、腹持ちがよく、夜まで、腹が一杯だった。

夜の食事は、イサーン料理の店に行く。
昨夜の、隣の店に行くことにしていた。

シャワーを浴びて、兎に角、体を、休めることにする。
私は、熱中症の対策をせず、外に出るので、実に危険である。

熱を、体に溜めたままにしていると、確実に、熱中症になるので、部屋で、体から、熱を取る。

そして、水を良く飲むのである。

ラオス、ビエンチャンの、支援は、あっけなく、終わった。
更に、二泊だけの滞在である。

ラオスは、地方に行くべきだと、考えた。
北と南へ、行くことにする。
山岳地帯の、村々には、物が、限りなく、不足している。

ラオスが、それなりの、国になるには、気の遠くなる、時間が必要である。
前回の、旅日記にも、書いたが、教育が、真っ当に行われていない。
それは、フランス植民地時代に、さかのぼる。
フランスは、知識人を増やすことを、恐れて、教育を、おろそかにした。それが、一つの、政策だった。

現政権も、教育に関して、まだ、曖昧である。
建物は、あるが、先生が来ない、教科書が無いという、状態である。

ごくごく、選ばれた者だけが、中国、上海などに、留学する程度である。
国民に、教育をさせないという、裏には、賢くなってもらっては、困るという意識があるものと、見る。

秘密選挙自体が、怪しい。
矢張り、独裁政権と言うしか無い。

多くの支援を、他国から、得ているが、国民のために、使用されているのかは、不明である。

少しでも反政府の行動があると、即座に、取り締まるというのも、独裁政権の、特徴である。

ラオスの、若者たちに、希望は、見えない。
どうしても、今の生活の中でしか、生きられないとの、諦観がある。

文明社会の、恩恵を受けられる人は、少数である。
国に、活力を与えるためには、若者に、教育が、必要不可欠である。

予算が無いため、海外からの、支援により、専門学校が、出来るようになったと、言うが、それ以前の、教育が、なされなければ、特別な子供たちだけが、通えるだけである。

貧しい村々では、文具もないのである。

更に、子供たちは、早くから、生活の手伝いに追われる。
結果、そのまま、大人になり、希望なく、生きることになる。

バイクタクシーか、トゥクトゥクの運転手になる程度の、希望である。



神仏は妄想である 281

父タントラ、母タントラ、そして、両方を、兼ねた、双入不二タントラ。
タントラについては、以前に書いたので、そこで、触れなかったことを、書く。

母タントラである。
これには、呪殺や、黒魔術、オカルト的な、要素まで、取り込んでいた。

つまり、解脱のためには、何をしても、許されるという、解脱至上主義である。
実に、恐ろしい。
だが、出家僧院では、そんな理屈は、通るものではない。

後期密教段階の、インド仏教界は、解脱と、戒律を巡り、抜き差しなら無い状況に、追い込められた。

一つの、解決法があった。
性的ヨーガを、あくまで、観想として、行ずるということである。
つまり、呼吸法や、イメージ操作などで、身体技法の限りを尽くし、現実の女と、性行為を行ったときと、同じ心身状態を作るというものだ。

また、黒魔術、オカルト的なものも、仏教の教義によって、象徴的に、解釈することが、試みられた。

その一例は、大小便、血、精液などの、混合物を食すという、猥雑な行為も、いかなる、事物も行為も、仏から見れば、清浄極まりないものであると、考える。

これで、解る通り、大乗仏教以後は、屁理屈の極みをいったのである。

煩悩即菩提などの、言葉遊びにも、通じる。

だが、それを解決する間もなく、仏教最大の、拠点、ヴィクラマシーラ大僧院が、イスラム軍に、滅ぼされたのである。

後を引き受けたのは、チベット仏教となる。

ここで、少し、チベット仏教、密教の、歴史を、俯瞰しなければ、ならない。

チベット仏教は、七世紀中ごろ、古代チベット王国、ソンツェン・ガンポ王の時代に、はじまった。
この王は、チベットに、はじめて、統一国家を実現した。

唐、ネパールと、政治的にも、文化的にも、深い関係を持ち、王が唐と、ネパールから迎えた、王妃たちと、唐から、中国仏教を、ネパールから、インド仏教が、もたらされた。

密教の歴史は、八世紀の前半に、王位に就いた、ティデ・ツクツェンの時代に、はじまる。

この王のときに、「金光明経」が、輸入されたからである。

この経典は、護国、災害から、逃れる、そして、仏教の教えによる、統治を説く。更に、経典に、呪術的力があると、みなされた。
典型的な、現世利益の経典である。

更に、次の王を継いだ、ティソン・デツェンの時代、八世紀の後半は、古代チベットの、全盛期である。

唐の都、長安を一時的に、占領するという。
更に、シルクロードにも、進出して、敦煌を半世紀以上も、支配した。

その結果、王室、貴族たちを中心に、中国仏教を奉じる勢力と、インド仏教を奉じる勢力が、分裂し、更に、固有の信仰を守ろうとする、勢力もあり、熾烈な争いを生んだ。

王は、仏教を、積極的に、擁護する。
王は、インドから、ナーランダ寺院の、著名な学僧、シャーンタラクシタを招き、仏教擁護に尽したが、最初は、廃仏派の力が、強く、その試みは、失敗した。

だが、やがて、廃仏派の勢力を、削いで、再び、学僧を招いた。

このとき、在家の密教行者で、強大な霊力を持つ、パドマサンヴァが同行し、チベット土着の神々を、次々に、制圧して、仏教に帰依させたという。

人々に、密教の、威力を見せたのである。

この当たりから、怪しくなるのである。

チベットには、仏教が伝わる以前から、固有の信仰が存在していた。
ポン教である。
自然、自然現象の背後にある、神々の存在を認めて、崇める。

ポン教は、神々に、犠牲を捧げ、その意思を、霊媒を通して、知り、災害から逃れ、幸運を祈るのである。

この、ポン教に、密教の、霊的力を見せつけ、次第に、ポン教は、密教に、近づき、関係を深めることになる。

そこから、インド密教呪術と、ポン教の教えを、融合させて、チベット仏教の、ニンマ派という、有力な、宗派が、出来上がる。

ただし、ニンマ派の、密教は、七、八世紀段階の、インド密教であり、日本に導入された、密教よりも、新しいものである。

ニンマ派は、宗派としての、統一性は薄く、一人一派、一寺院一派という、意識が強い。

もともと、在家の密教行者を中心とした、宗教者を、一括して、そのように、呼んだのだ。

ただ、他宗派からは、仏教以外の要素が多いと、批判される。
だが、今も、庶民の支持は、強く、大きな勢力を持っている。

一方で、無上ヨーガタントラ系の密教、呪詛、調伏法などは、完成したばかりの、王権を揺るがすとみなされて、導入されなかった。

この頃、チベットには、中国や、敦煌から、禅系統の仏教が、勢力を広げる。
功徳を積まなくても、禅定のみで、悟れるとの、主張である。

だが、インド仏教では、功徳の集積を強く求めていたゆえに、両者が、衝突するのは、時間の問題だった。

794年、サムイェー寺において、インド仏教と、中国仏教が、対決するのである。

論争は、足掛け三年に渡り、結果は、インド仏教の、カマラシーラの勝利を、王が、宣言した。

この背景には、ただ単に宗教哲学上の是非にとどまらず、頓悟を主張して現実世界における善行の集積を無意味とする中国仏教に、現体制を否定しかねない危険性を王が感知した点もあった。少なくとも、現実世界における善行の集積を重要とみなすインド仏教の方が、そのことに関しては、ずっと安全だった。しかし、この論争はあとを引いた。論争後まもなく、カマシーラは暗殺された。王も同じころ没し、しばらくの間、チベットの政界と宗教界は混乱をつづけた。
性と呪殺の密教 正木晃

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。