2009年09月06日

モンテンルパへ 6

疲れると、食欲が無くなる。
私は、部屋で、ベッドに体を預けて、休んだ。

エアコンの涼しさが、心地よい。
少し、うとうとした。
もう少し、あの場所にいて、モンテンルパを味わいたかったと、思った。
いつか、また、訪れたい。

昼近くになり、私は、ホテル近くの、地元の食堂に、出掛けた。
何せ、おかずと、ご飯で、50ペソ程度の料金である。100円で、昼ごはんが、食べられるのである。

家族総出で、切り盛りしている店である。
おばちゃんがいた。
ハーイと、声を掛けた。

にこっと、笑い、手で、椅子を示す。

店の前の、おかずの種類が、増えていた。
煮込みハンバーグが、新たに、加わっていた。
私は、それを、注文した。

おかずを注文すると、ご飯がついてくる。

おばちゃんが、スープはと、聞く。
私は、手を上げて答えた。

美味しい。
フィリピン料理というものは、無い。フィリピンは、食べ物が、不味い。
しかし、安食堂のものは、旨いのである。

私は、春雨の、おかずも好きだ。
それだけで、済ますこともある。

それで、ご飯の量が多い。
時に、ご飯に、スープを掛けて、食べる人もいる。
スープが多いおかずの場合は、皆、そのスープをご飯に掛けるようである。

目の前の、若い男は、塩煮の魚で、二人分のご飯を注文して、食べていた。
それでも、ここで、食べられる人は、幸せである。
この店にも、入られない人が、大勢いる。

100円の、お金も無い人々である。

更に、家も無い。
道端で、寝る。
暑い国だからこそ、出来る生活である。
布団も、いらない。

だが、雨が降ると、途端に、涼しくなる。
それは、私には、涼しいが、彼らには、寒く感じられるのだろう。
ジャケットを着ている人もいる。

ダンボールを敷いて、寝られる人は、まだ、良い方である。
そのまま、地べたに、寝る人。
止めてある、トラックの、足台に、寝る人もいる。
更には、外に出してある、テーブルの上に寝る人も。

路地に入ると、まさに、悲惨である。

裸の子供たちが、大勢いる。
そして、裸のまま、寝る。
それは、体が、強くなるというものではない。
着るものが無いゆえに、そうなのである。
特に、幼児は、そうである。

食べ終わり、エルミタ教会の前の、公園に行く。
その公園も、路上生活の人が、集う。

更に、仕事を得られない人々も、ぼんやりと、過ごしている。

そして、物売りである。
私は、一人の、物売りのおじさんと、親しくなった。

最初は、私の横で、仕事の準備をしていた。
取り出した、偽の、ブランド物の、財布を私に見せて、700ペソといった。
これは、1000ペソもしますという。

だが、欲しいものではない。

そこで、色々、彼に質問してみた。

家族は
子供が三人います。学校へ行っているのが、二人でねー
一月、どのくらい、売れますか
8000から、一万ペソという。
16000円から、二万円である。

それで、やっと、生活が出来るという。

ジャパニーズ
そうです
この辺りの女は、3000ペソで、買えますよ
そうですか
日本人の男は、女を買うというのが、当たり前なのだ。

歩いている女に、声を掛けて誘ってもいいのである。

ここで、いつも、売っているの
いやいや、この辺りを回り歩いて売ります

そして、このおじさんと、何度も、顔を合わせた。
私のホテルの前に来ても、品物を広げていた日もある。

そんな時に、コーヒーを買って、マイフレンドといって、渡す。
道で会うたびに、挨拶を交わすようになった。

いつも、この辺りを歩いているので、また来たら、声を掛けてくださいねと、言われた。



posted by 天山 at 00:00| モンテンルパへ 平成21年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝統について 36

雷神も 少し動みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ

なるかみも すこしとよみて さしくもり あめもふらぬか きみをとどめむ

雷が、少しとどろいて、曇り始めた。雨が降らないだろうか。そうすれば、あなたを、引き留められるのに。

何事もない、歌である。
一晩を過ごした、恋人が、朝帰るのである。
もう少し、一緒にいたい、そんな心境である。

雷神の 少し動みて 降らずとも われは留らむ 妹し留めば

なるかみの すこしとよみて ふらずとも われはとまらむ いもしとどめば

雷が、少し轟いて、雨が降ることがなくしても、私は、留まる。妻が、留めるなら。

上記、二首で、組になっている。

そんな、やり取りをする。
今の時代も、同じだろう。
出来るだけ、一緒にいたいのである。
一緒にいても、飽きない。
好きだという、気持ちに、飽きはこない。

しきたへの 枕動きて 夜も寝ず 思ふ人には 逢はむもの

しきたへの まくらとよきて よるもねず おもふひとには あはむもの

しきたえの枕が、動いて、夜も寝られない。思う人に、あとで、逢うからだ。

しきたえ、とは、上等な布で、作った枕である。

逢わずとも、心が通い合うという。
次の歌は、その女の気持ちに、応える歌。

しきたへの 枕に人は 言問へや その枕には 苔生しにたり

しきたへの まくらにひとは こととへや そのまくらには こけむしにたり

しきたへの枕に、人は、言問いをするでしょうか。あなたを恋しているのに、お出でもなく、こちらの枕には、苔が、むしている。

男の方が、女が来ないという。
これは、おかしい。
この男は、女の元に、通わない、口実をいうのか。

いや、男も女も、それぞれの関係で、通い合うのであろう。
妻の元に通う、夫の元に、通う。それぞれの、理由がある。

次は、
正に心緒を述べたる
歌である。
ただにおもひをのべたる
思いを、心緒と、書く。

思いは、心の中に結ぶもの、または、心を結ぶものと、考えた。

漢字は、日本に輸入されて、更に、その意味を深くしたといえる。
漢字は、日本にて、完成したともいえる。

たらちねの 母に障らば いたづらに 汝もわれも 事は成るべし

たらちねの ははにさやらば いたづらに いましもわれも ことはなるべし

たらちねの、母に拘っていたら、あなたも私も、事は、ならないだろう。

母親に、妨げられることで、二人の関係が、成らないのである。
ことはなるべし、が、障らば、ならないのである。

当時は、母親の、思いが、とても強く、影響した。
つまり、母系社会である。

posted by 天山 at 00:00| 伝統について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。