2010年01月15日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 15

パダン、三日目の朝である。

七時から、食事が出る。
私は、ロビーに出て、フロントの女の子に、挨拶する。
シラマッパギ
女の子は、とても、愛想がいい。

今日は、どうしますか
コーヒーと、エッグ

パンの中に、玉子焼きを挟んでくれるのだ。

ロビーを抜けて、中のテーブルにつく。
その間も、従業員が通る。
すべて、男子である。
パギと、挨拶する。

12時間労働をしている。
仕事があるだけで、良いのである。

パダンは、80万人都市である。
だが、今回の地震で、10万人が、職を失う。更に、地震の怖さで、街を出た者も、多いという。現在の人口は、誰も、解らない。

職を失った、若者たちが、街の至る所で、たむろしている、風景を見た。

何せ、街一番のデパートが倒壊したのである。
街の中心部に出掛けたが、デパート周辺では、バザーが、行われていて、大変な混雑だった。

その職員だけでも、大量である。更に、ホテルが、ほぼ全滅である。
三階建てのホテルは、今は、無い。

フロントの、女の子は、言う。
インドネシアは、貧乏な国です。パダンのために、出してくれるお金は、わずか。更に、州政府も、無理です。

多くの倒壊した建物は、そのまま放置されているという、状態である。
街の至る所、瓦礫の山である。

本当は、死者数も、分からないのだという。
近くの村では、土石流に飲み込まれた人が、大勢いるが、政府は、流された人の、捜索を、打ち切った。

私の前に、コーヒーと、パンが、運ばれて来た。

コーヒーは、たっぷりとした、ポットに入っている。
まず、コーヒーを飲む。

他の、客は、いない。

このホテルの、持ち主は、オランダ人である。
それを、任せられている、おばさんがいる。
ただ、いるだけの、存在である。

従業員が、一致協力して、仕事をしている。
大切な職場なのである。

ホテルは、平屋であるから、奥が長い。
更に、意外に、泊り客も、多いと、知る。

中には、パダンを故郷として、ジャワ島などで仕事をする人が、里帰りしても、家が無くなってしまったため、泊まっているという人もいた。

パンを食べて、私は、コーヒーポット、カップを持って、ロビーに出た。
ソファーに座り、タバコを吹かして、コーヒーを飲んでいた。

すると、一人の、若者が、声を掛ける。
英語である。

最初が、面白かった。
日本語の歌が、歌えるというのである。
そして、歌った。
確かに、日本語の歌である。

有名な歌だというが、私には、解らない。
だが、日本語である。

彼は、23歳、ホテルの泊り客の、イギリス人の、サーファーガイドをしている。
更に、彼の、父祖は、日本人である。
ここに、日本軍が来た時、彼の祖父と、祖母が恋をした。

そして、彼の父親が生まれたのだ。

驚いたのは、彼のような、日系三世が、沢山いるということである。
更に、私は、彼の祖父の出身地を尋ねた。
北海道と、言うのではないか。

この、スマトラ島に来て、まさか、北海道という言葉を、聞くとは、思わなかった。
私は、急に、彼に親しみを覚えた。

その彼の、父母は、今回の、地震で、亡くなった。
彼は、三人の下の兄弟たちのためにも、働かなければならない。
特に、被害の受けた村に、住んでいた。

ガイドの仕事は、三日間で、20万ルピア、2000円だ。

彼が、日本語の歌を歌うという、行為に、私は、なにか、胸に迫るものがあった。
彼の中の、日本人の血である。

その時、イギリス人が、部屋から、出てきた。
パギと、挨拶した。
あちらも、礼儀正しく、挨拶する。

握手を求めてきた。
私は、サーファーの初心者で、今回はじめて、ここで、サーフィンに挑戦していると、言った。

私は、日本語で、相槌を打った。

二人が、出掛けた。

その後、日系の彼と、会うことになる。
そして、また、面白い展開があった。
また、そのイギリス人とも、帰りの、ジャカルタの飛行機が同じで、言葉を、交わした。

旅にて、出会う、そのこと、実に面白い。

実は、この旅日記に、書かない話も多い。しかし、それを、全部書いていると、終わらない。省略して書いている。
もし、私が、原稿料を貰う仕事をしていたら、書いていたはず。
報告という、意味で、この旅日記を、書いているのである。




最後の沈黙を破る 45

沖縄の問題は、何か。

新しい総理も、日米同盟の合意見直しは、しないという。
そして、沖縄は、基地を県外へとの、願いである。

国民の一人として、考える。
更に、私は、私の霊学をもって、考える。

敗戦から、沖縄は、アメリカ軍の基地を持った。
そして、日本返還後も、そのまま、米軍基地を有したままに、現在に至る。

沖縄返還で、日本は、莫大なお金を出した。
更に、それからも、莫大な、お金を出し続けている。

そして、沖縄は、基地のお陰で、経済の基盤を作っていたはずである。

地主たちは、米軍基地の、地代で、莫大な、資金を得た。

さて、私は、霊学から、見ると、いった。

大東亜戦争の、最後の捨石となったのは、沖縄である。

民間人を、含めても、大変な犠牲を出した。
日本国民は、その犠牲者の、追悼慰霊を、真っ当にしていない。

今でも、戦地、激戦地であった、場所は、沖縄の人でさえ、近づかないという。
本土の、南地区には、お盆の時期、沖縄の人は、出向かないという。

何故か。
幽霊が出るからである。

そんなバカなこと・・・
何とでも、言う。

しかし、あれほどの、悲劇的、死を受けた、霊位の想念というものが、残存している場合は、幽霊が出なくとも、その場には、独特の地場が、出来る。
その、清め祓いというものを、日本人は、していないし、その方法を知らない。
勿論、宗教家、その団体も、である。

昭和天皇の、最後の、願いは、沖縄行幸だった。
だが、その前に、崩御された。

日本の祭祀である、天皇は、沖縄戦の、犠牲者の、追悼慰霊を、自ら、行いたかったと、思う。
その後、現在の、天皇皇后陛下が、ご訪問された。
しかし、その、ご予定では、真っ当な、慰霊は、出来ない。
ご訪問に、終わった。

私は、二度、沖縄に追悼慰霊に、出掛けて、真実、沖縄の、戦争犠牲者の追悼慰霊の、必要を、実感した。

更に、沖縄の基地の問題についても、解決しないと、確信したのである。

沖縄にも、霊的所作をする人々が、多数いる。しかし、彼らを持ってしても、清め祓いが、出来ないのである。

非常に、残念なことである。

まず、沖縄の人々は、日本人として、戦争の犠牲者となった。

それは、日本の作法に、則り、行われなければ、ならない。
だが、真実、その作法で、望んだ、宗教家は、いない。

アメリカが、沖縄の基地を、そのままにするというのは、地理的意味がある。

決して、基地は、無くならないだろう。

台湾と、沖縄の海は、太平洋へ出る、要の場所である。
その海域は、軍事的に、要である。

沖縄で、惨殺された、多くの人々の、霊位が、清められ、祓われ、沖縄の地場を、変容させて、はじめて、アメリカ軍の、移動が、叶えられる。

何故か。
その人々の、想念が、基地を呼び寄せているのである。

つまり、今も、戦争状態にあるということである。
意識の、想念の、刷新がなされなければ、沖縄の問題は、解決しない。

そして、本土から、基地を移転するということは、不可能に近いのである。
だから、自衛隊の基地を、望んだ、与那国島に、希望を見出す。

民主党に、政権交代された時に、与那国島の、自衛隊の駐屯地の話が、白紙になった。

与那国の人たちが、望むのなら、米軍基地を、与那国に、移転することも、可能である。

与那国の人たちは、実感として、国境を意識している。
中国船、その艦隊などが、見える位置にあるのである。

何故、与那国島に、移設しないのか・・・それが、疑問である。

私は、引き続き、時間を見つけて、沖縄追悼慰霊を、行いたいと思う。
そして、日本人として、戦い、更に、日本人として、惨殺された人々の霊位に対して、日本の伝統作法により、清め祓いを、行う。

ある、ビーチでは、砂と、遺骨が、混じり合い、とても、気味の悪いビーチになっていると、聞く。
さらに、集団で亡くなった人々の場所、そして、洞窟などなど・・・

それなりに、供養という言葉で、行事が行われているが、供養によって、清め祓いは、行われない。
つまり、高位霊位による、導きがなければ、それは、出来ないことなのである。

お経を唱えても、霊位に伝わるだけである。
しかし、霊位は、それでは、ただ、慰められる程度であり、その場から、逃れられないのである。

大切なことは、霊位を、その想念を、解き放つこと。
上位霊位によって、引き上げを願うことなのである。

皇祖皇宗の、名によって、引き上げを、願う行為を、誰も成してはいないのである。

勿論、色々な宗教の、信者がいただろう。
それは、それである。
それぞれの、宗教のいう、天国や、極楽に、行く霊位は、それで、いい。

しかし、日本人として、死んだという意識は、日本の伝統作法により、引き上げることが、最も、理想である。

沖縄の基地の、問題を考える時、決して、多くの人に、理解されない、このようなことを、私は、考えている。

敗戦から、今年で、65年である。
未だに、さ迷える霊位が、想念があるとしたならば・・・

あまりに、あはれ、である。


posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ 475

はかなきふるうた物語などやうのすさびごとにてこそ、つれづれをも紛らはし、かかる住居をも思ひなぐさむるわざなめれ、さやうのことにも心おそくものし給ふ。わざとこのましからねど、おのづから、また急ぐことなき程は、同じ心なる文通はしなどうちしてこそ、若き人は草木につけても心を慰め給ふべけれど、親のもてかしづき給ひし御心おきてのままに、世の中をつつましきものに思して、まれにもこと通ひ給ふべき御あたりをも、さらに馴れ給はず。ふりにたる御厨子あけて、唐守、はこやの刀自、かぐや姫の物語の絵に画きたるをぞ、時々のまさぐりものにし給ふ。




儚い、昔の歌や、物語などの、慰みことで、もてあます時間をつぶし、こんな生活をする心を、慰めることなのだが、そんなことには、感が鈍いのである。
特に好きではないが、急ぐことの無い、暇なときは、何となく、気心の合う人と、気軽に手紙のやり取りをしてこそ、若い姫は、四季の風物につけて、気持ちを紛らわせるものなのだが、父君の教えた通りに、世間を、慎ましいものと思い、一切、手紙などするべき家にも、親しくしないのである。
古い、厨子を開いて、唐守、はこやの刀自、かぐや姫の物語の、絵に画いたものを、時々弄びしている。




古歌とてもをかしきやうに選り出で、題をもよみびとをもあらはし心得たるこそ見所もありけれ、うるはしき紙屋紙、陸奥紙などのふくだめるに、ふるごとどもの目馴れたるなどは、いとすさまじげなるを、せめてながめ給ふ折々は、ひきひろげ給ふ。今の世の人のすめる、経うち読み、おこなひなどいふことはいと恥づかしくし給ひて、見奉る人もなけれど、数珠など取り寄せ給はず、かやうにうるはしくぞものし給ひける。



昔の歌といっても、風流に、選び、題も詠み人も書いてあり、意味のはっきり解るものは、見ても面白いが、きちんとした、紙屋紙や、陸奥紙などの、古びて、ほおけて、ぶくぶくしたものに、古歌の普通のものが書いてあるのは、全く見たくないのだが、淋しくて、たまらない時には、広げて、見ている。
今の世の、世間でするという、読経や、勤行などは、恥ずかしいと思い、見ている人はいないが、数珠なども、持たない有り様。
かやうに、うるはしく、このように、きちんとしていた。




侍従などいひし御乳母子のみこそ年頃あくがれ果てぬ者にてさぶらひつれど、通ひ参りし斎院うせ給ひなどして、いと堪へ難く心細きに、この姫君の母北の方のはらから、世に落ちぶれて受領の北の方になり給へるありけり。




侍従などといった、乳母の子だけが、何年も、暇を取らずに、仕えていたが、出入りしていた、斎院が、亡くなり、生活が難しく、不安だったところ、姫君の母、北の方の妹で、落ちぶれて、地方長官の北の方になった。




むすめどもかしづきて、よろしき若人ども求むるに、知らぬ所よりは、親どももまうで通ひしを、と思ひて時々いき通ふ。この姫君は、かく人うとき御くせなれば、睦まじくも言ひ通ひ給はず。叔母「おのれをばおとしめ給ひて、おもてぶせに思したりしかば、姫君の御有様の心苦しげなるも、えとぶらひ聞えず」など、なま憎げなることばども言ひ聞かせつつ、時々聞えけり。




娘たちを、大切にし、相当な女房たちを求めるので、知らない家よりは、親たちも、出入りしているからと、時々、行くのである。
この姫君は、このように、人に馴染まないため、親しく、便りもしない。
叔母は、故姫君は、私を見下げて、家の恥と、思っていたから、姫君の生活は、気の毒と、思うが、お見舞い申し上げられないと、小憎らしい言葉を、侍従に、言い聞かせつつも、時々、手紙を差し上げた。




もとよりありつきたるさやうのなみなみの人は、なかなかよき人の真似に心をつくろひ思ひあがるも多かるを、やむごとなきすぢながらも、かうまで落つべき宿世ありければにや、心すこしなほなほしき御をばにぞありける。わがかく劣りの様にてあなづらはしく思はれたりしを、いかでかかかる世の末に、この君を、わが女どものつかひひびとになしてしがな、心ばせなどの古びたるかたこそあれ、いとうしろやすき後見ならむ、と思ひて、叔母「時々ここに渡らせ給ひて。御琴の音も承らまほしがる人なむ侍る」と聞えけり。この侍従も、常に言ひもよほせど、人にいどむ心にはあらで、ただこちたき御ものづつみなれば、さも睦び給はぬを、ねたしとなむ思ひける。





もともと、受領という、低い身分に生まれついた者は、かえって、身分の高い方の、真似をすることに、気を張り、お高くとまる者も、多いが、高い家柄でありながら、こんなに落ちぶれてしまう、運命だったからなのかと、情け無い心を持った、叔母だった。
私は、こんな低い身分で、今まで軽蔑されていたのだから、なんとかして、落ちぶれた、この折に、姫君を娘たちの、召使にしてやりたいものだ。考え方など、古いが、安心できる、世話役になるだろうと、思い、叔母は、時々、私のところに、遊ばしてください。お琴の音を、伺いたいものがおります、と、申し上げた。
この侍従も、いつも、お誘いするのだが、人に逆らう気持ちからではなく、ただ、酷い、こちたき、御ものづつみ、はにかみやなので、その程、親しくしないことを、叔母は、憎らしいと、思った。


末摘花の、生活の様子を、書き付けている。
それに対して、源氏が、救いの手を、差し伸べるのである。

上流貴族、または、皇族にあった者が、落ちぶれた様子が、解る。
この、身分というものは、江戸時代まで、続くのである。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第10弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。