2010年01月02日

最後の沈黙を破る 32

平成22年が、はじまった。

まず、最初に、このところの、人心の乱れについて。

その元にあるものの、ひとつに、日本の音楽教育にあると、言われること、知る人は、少ない。

小学校から、中学、義務教育ではないが、高校まで、入れて、西洋音楽教育を主にした、音楽というものの、教育が、行われる。

音楽教師というのは、音楽しか出来ないという、特異体質か、頭の程度が、低レベルということを、皆知らないようで、それらが起こす、混乱は、余りある。

例えば、人には、それぞれ、音感というものがある。
実に、個性豊かなものである。

同じメロディーを歌っても、人それぞれ、調子というものがある。

それを、完全無視するか、音楽、つまり、西洋音楽という、権威で、威圧的に、決め付けて、裁く。

個々の、実例は、面倒なので、上げない。

だが、メロディーが、同じでも、ドレミの音階だけでしか、教育できないゆえに、人格固定まで、至ることもある。

音楽教師の、低レベルと、頭の悪さで、転調が出来ないから、子供が出した音が、ドでなければ、違う、音程が狂っていると、決め付けることになる。

和楽では、決して、そんなことは、あり得ない。
あっ、その音でやる、それなら、それで、やりましょう、である。

転調、移調が、出来ないゆえの、教師の質の問題なのが、子供の質が、悪いということになるのである。

こんな、馬鹿げた、教育が、どこにある。

教師の質が、悪いのに、子供の方が、悪くなるという、悲劇である。

まず、芸大というものを、潰して、欲しいと、願う。
大半が、知能レベル低く、更に、大学卒という、肩書きを、欲して、入学するのであり、全く、人格も、学識も、レベルが低すぎる者、多数。

頭が悪いというのが、一番悪い。

頭が悪いというのは、学校の成績が良いというのではない。
臨機さに、欠ける、ということである。
つまり、馬鹿は、死んでも、馬鹿なのである。

東大法学部を、出ても、馬鹿がいる。

特に、音大は、学問も出来ず、馬鹿のままで、大学卒になるので、どうしようもない、馬鹿なのである。

情操教育としての、音楽を教えるならば、実に、実に、優秀な、人材を、起用しなければならない。

オペラ歌手のように、歌うことを、教えるような、馬鹿な先生を、音楽教師にしていては、国が滅びるほどのことになる。

今、教育の場で、情操教育といえば、音楽程度が、あるのみである。

それが、こんな状態ならば、後が無い。

バリ島で、他の、東南アジアの国で、民族音楽を、教えている。
それは、また、貧しいがゆえのことだが、西洋音楽で、人格破壊されるより、実に増しなことである。

であるから、いずれ、東南アジアなど、民族音楽を習う子供たちが、世界の主役になる。

日本は、廃人だらけである。

どう、見積もっても、日本の、日本人の命は、短いのである。

伝統など、何も知らない、団塊の世代の、子供たちが、どのようになっているのかを、見れば、一目である。

真っ当な、日本語教育さえ、しない。
挨拶まで、出来ない、団塊ジュニアである。

勿論、全部といっているのではない。
しかし、確実に、音楽教育で、殺された、多くの人たちがいる。

転調さえすれば、問題ないことを、教師の力量が、無いために、一生、音楽と、音から、切り離されて生きる人もいる。

音楽の、素晴らしさを、などと、言う者は、大半が、アホである。

音楽とは、何かを語らせたら、何も言えないのである。
つまり、音楽は、楽譜だと、思い込んでいるのである。

絶対音感という、馬鹿げたことも、ある。
すべての、音が、音階となって、聞こえる。更に、何分の何まで、解る、云々。
十分に、病気である。

それも、障害の一つである。

日本人は、その風土により、味覚、聴覚、視覚も、他の民族と、違う。
実に、優れている。
味覚などは、日本人の右に出る民族はいないのである。

あの、出汁をとっただけの、汁を、旨いと感じられる舌がある。
音も、そうである。

微妙繊細な、音を、聴く。
それは、日本の風土なのである。

それを、壊した。
音楽教育が、である。

それから、食べる物が、餌になった。

貧しい、アジアの国に出掛けて、アメリカジャンクフードを、食べることがある。
そして、あの、コーラーという、毒の飲み物。
日本では、決して食べないのである。

それさえも、食べられれば、幸せな場所があるという、ことではない、日本の場合は。

完全に、あれでも、やられた。

行列して、それを買い求め、食べる、人という、動物に成り果てた。
音楽教育の成果である。

繊細微妙なものを、すへで、音階にしてしまった。

日本の、歌謡の歴史は、実に、古い。
即座に、転調できる。移調できる、能力があった。

その音で、いきましょうか

誰もが、自分の持つ音で、歌謡を楽しめた。

更に、歌の途中から、調子まで、変更するという、芸である。

私は、素人であるから、これ以上は、書かないでおく。

兎に角、私が、為政者なら、まず、芸大、音大を、焼き討ちにする。

更に、喧しい、女たちの、ソプラノという、声楽家と、名乗る人々を、磔、火炙りにする。

あれらを、真っ当に聴いていたら、確実に、頭が、やられる。
彼らは、すでに、やられて、久しい。

大和言葉では、それらを、あはれ、という。



posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャカルタ・スマトラ島・パダンへ 2

朝の五時前に起きて、準備する。
といっても、荷物は、すべて揃っている。

お握りを作るのである。
前日の、残りご飯で、四個。

自分で、作った、お握りが、どうして、こんなに美味しいのか、解らないが、美味しいのである。

60キロ以上の荷物なので、タクシーを予約している。
六時前に、タクシーが来た。

バス乗り場まで、タクシーで行く。
これから暑い国に行くので、実に、奇妙な着物姿になる。

襦袢は、夏物の、絽であり、着物は、春物の単、そして、羽織は、袷である。

飛行機の中は、寒いので、そのまま乗り込む。

その前に、登場手続きがある。

勝負は、その時である。
積み込む荷物の、重さである。

矢張り、オーバーした。
45,8キロ。

受付のお姉さんが、少しオーバーしています。
そちらの、荷物で、軽いものを、乗せてみてくださいと、言う。
私は、機内持ち込みの、ぬいぐるみを入れた、バッグを乗せて、重たい、一つのバックを、取った。

43キロである。
はい、それで、結構です。

何と、やさしい、お姉さんか。

私は、自分のバッグと、支援物資のバッグの、二つ。
コーターも、同じく、である。

クレジットカードの、ゴールド会員なので、無料待合室に向かう。
飲み物、飲み放題である。

ゴールドカードは、保険もついているので、コータも、入会した。

海外で、死ねば、一億円である。とは、いうものの、誰に、その金が渡るのか、である。
一番は、母親、二番は、弟。

まあ、そのくらい、恩返しである。

チャイナエアラインに乗る。
台北経由、ジャカルタ行きである。

私は、台北から、ジャカルタに、直行すると、思っていた。
ところが、香港で、更に、乗り継ぐのであった。
それは、予想外。
とても、疲れたのである。

香港で、そのまま、飛行機に乗っているのかと、思いきや、乗り換えなのである。

時間待ちがある。
ああ、格安航空券である。

香港で、時間が、一時間、早くなる。
時差である。
ジャカルタに着くと、更に、一時間早くなる。つまり、日本時間より、二時間の差で、早くなる。
つまり、日本が、12時だと、ジャカルタは、10時である。

夜の、9時過ぎにジャカルタ到着。

はじめての、ジャカルタである。
インドネシアは、バリ島だけに、出掛けていた。
また、スマトラ島も、はじめて、である。

ところが、入国鉄続きの前の、ビザを買うための、行列が出来ていた。
こんなに、客がいるのに、担当者は、二人のみ。
入国まで、一時間ほど、かかったのである。
待つことに、私は、どっと、疲れた。

本当は、怒鳴りたくなったのである。
窓口が、両方で、六つもあるのに、担当者が、二人とは、何だーーー、である。

荷物は、すでに、出ていた。
それを、台車に乗せて、外に出る。
そして、タクシーに乗るしかない。公的なタクシーのチケットを買う。

タクシーに乗り、街の中心地に向かう。
あらかじめ、決めておいたホテルに、到着。

そして、驚く。
料金が、倍以上になっている。
2500円程度のはずが、8000円近く。
しかし、夜であるから、別のホテルを探すことは、出来ない。

荷物も、大量である。

渋々、チェックインした。
部屋は、とても、綺麗で、広い。
料金並みの、部屋である。

だが、そこには、一泊だけにした。
明日は、安いホテルに変更する。

ジャカルタ滞在は、四泊である。
その間に、スマトラ島・パダンの国内線チケットを買うことにしていた。

私は、疲れて、外に出る気力がないので、コータに、買い物を頼んだ。
水と、ビールと、焼きそばである。ビールなど、飲みたくないのであるが、何となく、アルコールが欲しい。
旅の間は、アルコールを欲しないが、あまりの、疲れのせいか、酒が飲みたいのである。しかし、その付近に、日本酒など、売っているわけがない。

屋台が沢山あるから、持ち帰りの、焼きそばがある。
ミーゴレンである。

その間に、シャワーを浴びて、着替えて、タイ・スタイルになる。
タイパンツと、Tシャツである。

コータが、戻り、ビールを飲み、ミーゴレンを食べる。
そして、寝る。

缶ビールは、一口二口で、酔った。
飛行機に乗った後は、すぐに酔う。

兎に角、寝ることである。寝て、疲れを、取るしかない。

ジャカルタにいるという、感覚は無い。
ホテルの部屋は、日本のホテルと、変わらないのである。

2万2千ほどの、島々の国、インドネシアである。
その一つ、ジャワ島に、首都がある。

ジャワ島の、イメージは、ジャワカレーである。
その、貧弱なイメージで、今回の旅が、はじまった。


もののあわれ 462

「五月五日ぞ、五十日にはあたるらむ」と、人知れずかずへ給ひて、ゆかしうあはれに思しやる。「何事も、いかにかひあるさまにもてなし、うれしからまし。口惜しのわざや。さる所にしも心苦しき様に出できたるよ」と思す。男君ならましかば、かうしも御心にかけ給ふまじきを、かたじけなういとほしう、わが御宿世も、この御事につけてぞ「かたほなりけり」と思さる。





五月五日は、明石の姫の、五十日にあたるはず、と、心で、数え、見たくてたまらず、かの地に、思いをはせる。
万事、都でのことであれば、どんなにしても、立派にお祝いして、嬉しいことだろう。残念である。何と、あのような、選りによって、辺鄙に田舎に、生まれ合わせたのかと、思われる。
若様であれば、このように、気にかけることもないが、姫君ゆえに、后にもと、もったいなく、可愛そうにも、思われる。
我がことも、この御子のために、あのような悲運もあったのだろうと、思われた。

ゆかしうあはれに
前後の文で、意味が、それぞれ違う。
ここでは、嬉しい気持ちである。そして、更に、複雑な心境である。




御使出だし立て給ふ。源氏「必ずその日違へずまかりつけ」と宣へば、五日に行きつきぬ。思しやることも、あり難くめでたき様にて、まめまめしき御とぶらひもあり。

源氏
海松や 時ぞともなき かげに居て 何のあゆめも いかにわくらむ

心のあくがるるまでなむ。なほかくてはえ過ぐすまじきを、思ひ立ち給ひね。さりともうしろめたき事は、よも」と、書い給へり。


五十日の、使いを立てる。
源氏は、必ず、五日に、間違いなく、到着せよと、命令した。
使いは、五日に、到着した。
贈り物なども、またとないほどで、実用的なものも、差し上げた。

源氏
海松、いつも変わらない色の松の、陰にいたのでは、今日が五日と、如何にして、分かるのか。五十日、いか、の、祝いができるのか。

飛んでゆきたいほどの、気持ちです。姫が生まれた以上は、今まで通りに、してはいられない。矢張り、上京する決心をしてください。心細い思いは、させません、と、書いてある。

五十日を、いか、と読み、何のあやめも いかにわくらむ、と、歌う。
あやめは、五月五日の、菖蒲のことである。





入道、例の喜び泣きして居たり。かかる折は、生けるかひも作りいでたる、道理なりと見ゆ。ここにも、よろづ所せきまで思ひ設けたりけれど、この御使なくは、闇の夜にてこそ暮れぬべかりけれ。乳母も、この女君のあはれに思ふやうなるを語らひ人にて、世のなぐさめにしけり。



入道は、例のごとく、喜び泣きしていた。
このような、時には、生きていたかいがあると、泣くのも無理ないこと。
明石も、立派な、お祝いの準備をしていたが、源氏のお使いがなければ、闇夜の錦で、何の見栄えもなく、終わったことだろう。乳母も、明石が、感心するほどの人であり、よい話し相手にして、憂き世の慰めにしていた。




をさをさおとらぬ人も、類にふれて迎えとりてあらすれど、こよなくおとろへたるみ宮仕へ人などの、いはほの中たづぬるが落ちとまれるなどこそあれ、これこよなうこめき思ひあがれり。聞き所ある世の物語などして、大臣の君の御有様、世にかしづかれ給へる御おぼえの程も、女心地に任せて限りなく語り尽くせば、げにかく思し出づばかりの名残とどめたる身も、いとたけくやうやう思ひなりけり。





この、乳母に、負けない身分の、女房も、縁をたどって、京から、向かえて、付き添わせているが、それは、昔、宮使えした、者で、今は、すっかり老い朽ちて、出家でもしようかと思ったが、たまたま、ここに、住み着いたといった者に、過ぎない。
ところが、乳母は、世間ずれせず、気位も高い。
面白い世間話などをして、大臣の様子や、世間から、大切に思われている、名声を、女心に任せて、果てもなく、話し続ける。
それで、明石も、これほどに、思い出してくださる、形見の姫君を、生んだ我がことも、偉いものだと、次第に、思うようになってきた。



御文ももろともに見て、心の中に、「あはれ、かうこそ思ひの外にめでたき宿世はありけれ。憂きものはわが身こそありけれ」と、思ひ続けらるれど、源氏「乳母の事はいかに」など、こまかにとぶらはせ給へるもかたじけなく、何事もなぐさめけり。御返しには、

明石
数ならぬ み島がくれに 鳴く鶴を けふもいかにと 訪ふ人ぞなき
かずならぬ みしまがくれに なくたづを けふもいかにと とふひとぞなき

よろづに思う給へむすぼほる有様を、かくたまさかの御なぐさめにかけ侍る命の程もはかなくなむ。げに後やすく思う給へ置くわざもがも」と、まめやかに聞えたり。




乳母は、お手紙も、一緒に拝見して、心の中で、何と、これほど、意外な運のある方も、いるのだと、思う。不運なのは、私のなのだと、つい考えるが、源氏が、乳母は、どうしているか、などと、自分のことを親切に、尋ねて下されたのも、勿体なく、心の、憂さが、晴れたのである。
君への、ご返事は、

明石
取るに足らぬ、私の傍にいる、姫君を、お祝いの今日さえ、尋ねてくださる方は、おりません。

色々な、物思いに、塞いでおります、この身の上、このように、時々の、お手紙で、支えております、私の命は、果たして、いつまで、持ちますことか。何卒、姫については、心配のないように、計らってください、と、心から、申し上げた。


乳母が、手紙を一緒に拝して、あはれ、と、一言が出る。
これは、詠嘆である。
溜息である。

そして、憂きものは我が身こそありけれ、という。
しかし、源氏の手紙には、乳母は、どうしているか、との、書き込みを、見て、かたじけなく、思うのである。

あはれ、かたじけない、と、書いてもいい。
あはれ、には、あらゆる、使い方があるということだ。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第10弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。