2010年01月13日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 13

ホテルに戻り、少し休憩する。
そして、私は、浴衣に着替えた。
二つのバッグを持って、出掛けた。

先ほどの、小屋が建ち並ぶ、地区へ出掛けた。

パダンの日差しは、とても、強い。10分もすると、日焼けする。
更に、昼間は、暑い。

ホテルが、ビーチに近くて、良かったのである。

まず、入り口から、挨拶して入ると、赤ん坊を抱いた、若い男がいた。
必要ですか、と、衣服を見せる。
頷く。

赤ん坊の衣類を出して、渡す。
すると、奥から、男が出てきた、こっちへ来てくれと言ってように、聞こえた。
奥に入ってゆく。

少しずつ、人が出て来た。

私を呼んだ男が、子供が三人いるという。
ボーイが、二人、ガールが一人である。
そこで、衣服を出した。

私が、衣服を広げると、皆が寄って来た。
必要なものを、勝手に取り始める。

どんどんと、人が出て来る。
そして、最後に、一人のイスラムの衣服をした、おじいさんが、出て来た。

彼は、その地区のリーダーである。
私たちは、丁寧に挨拶した。
向こうも、手を差し伸べてくる。
握手をして、コータが、英語で、話した。

インドネシアの人が好きです。イスラムの人たちが、好きです。

おじいさんは、頷いて聞いた。

女の子の服が、沢山ある。
それぞれが、取るが、まだ、余っている。
すると、一人の、おばあさんが、それらを、皆、かき集めて、胸に抱く。
先ほどの、男が、自分の母親だと、紹介する。
おばあさんは、他の人のために、かき集めたのだろう。

最後に、フェイスタオルを取り出すと、皆が、駆け寄って、取る。
歓声が上がる。
タオルは、貴重品である。

どこでも、喜ばれた。

汗を流して、すべての、衣類を差し上げた。

私たちに、場所を教えた、若者が、入り口の、自分の小屋の前で、サンキューと言う。

時間にして、15分足らずの支援である。

入り口を出ると、一人のおじさんが、私たちにも、下さいと言うように、聞こえた。
そこで、明日、持って来ると、言った。

ある程度の、英語が通じるのが、助かった。

その辺一帯は、漁師たちの、生活の場である。
もしくは、ビーチに、店を出している人たちである。

しかし、見るところ、ほとんど、商売には、なっていない。

更に、地震の後は、観光客も来ないのであるから、生活は、大変であろうと、想像した。

そこから、川と、海の交わる場所に出て、小さな港を見た。
向こう側が、明日行く場所である。
そこで、慰霊を行い、支援を行う予定である。

渡し舟があり、明日は、それに乗ることにした。

まさか、そこに、日本軍が基地を作ったとは、知らない。
防空壕や、大砲まで、あったのだ。

ホテルまで、歩いて帰る。
一時間ほどの時間だったが、汗だくである。

ペットボトルの水を買う。
一本、5000ルピアである。
二本買い、一万ルピア、100円である。

ホテルに戻り、浴衣を、干す。クリーニングには、出せないので、干すしかない。明日も、着る予定である。

夏物の、絽の着物などは、着られない。
それほど、汗が酷いのだ。

シャワーを浴びて、ベッドに横になる。
それが、一番の休憩である。

ホテルの近所には、沢山の、レストランや、食堂がある。
食事をする場所に、困ることはない。

朝食は、ホテルで出る。

食べ物に関しては、何も、心配がなかった。

夜は、カラオケもある、ホテル前の、レストランに行くことにする。
そこで、まさか、日本の歌を歌うとは・・・

それまで、部屋で、休んだ。




最後の沈黙を破る 43

新興宗教が、隆盛を極めるのは、おおよそ、60年間である。
その後は、次第に、衰退する。

ある宗教が、隆盛を極め終わるということは、その背後についた霊団が、離れるということである。

何故、離れるか。
次に乗り換えるためである。

その、霊団は、いくつかある。
それらが、新しい、霊能力を持つと、自称する者の背後に、憑く。
そして、急成長する。

すべては、魔界関与のものである。

その証拠は、建物を建てる。
建物を建てるには、お金が必要である。
信者から、搾取すするのである。

背後の霊団は、それが、楽しいのである。

一つの街を作り上げた、宗教がある。
搾取の宗教と、言われた。

その教組は、奉仕と、与えることに生きた。
だが、その後の、教団が、逆を行うのである。
それで、背後の霊団が、本当の、姿を現したということである。

教組の生き方は、素晴らしかった。だが、その後が、よろしくないというが、それは、違う。教祖も、おかしかったのだ。

慈悲魔というのである。

人を助けて、慈悲魔になる。

それも、背後の霊団のゆえである。

宗教を造るためには、背後の霊団は、人を容赦せず、使う。使い切るのである。

亡き人の、霊からの言葉を、多く語る教祖がいる。
有名人の、霊からの、コンタクトであるというが、その証拠は、無い。

全く、別の霊が、それであると、名乗っている場合、多々あり。

本人が、そう信じているだけである。

インドの、サイババに似た霊能力を持っていた、日本人の教組がいた。

彼も、背後の霊団を、見抜けなかった。
だから、その後の、宗教法人は、衰退してゆくのである。
すでに、他の宗教団体の背後に、回った。

インドに、聖者が多く出現するのは、インドが、魔界に取り込まれている、ゆえである。
そのインドから、日本にも、多くの、神なるものが、乗り込んできた。

仏典と一緒に、である。

大乗仏教経典は、それらの、魔界の神々を、仏の守護とした。
釈迦仏陀が、最も、嫌ったことである。

釈迦仏陀は、霊、霊界などについて、一言も、言わない。
更には、霊能力も、無視した。

徹底して、人間としての、心のあり方を、見詰める方法を、伝えた。

更に、超越した存在も、置かなかった。
置く必要が無いのである。

自然に、満ち溢れるものを、見詰めて、内省してゆけば、自ずと解ることだからだ。

釈迦仏陀は、一言も、信じることを、勧めなかった。
ただ、心を静かに、整えることのみに、専念するようにと、教えた。

勿論、念仏も、題目も無かった。
怪しい、加持祈祷なども無かったどころか、それらを、否定した。

呪術を否定し、あらゆる、妄想を否定した。

仏滅後、しばらくは、それが、続いたが、その教えを、整理して、統一する段階に入り、おかしくなる。

インド伝統の、思想などの影響にもよるが、屁理屈になっていった。

ただ、救いは、釈迦仏陀の、瞑想法が、生き残っているということだ。
それは、宗教組織と関係なく、行われている。

宗教組織になると、誤るということ、明白である。

さて、日本の神社神道系ではない、教派神道といわれる、新興宗教の、一つから、多くの、新興宗教が生まれた。

背後霊団の、分裂が激しく、如何に、その二人の、開祖が、魔物に冒されていたかということだ。

更には、古神道の復興と称して、多くの誤った情報を、信者に伝えた。
信者の中には、そこから、霊的能力を得た者も、多い。

魔物だから、いくらでも、増える。

更に、更に、分派していった。
彼らは、宗教がいかに、金を得るかを見て、独立していったのである。
魔物の世界である。

そして、信じる者は、騙されて、更に、騙され続けるのである。

メシアとして、名高いのは、主イエスである。
しかしそれは、キリスト教という、魔物に化けた。
政治権力と、結託して、世界宗教に、のし上がった。

主イエスは、ユダヤ教の改革者であり、キリスト教を創設したのではない。
初期、キリスト教とは、ユダヤ人のものだった。

キリストとは、メシアという意味であるから、メシアであるイエスの教団である。

日本語に訳すと、救世主教である。
昔は、天主教といったが、違う。

初期キリスト教徒を、皆殺しにして、ローマカトリックが、成り立った。

さて、今、世界で、急速に信徒が多くなっているのが、イスラム教である。

魔力の力が、強力だということである。

初期イスラム教は、武器を持って、信者を増やした。
そして、政治権力と、結びついて、確実なものとする。

為政者、支配者にとって、宗教ほど、都合の良いものはない。

日本でも、大型の宗教は、政党を掲げている。
政治権力と、宗教を持って、世に臨んでいる。
それは、上の者の、野心に他ならない。

釈迦仏陀も、主イエスも、政治に関与せず、また、建物を造らなかった。
釈迦仏陀は、寄進された場所で、教えていた。

しかし、本人は、徒歩で、教えを伝えていた。

見事なことは、書き物を残さなかった。
何故か。
その解釈により、教えが、歪むことを、知っていた。

現に、今では、解釈で、本当の教えさえ、分からないのである。

釈迦仏陀は、太陽系の霊系であり、主イエスは、ユダヤの神の、使者としてきたが、途中で、転向したゆえに、ユダヤ教を、改革できず、その神と、対立した。

その背後の、霊団は、凄まじいばかりの、戦いを行ったはずである。

そして、ついに、ユダヤ人によって、十字架刑に及んだ。
それによって、ユダヤ教から、独立して、イエスの教会が出来たが、それも、奪われることになった。

ヒマラヤ霊系である。
そこから、ユダヤ、キリスト、イスラム教が、起こっている。

旧約聖書を、念入りに読めば、それらの、関係が、理解される。

この宇宙に、超越した、絶対者は無い。
つまり、絶対的、神とか、仏は無い。

存在するのは、霊である。

主イエスは、だから、聖霊に対する罪は、許されないと、言明した。

すべては、霊のなすことだからである。

日本の伝統は、祖霊崇敬である。
信仰ではない。

更に、日本の伝統には、宗教という、概念がない。
ゆえに、教組も教義もない。
ただ、所作だけがある。

言挙げせず、なのだ。

大切なことは、すべて、所作を持って伝えた。
言葉の世界が、いかに、変化し、歪なものになるかを、知っていたようである。

更に、日本の伝統所作のみに、清め祓いというものがある。
それは、見事に、優れたものである。
国の祭祀は、天皇が行い、それぞれの、地域では、神職をおかず、皆が、それぞれで、祭祀を行った。

職業、宗教家を置かなかったということである。

つまり、何一つの、所有物を持たないのである。
祭りは、奉りであり、奉る、たてまつる、ことである。

それは、自然の樹木などを、依り代にして、つまり、霊の場として、祭祀し、終わると、また、自然に戻した。

社、やしろは、霊の住まいであり、信者を集めて、説教する場ではない。
基本的に、建物を、必要としないのである。

欧米の宗教学で言えば、偶像崇拝ではないのである。

社の中には、大きな、鏡を置いているだけである。
ご神体とは、便宜上である。

あの、伊勢神宮でさえ、皇祖皇宗をお奉りする建物は、高床式の、掘っ立て小屋である。

紙一枚でも、霊は、降臨するという、所作がある。

そして、祝詞を、献上するのみ。
文字の通り、お祝いの詞を、述べるのである。

その言葉が、言霊として、すでに、霊になるのである。

こちらも、霊で、あちらも、霊である。
更に、願い事も、しない。

こころだに 誠の道に かないなば 祈らずとても かむや守らん
菅原道真

神、カミ、ではない。
かアむウ、である。
アは、開く。ウは、お出でを乞う意味である。

そして、お送りる時は、オーーーー、である。

拍手は、清める意味である。

神社神道では、二拝、二拍、一拝である。

私は、2拍で、拝無し、2拍である。
拝は、祝詞を挙げる。

天皇陛下は、拝のみである。
伊勢神宮以外の、社は、天皇陛下より、格式が低いのである。

天皇陛下は、国家の祭祀であるからだ。
伝統である。

これは、宗教という、観念を超えたところのものである。
日本の、政治は、政、まつりごと、といわれるように、祭祀が、中心である。

勿論、今、現代社会に置いては、政治家に、具体的政治を、任せる。
天皇は、それを、国民の総意として、承認される。

昭和天皇が、敗戦によって、退位されなかったことは、奇跡的である。
最後の最後まで、国民と、共にありたいのと、ご意志である。

全国行幸の際に、陛下は、戦争の犠牲の、様々をご覧になり、断腸の思い深くし、日本を立て直すために、全力を懸けた。

小さな子が、肩に、両親の遺骨をかけて、天皇に拝謁した時、天皇陛下のために、死にましたと、言った。
陛下は、絶句したまま、起立して、動けなかったという。

それが、至る所であった。
通常の人間ならば、狂う。

日本の伝統が、陛下によって、示された。

日本に、宗教は無い。
伝統が、息づいている。

天皇の、背後霊団は、皇祖皇宗であり、祖霊である。
ここに、一点の、揺らぎも無い。

私の、古神道の所作も、天皇陛下あっての、所作となるのである。

日本の正式名称は、とよあしはらのみずほのくに、である。
天照るかむの、時代に、制定された。

更に、天皇の、正式名称は、すめらみこと、である。

そして、高天原とは、天照るかむの、都である。
富士山麓に存在した。

これ以上は、天皇陛下について、で、書くことにする。

posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ 473

蓬生 よもぎふ

藻塩たれつつ侘び給ひし頃ほひ、都にも、さまざま思し嘆く人多かりしを、さてもわが御身のより所あるは、ひとかたの思ひこそ苦しげなりしか、二条の上などものどやかにて、旅の御すみかをもおぼつかなからず聞えかよひ給ひつつ、位を去り給へる狩の御よそひをも、竹のこのよの憂き節を、時々につけてあつかひ聞え給ふに、なぐさめ給ひけむ、なかなかその数と人にも知られれず、立ち別れ給ひし程の御有様をも、よその事に思ひやり給ふ人々の、下の心くだき給ふたぐひ多かり。




海人にも似た、苦しい生活をされていた時期、都でも、あれこれと、心を痛める、女も、多かった。それでも、暮らしに困らない方は、君を思い、その苦しみは、人の見えるほどだった。二条の上なども、生活の苦労は、知らず、都を離れた、お住まいにも、心配ない程度に、手紙のやり取りをして、退官されて、質素なお召し物にしても、この世の憂きことに、季節ごとに、お世話して、心を静めていただろう。
だが、なまじ、愛人の一人と誰にも、認めてもらえず、都を離れる際に、その姿を見る事が出来ず、想像するだけだった、方々で、人知れず、苦労された人も多いのである。




常陸の宮の君は、父親王の亡せ給ひにし名残に、また思ひあつかふ人もなき御身にて、いみじう心細げなりしを、思ひかけぬ御事の出で来て、とぶらひ聞え給ふ事絶えざりしを、いかめしき御勢にこそ、事にもあらず、はかなき程の御情ばかりと思したりしかど、待ち受け給ふ袂の狭きに、大空の星の光をたらひの水にうつしたるここちして、過ぐし給ひし程に、かかる世の騒ぎ出で来て、なべての世憂く思し乱れし紛れに、わざと深からぬ方の心ざしはうち忘れたるやうにて、遠くおはしましにし後、ふりはへてしもえ尋ね聞え給はず、その名残にしばしは泣く泣くも過ぐし給ひしを、年月経るままに、あはれに淋しき御有様なり。





常陸の宮の君、つまり、末摘花のことである。
父の親王が、お亡くなりになった後は、他に面倒をみる人も無く、生活も、大変難しく見えたが、思いがけない事があり、源氏の、仕送りが、絶えなかった。
それは、大変な威勢から見れば、取るに足りないものだったが、受け取る方は、貧乏な生活なので、まるで、空の星の光を、小さな盥の水に映してみるような、気持ちがして、日を送っていらした。
このような、天下一の大事が起こり、世の中、すべてが、辛いものと、思い違いされて、特別に、深くない方々への、愛情は、忘れたことであろうと、遠く須磨に行かれた後は、便りもされなかった。
その後は、しばらく、泣きながら、過ごしていたが、年月が、経つにつれて、気の毒な、淋しい様子である。




ふるき女ばらなどは、老女「いでや、いと口惜しき御宿世なりけり。おぼえず神仏のあらはれ給へらむやうなりし御心ばへに、かかるよすがも人は出でおはするものなりけりと、ありがたう見奉りしを、おほかたの世の事といひながら、また頼むかたなき御有様こそ悲しけれ」と、つぶやき嘆く。さるかたにありつきたりしあなたの年頃は、いふかひなき淋しさに目馴れて過し給ふを、なかなか少し世づきてならひにける年月に、いと堪え難く思ひ嘆くべし。すこしもさてありぬべき人々は、おのづから参りつきてありしを、皆次々に従ひていき散りぬ。女ばらの命堪へぬもありて、月日に従ひて上下の人数少なくなりゆく。





古くからの女房などは、ああ、まことに、口惜しい運であった。おもいがけずに、神や仏が、現れたような扱いだったのに、このように、頼りになる、お方も姫のために、お出でになることもあったと、嬉しく思っていたのに、われらには、関係ないことと、申すものの、あのお方のほかには、頼むところがない、身の上が悲しいことと、ぶつぶつと、嘆く。
貧しい生活が長い、過去の幾年かは、お話にならない、淋しさも、特に何とも思わずに、姫は、過ごしていたが、なまじ人並みの生活をした月日のため、女房たちは、こらえ切れない、思いで、嘆く。少しは、役に立ちそうな、女房たちも、招かずとも、お仕えしたりしたが、今では、次から次と、引き続いて、去ってしまった。
女房の中には、生きながらえないものもあり、日がたち、月がたつにつれて、上の者、下の者も、数が少なくなっていく。




もとより荒れたりし宮のうち、いとど狐のすみかになりて、うとましうけどほき木立に、ふくろうの声を朝夕に耳ならしつつ、人げにこそさやうのものもせかれてかげかくしけれ、こだまなど、むしからぬものども、ところを得て、やうやう形をあらはし、もの侘びしきことのみ、数知らぬに、まれまれ残りてさぶらふ人は、女房「なほいとわりなし。この受領どもの、おもしろき家造りこのむが、この宮の木立を心につけて、はなち給はせてむや、と、ほとりにつきて、案内し申さするを、さやうにせさせ給ひて、いとかうもの恐ろしからぬ御住居に思しうつろはなむ。立ちとまりさぶらふ人も、いと堪え難し」など聞ゆれど、姫「あないにじや。人の聞き思はむこともあり、生ける世に、しか名残なきわざはいかがせむ。かく恐ろしげに荒れ果てぬれど、親の御影とまりたる心地する古き住みかと思ふに、なぐさみてこそあれ」と、うち泣きつつ、思しもかけず。





もともと、荒れていた、邸の内には、ますます、狐の住処になってしまい、気味悪く、人気のない木立に、ふくろうの声を朝夕と、耳にして、人の気配があれば、そういうものも、影を隠したが、今は、木の精霊など、奇怪な物が、次第に、姿を現し、ぞっとすることばかりが、数え切れない。
残って、お仕えする女房は、やはり、何とも、しかたありません。受領どもで、結構な建築を好む者が、この宮の、木立に目をつけて、手放さないかと、ツテを求めて、申し入れますが、そのようにして、これほどに、恐ろしくないお住まいに、移ることを、考えましょう。今、残って奉公を続ける者も、我慢が出来ません。と、申し上げる。
姫は、まあ、酷いこと。世間の外聞や、思惑もあります。私が生きている限り、そんな父宮を、無にするようなことが、できるでしょうか。こんなに、気味悪く、荒れ果ててしまったが、父宮の、面影が残る、昔からの、住処だと、思えばこそ、心が静まりもしますのに、と、涙を流して、取り合わないのである。



posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第10弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。