2009年09月04日

伝統について 34

解衣の 恋ひ乱れつつ 浮沙 生きてもわれは あり渡るかも

とききぬの こひみだれつつ うきまなご いきてもわれは ありわたるかも

解衣、とききぬ、とは、解いた、衣である。
そのように、乱れて恋しつつ、流れに浮く砂のように、生きて、私はゆくのだ。

誰が、歌詠みしたのか、分からない歌を、人の口から、口に伝えられて、万葉恋歌として、残っている。
確かに、似たような歌が、多い。しかし、だからこそ、貴い。

人も、我も、同じ人間である。
人類の進化は、共感能力によって、なったという、説がある。
私は、賛成する。

同じ思い、更に、相手の身になって、考える能力、共感性は、人間だけが、持つ能力である。

解いた布のような、気持ちになり、流れに浮かぶ砂のようにでも、恋して、生きるという。それは、恋すれば、誰もが思うことであろう。

人の体験を、詳しく聞いて、それを、経験に高めることが、できのも、人間である。

この、人間の、能力を、歌い上げたものが、万葉集であり、更に、それが、日本の伝統である。そして、ひいては、人類の伝統となる。

人の口から、口へと伝わるということは、共感に他ならない。

その歌の、心に、共感するから、口から口へと、伝わるのである。

梓弓 引きて許さず あらませば かかる恋には 逢はざらしものを

あづさゆみ ひきてゆるさず あらませば かかるこひには あはざらしものを

梓弓を引いて、緩めずに、心を許さなかったならば、これほど、苦しい恋に、逢わなかったものを。

恋は、苦しい。だから、恋はしない。
そんなことは、出来ない。
それが出来るという人は、余程、偏屈なのだろう。
つまり、宗教というものは、皆、偏屈なのである。
恋を、迷いと、断定して、そこから、離れよと、教える。
更に、貴い人間の、欲望を、否定するのである。

万葉は、欲望を、恵みとして、捉える。
それは、実に、正しい。

言霊の 八十のちまたに 夕占問ひ 占正に告る 妹はあひ寄らむ

ことたまの やそのちまたに ゆふけとひ うらまさにのる いもはあひよらむ

言霊の、満ちた、多くの辻に、夕占を尋ねると、占は、正に言う。あの子は、私に、靡くだろう。

黄昏の時刻に、辻に立ち、行き交う人の言葉を聞いて、それを、占いとして、吉凶を判断する。

実に、楽しい遊びである。勿論、当時は、真剣に、聞いたのである。

玉矛の 路行き占に うらなへば 妹は逢はむと われに告りつる

たまほこの みちゆきうらに うらなへば いもはあわむと われにつのりつる

たまほこの道を、歩いて占うと、あの子は、私に逢うだろうと、その言葉は、伝えた。

じつと、道行く人の言葉を、聞いて、自分の知りたい言葉を捜す。
中には、闇に覆われても、納得した言葉を、聞けないことも、あっただろう。

人間とは、何と、愛しいものだろうか。
その、愛しい行為を、誰も、止めることは、出来ない。
いずれ、年老いて、若き日の、ことが、思い出になる。
そして、人生とは、思い出であると、気づくのだ。



posted by 天山 at 00:00| 伝統について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテンルパへ 4

高山右近像の前で、写真を撮り、再び車に乗った。
私は、そのまま、ホテルに戻ると、思った。が、変だ。どんどん町から遠のくのである。

モンテンルパに行くのは、11時である。

どこに、向かっているの、と、私は、尋ねた。
モンテンルパ
えっ、11時じゃないの・・・

すると、運転手は、ああ、そうだった・・・いや、そうだった・・・

しかし、相当に、走っている。
私は、また、戻り、ホテルから出発するのは、嫌だと思い、いいよー、このまま、行ってくださいと、言った。
運転手は、少し日本語が出来る。

実は、この運転手は、偽者だったのだ。
ガイドを頼んだ、売春婦の女性が、店のマネージャーに相談しているのを、横で聞いていて、その仕事を横取りしたのである。

私は、それを、知らない。
ゆえに、その運転手が、その人だと、思ったのである。

運転手が、言う。
私は、運転も出来るし、日本語も、解るから、女のガイドいらないよ、と。

まあ、それもそうである。

兎に角、私たちは、モンテンルパに向かった。

モンテンルパの街中に入り、刑務所となっている場所を目指した。
運転手は、時々、車を止めて、道を人に尋ねていた。

道は、複雑だった。

そして、ようやく、刑務所の敷地内に、入る。
その時、警備の前で、書類を貰う。

昔は、監獄、今は、刑務所であるが、とても、大きい建物であり、周囲の壁がまた、延々と続く。

そこを通り過ぎて、ようやく、墓地が見えてきた。
その墓地を通り、目指す、日本兵慰霊碑の、庭園がある。

そのが、行き止まりの場所であった。

ああ ああ
やっと、モンテンルパに来た。
あの、歌に歌われた、モンテンルパである。

しばし、私は、感動した。
しかし、慰霊の行為を執り行わなければならないと、準備をはじめた。

日の丸の国旗と、御幣のために、近くの木の枝を折る。
それに、用意していた、御幣飾りの神紙を取り付けた。

運転手に、慰霊の説明をして、写真を撮ってもらう。
その時、一人の男がやってきて、私に、線香を差し出した。

きっと、今までの慰霊の人々が、そのようにしたのであろう。
私は、それは、必要ありませんと、断った。

彼らは、はじめて、見たのであろう。
私の、追悼慰霊の行為である。

霊位を、お祭りする反対を向き、太陽に向かって、神呼びをする。
日の丸と、御幣を掲げて、天照大神を、お呼びする。
そして、祝詞を唱える。

15分ほど、祝詞を唱えて、霊位に、向かい、深く頭を下げて、清め祓いを執り行う。
そして、哀悼の意深くして、お送りの、音霊を、述べる。

しばしの、送りの音霊である。

祝詞は、言霊の所作、音霊は、お送りの所作である。
崇敬の念深くして、霊位を、あるべき場所に、お送りする。
ただし、それは、霊位が、決めること。

靖国に戻られる方、故郷に戻られる方、父母の元に戻られる方。
次元を異にする方、様々である。

また、追悼の思い深くしてある場所であり、すでに、重い想念は無い。

兎も角、私は、ここに来て、その心を、現したのである。

四方を祓い清める時に、運転手が、写真を撮った。

更に、慰霊碑の庭園中央の、英語の記し書きの前で、日の丸と、御幣を持って、ああモンテンルパの夜は更けて、を、歌った。

運転手も、男も、ただ、呆然として、見ていた。
そんなことをした人は、いないのだろう。

歌い終わり、写真を撮ってもらった。

そして、慰霊の儀は、終了した。

庭園を出る時に、その管理者である、老人が出て来た。
そして、署名をと言う。
私は、また、引き返して、亡くなられた方の写真が掛けられてある、東屋の椅子に座り、署名をした。
すると、寄付を御願いされた。
管理をするために、必要なのですと、言われた。
私は、500ペソを一枚出した。すると、老人は、もう一枚と、言う。
もう一枚、出した。合わせて、1000ペソ、2000円である。

二日前にも、どなたかが、慰霊に訪れていた。

ようやく、終わり、車の場所に戻る。
男には、100ペソをチップとして、渡した。
すると、運転手が、駐車料として、出てきた、おばさんに、50ペソの、チップをと、言うので、その通りにした。

名残惜しかったが、車に乗り込んだ。

刑務所の、横を通るとき、黙祷を捧げた。

処刑された方も、帰還された方も、本当にご苦労様でした。
ただ、それだけである。
ただ、そのためだけに、訪ねて来た。

追悼慰霊は、平和を願う者の、当然の行為である。

御国のために、その人生を、また、その人生の一時期を、捧げたのである。
その苦労は、労っても、まだ、足りない。

戦後の人は、ただ、自分のために、生きられた。しかし、あの当時の人は、特に、男たちは、不可抗力である、戦争に駆り出された。

個人的には、抗えない、強制である。

国のために、戦わなければならないこともある。
そこから、逃れて、花実が咲かない時代である。

であるから、国は、最高の礼を尽くして、彼らを崇敬しなければならない。国民も、然り。

先進国で、日本だけが、戦没者の霊位に対して、真っ当できないでいる。
例えば、靖国神社である。
あれは、戦死者を、祭神として、お祭りする、日本の文化と、伝統の粋である。
国内の、マスコミさえも、政治家の参拝を、個人か、公人としてかなどという、馬鹿げた、質問をする。

どこの国でも、それなりの、宗教施設によって、戦死者を、慰霊し、崇敬している。
総理大臣が、参拝して、当然である。
それを、礼儀の知らぬ国が、不快感を表すなど、論外である。

靖国神社の成り立ちを見れば、それは、日本の文化と、伝統であることが、解る。

更に、日本には、戦犯という、罪名は、無い。

東京裁判は、実に、無効である。

もう一言言う。
靖国神社は、宗教施設というより、戦死者の追悼慰霊の、鎮まる社である。

そのように、理解してきた。
要するに、宗教というものを、超越する。
どこの国でも、戦死者に対して、最高の敬意を表するのが、世界の常識である。

無宗教の、追悼施設を建てるという、話は、検討違いも、甚だしい。
それは、日本の伝統文化を、全く理解していない証拠である。

更に、靖国神社には、その名前のみが、掲げられる。

瑣末な宗教団体が、靖国は、神道であると、検討違いを言うのは、全く、日本という国の成り立ちを、知らないか、理解していないのである。

左派、仏教系、キリスト教系の信徒は、国というものを、知らない。
国なくして、宗教も無いのである。

更に、靖国に、奉られることは、憲法違反などという、見解は、アホというしかない。
靖国には、名前だけが、捧げられてある。

日本の伝統は、名前を、ことのほか、貴ぶ伝統文化があるということである。

靖国に出向きたくない、遺族は、十分に、それぞれの方法で、慰霊をすれば、済むことである。

瑣末な宗教団体の、広告塔となっているのみ、である。
実に、あはれ、な、ことである。

posted by 天山 at 00:00| モンテンルパへ 平成21年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。