2010年06月21日

ラオス・ビエンチャンの醒めない眠り 7

ウドンターニのバス停は、混雑していた。
その中でも、トゥクトゥクの売り込みが、激しい。

私の傍にも、一人のトゥクトゥクの運転手が、やってきて、売り込みる。

私は、町外れの、一泊250バーツのホテルと、決めていた。
あまり、しつこいので、料金を聞くと、70バーツである。
少し高い。

だが、乗ることにした。
すると、すでに、母と女の子が、乗っていた。

何と、家族一家で、ある。
ということは、トゥクトゥクを住まいにも、しているのかもしれない。

驚いたのは、女の子の、教科書である。
タイ語と、日本語の対比である。

それを、母子で見て、私に話し掛けてきた。
文具があれば、その子に、渡したいと思った。

ウドンターニは、東北地方、イサーンの都市である。
ここから、バンコクや、パタヤに、出稼ぎに出る。

更に、タクシン派の活動拠点の一つであり、市内では、反政府運動が盛んでもある。
私の、滞在していた日も、町の中心部で、デモを繰り広げていたらしい。

私は、町はずれの、ホテルだったので、それを、見ることはなかった。

ホテルは、古い大型のホテルで、主に、タイ人が利用する。
250バーツは、ホテルとして、安い。ゲストハウス並みの、料金である。
750円である。

部屋も広く、エアコンが、点けっぱなしになっている。
フロントで、管理しているのだ。
お客が入ると、エアコンが機能する。
しかし、それが丁度良いのだ。
24時間、点けていても、丁度良いくらい、暑いのである。

ホテルの裏手には、市場が、二つもある。
私は、それで十分だった。
市場に行けば、何でも揃う。
食堂も、ある。

浴衣を、脱いで、シャワーを浴びて、タイスタイルに、着替えて、水を買うために、外に出た。
ホテルの並びに、コンビニがあり、とても、便利である。
何はともあれ、水は、必要不可欠。
ペットボトルを買って、ホテルに戻り、安心して、ベッドに、横になった。

旅の間は、興奮しているから、あまり感じないが、旅を終えると、その疲れが、どっと、出るのである。
だから、旅の間に、休むことなのである。

そこで、H君を思い出し、電話を掛けることにした。
そして、電話番号をじっと、見詰めて気づいた。
これは、日本の携帯番号である。つまり、一度、日本を通して掛けなければ、通じないと。

そこで、日本に電話をするように、掛けてみた。
それで、つながった。

H君は、丁度、チャンマイに着いたところだった。
つまり、私と前後して、ビエンチャンを出たのだ。そして、そのまま、長距離バスに乗って、チェンマイに向かったのである。

一晩かけて、チェンマイに着いたようだ。
彼も、電話をしていたようである。
彼は彼で、日本を通して、私にかけていた。私の番号は、タイの番号であるから、通じない。

彼は、北の地方を回り、27日に、帰国すると、言った。
私は、26日に、帰国する。
それでは、日本で、会いましょうということで、電話を切った。

彼は、薄いリックサック一つの、荷物である。
もし、彼が、一緒に旅に出てくれたら、彼の荷物として、支援物資を、飛行機に積み込む事が出来る。
その後は、自由行動にして、協力を御願いしたいと、思った。

とりあえず、電話がつながり、安心した。

私は、しばらく、ベッドで、休む。

夜の食事は、ガイドブックにあった、イサーン料理の店に行くことにした。
もち米の、カオニャオと、おかずを食べる。
店の前では、鶏肉と、ブタ肉を焼いている煙が、もうもうと、立ち込めている。

二件並んである。
私は、その一軒に入り、鶏肉と、カオニャオを注文した。
イサーン料理は、パパイヤサラダの、とても、辛い、ソムタムという料理がある。
それと一緒に、カオニャオを食べるのだが、私は、遠慮した。

容赦なく、辛いので、食べるには、気力がいる。
今、タイ全土で、その、ソムタムを、食べる事が出来る。
タイ料理としても、定着するだろう。

町外れだから、実に静かである。
人も少ない。

ホテル前から、その店の横は、広い公園になっていて、博物館が建っている。

帰り道、その公園で、寝泊りする人たちを、見た。ホームレスである。
あまり、悲惨さは、無い。
少しばかりの、食べ物を食べていた。

この街には、冬物の衣類を持って、来る予定である。
特に、郊外に行くと、寒さで、死ぬ人もいるといわれる。
この街が、出来た経緯も、ベトナム戦争時代である。



神仏は妄想である 280

ちなみに、初期仏教の段階から、性機能が健全でなければ、出家は許されなかった。しかも、性欲が頂点に達する思春期以前に出家する必要があった。その理由を、ごく簡潔に表現するなら、仏教は性欲を修行によって悟りへの原動力に変容させることをもくろんだからにほかならない。
性と呪術の密教 正木晃

仏教と、性という、問題からの、切り口での、仏教というものも、面白い。

親鸞などは、全く、仏教に、相応しくないといえる。
妻帯するのであり、それを、僧でもなく、俗でもないと、平然として言う。
それでは、在家の集団として、仏教を、実践すれば、まだ、いいが、何と、結果、宗教団体になったのである。

更に、根惚けた説教を、繰り返した。
その、罪は、重い。

自分の迷いを、打ち明けて、それで、人心を、惑わすのであるから、親鸞は、実に、救われない。
だが、それを、哲学的、思想的だと、賞賛する、輩が現在も、多くいる。

浄土真宗などに、いると、決して、阿弥陀仏の極楽などには、行けないのである。

ただ、ただ、迷い続ける。

さて、性機能が、健全ということは、身体が、健全でなければ、出家できないということで、実に、正しい。
釈迦仏陀自身は、結婚し、子供も、もうけている。
その、経験に立った、見方である。

性を、制御できないのであれば、修行は、無理であると。
それでは、日本仏教愛好家の、連中は、皆、落第である。

皆々、妻を持ち、子供をもうけて、更には、性欲旺盛で、遊びまくっている。

日本仏教は、仏教とは、認められないということになる。
さながら、同好会程度であろう。

大乗仏教は、あろうことか、人間の諸々の行為も、また、本来、清浄なのだという、考え方をする。
これは、実に、特有の考え方である。

これは、大乗の最古の仏典、般若経によるものである。
そして、七世紀に、成立した、理趣経では、人間の煩悩は、もとより、性行為も、その快楽も、菩薩の境地に、ほかならないと、宣言している。

その、底辺には、インドの思想が、大きな影響を与えている。
つまり、究極の、智慧は、究極の快楽と、不可分の関係にあるという、認識である。

理想の、ヨーガには、最高の快楽が、伴うというものである。

つまり、大乗仏教というものは、時代のニーズに合わせて、造られた、創作されたものであると、いえる。

更に、インドの快楽主義肯定に立つものである。

インドの性愛については、別に書いている、性について、の、中で、書くので、ここでは、省略する。

以前、紹介した、タントラでも触れたが、生命エネルギーを活性化することで、解脱に至ろうとする、試みは、会陰部に潜む性的エネルギーを、特殊な身体技法を用いて、霊的な方向へ目覚めさせることから、はじまる。

その上で、身体の中心線に存在する、チャクラ、輪、と、ナーディ、脈管、と呼ばれる、霊的な器官の中を、上昇させて、性的エネルギーを、次第に、霊的エネルギーに変換させる。そして、ついに、頭頂のチャクラに到達したとき、絶大な快楽のうちに、最高の智慧を獲得して、解脱を遂げるという。

さて、大乗仏教の、へんてこりんな、考え方である、空の思想であるが、その、空の思想を、性の快楽として、捉える考え方が、登場する。

それを、大楽思想という。

ここでも、言葉遊びが、見られる。

聖なるものと、俗なるもの、それは、逆転する。
俗なるものの、極みが、聖なるものとなる、云々、である。

空を、快楽として、把握することと、聖なるものは、俗なるものと、不可分の関係にあると、みなすことは、合い通じているというのである。

両者を総合すれば、聖なるもの、の、極みとしての、空は、俗なるものの、極みとしての、性の快楽によって、把握できるという、霊的方程式が、出来上がるというのである。

かくて、性行為という、人間にとって最も根源的であり、誰しも避けては通れないものであるにもかかわらず、いやそれゆえにこそ、世界中のあらゆる宗教が忌避してきたもの、誰の目にも、俗の中の俗としか見えない行為、それこそが、人間を、わけても汚濁にまみれた末世の人間を、解脱や悟りという聖のきわみへと、いわばジャンプ・アップさせる唯一の方途なのだと後期密教経典は説き、インド亜大陸のそこかしこに、熱狂が渦巻いた。この段階に達した密教を、・・・チベット大学僧プトゥンは「無上ヨーガ・タントラ」に類別した。
正木晃

後期密教、八世紀後半の、秘密集会タントラ、ひみつしゅうえタントラ、では、仏陀は、あらゆる如来たちにとってあらゆる真理の源泉である複数の女性たちの性器のなかにおられた・・女性たちと性的ヨーガを行じておられた、という、文言を掲げて、登場した。

そして、十三世紀の初頭、インド仏教滅亡と、共に、幕を閉じたのである。

その間、500年、後期密教は、三つの方向に、展開した。
父タントラ、母タントラ、双入不二タントラ、である。

これでも、解る通り、大乗仏教は、釈迦仏陀は、置物である。
個人的考えを元に、勝手気ままな、妄想を、繰り返して、勝手に経典を、掲げて、我が思うところの、考え方をもって、釈迦仏陀の、教えと称して、世に迎合しつつ、無益な、言葉遊びを、繰り返し、終には、性行為の快楽に、解脱の道があるとまで、高めた、いや、卑しめたのである。

まだ、法華経や、涅槃経などの、御伽噺のうちは、可愛いものだが、ここ、ここに至ると、とんでもない、仏陀の教えとなってしまった、のである。

あらゆる如来たちにとってあらゆる真理の源泉である複数の女性たちの性器のなかにおられた・・・

女性たちと性的ヨーガを行じておられた・・・

大楽思想とは、よく思いついたものである。

人間から、性というものを、取り外すことは、出来ない。
性を肯定するのは、当然なことである。

しかし、釈迦仏陀は、一言も、そんなことを、言わないのである。
あえて、推論すれば、性というものを、制御することで、心を、乱さず、苦の中に、身を置かないことである、と、なる。

初期仏典の、どこを、どう探しても、性の快楽によって、などという、言葉は、無い。

在家の人々も、性を、妄りに、弄ぶのではなく、苦になるような、性愛を、求めるべきではないと、なる。

逆に、出家者は、女の膣に、ペニスを入れてはならないと、断定している。

一度、その快感を知れば、そこに、囚われるからである。
知らないで、心を、定めて、静かに息をし、心を、騒がせることなく、その心の、穏やかさを、保っていることであると、推論する。

だが、インド仏教衰退後、それが、チベットに渡り、まさに、呪術と、恐るべき霊能力を得るための、性の行が、始まる。

そこには、実に、危険な、反社会的思想も、登場するのである。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。