2010年01月12日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 12

隣の部屋の、若者二人は、私たちより、先に部屋を出た。
友人と会うと言っていた。

私たちも、チェックアウトの時間、12時に合わせて、出る準備をする。
フロントで、タクシーを頼む。

次のホテルに、行く前に、タクシーで、少し、街中を見て回ろうと思った。

今回の慰霊では、線香を使いたいと思い、タクシーで、それを買おうと思った。が、タクシー運転手が、中々、理解しない。
更に、乗り込んで走り始めたが、メーターを下ろさないのである。

私は、メータと、指したが、パダンでは、メーターは、使わないと言う。
これは、嘘だと、思い。それでは、幾らかと、聞くと、一時間、10万ルピアという。
1000円である。

それでは、一時間有効に使おうと思った。
街中の、倒壊した建物の前では、止まり、写真を撮った。
至る所に、倒壊した建物がある。
ほとんどは、ホテルだった。
瓦礫の山も多い。
そのままにしてある、建物が目に付いて、驚いた。

中華街の入り口で、止まった。
中国寺院がある。
ああ、線香があるということだ。
確かに、入り口に、線香があった。それは、お参りする人のためである。
私は、その一つの束を取って、一応、お参りの形をすると、中にいた、中国人の、おじさんたちが、声を掛けてくる。

日本語で、ありがとうと、言う。
線香を頂いたので、布施箱に、5000ルピアを入れた。すると、また、ありがとうと、言われた。

ほんの少しの時間を過ごして、また、タクシーに乗り込む。
ビーチ沿いに出て、川を越える、橋を渡る。
公園になっている場所を、走った。
だが、そこには、沢山の家というか、小屋が建っている。

小高い山が、ビーチに突き出ている形だ。
そこの山に登ることになるとは、考えなかった。

川岸で、タクシーを止めて、日の丸を取り出し、簡単に祝詞を、唱えて、慰霊をした。
周囲の人や、子供たちが、集まってきた。
その時は、荷物が、車のトランクにあるので、渡すことが出来なかった。
明日、もう一度、来ることにする。

そして、ホテルのある場所に、戻ることにした。
一時間は、かかっていない。
支払いを、コータに任せた。

コータが、運転手に幾らかを問うと、運転手は、幾らでもと、言ったらしいので、コータは、五万ルピアを出すと、いや、足りないと言った。では、幾らかと、問うと、10万と言うのである。

兎に角、最低、10万ルピアが、欲しいのである。
確かに、タクシーは、大変である。
ほとんど、利用する人がいない。

地元の人たちは、ミニバスを利用する。観光客が少ないので、タクシーは、上がったりである。

私たちも、ミニバスを利用することにした。
一度の料金が、2000ルピア、20円である。

遠くても、乗り継ぎして、行けばよいのである。

以後、帰りの空港以外は、タクシーに乗らなかった。

ホテルの部屋は、フロントの横である。
これは、安全である。
必ず、24時間、フロントには、人がいる。
見張りがいるから、安心出来る。

最低のものが揃っていた。
シャワー、ホットシャワーであり、トイレも、手動の、尻拭き水がある。
尻拭き水とは、私が、命名した。
手動で、水が出るのである。
それだと、手を使うことがない。

ところが、幸運が訪れる。
翌日の朝、夜に雨が降ったせいか、雨漏りが、はじまった。
それを、すぐに、フロントの女の子に言うと、部屋を替えてくれるという。
そして、新しい部屋に入る。ところが、その部屋のトレイの水が、流れないのである。
これでは、糞をするたびに、バケツに水を汲んで、流さなければならない。
また、早速、それを言うと、今度は、申し訳ないので、料金の高い部屋にと、移動させられた。

その部屋が、一番上等の部屋だった。
そこに、同じ料金で、三泊する事が出来た。
バスタブの付いている、広い、バスルームであり、部屋自体も広い。
更に、ツーベッドである。
三四人が泊まれる部屋である。

その部屋も、フロントの目の前の部屋であるから、安全である。

その部屋に、荷物を入れて、落ち着いた。

いよいよ、計画通り、慰霊と、支援の予定である。

散歩がてらに、昼の食事をすることにした。
コータが、食べたという、レストランに入ることにした。

パダン料理であるが、洗練された雰囲気である。
ジュースも、絞りたてが出る。
その、トマトジュースが、旨かった。

料金は、少し高めである。
二人で、500円程度だった。

その後、ビーチに出た。
そこで、支援の必要なところを、探した。

コータが、イスラムのモスクのトイレに入っている間、一人の、サーファーから、声を掛けられた。
日本人も、サーファーに来ると言う。
そこで、私は、衣服があるが、必要なところがあるかと、尋ねると、目の前の、一角を指して、そこの、グループは、貧しいと言う。

更に、この辺りは、皆、貧しいと言う。
確かに、小屋が、固まっている。

コータも出てきて、話をした。
結局、彼も、そこに住まいがあった。
驚くべき、小屋だった。
三畳ほどの、小屋に、半分ほどの、板の間がある。
そこで、寝るのだろうと、予想した。

夕方、もう一度、衣服を持参して、来ることにした。

一度、ホテルに戻り、休む。



最後の沈黙を破る 42

霊能力とは、いまだ、未開の分野である。
だから、当たると、評判になると、人が集う。
また、病気治しなども、然り。

私の知り合いが、気功から、スピリチュアルヒーラーになったと、聞いた。
その彼は、そんな世界とは、無縁の存在だった。

それが、ある気功家との出会い、そして、断絶から、彼自身が、その能力を得たのだろう。

更には、霊払いもするという。

霊能力とは、霊的存在によって、成るというものである。
つまり、その背後にある、霊的存在が、関与する。

そして、その関与する、霊的存在が、何者であるのかを、彼は、また、多くの、霊能者は、知らない。

魔的存在の、霊ならば、どうであろうか。

力は、当然、強い。
だから、未来透視も、よく当たる。
病気も、よく治す。

しかし、未来を知らぬ、病気になったというのは、三次元では、深い意味がある。

未来を予測して、当たったとして、一体、何の利益があるのか。

病になることによって、得るものが、多々ある。

それを、霊能力で、取り払うということは、どこか、おかしい。

更には、彼らの口から、神や、仏という言葉が出るときである。
彼らが言うところの、神や、仏とは、何物かを、誰も判断できないのである。

例えば、仏教を、守護するという、インドの神々は、魔神である。

大乗仏教から、それらの、魔神を、仏の教えを、守護する神々、諸天善神と、名づけた。

とんでもない、誤りである。

日蓮宗系は、それらを、真っ当に、善神として、奉るのである。
知る者にとっては、驚きを通り越し、知らないということの、恐ろしさを知る。

魔神は、ことのほか、力が強いゆえに、奇跡を行う。

本来、神や、仏といわれる、霊的存在は、奇跡は、起こさないと、決まっている。
必要ないからである。
自然そのもの自体、生きていること自体が、奇跡である。

その背後の、霊的存在を知らず、単に、能力があるように、錯覚して、多くの罪を犯す。そして、罪の意識さえも、持たないという、アホなのである。

霊能者と、長く付き合いと、必ず、矛盾が起きてくる。
一年前と、今とで、言うことが、違うのである。
一貫していない。

それは、背後の霊的存在に、支配され、いいように、使われているからである。

よく当たるとか、よく病気を治すという、霊能者ほど、それが、多い。

そして、結果、宗教を起こす者もいる。
新興宗教の、出来上がりである。

その特徴は、先祖供養である。
一番、無難な供養を、掲げる。

先祖は、供養するものではなく、崇敬するものであると、知らない。

先祖が、霊界で、苦しんで、子孫に、それを、教えて、障る、というようにことを、平然として言う。

先祖は、先祖であり、子孫は、子孫である。

つまり、私は、私の、自業自得を生きる。
そして、先祖は、生きてきた人生の、自業自得を、受けているだけである。

誰も、他者、先祖といえども、手出しは出来ないのである。

それが、霊界の、仕組みである。

先祖の、苦しみを、取り除くために、供養するという、話は、成り立たない。

更に、神や仏といえども、霊的存在であり、神でも、仏でもない。
それは、単に、霊なのである。

神仏は、妄想である。

霊を、神とか、仏とか、便宜上、呼んでいるだけである。

このような、啓示を頂きましたというが、それが、どこのレベルの霊界の、霊の情報か、本人も解らないのである。

本当に、霊能力がある人は、奇跡も、予言も、病気を治すこともしない。

それでは、何をするのか。

生きることを、実践しているだけである。
例えば、病気を治す能力のある、霊能者は、治るために、すべき、方法を示すのである。
透視能力のある人は、それを、言葉にすることなく、相手が、知る術を教える。

答えないのである。

答える必要が無い。

この世に生まれて、生きているということは、己の問題なのである。
それに、手を掛けるというのは、傲慢不遜である。

傲慢不遜になれるのは、悪霊、魔神の、類と、決まっている。

posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ 472

大臣聞き給ひて、院より御けしきあらむを、御けしきあらむを、ひきたがへ横取り給はむを、「かたじけなき事」と思すに、人の有様のいとらうたげに、見放たむは又くちをしうて、入道の宮にぞ聞え給ひける。




源氏の内大臣は、院からの、御所望があるのに、それに背いて、横取りしては、恐れ多いことだと、思う。だが、斎宮の様子が、あまりに可愛らしいので、手放すのも、残念だと思い、入道の宮に、相談した。




源氏「かうかうのことをなむ思う給へわづらふに、母御息所、いと重々しく心深きさまにものし侍りしを、あぢきなき好き心にまかせて、さるまじき名をも流し、憂きものに思ひおかれ侍りにしをなむ、世にいとほしく思ひ給ふる。この世にて、その恨みの心とけ過ぎ侍りにしを、今はとなりてのきはに、この斎宮の御事をなむ、ものせられしかば、「さも聞きおき、心にも残すまじうこそは、さすがに見おき給ひけめ」と、思ひ給ふるにも、忍び難う、大かたの世につけてだに、心苦しきことは、見聞き過ぐされぬわざに侍るを、「いかでなきかげにても、かの恨み忘るばかり」と思ひ給ふるを、内にもさこそおとなびさせ給ひたれ、いときなき御よはひにおはしますを、すこし物の心知る人は侍はれてもよくや、と思ひ給ふるを、御さだめに」など聞え給へば、




源氏は、これこれのことで、思いあぐねていますが、母御息所は、実に、落ち着いた、思慮深い方で、私の困った遊び心から、悪い浮名を流し、嫌な男と、恨まれたままになりました。なんとも、気の毒に思います。生きている間は、その恨みが晴れず、終わりましたが、ご臨終に際して、斎宮の事を、おっしゃり、私を頼みになる人との話しから、判断して、打ち明けて、頼もうと、恨みは恨みとして、信頼されたかと、思います。
我がことに、関係ないことでも、いたわしい話は、黙っているわけには、いられませんので、何とかして、あの、恨みを忘れてくださるほどのことをと、思います。
主上におかれても、あれほど、ご成人あそばしましたが、幼く、いらっしゃるので、少しは、分別のつく方が、お傍においでになっても、よろしいだろうと存じます。
ご判断に従いますと、仰る。




藤壺「いとよう思しよりけるを、院にも思さむことは、げにかたじけなう、いとほしかるべけれど、かの御遺言をかこちて知らず顔に参らせ奉り給へかし。今はた、さやうの事わざとも思しとどめず、御おこなひがちになり給ひてかう聞え給ふを、深うしも思しとがめじと思ひ給ふる」源氏「さらば、御けしきありてかずまへさせ給はば、もよほしばかりのことを、そふるになし侍らむ。とざまかうざまに思ひ給へ残すことなきに、かくまで、さばかりの心構へもまねび侍るに、世の人やいかにとこそはばかり侍れ」など聞え給ひて、後には、げに知らぬやうにて、ここに渡し奉りてむ、と思す。




藤壺は、それは、よく気づきました。院の思し召しは、勿体無く、お断りしては、お気の毒ではありましょうが、母君のご遺言にかこつけて、知らないふりで、入内させて、あげなさいませ。院は、今、そういうことには、格別に、気を留めず、勤行第一になり、このように、申し上げても、深く咎めることは、ありません。
源氏は、では、こちら様に、入内の意向がありと、考えていただけましたなら、私は、ただ、口添えするということに、いたします。あれこれと、手落ちのないように、考えつくして、これ程、考え、案じましたことを、申し上げましたが、それでも、世間の者が、どんな噂をするのか、気がかりでございます。などと仰り、後日、お言葉に従い、知らぬふりで、二条の院に、お移しいたしましょう。と、思うのである。




女君にも、源氏「しかなむ思ふ。語らひ聞えて過ぐい給はむに、いとよき程なるあはひならむ」と、聞え知らせ給へば、うれしきことに思して、御わたりのことをいそぎ給ふ。



女君にも、源氏は、このように思います。
話し相手になるのに、丁度良い、お年同士でしょうと、話すと、嬉しいことと、思い、斎宮の移転の支度をされる。

女君とは、紫の上である。




入道の宮、兵部卿の宮の姫君を、いつしかとかしづき騒ぎ給ふめるを、大臣のひまあるなかにて、「いかがもてなし給はむ」と、心苦しく思す。
権中納言の御女は、弘微殿の女御と聞ゆ。大殿の御子にて、いとよそほしうもてかしづき給ふ。上もよき御遊びがたきに思いたり。藤壺「宮の中の君も同じ程におはすれば、うたて雛あそびの心地すべきを、おとなしき御うしろみは、いとうれしかべいこと」と思し宣ひて、さる御けしき聞え給ひつつ、大臣のよろづに思し至らぬことなく、おほやけがたの御後見はさらにもいはず、明け暮れにつけて、こまやかなる御心ばへの、いとあはれに見え給ふを、頼もしきものに思ひ聞え給ひて、いとあつしくのみおはしませば、参りなどし給ひても、心やすく侍ひ給ふことも難きを、すこしおとなびて、添ひ侍はむ御後見は、かならずあるべきことなりけり。



入道の宮は、兄、兵部卿の宮が、姫君を早く入内させたいと、お世話に、忙しいが、大臣は、仲が、おもしろくない間柄ということで、どういう扱いをするかと、心配する。

権中納言の姫は、弘微殿の、女御と申し上げる。太政大臣の御子として、大変美しく、大切にされている。主上も、良い遊び相手と、思っている。
藤壺は、兵部卿の、宮の中の君も、同じ年でいらっしゃるから、困ったこと。
お人形遊びの感じがしますのに、年上の世話役は、嬉しいことでしょう、と、入道の宮の言葉があり、主上に、御意向を奏上されたり、大臣が、何から何までの、気の使いようで、政治の補佐役だけではなく、日常のことにつけても、主上に対する、細心のご配慮が、身に沁みて、嬉しく見えるのであり、頼もしく思い、ご自身は、病弱であるため、参内されても、気遣いなく、お傍に、いることも、難しいので、少し年たけて、お傍に付く、世話役は、是非必要なことであった。

いとあはれに見え給ふを
ここでは、細やかな心遣いを、大変、あはれ、とは、嬉しく見える、のである。

澪標、みをつくし、を、終わる。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第10弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。