2010年01月16日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 16

その日は、ビーチに突き出た、ヌラバヤ公園に出掛ける。
昨日、支援した場所から、川を渡り、向こう側に行く。

暑くなる前、昼前に出ることにした。
しかし、日差しは、強い。

支援物資の、バッグを二つと、日の丸を掲げて、行く。
昨日、支援した場所を通ると、おじさんの一人が、私に手を振り、ズボンを示して言う。
サンキュー
ああ、差し上げた物を、履いているのだ。

私たちは、漁師たちのいる、場所に行き、向こう側へ行きたいと、言うと、オッケーと、答えるので、船に乗ることにした。

ところで、幾らか。
料金を尋ねると、一人の、おじさんは、8万ルピア、そして、もう一人の、おじさんが、10万ルピアという。

何で
向こう側に、行くだけなのに・・・

船が、私たちに、向かってくる。
一寸、待って。

何で、10万ルピアなんだ・・・・

私は、冗談じゃあない。向こう側に渡るのに、何で、10万ルピア、1000円も、かかるのだーーーーと、叫んだ。
そして、更に、何言ってんだ。冗談じゃあない。10万ルピアなんて、冗談じゃあない。

私の剣幕に、驚く、漁師たち。

船が近づいたが、私は、そこを立ち退いた。
コータが、後に続く。

更に、冗談じゃあないと、大声を上げた。

そこから、少し歩くと、向こう側へ渡る、渡し舟がある。
少年二人が、やっていた。
幾らと、聞いた。
5000ルピア、50円である。

後で知るが、漁師たちは、クルーズをさせたかったようである。
川から海に出て、戻り、向こう側に付けるという。

彼らは、大声を嫌うらしい。
相当に、驚いたと、思う。
何せ、私の声は、ただでさえ、大きいのである。

川を渡り、私は、すぐに、川と海の間で、慰霊の儀を行った。
日の丸を掲げて、清め祓いの、祝詞を唱える。

周囲の人も、注目である。
子供たちも、多数集まった。

小さな、市場で、魚の競りをしていた。
漁師たちが、そこで、捕れた魚を、売るのである。

そこを通り過ぎて、一つの、入り口に向かった。
小屋が、立ち並ぶ。

小高い山の、麓になる。

まず、最初の、小屋から、衣類が必要ですかと、問う。
すると、すぐに、人が集った。

それから、先は、無我夢中である。
若い男が、赤ん坊の、衣類が欲しいと、言ったのが、印象的だ。

次から次と、人が来た。
その集落の人々に、伝わったのか、人が大勢、詰め掛けた。

私は、汗だくになり、バッグから、衣類を取り出した。

コータが、写真を撮るが、ある、おじさんが、ここは、昔日本軍の、要塞だったと言う。
その、おじさんが、私たちを、誘導した。
すると、何と、防空壕や、大砲のある場所がある。

私が、感動したのは、汗だくの、私に、一人の、おばさんが、小さな水の、冷えたペットボルトを、持ってきたことだ。

そこでは、ペットボトルの水は、普段は、飲まない。とても、貴重なものである。
それを、私に、渡してくれた。

更に、おじさんは、私たちに、日本軍の道を案内した。
しかし、私たちは、道が、分かったので、上まで、歩いてみると、案内を、遠慮した。遠慮して、良かった。
歩いて、それが、とんでもなく、長い道であることを、知った。

浴衣を着ていた私は、汗が噴出して、絞るほどになった。
更に、上に向かうと、心臓が、飛び出しそうになる。
コータが、心配して、私を、制する。
しかし、歩みを止めると、先に進まなくなると、私は、登った。

不整脈の心臓が、高鳴る。

日本軍が、この、小高い山を、要塞にして、防御していたのである。

ついに、上まで、登った。
そこは、パダンのビーチが、見渡せる場所である。
ああ、ここなら、海岸に、近づく、敵を、すぐ、見つけられることが出来る。

美しい、パダンの、海が見渡せる。
無人島が、沢山ある。

私は、その頂上で、祝詞を唱えた。

丁度、昼時だった。
地元の、恋人であろう、若い男女が、昼ごはんを、食べていた。

私たちは、その、頂上で、写真を撮るために、男に、声を掛けた。
彼は、快く、私たちを、写してくれた。

今度は、下りである。

私は、下る時に、日の丸を掲げて、日本兵の苦労を、思い、祝詞を唱え続けた。
途中、中途で、止まり、祈る。

祈る。
祈る。

遠く、故国を離れた、日本兵の、思念を清め祓う。

すでに、多くの方は、亡くなっているだろう。
戦闘は、少なかったはずである。

そして、下り、先ほど、小屋が建つ場所に戻ると、皆さんが、待っていた。
感激した。

言葉は、解らないが、慰労してくれる。

日本軍の、要塞跡の、上に立てた小屋は、地震でも、倒れなかったという。

実に、頑丈に建てたものである。

皆さん、親切だった。

防空壕や、砲台のある場所で、写真を撮ってくれた。

日本軍によって、殺されたインドネシア人もいるのである。
日本軍の、統治に反対した人々である。

しかし、反日感情は、希薄であり、逆に、親日感情が、厚い。
何故か。
それは、日系人が、多いのである。

尋ねると言うが、尋ねないと、言わないのである。

私は、あの、大東亜圏という、意識を、再度、確認した。

何故、私という、日本人に、やさしく接するのか・・・
彼らの中に、日本と言う、イメージが、悪くないのである。
インドネシア独立戦争に参加した、日本兵の存在が、大きいことは、言うまでも無い。



最後の沈黙を破る 46

霊能力と、悟りは、全く別物である。

更に、霊能力は、大半、魔が、関与する。
釈迦仏陀は、それを、最も嫌い、弟子たちに、霊能力を使うことを、禁じた。

霊能者は、そのレベルで、霊を見る。
そのほとんどが、想念界、幽界であり、地獄界である。

その上の、レベルなどを、見ることは出来ない。
そして、その、人格である。
それも、霊能力とは、別物である。

更に、霊能力の背後にある、霊的存在である。

まともなものは、ほとんどいない。

大乗仏教の、作者たちも、霊的能力に欠けていたゆえに、とんでもない、場所にて、仏陀を登場させるという、お話を書いた。

これについては、神仏は妄想である、に、再度、取り上げる。

修験道という、霊的修行をするもの達がいる。
円の行者が、その、祖である。

山岳信仰ともいう。
確かに、山岳信仰というものは、一つの、形態であるが、とても、ついてゆけない。
彼らは、荒行をする。
そして、性格を頑固にし、偏狭にする。

レベルの低い、天狗に、取り込まれる。

密教系の修行者も、似たようなことをする。
これも、危険である。
しかし、前世の記憶からか、そういう、修行から、抜けられないでいる。

禅による、霊能力もまた、魔境によるものが、大半である。
法華経になると、終わっている。
成仏させるという、とんでもない、妄想に執り付かれる。

成仏とは、本人の問題であり、他者が、どうこうと、出来るものではない。
仏教の、根本を知らない。

払い除けることは、出来ても、成仏などという、境地に達することは、出来ないし、また、そのような世界は無い。

交通事故多発地帯に、幽霊が出ることは、警察署などでは、当たり前の事実。
そこで、秘密裏に、僧侶に頼み、読経させる。
そして、幽霊を、成仏させたと、思い込む。

ただ、浮遊する、霊の、場所を移動しただけである。

日本には、祓い清める、所作が、伝統として、ある。
それは、上位霊位によって、成される。

読経は、一時的なものである。

それならば、心ある人たちが、黙祷したほうがよい。

霊界になると、宗教の所作は、通用しない。

全く、異質の世界である。
想念の世界である。

霊界まで、見渡せる、霊能者は、少ない。

霊能者の、背後を、見ると、魑魅魍魎や、化け物、妖怪のような、存在が多い。
極めて、気持ちの悪い存在が、後押ししている。

はじめは、良いが、次第に、悪くなる。
よい影響は、手始めであり、その後は、徐々に、悪くなるのである。

霊能者と、長く付き合いをする人はいない。

人間の、悩みが、幽界レベルであるから、霊能者という名目で、商売が出来る。
幽界レベルとは、迷える霊の世界である。

また、そこから、情報を得るために、ろくでもない、情報を得る。
恐ろしいのは、宗教に似た団体を、作り、教組になる者である。

それらは、必ず、立派な建物を、作る。
背後の霊が、それを求めるからだ。

稲荷明神ならばいいが、その下の下の、単なる、野狐などは、手に負えない。
それらの宗教は、多く、分派する。
手かざしなどをする、団体に多い。

伊勢外宮の、豊受大神が、その稲荷大明神の大本である。
農耕の神、食べ物の神であり、多くの、幸福を願う事が出来る。

その、豊受大神とは、恐れ多いので、その眷属に、御願いすることになる。
それが、稲荷信仰である。
その、表現は、お狐様である。

昔は、狐が、憑いたといわれて、恐れられたが、今は、そんなことは、あまりない。
現代人は、狐が憑くほど、暇ではない。

しかし、それが霊能力を発揮することがあるから、面倒である。

今回は、龍神の話は、省略する。
龍神とは、とてもじゃないが、格が高いのである。

その辺の、霊能者に憑く、程度の、龍神は、生まれたてのような、ものである。

本来は、龍神と、表現しないほうがよい。
龍は、生命エネルギーの元であり、その姿が、龍の形を取る。
元神と、呼んだ方がよい。
天地自然は、この生命エネルギーの、発露である。

霊能力を求めて、インドなどに、行くと、必ず、大半の人は、狂う。

その手前で、帰国した人は、賢い。
私は、何人も、危ないと感じて、インドから、戻った人を知っている。正解である。

幽体離脱をして、戻れなくなり、精神病になる者、多々いる。

釈迦仏陀を、尊敬するのは、そのような、インドという地にて、あの心を見詰める、あり方を、説いたからである。

その、苦労は、計り知れない。

後、一年生きられるはずが、遂に、魔にやられて、命を落とした。
仏滅である。

その魔は、共にいた、弟子から、発せられたものである。
あの、仏陀にしても、そのようなのである。

読経をして、霊能者を任じる者には、特に、注意すべきである。
霊界に向かう霊位には、読経は、単に、喧しい音となる。

心霊の知識を知らない、宗教というのは、本当に、手が付けられない。
以後、また、書き付けることにする。

posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ 476

かかる程に、かの家あるじ大弐になりぬ。むすめどもあるべき様に見置きて、下りなむとす。この君をなほもいざなはむの心深くて、叔母「はるかにかくまかりなむとするに、心細き御有様の、常にしもとぶらひ聞えねど、近き頼み侍りつる程こそあれ、いとあはれにうしろめたくなむ」など、ことよがるを、さらにうけひき給はねば、叔母「あなにく。ことごとしや。心一つに思しあがるとも、さる藪原に年経給ふ人を、大将殿もやむごとなくしも思ひ聞え給はじ」など、怨じうけひけり。





そうしているうちに、その家の主人が、大弐という、位になった。
娘たちを、適当に縁づけて、赴任しようとする。この姫君、末摘花を、誘う気持ちが強く、叔母は、遠くへ赴任しようとするので、淋しい様子を、常にお尋ねしなくても、近いという、気やすめがあった間は、ともかく、なんとも、気の毒で、気がかりです。と、うまいことを言うが、姫君は、承知しないので、叔母は、ああ、憎らしい。偉そうにして。自分ひとりが、お高くとまっていても、あんな原野で、長年過ごしていた人を、大将殿も、姫君扱いは、されないでしょう、と、怨み、呪うのである。





さる程に、げに世の中に許され給ひて、都に帰り給ふと、天の下の喜びにて立ち騒ぐ。われもいかで、人より先に、深き志を御覧ぜられむ、とのみ思ひ競う男女につけて、貴きをも下れるをも、人の心ばへを身給ふに、あはれに思し知る事さまざまなり。かやうにあわただしき程に、さらに思ひ出給ふ気色見えで月日経ぬ。



そのうちに、源氏には、お許しが出て、都にお帰りになさるとて、世の人すべてが、喜びとして、立ち騒ぐのである。
自分も、なんとかして、人より、誠意のあることを見ていただこうと、先を争う男女、身分の貴賎を問わず、人の心の動きを察して、人とは、このようなものかと、解ることが、多い。このように、慌しいうちに、姫とのことは、全く思い出さない。
そして、月日が経った。




「今は限りなりけり。年頃あらぬさまなる御様を、悲しういみじき事を思ひながらも、萌え出づる春に逢ひ給はなむと念じわたりつれど、たびしかはらなどまで喜び思ふなる、御位あらたまりなどするを、よそにのみ聞くべきなりけり。悲しかりし折のうれはしさは、ただわが身一つのためになれると覚えし、かひなき世かな」と心砕けてつらく悲しければ、人知れずねをのみ泣き給ふ。




末摘花は、今は、もう、おしまいだ。長年の、御不運の身の上を、悲しく、酷いことだと思いつつも、やがて、運の開ける春にめぐり逢っていただきたいと、祈っていたが、下賎な者まで、喜ぶと言う、君の官位昇進のことなどを、自分は、人事のように聞いていなければ、ならない。あの悲しかった時の、辛さは、ただ、自分ひとりのために、起こったのだと、思われたのに、そのかいもない、世の中だ。と、がっかりして、堪らなく悲しいので、人知れず、声を立てて、泣くのである。




大弐の北の方、叔母「さればよ。まさにかくたづきなく、人わろき御有様を、数まへ給ふ人はありなむや。仏聖も、罪軽きをこそみちびきよくし給ふなれ。かかる御有様にて、たけく世を思し、宮、上などのおはせし時のままにならひ給へる御心おごりのいとほしきこと」と、いとどをこがましげに思ひて、叔母「なほ思ほし立ちね。世のうき時は見えぬ山路をこそは尋ぬなれ。田舎などはむつかしきものと思しやるらめど、ひたぶるに人わろげには、よももてなし聞えじ」など、いとことよく言へば、むげにくんじたる女ぱら、女房「さもなびき給はなむ。たけきこともあるまじき御身を、いかに思して、かく立てたる御心ならむ」と、もどきつぶやく。




大弐の北の方である、叔母は、それ見たことか。一体、このように、頼りなく、みっともない、様子の方を、誰が相手にされるだろう。仏や聖でも、罪の軽い人こそ、よく導いてくださるとか。あんな様子で、偉そうに構えて、父宮や母君が、いらっしゃった時と、同じに、振る舞う、高慢さが、気の毒だと、いっそう、馬鹿な人だと思い、矢張り、決心なさい。うまくゆかない時は、何も聞えない、山奥に入るものだと、申します。田舎など、嫌なものだと、思うでしょうが、悪い扱いは、決してしませんよと、上手に、持ち込む。滅入っている、女房たちは、ご承知くださればいいのに。どうせ、大したこともない、身の上。一体、どうして、こんなに意地を張るのでしょうと、ぶつぶつと、非難するのである。





侍従も、かの大弐のをひだつ人語らひつきて、とどむべくもあらざりければ、心よりほかに出で立ちて、侍従「見奉り置かむがいと心苦しきを」とて、そそのかし聞ゆれど、なほかくかけ離れて久しうなり給ひぬる人に頼みをかけ給ふ、御心のうちに、「さりとも、あり経ても思し出づるついであらじやは。あはれに心深き契りをし給ひしに、わが身はうくて、かく忘られたるにこそあれ、風のつてにても、わがかくいみじき有様を聞きつけ給はば、必ずとぶらひ出で給ひてむ」と、年頃思しければ、おほかたの御家居も、ありしよりけにあさましけれど、わが心もて、はかなき御調度どもなども取り失はせ給はず、心強く同じさまにて念じすぐし給ふなりけり。





侍従も、大弐の甥という者から、口説かれて、都に残して置けそうにもないので、不本意ながら、出発することにした。
侍従は、お残し申して、参ります。大変心配ですがと、お誘いするが、矢張り、姫は、遠のいて、久しい源氏に望みをかけていると、思う。
その心の中では、いくらなんでも、年が経つうちに、思い出してくださるのではないかと思う。あはれに心深き契りを・・・しみじみと、情けをかけて、約束されたのだから、我が身の不運から、このように、忘れ去られているものの、風の便りにでも、自分の、この惨めな様子を耳にされたら、きっと、尋ねてくださるだろうと、この年月、そう思い続けて、いる。
御殿も、以前より、更に荒れ果て、酷くなったが、自分からは、ちょっとした、道具なども、無くさないようにして、強情に、変わらぬ状態で、耐え忍んで、過ごすのである。

会話と、心の内を綴る、源氏物語の、文は、見事に、美しい。





ね泣きがちに、いとど思し沈みたるは、ただ山人の赤き木の実ひとつを顔に放たぬと見え給ふ。御そばめなどは、おぼろげの人の見奉りゆるすべきにもあらずかし。くはしくは聞えじ。いとほしう物いひさがなきやうなり。




涙にくれて、思いに沈むさまは、まるで、山がつが、赤い木の実を、ひとつ、顔につけているように見える。横顔などは、当たり前の人では、我慢できる容貌ではない。
詳しいことは、申し上げないで、おきます。とは、作者の、姫に対する、敬語である。
なんとも、お気の毒で。
口が悪いようです。

作者の、姫に対する、感想であるが、赤鼻のことを言っている。
鼻が、赤い木の実を、つけているようだと。山がつ、とは、猟師や樵のこと。
随分、きつい、言い方である。



posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第10弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。