2010年06月15日

ラオス・ビエンチャンの醒めない眠り

ラオスへの、支援活動は、今回で、三度目である。

一度目は、コータが一人で、バンビエンという町の山間部の村に、出かけた。
二度目は、私が、北部の第二の都といわれる、ルアンパバーンの近郊の村に出掛けた。

そして、今回は、首都ビエンチャンの近郊の村に、出かけた。

タイまで、直行便で、タイ、スワナプーム空港から、国内線で、東北部の、ウドンターニという町に行き、そこから、バスで、陸路で、ラオス入りした。

ビエンチャンまで、バンコクから、直行便があるが、陸路で行くのは、金額的に、半額であるから、それにした。

バンコクに三日滞在して、ラオスに出掛けた。

バンコク、パタヤでの様子は、別に書くことにする。

国内線で、ウドンターニに到着したところから、話を始める。

バス並みの、格安航空である。
空飛ぶバスといわれる、A・Aという、航空会社である。

満席だった。
エアコンが、ガンガンに効いている。
それを知っていたから、私は、日本から出てきた時と同じく、着物を着て、乗った。
正解だったが、その前後が大変だった。

タイは、今が一番暑い時期なのである。

ウドンターニには、一度来ている。
空港は、変わっていない。
ただ、バンコクに戻る時に、空港に入る時の、荷物検査が、省略されていた。

夕方に到着した。
私は、そのまま、バスに乗り、その日のうちに、ラオス、ビエンチャンに入ることにした。

乗り合いバスに乗る。

およそ、50キロほどある、タイ、ラオス友好の橋まで行く。
そこで、タイを出国し、そして、橋を渡り、ラオスに入国する。
その手順は、前回、コータを見送ったので、知っていた。

タイを出国した時、一人の日本人の青年に、声を掛けられた。

23歳の、H君といった。

手順が分からずに、私に尋ねてきたのだ。
私と同じ、乗り合いバスに乗っていた。

本当は、友好の橋のある、ノーンカイという街に、留まるはずだったが、バスが、国境まで来たので、そのまま、ラオスに入国することにしたと、いう。

私は、彼と、ビエンチャンまで、一緒に行動した。

まず、タイ側の橋で、タクシーの運転手に、声を掛けられる。
金額を聞いて、ノーと言った。

20バーツで、橋を渡るバスがある。
二人で、それに乗った。
そして、ラオスに入国する。

ラオスは、三ヶ月滞在なら、日本人は、ビザがいらないのである。

入国する際に、二人で、50バーツを払う。
私は、この、50と、15を、よく聞き違える。

だから、百バーツを出して、そのまま、出た。
お釣りは、H君が、貰ってくれた。

また、バスに乗る。ビエンチャンのバス停行きである。
私は、二つの荷物、支援物資を持っている。
H君が、バスに積み込むのを、手伝ってくれた。

そして、バス停から、街に入るために、タクシーに乗る。

300バーツが、相場だと、知っていたので、200バーツという、男のタクシーに乗ることにした。
それは、すべて、私の判断である。
H君は、私に従う。
H君は、まだ、泊まる場所を決めていなかったが、私の決めたホテルの、近くには、沢山のゲストハウスがある。

私は、一泊、21ドルのホテルに、決めていた。
体調のことを、考えてである。

絶対、熱中症になると、思っていた。

そのタクシーの中で、ようやく、H君と、ゆっくり、話す事が出来た。
私の目的を言うと、そんな話は、はじめて聞いたという。

そこで、もし、よかったら、興味があれば、手伝ってくれないかと、打診した。写真を撮ってもらうだけでも、助かるのである。

そんなのでよければ、手伝いますと、言ってくれた。

彼は、美容師と、理容師の資格を取るために、学んでいるという。
丁度、その合間が出来たので、10日間の旅に出たという。

彼の荷物は、何と、背中の、ぺしゃんこの、バッグ一つである。

メコン川沿いのホテルに、到着した。
そこで、彼と別れる。
それぞれの、電話番号を交換した。
ところが、二人共に、誤解していた。

私は、タイの携帯電話であり、彼は、日本の携帯電話を、海外で使用できるようにしていた。だから、翌日、どうしても、つながないのである。

それに、気づいたのは、私が、ビエンチャンから、ウドンターニに着いた時だった。

だから、彼は、私に同行できなかったのだ。
後で、ホテルの前まで来ていたというが、それなら、フロントに尋ねて欲しかったと、思った。が、日本の若者は、今、そこまで、気づかないのかもしれないと、思った。

午前中まで、ホテルにいると、伝えていたのである。

勘違い、誤解・・・色々ある。

21ドルの部屋は、金額としては高いが、広くて、居心地がいい。
5ドルから、10ドルの、ゲストハウスは、沢山ある。

現地時間では、夜の十時近くになっていた。

食事をしていないのである。
早くしないと、駄目だと、着替えて、すぐに、下に降りた。
すると、ボーイの一人が、ホテルの並びに、ジャパニーズレストランがあると、尋ねていないのに、教えてくれる。

ガイドブックの地図には、載っていない。
だが、ホテルの並びに、暖簾を下げた、日本食レストランがあった。

そんなことは、今までにないことだが、私は、日本食レストランに入った。
ラオスの、チャットも、以前の残りがあり、両替しなくても、大丈夫だったこともある。

だいたい、日本食のレストランは、料金が高い。
矢張り、そうだった。

そして、また、今までにないことだが、日本酒を注文したのである。

一合を二本飲み、てんぷら蕎麦を注文した。
地元の、食べ物の、十倍はする、料金である。
そして、お客は、全員が、日本人である。

不思議な感覚だった。



神仏は妄想である 274

三密とは一に身密、二に語密、三には心密なり。法仏の三密とは、甚深微細にして等覚十地も見聞するあたはず。故に密といふ。・・・・衆生の三密もまたかくのごとし、故に三密加持と名づく。もし真言行人あつて、この義を観察して、手に印契をなし、口に真言を誦し、心三摩地に住すれば、三密相応じて加持するが故に、早く大悉地を得。
即身成仏義

人が、この法則を、昼夜に精進すれば、生身のままに、五神通を獲得する。更に、修練すれば、この身のままに、仏の位を得る。
私が、現代語訳した。

つまり、修法とは、印契、つまり、指で様々な形をあらわし、真言を唱え、三昧の境地に没入する行為である。
それを、昼夜に精進すれば、法仏の慈悲と、衆生の信心が合致して、肉身のままに、成仏するという。

そりゃあ、昼夜、24時間も、そんなことをやっていると、少し感覚がおかしくなり、仏になったと、思うのも、無理はない。

ここで注目したいのは、空海は造型とともに、言葉・文字を重んじている点である。右の三密のなかの「語密」である。「即身成仏義」と併せて重要なのは「声字実相義」だが、次のような言葉がある。
亀井

如来の説法には必ず文字による。文字の所在は六塵「色・声・香・味・触・法」その体なり。六塵のもとは法仏の三密即ちこれなり。

声字分明にして実相あらはる。

真言とは則ちこれ声なり。声は則ち語密なり。

空海は、語密に、大きな意味を与えている。

漢字漢文は外来語だが、仏教信仰なくしては消化されなかったという点が大切だ。外来語を学ぶことは、語学力だけではなく、根本的には信仰の問題である。その起源を究明してゆくことによって、信仰の起原に直面せざるをえないからである。
亀井

日本に、漢語が入ってきたのは、儒教、道教、そして、仏教経典が多い。確かに、それぞれの、言葉の意味は、信仰に関することであろう。

信仰の起原に直面するという、亀井の言うことは、理解する。

日本風の「言霊」を仏教に求めたとき、空海は「語密」に直面したのである。

日本風の、言霊というが、その言霊に至るまでの、過程は、実に長いものである。
おおよそ、縄文期から、徐々に芽生えていったものである。

更に、伝統というものも、然り。
土人の生活に、文化も、文明もあるわけが無いという、アホがいるが、伝統は、土人生活時代から、培われてきたものである。

自然に、ある、文化形成に向かっていた。
そして、それが、例えば、万葉集に、結実した。
だが、それまでには、気の遠くなる、時間が必要であり、その時間の中で、熟成させ、伝統というものが、出来上がる。

言霊の伝統を、考える場合は、縄文期の、まだ、目覚めの前の、意識から、はじまっていると、考えることが、必要である。

更には、言霊の以前に、音による、文化が出来た。
私は、音霊、おとたま、という。
そして、その音霊の、数である。
私は、それを、数霊、かずたま、という。

象形文字から、文字といわれるまでに、どれだけの、時間を要したか。

象形文字の時代は、文化、文明など、存在しないという、理屈は、成り立たない。

言葉・文字による表現が、人間をいかに困惑せしめ翻弄するかという問題にもむすびついている。神々と人間、仏々と人間、人間と人間との結合とは、この翻弄関係に入ることだ。言語表現のもつ極度の微妙性、その複雑さや曖昧さにもとづくわけだが、人間にとってこれは永久の課題ではなかろうか。
亀井

文芸評論家らしい、疑問である。

空海は「語密」の名のもとに、言語表現の全過程にみられる秘密を凝視したにちがいないのだ。さきの造型とともに、彼の信仰体験が詩的体験であり、逆もそうであった理由はここにある。
亀井

声字分明にして実相あらはる。
空海

声、すなわち、真言、そして、文字が、ある種の過程を通して、実相があらわれる、というのだ。

桐山靖雄氏が、発声法を徹底したという、以前書いたものを、思い出して欲しい。

声に対して、徹底した、繊細にして、敏感なこと。
信仰の最も精妙な機能であり、「秘密荘厳心」の心臓部であると、亀井氏は、言う。

空海の、策略は、よく解った。
決して、事を曖昧にしない。

目に見えるようにする。
更に、耳に聞こえるようにする。

心の内にある、声にとか、文字にとは、言わない。
それが、空海の、マジシャンたる所以である。

手品師は、そこにあるものを、すべて、客に公開する。
そして、有るものが、消滅したり、無かったものが、現れたりするという、サービスをして、客を楽しませる。
そこには、トリックがある。

空海の、トリックは、人の心の、変容であった。
人の心に、あたかも、仏が、同化したかのように、錯覚させるという、高度な、トリックである。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。