2009年07月29日

神仏は妄想である 258

タントラにおけるヤントラとか、マンダラと同じく、卵形をした「ブラフマーダン」や、球形をした「サラグマラ」、あるいは「シヴァ・リンガ」といったイメージは、全体世界を悟ったときにあらわれてくる。ブラフマーンダの正しい概念では、全体世界は卵の形で表される。女性原理つまり活動のシンボルであるシャクティの子宮「ヨーニ」のなかに立つシヴァ・リンガは、よく知られているが、これはあらゆる運動と震動の根源なのである。
ムケルジー

タントラの、教えの基本は、実在とは、分かちがたい全体である、との、考え方である。

これが、宇宙的な意識として、示される。

それが、シヴァとシャクティとの結合であるという。
シヴァと、創造力のシャクティとは永遠に結びついたまま、二つに分けられない存在としてある。

宇宙的な意識には、本質的にみずから進化したり退化したりする能力がひそんでいる。もちろん個々の人間にも、この宇宙意識を見につけ、それと同化するような潜在能力がある。この宇宙意識を直感的に知ろうとするのがタントラの目的である。個人というのは、離れ孤島のようなものでは決してなく、それぞれが全宇宙的な図式にはめこまれたものなのである。
ムケルジー

インドに行き、少しばかり、そのような修行に興味を持ち、大半の人が、精神的におかしくなる。
それは、このような、タントラ修行をした、霊たちが、関与する。

更に、ある種の、特殊能力などを、身につけたりする。
勿論、それは、魔界関与のものである。

タントラには、肉体、精神、霊魂と、様々なレベルで、一体となったり、または、別々に、全感覚を、呼び覚ます方法が数多くあるという。

ムケルジーは、
悟りへの道は、自己完成をめざすものでなければならないが、それは否定するとか、逃避するという方法では達成されるはずもない。
と、言う。
つまり、平たく言えば、信じろということである。

全体世界、全ての経験を完全に映しているのが、シヴァとシャクティであり、それは、男性と女性である。

つまり、瞑想によって、個人と宇宙、男と女という、二つの極が、完全に合体する。そして、それによって、全き世界を悟ることになると、いうのである。

人は、一つに結合した、シヴァとシャクティになる。それが、悟りであり、その状態を経験すると、恍惚たる喜び、アーナンダを感じるのであるとの、説である。

ヒンドゥーでも、仏教でも、究極の到達点は、二つの完全な、結合であると、考える。

しかし、全く、ご苦労なことである。
何ゆえに、男と女として、生まれてきたのか。
それを、完全に無視して、男と女の合一により、全体世界とか、宇宙の意識と、同化するという、実に、馬鹿馬鹿しい考え方を、延々と演じてきたということである。

以前も書いたが、人間の体は、宇宙の縮図であるという、タントラの考え方がある。
外界と、内部世界を同じものとして、直観する最高の要諦の一つに、クンダリニー・ヨーガがある。

クンダリニーとは、体に潜むとされる、宇宙エネルギーで、三巻き半とぐろを巻いた、力強い宇宙の女性エネルギーを表す蛇の姿で描かれる。

そのエネルギーが、休止の状態から目覚め、種々の意識の段階をへて、人体内を上昇してゆく。そのシンボルは、ミクロ宇宙としての、脊柱に沿って、位置する、霊魂センター、つまり、チャクラといわれる箇所である、そこを上る。

その、意識の変転は、支配神、マントラ、宇宙の要素、動物のシンボルなどで記された、蓮華形のチャクラとして、描かれる。

脊柱の基底から、頭頂へ上り、そこで、最終的に神と結合するという。

クンダリニー・ヨーガを通して、瞑想のうちに、生まれ出る霊魂の流れは、内部宇宙と、外部宇宙を合体させつつ、無限に続く。

確かに、それは、あるだろう。
自律神経訓練法などからも、意識を集中させることにより、様々な、症状を改善する方法がある。

ここで、この方法も、信じるという、心的活動が必要であるということ。

時間をかけて、壮大に作られた思想である。
そして、それを、信じて行うこと。

ここで、霊魂の云々という言葉から、人間に備わる霊魂の存在を、認めない人は、全く、関与できない。

まだまだ、タントラの世界を、眺めることにするが、空海が、起こした、真言密教というもの、全く、このタントラからのものである。

改めて言えば、仏教タントラを、輸入したといえる。

つまり、仏教も、タントラの伝統を、受け入れて、それを、行うことで、その存続を図ったのである。
つまり、それは、仏教を超えてあるものだったと、いえる。

当然、釈迦仏陀も、それは、知っていたし、また、実践しただろう。
座るという行為は、すなわち、座禅である。

仏陀が成道したというのは、菩提樹の座りである。
それは、ヨーガの一種である。

三蔵法師玄奘も、天竺に出掛けたのは、その、ヨーガの法を知るためである。
ただ、玄奘は、その理屈、理論のみを、学んだのみ。

結局、インド思想の、タントラを知らずに、インドから発生した、宗教は、理解できないということになる。

実に深いものであり、日本の仏教を奉ずるもの達には、仰天である。

念仏や、題目やら、少しばかりの座禅などは、吹き飛ぶ。

全く、その本質を知らないことになる。
理屈だけが先行して、言葉遊びに始終するのである。

だが、私は、このタントラの思想に、危険を感じている。
これは、特殊体質の人間が、できるものであり、通常の、普通の人が、こんな世界に入り込んだら、簡単に言うと、精神病の世界に入ることになる。

実に、危険な、行である。

君主危うきに近づかずである。

健康のために、体を動かす程度の、ヨーガをやっている分にはいいが、このような、奇怪な世界に入り込むのは、魔を呼び寄せることになると、断言する。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲しみを飲み込んだハノイへ 14

帰国便は、ホーチミン経由で、成田行きである。
ホーチミンでは、約4時間ほど使える時間がある。

本当は、前回来た時に、回った、街の小路に入り、衣服を手渡しする予定だったが、バンコクで、ビルマからの、出稼ぎの人々に差し上げたので、衣服は無い。

それで、慰霊のみ執り行うことにした。

空港から、クタシーに乗り、サイゴン川の川縁まで行く。

タクシーは、乗車位置から乗るのが一番である。
誘われるタクシーは、ボラレるのである。

と、一人の男が、乗車位置から、声を掛けたたので、安全と思い、乗った。
そして、発車である。
私は、サイゴン川の、船着場を言った。
すると、20ドルというではないか。とんでもない、料金である。

私は、すぐに扉を開けて、降りた。
まだ、車のスピードが遅い時である。
運転手の男が、何か言うが、聞かなかった。
そして、コータも、停止した車から、降りた。

冗談じゃない、私は、大声で言った。

そして、乗車位置に戻り、係官の女性を待った。
少しの間、係官が離れていたのである。

街までの料金を尋ねると、7ドルである。
前回は、5ドルだったが、7ドルに値上げされていた。

そして、タクシーに乗り込む。
ところが、行き先を告げると、また、10ドルというのである。
街中であれば、どこでも、7ドルのはず。

ノーノーノー
すると、運転手が、メーターで行くという。
オッケー
メーターならば、いいと思った。

すると、また、運転手が、7ドルに戻した。

メーターだと、結局、ドル換算すると、5ドル程度なのだ。それを、後で知る。

私は、コータに、英語で、何故、7ドルから、10ドル、そして、メーター、さらに、7ドルとなるのかと、言わせた。

今度は、運転手が、しどろもどろになった。

オッケー、メーターと、私が言う。

結果は、ドンで支払うことになり、ドル換算で、5ドルである。

こういう、事態が疲れるのである。

空港へ戻る時は、矢張り、メーターということで、タクシーに乗った。
その運転手は、何も言わず、メーターで走ったので、私は、お釣りをチップとして、渡した。非常に感謝された。

一概に、ベトナム人云々とは、言えないのである。
人それぞれである。

良い人もいれば、悪い人もいる。

道は、相変わらず、車と、オートバイで、混雑していた。
向こう側に渡るには、決死の覚悟である。

川クルーズの船が多く留まる、岸に出た。

中々、慰霊の場所が無い。
そこで、一隻の、クルーズ船の乗り場が広いので、そこで、行うことにした。

街路樹から、一本の枝を取り、御幣を作る。

準備は、それだけ。
それで、しばし、黙祷し、祝詞を唱える。
風が、変わる。
場の空気が、変わる。

その日、6月23日は、沖縄慰霊の日でもある。
そこで、私は、沖縄にも、想念を向けた。

ゆっくりと、祝詞を唱える。

クルーズ船の乗り場だが、誰も、邪魔する者は、いない。
じっくりと、黙祷して、御幣を川に投げ入れた。

すると、何と、御幣は、すーっと、沈む。
あらっ
あらららっ

前回は、流れたのに。

それに、同じような枝が、流れているのである。
重たいのである。
矢張り、霊位の重たさがあるのである。

沖縄に行かなければならない。
九月に、沖縄慰霊の計画である。

しばし、サイゴン川を見つめていた。
コータが、コーヒーを飲もうというので、その場から離れた。

川縁にある、オープンカフェで、コーヒーを注文した。

濃くて、甘い、ベトナムコーヒーである。

何とも言えぬ気分。
足りないのである。慰霊の思いが、足りない。
もっと、多くの人の、思いが必要である。

霊位は、人の思いを頂く。

カフエに暫くいたが、以前泊まったホテルに近くに向かった。
そこからなら、タクシーも、拾える。
また、顔見知りの人もいるかもしれない。

露天の店の椅子に腰掛けた。
私は、イカを炙ってもらった。
コータは、ビールを注文する。
私は、近くのコンビニに、水を買いに歩いた。水の値段は、コンビニが一番安いのは、ホーチミンも同じ。

物売りが、次から次と来る。相手にすると、一斉に来ることが解っているが、無視出来ない。

一人の赤ん坊を抱いた女が、来た。
私は、一足だけ持っていた、赤ん坊の靴下を取り出し、その子に、履かせた。
周囲の人が見ている。

そして、子供の物売りには、5000ドンを渡す。約、50円ほどである。

シンガポールから来たという、若者と、英語で少し話し、そろそろ、時間だと、別れた。
彼は、綺麗過ぎるシンガポールより、ホーチミンの方が好きだと言う。人それぞれである。

出国もスムーズで、飛行機も、墜落することなく、成田に着いた。

日本の風は、涼しい。

この旅をまた、繰り返すのである。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。