2009年09月02日

伝統について 32

高山の 峯行くししの 友を多み 袖振らず来ぬ 忘ると思ふな

たかやまの みねゆくししの ともをおみ そでふらずこぬ わすするとおもふな

高山の、峰を行く、けもののように、連れの友が多かったので、袖を振らなかった。しかし、お前を忘れているとは、思うな。

勇ましい恋心である。
袖を振れば、知られてしまう。だから、振らなかったのだ。



大船に 真かぢしじ貫き 漕ぐ間も ここだく恋し 年にあらば如何に

おおふねに まかぢしじぬき こぐほとも ここだくこひし としにあらばいかに

大船の、両端に楫「かじ」を一面に通して、漕ぐ、その櫓「ろ」さばきの僅かな間も、これほどに、恋しい。一年も間があったら、どんな思いか。

細やかな感情を、比喩にて、表現する。

大きな船の、舵を取るために、漕ぐ、楫「かじ」を取る間も、思い出しているのである。それが、一年も、会わずにいたらと思うと、堪らない気持ちだという。

つまり、一瞬も忘れていないと、言いたいのである。
それほど、好きなんだと。


たらちねの 母が養ふ蚕の 繭隠り 隠れる妹を 見むよしもがも

たらちねの ははがかふこの まよこもり こもれるいもを みむよしもがも

たらちねの母が、飼う、かいこが繭「まゆ」にこもるように、家に隠れる、あの娘に、逢う術が、欲しい。

中々、逢うチャンがないのである。
何とか、逢えないか。逢いたい。

大切にされている、娘に逢うための、方法を、探している。
これも、片恋。片思いである。


肥人の 額髪結へる 染木綿の 染みにしこころ われ忘れめや

こまひとの ぬかがみゆへる しめゆふの しみにしこころ われわすれめや

肥人が、額の髪に結ぶ、しのゆふのように、あの人に、染まってしまった、私の心は、忘れられない。

初恋か。
髪が色に染まってしまうように、好きな相手に、心が染まったのである。
もう、忘れられない。

肥、とは、細やかな、という意味。


隼人の 名に負ふ夜声 いちしろく わが名は告りつ 妻とたのませ

はやひとの なにおふよごえ いちしろく わがなはのりつ つまとたのませ

隼人の、名にそむかぬ、夜警の声のように、はっきりと、私は名乗りました。妻として、頼りに、してください。

男の、求愛に対して、女は、はっきりと、自分の名を名乗ったのである。
揺ぎ無い、女の心。
あなたの、妻となります。

恋の成就である。

何とも、気持ちの良いほど、明確な歌である。
頼ってください、着いてゆきます、である。
頼もしい、恋人である。



posted by 天山 at 00:00| 伝統について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテンルパへ 2

前日の夜に、用意した、お握り。
三個。
ご飯が、残り、もったいないと、タラコも残っていたので、タラコお握り。

朝は、五時に起きて、六時にタクシーを予約していたので、それに乗り、成田行きのバス乗り場へ。
いつも通り。

バスの中では、眠っていた。
何せ、一人で、四個のバッグである。

支援物資は、32キロ。機内への持込は、搭乗手続きの時に決めようと思った。

搭乗手続きで、案の定、オーバーである。
ところが、受付の、お姉さんが、オーバーですね。何か、少し、抜いてください。一枚でもいいですから・・・と言う。

27キロであるから、オーバーである。それで、タオルを、一枚、抜いた。
すると、お姉さんは、帰りは、これでは、無理ですよ、と言う。
大丈夫です。これは、皆、差し上げるものです。
それなら、大丈夫ですね。

機内持込の、バッグと、自分用の、荷物のバッグを、持って、二つ。
うろうろしないで、出国手続きをした。

十分に時間がある。
二時間前である。
喫煙室に入り、タバコを、吸う。
何度も、出たり入ったりをする。
そして、いよいよ、お握りを食べた。

何と、旨い、お握りか。
ダイエーの、割引タラコ入りの、お握りである。

二個食べた。一個が、残る。これは、マニラに着いてから、食べようと思ったが、台北の待ち時間に食べた。
台北の待ち時間が、予定変更で、四時間になった。
四時間待つのは、疲れる。それに、ドルを持っていないと、思っていたので、何も、飲めない、食べられない。
後で、ドルを、持っていたことに、気づくが・・・

漸く、搭乗である。
台北から、マニラまで、三時間程度。
勿論、私のことであるから、決められた席には、座らない。

最後に、搭乗して、空いている、席に座る。
誰もいない、席である。横になって、寝られる席。

後の席が、空いていた。
そこに、座る。そして、寝て、マニラに、到着。

予定時間より遅く、夕暮れのマニラに到着した。
タクシー乗り場で、キップを切るタクシーに乗る。安全だからだ。

しかし、そのタクシー運転手が、事務所に立ち寄ると言う。その、訳が分からないが、そのまま、任せた。
私は、以前泊まった、ホテルの名を言ったのだが・・・

事務所に、着いた。そこで、一度、降りる。
そして、事務所の女に、再度、私の希望するホテルの、通りの名を言う。が、彼女は、別のホテルの、パンフレットを持ち出してきた。

そこで、私は、テーブルを叩いて、Sに泊まる、と、言い切り、外に出た。
運転手は、ソリーソリーと、追いかけて言う。

私は、荷物を、下ろしてもいいと、思った。
だが、運転手が、平謝りするので、再度、通りの名を告げて、ホテル名を、言った。
すると、運転手は、オッケー、ソリーと、何度も言った。

そして、目的のホテルに着いた。
メータータクシーなので、チップなしの、料金を払った。
それでも、運転手は、チップを要求しない。
毅然とした態度が、いい。

ただし、それが、すべてよいという、訳ではない。

私が、タクシーを降りると、ホテルのガードマンや、ポン引きのおじさんたち、その周りにいた人々が、歓迎の歓声を上げた。
私を、皆、覚えていたのである。

荷物を、皆で、運んでくれた。

私の方が、驚いた。

ハウロング スティー
テンデイズ
オッケーオッケー

一泊、1500ペソ、3000円のホテルは、改装していた。
といっても、部分的に、改装して、少しづつ、新しくしている。

以前に、泊まった三階の、別の部屋に案内された。
廊下には、木材が、ある。信じられない状況。

だが、私は、その部屋の広さを、好んでいた。
古いホテルだが、たっぷりとした、空間があった。
今回は、一人なので、ワンベッドルームである。

四人ほど、寝られるベッドが、ドーンと置かれてある。

まずは、一安心。
ここに、四泊する予定である。
ここで、モンテンルパに行き、衣服支援をする。

だが、従業員は、変わっていた。
フロントの人は、皆、顔を知っていたが、それ以外の人は、はじめてである。
兎に角、第二回目の、フィリピン滞在が、はじまった。


posted by 天山 at 00:00| モンテンルパへ 平成21年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。