2010年01月07日

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 7

ジャカルタ最後の日、つまり、四日目の朝である。

コータは、寝ていた。
昨夜、カラオケに出掛けている。
私の、寝ている間に、戻っていた。

私は、タバコを吹かしつつ、ぼんやりと、外を眺めた。
今時期は、ジャカルタの、雨季の終わりであるが、雨に当たらなかった。

今日も、晴れである。

時計を見ると、六時を少し過ぎている。

日本時間で、八時なので、実家の母に、電話をする。
ただ、声を聞かせれば、安心するので、電話をする。

ああ、大丈夫かい、解った
それだけである。

母は、話も、ろくに聞かずに、電話を切る。国際電話は、高いと、思っている。
私も、コータも、携帯電話を、持っている。

私たちの携帯は、それぞれの国に行き、内部のチップを変えると、どの国でも、使用できる。
勿論、期限があるので、注意。

大体、半年以内であれば、番号を変えることなく、使用出来る。

今回は、コータの電話だけを、使った。

だが、私は、自分の携帯電話の、それぞれの、国の番号を知らないのである。

必要な時は、メモを見る。
日本の携帯電話の番号も、覚えていない。

尋ねられるたびに、手帳のメモを見る。
どうして、覚えられないのか、解らない。

カーテンをすべて開けると、部屋が、明るくなる。
コータが、目を覚ました。
だが、すぐ、起きることは無い。

どうだったーーー
カラオケである。
売春だね
それだけで、意味が解った。

飲み代は、安い。
そこに、みやび、という、女たちが着く。それが、売春斡旋である。
みやび、とは、日本占領時代の名残のようだという。

みやび、と、呼ばれた女たちは、皆、体を売る。
一日、一緒にいると、80万ルピア、つまり、8千円。
セックスが付くと、180万ルピア、つまり、1万8千円であるという。

コータは、それは、ボラれる値段だという。
そんなに、しないはずだと。

日本人だと、解っての、値段である。

8千円で、十分だと、言う。
やり手婆あがいる、のである。

朝、五時まで、営業していて、地元の、男たちも、来ていると、言う。
ただ、彼らは、お金が無いから、歌うだけだとのこと。

女を買うのは、中華系と、韓国系であるらしい。

ホテルの、部屋は、三時間使用と、六時間使用がある。

実は、私は、それを、間違えて、三日間使用だと、その料金になり、六日間使用だと、その料金になると、勘違いした。
英語力の無さである。

五階の部屋が、多く使用されるらしい。

更に、ストリップシューがあり、とても、激しいものだったとのこと。
コータは、体を擦り付けられて、飲み物を、ねだられた。
それが、彼女たちの売り上げになる。

ストリップシューに出演するのは、年増の女たちである。
全裸に近い、パンティ一つになるという。

コータの出費は、20万ルピア程度だった。つまり、2千円である。

ボーイや、歌う専門の女の子もいるという。
他の客が、コータに、ボーイも、みやび、だと言ったらしいが、真偽のほどは、解らない。
まあ、金を出せば、ボーイも、売るのであろう。

それで、カラオケの話は、終わりである。

スパは、風呂であるが、そこでは、何が行われるのか、分からない。
私は、ボーイに、マッサージを勧められたが、気乗りしなかった。

部屋にも、出張するというが、やり取りが、面倒である。
タイのように、マッサージの店が少ないのが、残念だった。

昼前に、飛行機のチケットを、買いに出掛けた。
ガイドブックには、5000円程度から、チケットがと、書かれてあるので、それを、鵜呑みにしていた。

ホテルの並びに、旅行代理店がある。
大きな通りが、三つ交差した場所を、通る。

信号が無いので、渡るのが、大変である。

ようやく、そこを通り抜けて、代理店に入った。
愛想のよい、若者の前に行った。
エアポートチケットと、私は、言ったが、通じない。
後は、コータに、任せることにした。




最後の沈黙を破る 37

北海道の、美唄市で、市有地に、神社があるのは、政教分離に反するとして、訴訟を起こし、最高裁判所にて、勝訴した。

それから、全国に、その問題が起こった。

誰の、所有でもない、古くからの、お宮、お社も、その対象となるのである。

政教分離は、戦後の、日本国憲法による。

明治に、国家神道という、神道を国教とする、憲法が発令された。
それ以後、神社、また、お宮は、すべて、国の所有になるのである。

神社によっては、千年の歴史のあるものもある。
つまり、神社は、宗教施設というより、伝統文化の上にあるものである。

神社のみならず、寺院も、然り。

ここで、政教分離という、考え方をもって、伝統文化である、お宮、お社に関して、憲法に違反すると、判断したとしても、せん無いことである。

お宮、お社は、宗教とは、判断できないのである。
しかし、キリスト教系、仏教系の、一部の者たちは、それを、宗教と、認定して、判断せよと、裁判所に、訴える。

宗教とは、宗教法人である。
しかし、昔から存在する、お宮、お社は、明確に、宗教法人という、法人格ではない。
それは、地域が、守り続けた、文化遺産である。

と、どうして、そのように、考えられないのかということが、問題である。

要するに、我が信仰の宗教という、概念によって、お宮、お社を、その範疇に収めるからである。

現在では、信仰云々ということよりも、地域の人々の、触れ合いの場であり、希薄になった、地域の人間関係を、深める場ともなる。
そのような、文化的存在が、それなのである。

また、神道に関しても、敗戦後に、マッカーサーが、宗教と、認定し、政教分離を推し進めるために、そのようにした。
しかし、実は、神道を調査した、アメリカの軍人は、神道に、宗教の姿を探す事が出来なかったという、事実がある。

それは、彼らの、認識外のモノだった。

彼らが、宗教と、考えている、一神教とは、全く異質なものだった。

更に、多神教というものでもなかった。

それは、そのはずで、日本の神道は、宗教ではない。
生活の中に、息づいている、伝統文化なのである。

これを、一神教の、国の人たちは、理解できないのである。

日本は、全く、異質な国である。

仏教を取り入れて、国造りをしたという、説も、あるが、日本は、神道、つまり、かむながらの道の、文化がある。
それは、人が神、かむに上がるという、考え方である。

絶対的超越した、神という、存在を置かない民族なのである。

神として、奉られる、神は、祖霊である。
先祖の霊なのである。

更に、各地にある、お宮、お社は、土地の守り神として、つまり、それは、自然を、崇敬するという意味である。

その自然の中で、生かされて生きているという、考え方であるから、政教分離云々の、分野ではない。

全く、見当違いも、甚だしいのである。

これから、各地で、この問題が、取り上げられる。

そして、訴訟に至る。

実に、馬鹿馬鹿しいのである。

バーミアンの仏教遺跡を、アフガンのタリバン政権が、破壊した時、世界中が、それに、遺憾の意を表明した。
それは、宗教ではなく、世界の遺産として、価値があるからだった。

いつの時代かもしれないほど、古い建物、貴重な存在は、保存して、大切にするというのが、文明社会である。

そこには、様々な、文明の、遺産が、残されてある。

政教分離の問題からは、遠い。
瑣末な、個人の、信条により、それらを、単に宗教施設として、認定するようなものではないのである。

お宮、お社は、神道であるから、宗教だと、決め付ける考え方は、暴力である。
その形によって、地域社会が、培ってきた、地域の伝統文化を、破壊するものであり、それは、タリバンが、バーミアンを破壊したものと、一緒である。

誰のものでもない、お宮、お社が、市有地であれば、なお更、良いことである。

文化遺産としての、お宮、お社と、考えて、政教分離の、お話ではないということを、理解すべきである。

偏狭で、不寛容、排他的な、宗教信者に、そのような、者が多い。
実に、嘆かわしい。

伝統文化は、個々人の、感情や、信条を超えてあるということを、知るべきである。

神仏は妄想であると、看破する私でも、歴史的建造物である、寺院などを、破壊するべきだとは、思わない。
それらは、守るべき、人類の遺産であると、思うのである。

posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ 467

かの明石の船、この響におされて、過ぎぬる事も聞ゆれば、「知らざりけるよ」と、あはれに思す。神のしるべを思し出づるもおろかならねば、「いささかなる消息をだにして、心なぐさめばや。なかなかに思ふらむかし」と思す。



あの明石の舟が、この騒ぎに、圧倒され、立ち去ったことを、惟光が、申し上げる。
源氏は、知らなかったと、不憫に思う。
これも、神の導きと、思うにつけ、軽く考えられないゆえに、ちょっと、便りだけでも、遣わして、心を慰めたいものだ。悲しく思っているだろうに、思う。

あはれに思す
あはれに思うのだが、それは、前後の文脈により、解釈が様々になる。

あはれ、という言葉の、使用度が、劇的に増すのが、この物語である。



御社たち給ひて、所々に逍遥をつくし給ふ。なにはの御祓へなど、殊によそほしう仕まつる。堀江のわたりを御覧じて、「今はた同じ難波なる」と、御心にもあらでうち誦じ給へるを、御車のもと近き惟光、承りやしつらむ、「さる召しもや」と、例にならひて、懐にまうけたる柄短き筆など、御車とどむる所にて奉れり。「をかし」と思して、たたう紙に、

源氏
みをつくし 恋ふるしるしに ここまでも めぐり逢ひける えには深しな

とて賜へれば、かしこの心知れる下人してやりけり。




住吉の社を、後にされて、方々残らず、お立ち寄りになる。
難波での、祓えなどは、格別立派にされる。
堀江のあたりをご覧になり、今は、同じ難波なる。身を尽しても、逢おうもの、と、感慨深く、漏らす言葉に、車の近くに、控えていた、惟光が、耳にしたのであろうか。
そのような、御用もあろうと、懐中に携帯した、柄の短い筆を、車を止められたところで、差し出した。
でかした、と、思いになり、たとう紙に、

源氏
身を尽して、恋い慕う、甲斐もある。ここ、澪標のある、難波までも来て、めぐり逢った。私たちの、縁は、深いものだ。

と書いて、お与えになったので、惟光は、あちらの事情に詳しい下人を遣わした。





駒なめてうち過ぎ給ふにも、心のみ動くに、露ばかりなれど、いとあはれにかたじけなく覚えて、うち泣きぬ。

明石
数ならで なにはのことも かひなきに などみをつくし 思ひそめけむ

たみのの島にみそぎ仕うまつる御はらへのものにつけて奉る。
日暮れがたになりゆく。夕潮みち来て、入江のたづも声をしまぬほどのあはれなる折りからなればにや、人目もつつまずあひ見まほしくさへ思さる。

源氏
つゆけさの 昔に似たる 旅ごろも たみのの島の 名にはかくれず

道のままに、かひある逍遥あそびののしり給へど、御心にはなほかかりておぼしやる。




こちらでは、駒を並べて、通ってゆくのを見ると、心は乱れるばかり。
簡単な、お手紙だが、いとあはれに、嬉しくも、もったいなく、思い、涙がこぼれる。

明石
身分の低い私である。何事も諦めている。何故、身を尽して、お慕いしますのか。
田蓑の島で、禊をお勤めする、御祓えに使う、木綿に、この歌を、つけて、献上する。
日が暮れてゆく。夕潮が満ちて、入江の鶴も、声を惜しまずに、鳴きわたる。
情趣に満ちた、折であるからなのか、人目も、構わずに、逢って、語り合いたい気持ちまでする。

源氏
海辺を眺めた、昔のように、旅の衣は、涙で濡れる。田蓑の島というのに、その蓑には隠れずに。

道すがら、逍遥を楽しみ、賑やかに、音楽をされる。
だが、明石の人が、心にかかり、思いを馳せる。

いとあはれにかたじけなく
深く心にかかり、ありがたいのである。

たづも声ををしまぬほどのあはれなる
鶴も、声を惜しむことなく、鳴くのが、あはれ、なのである。

その、趣ある、風情を、あはれ、と、いう。





あそびどものつどひ参れるも、上達部と聞ゆれど、若やかに、こと好ましげなるは、みな目とどめ給ふべかめり。されど、「いでや、をかしき事ももののあはれも、人がらこそあべけれ。なのめなる事をだに、すこしあはきかたによりぬるは、心とどむるたよりもなきものを」と思すに、おのが心をやりて、よしめき合へるも、うとましうおぼしけり。




あそびども、とは、遊女たちである。
遊女たちが、集まり、寄ってくると、上達部ほどの方でも、若やいで、物好きな方は、皆、目を離さずに、見ている。
しかし、どんなものか、面白さも、もののあはれ、も、情けの深さとでもいう、相手次第であろう。どうでもよいことでも、多少浮ついたところがある。心をとめる気にも、なれないものと、思うと、遊女が、それぞれ、得意げに、嬌態を演じているのも、厭わしく思われる。

をかしきことも もののあはれも
面白いことも、もののあはれ、つまり、情け、情緒・・・

ここでは、明確に、もののあはれ、と、使う。
それが、人がらこそあべけれ、というのである。
人柄によるもの。
相手次第であろうと、いう。

つまり、もののあはれ、を、知るもの、また、もののあはれ、を、感じるのは、人柄によるというのである。

人は、人によって、人になる。
ある人には、もののあはれ、の人になり、そうでない人には、もののあはれ、を、感じない。
人と人の、相性もあるのである。

それは、触れてみなければ、解らない。

現代の、怖さは、顔を知らない人と、メールや、書き込みで、やり取りすることである。
逢えば、仲良くなれる、者同士でも、顔が、見えないばかりに、誤解が高じて、非難をし合うこともある。

これも、また、あはれ、である。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第10弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。