2009年10月09日

レイテ島慰霊 9

朝、九時にホテルを出る。
私は、港の、ジプニー乗り場に行く。
そこが、バスターミナルだと、思っていた。

バスターミナルと、伝えると、ドアボーイが、ホテル前から、ジプニーをつかまえてくれる。だが、沢山ジプニーは来るが、どれも駄目である。
バスターミナルに行かないという。
変だ。

バイクタクシーでと、思い、料金を聞くと、40ペソである。
高いので、断る。
ようやく、ドアボーイが、バスターミナル行きの、ジプニーが来たという。

それに、乗り込んだ。

港の、ジプニー乗り場は、すぐである。
しかし、港に着いたが、止まる気配が無い。
港を通り過ぎるのである。

私も、途中で、降ろしてくれと、言わなかった。
バスターミナルが、何所にあるのか、興味を持った。
空港までは、十分に時間があるので、そのバスターミナルまで、乗っていようと、思った。

30分以上を過ぎて、ようやく、バスターミナルに到着した。
そこから、空港行きのバスがあると、思った。

人々が、私に興味を持ち、話し掛けてくる。
マニラに行くと、言うと、おじさんが、バスに案内する。
ところが、それは、空港行きではなくて、マニラ行きである。

違う、違う、エアポート行きの、ジプニー乗り場だというと、一台の、バイクタクシーを紹介する。
バイクタクシーに、空港行きのジプニー乗り場だと言うと、100ペソという。
また、港に戻るのに、100ペソは、高い。
今の、ジプニーは、7ペソだった。

すると、バイクタクシーのおじさんが、空港のまで、直接行かないかと言う。
ハウマッチ
500ペソ。
500と、私は、大きな声を上げた。
すると、おじさんは、すぐに、300に、落とした。

時間を見ると、危ういと、それで妥協した。
ブルブルと大きく震える、バイクタクシーに乗って、レイテ島の風景を見ることになる。

私が、何故、港のジプニー乗り場に、行けなかったのかは、単に、港という、英語が、思い出せなかったのだ。
そして、乗り込んで、港を通過した時に、何所まで行くのかと、興味を抱いたのだ。

この少年のような、無謀な心・・・

さて、バイクタクシーのおじさんが、音の大きな中で、色々と、話し掛ける。

少し、おじさんの英語が、解るので、質問してみた。
生活のことである。
すると、こういうことが、解った。

バイクタクシーは、一日、300ペソで、雇い主から、借りる。
売り上げは、300ペソを引いた分であり、一日、回っても、収入は少ない。更に、オイルも、自分持ちである。

マッサージと、同じである。
要するに、500ペソは、雇い主が取る。後は、自分で、稼ぐことなのだ。
そういう、システムが出来上がっている。
そして、彼らは、独立することが、出来ない。
法整備が、敷いてあるからだ。
誰が・・・

搾取する者は、そのために、法を作る。

貧しい人は、貧しいままでいることなのだ。

彼は、自分の着ているものと、靴を見せてくれた。
靴は、ゴムを切って、自分で、作ったものだ。服は、もう、何年も同じものを着ているという。
子供が、三人いて、大変だという。

そして、親は、やせ細り、子供を育てるというようなことを、言った。

マニラだけではなく、フィリピンに、蔓延している、搾取のシステムを、嫌と言うほど見せられた。

空港に到着した。
300ペソを、払う。これで、彼は、一日の、借り賃を得た。
後は、収入になる。

ジプニーでは、50ペソで、来ることが出来たが、私は、別の面で、色々と知ることになり、結果としては、良かった。

二時間前で、まだ、搭乗手続きは、はじまっていない。

トイレに行って、驚いた。
小便用の、便器三台のうち、一台しか、使用できない。
更に、同じように、大便用のトイレも、一台しか、使用できないのだ。

この感覚が、理解できないのである。
ホテルでも、修理せずにいる。
どうして、なのか・・・

そうして、平気で、料金を取るのである。
日本では、商売にならないのである。

この、だらしない有様。

搭乗する時、最後に乗り込み、後備座席の開いている席に、座った。
マニラまで、寝ているつもりである。

次も、セブパシフィックに乗る。一番安い料金である。



posted by 天山 at 00:00| レイテ島慰霊 平成21年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。