2010年04月11日

救われないマニラ・救いようのないフィリピン 11

慰霊の聖地、カリラヤで撮った写真は、一枚のみ。
他の写真は、すべて、パサイ市で、盗まれた、デジタルカメラに、納められていた。

あの、素晴らしい日本庭園の様子などを、紹介したかった。
本当に、残念である。

勿論、支援の様子も、である。
コータは、翻訳していた、原稿をすべて、入れていたノートパソコンを、盗まれて、二度と、フィリピンには、来たくないといった。
もっともである。

さて、バイクタクシーの、お兄さんが、道を戻る。
途中で、カリラヤ湖に、立ち寄った。
お兄さん曰く、写真を撮ったら・・・

その配慮に、私たちも、降りて、湖を眺めた。

書いていなかったが、そのバイクタクシーには、お兄さんの後ろに、もう一人の、若い男が、乗っていた。
バイクの後ろで、私たちの座席ではない。

どうも、仕事がないらしく、一緒にいるようだった。
兄弟でもない。
深読みすると、相棒、または、愛人かもしれない。

さて、しばしの、休憩で、パグサンハンに向かう。
帰りの道は、下り坂で、お兄さんは、エンジンを止めて、惰性で、走った。

エンジンが止まると、震動がなく、いい心地だった。

更に、途中で、私たちは、今が時期だという、トウモロコシを、四本買った。
50ペソ、100円である。

街に入り、ゲストハウスの前まで、来た。
降りて、トウモロコシを日本と、300ペソと、チップの、50ペソを、差し出して、サンキューべェリーマッチと、最高の、お礼を言った。
初めから、上乗せしてくれば、こんなことには、ならない。
矢張り、人は、心である。

あの、比島寺の道から、考えると、大変な山道だった。
200ペソであることを、納得した。

旅先で、こういう、心の有難さというものがある。

大事を終えて、私は、実に充実した気持ちである。
部屋に入り、シャワーを浴びる。
水シャワーであるが、昼間だから、ぬるい。

そして、嫌だったが、ゲストハウスのコーヒーを飲むことにした。
というのは、インスタントなのだ。
そして、どこも、コーヒーと言うと、インスタントである。

お湯と、コーヒーの粉、砂糖、ミルクの粉が、出てくる。
それで、25ペソは、高い。しかし、仕方ないのである。それしか、ない。

コータは、後で、バナバ茶を買ってきて、お湯を貰い、部屋で、煎れて、飲んでいた。

現地で買うと、バナバ茶も、実に安いものだった。

トウモロコシを、食べて、昼食は、終わりである。
食べるために、出掛けたくない。

明日は、マニラに戻る予定である。
だが、この時、もう一泊していれば、と、後で思うのだ。

無理して、マニラに戻ることはなかった。
支援物資も無いのである。

ただ、私は、マニラ首都圏のパサイ市を、見て回りたかったのだ。
次回のために、衣類が必要かどうかと、考えた。

その夜の、食事は、スーパーの前で、ピザを買い、コータは、チキンと、野菜炒めを、買ってきて、部屋で、食べた。

夜になり、星空を眺めるのが、楽しみである。
コータは、ゲストハウスの、屋上に上がり、篠笛を吹いた。
これが、周囲の人々を感動させた。

実によく、響いた。
日本のメロディーは、新鮮だっただろう。
笛の音だけの、音楽を聴くことは、ないだろう。

私は、何度も、ゲストハウスの主である、おばさんに、素晴らしい、素晴らしいと、言われた。私が、吹いていると、思ったようだ。

翌日、チェックアウトをして、ジプニーに乗り、サンタクルスの、バス停まで行く。
皆親切で、教えてくれる。
運転手の男は、実に、いい男だった。
それは、見栄えもよいということだ。
そして、バス停に着くと、私たちに、教えてくれた。

20ペソを渡した。40円。

マニラ行きのバスは、目の前にあった。
出発時間というものがない。
人が満席になると、出発するというもの。

そこそこ人が乗ると、バスが、走り始めた。
来たときよりも、早い時間で、マニラ、パサイ市に着いた。

それからである。
盗みに遭うのだ。

それは、ホテル探しで、歩いている時、どこかで、休もう、コーヒーが、飲みたいと、私が言った。
パサイ市の、エドゥサ駅前は、大混雑している。

一軒の、ミスタードーナッツを見つけて、コーヒーがあるかと、尋ねると、一人分ならあるという。
コータは、僕は飲まないというので、私だけが、飲むことにした。

そして、そこから、コータが、ホテルを探すということになった。
私は、コーヒーを飲みつつ、待つことにした。

コータが戻り、安いホテルは、要するに、連れ込みホテルで、泊まるようなホテルではないと、見てきた。
そして、トイレに立った。
その時は、荷物のすべてがあった。

私は、タバコを吸うために、外に出た。
外といっても、すぐ傍である。
そして、席に戻り、コータも、戻った。
その時、コーターの席に置いていた、黒いバッグが無くなっていた。
気づいたのは、コータである。

やられたーーー
店員の女の子に、聞いてみとる、それを、見ていた男がいたという。
危ないと、思いつつ、仕事をしていたらしい。

誰も、盗んだところを、見ていないのだ。要するに、プロの犯行である。

しばらく、その辺りで、云々かんぬんと、やっていたが、店のガードマンも、話にならない。
ポリスと、私が行った。
すると、自転車のおじさんが、すぐに、俺が、連れて行くという。
ああ、これも、ボルと思った。
私は、大声で、ノーと言った。

バスの仕切りのおじさんが、ポリスの前を通る、ジプニーを教えてくれた。

私は、腹立ちと、その辺りにたむろする、自転車のシクロに、怒っていた。
その時ばかりは、鬼のような気持ちになった。
皆、悪人に見えるのだ。
もし、私のバッグが、盗まれていたら、私は、その街中で、演説をはじめたと、思う。
お前たちは、頭が悪い。だから、こんな生活を、延々としているのだ。
戦後、65年を経て、何だ、この様は。日本を見習え・・・
と、日本語で、やったと思う。ポリスが来るまで・・・




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。