2010年06月17日

ラオス・ビエンチャンの醒めない眠り 3

いつものことだが、支援する状況は、その時になってみなければ、解らない。

私は、出発の、三時まで、部屋で待機していた。
出来るだけ、外に出ない。
歩き回れば、熱中症になるだけである。

三時になり、私は、バッグ二つを持参して、ロビーに降りた。
すると、タクシーは、すでに来ていた。
タクシーといっても、大型のバンである。

英語の堪能な、おじさんが、運転手だった。
その英語は、訛りなく、聞きやすい。

乗り込むと、市内の、ある親のいない子供たちの、家に行くという。
それは、聞いていなかった。
もっと、遠くを意識していた。

オッケーと、私は、答えて、おじさんの英語の説明を聞いていた。

どこで、身につけたのか、文法も、正しい。
ブロークン英語ではない。

ラオスは、中年以上の人は、多く、ソ連に留学していたという。だから、ロシア語は、話すが、英語は、出来ないと、聞いていた。

若い人は、勿論、英語である。

市内の、孤児たちの家には、すぐに着いた。

その、玄関は、鉄格子で出来ている。

子供たちの、数人は、椅子に座り、後ろ向きであった。
おじさんが、何か言う。

私は、その後に、ついていった。

子供たちが、集まって来た。
私は、早速、ぬいぐるみを取り出して、一人一人に、渡した。

コープチャイ、と、口々に言う。
ありがとう、である。

私は、おじさんに、写真を撮ってもらうべく、カメラを渡した。
その時、一人の、世話役の青年が、写真は、駄目だと言う。

そこから、少し違うと、感じてきた。
私は、私だけでも、いいから、写真を撮るといった。

そして、彼に、子供たちに、衣服を上げてもいいのかと、問い掛けた。
おじさんも、同じように、言う。

しかし、返事がない。

私は、次第に、興奮して、オッケーか、ノーかと、再度、尋ねた。
それでも、青年は、何も言わない。また、世話役の青年たちが、二三人出てきた。

そのうちに、何となく、解ってきた。
突然の訪問で、戸惑っているのである。
そして、社会主義の、あの、閉鎖性である。

写真を撮るなということは、見せたくない、知られたくないと、考える。

市内には、ストリートチルドレンの姿がない。

隠したいという、思いである。
そして、上司の命令がない場合は、どうしていいのか、解らない。
突然の、訪問に、対処する方法がない。

こんなことは、初めてである。

子供たちの、服装は、着の身着のままである。
洗濯もしていない、衣服を着ている。

そして、一人の青年が言った。
これだけで、いいです、と。
つまり、ぬいぐるみ、だけでいいというのだ。

オッケー
私は、バッグを持って、引き返した。

そして、おじさんに、郊外に出て欲しいと言った。

ここで、後で解るが、郊外に行くことで、料金が変わったのだと、おじさんは、後で言う。
最初の約束と違うのである。

最初は、郊外に出るという、話で、交渉したはずである。

それは、また、後で書く。

おじさんは、車を走らせた。
しばらく、走らせた。

その間に、おじさんは、チャイニーズのことを言う。
そして、私も、チャイニーズだと、思ったという。
更に、チャイナの話である。

あまりに、中国の話が多いので、私は、チャイナ イン ラオスだろうと、言った。
つまり、中国の中のラオスになるのだろうと、言ったつもりだ。

すると、おじさんは、黙った。

昨年の、12月に、アジア競技大会が、開催されている。
ラオスの、威信をかけて、である。
しかし、すべて、中国の支援で、出来た。
それにより、ビエンチャンに、中華街を造り、五万人の、中国人を受け入れるのである。

きっと、そのことを、誇らしく思っているのだろうが、私から、言えば、中国に取り込まれるだけである。

車は、20分以上も走り、一つの、村の入り口に、到着した。




神仏は妄想である 276

空海は、古代における最もスケールの大きい巨人的思想家だが、七世紀から八世紀にわたる民族変貌の頂点であるだけではなく、幅の広い裾野を所有していたということが重要だ。こういう人物が突如あらわれたわけではない。孤立していたわけではない。彼の思想が時代を蔽うだけの条件があったのである。
亀井

確かに、そのようである。
時代性、時代精神というものがある。

時代の節目にあり、空海という、天才思想家が、現れたのである。
思想家であれば、納得する。
しかし、彼は、奇怪な宗教を立ち上げてしまった。

今、現在も、高野山では、空海が、生きているという。
その身は、無いが、空海が、生きていると、考える、また、信じる人たち、その信奉者がいても、おかしくない。
更に、それは、教団である。

主イエスも、釈迦仏陀も、あらゆる開祖たちは、今も、生き続ける。
それは、人の思いにあるからだ。
それは、否定することではない。

親しい亡き人が、心の内に、生き続けると、考える人は、多い。

能く迷い、能く悟る、という、矛盾と、相剋、その動揺の常が、秘密の無限性があるのではないかと、文芸評論家の、亀井が、言う。
実に、評論家らしい、解釈である。

その密教加持、呪文、呪術が、奇怪性を帯びるのは、上記の、秘密の無限性と、危機の創造であり、そこに、身を委ねることで、つまり、秘密の無限性に自らを化する以外に方法がないとの、亀井の指摘は、空海を理解しようとする、努力に、ある。

空海を理解するには、空海になるしかない。
現に、それを目指して、真言宗の、修行者たちが、集うのである。

大日如来に、化するのではない。
今や、空海に化することを、願い、修行するのである。

空海の著作を読むと、論証の精密なことに驚くが、それに裏付けられながら、最後には必ず秘密の無限性に直面している。言わば混沌に生きることが彼の身証であり、この意味で秘密身証ともいうべきものが実践内容であった。
亀井

違う。
禅なども、そうだが、不立文字という。
言葉に出来ない、悟りの境地である。

禅者は、そう言うが、その語りは、実に、饒舌である。

空海の、著作が、実に精密であるのは、大日経からの、拝借である。
文献が、しっかりしていたのである。
その上に、空海の、独自の展開を広げた。

更に、当時の人たちの、知能より、数段優れていたことは、理解する。

さて、先に進む。

しかし密教だけではなく、すべての仏教宗派のもうひとつの危険がここにある。「超越」という解釈だ。どのようにでも都合よく、またどのようにでも浅薄にも用いられる危険な用語だ。空海の修法はまさにこの種の「超越」の克服にあったことを注目したい。
亀井

語り難きこと・・・
これである。

果たして、空海の修法が、超越の克服にあったのか・・・

人は、空海の行為を、超越と、見たのではないのか。
何せ、即身成仏するというのである。
それ自体、超越ではないか。

秘密の無限性に自らを化する以外に、いかなる最上智があるのか。空海はそう言っているように思われる。
亀井

空海自体が、秘密の無限性を現す存在に成る、ということだろう。

それは、マジシャンの道である。
加持祈祷と、真言、そして、それを、飾り付ける、造形物。

何も、大日如来を持ち出さなくても、いいのである。

山岳信仰の、祖といわれる、円の行者は、何物も、置かなかった。
ただ、その特殊能力により、開祖となった。

勿論、私の霊学から、言えば、山岳の魑魅魍魎の存在を、自在に操ったのであるだけである。

大日経に、光を当てたのは、空海である。
そして、唐に渡ったのも、その教えを求めてである。

彼は、24歳の時に、三教指帰という、著作をしている。
儒教、道教、仏教の三つの教えを、検討し、その優劣を論じたものである。

そこで、儒教も、道教も、無常の前には、何物でもないことを、論証する。
そこで、最も多く語るのは、無常観である。
それを、超えるもの、それが、仏教にある。

そして、山に遊ぶ。

何故、己の内から、湧き上がる、思想に確信を持てなかったのか。
何故、大日経に、傾倒したのか。

これが、空海の弱さである。

更に、中国、そして、インドに対する、畏敬の思いである。
当時は、学びを目指す者、それを、希求した。
空海も、その一人である。
わざわざ、妄想の存在を、求めて、唐に渡り、長安青龍寺の恵果に出会い、恵果を通して、大日如来に邂逅した。

文化文明の、花開く唐にて、学ぶという、希望は、理解する。

そして、日本には、無い、密教という、教えを持ち帰る。
彼の無常観を、解消し、更に、彼の野心を、満たすべく、帰国する。

思想家、一人の人間の、生き方としては、賞賛する。
しかし、誤りである。

インド、タントラの伝統を知らず、ただ、それらから、出来上がった、経典に、身を投じた。
それは、妄想の産物だった。

その、妄想の産物を、演出し、自ら、マジシャンとして、活躍したのである。


posted by 天山 at 00:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。